東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

飯沢耕太郎氏 レビュー「第28回東川賞受賞作家作品展」


東川町国際写真フェスティバル2012「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション」でレビュアーをしていただきました飯沢耕太郎氏が、artscapeに今年のフェスについてのレビューを書いてくださいました!!!

以下artscapeより

第28回東川賞受賞作家作品展

北海道上川郡東川町は1985年に「写真の町」を宣言し、毎年夏に東川町国際写真フェスティバル(フォト・フェスタ)を開催し始めた。今年はもう28回目ということで、僕は1980年代末からその変遷を見ているのでとても感慨深いものがある。最初の頃は町民との一体感がまったくなく、会場は閑散としていた。だが当地の夏祭りと同時期に開催されるようになり、全国の高校写真部の精鋭が集結する「写真甲子園」も話題を集めるようになって、近年は大いに盛り上がりを見せるようになった。写真の恒例行事として、完全に定着したのは素晴らしいことだと思う。
今年は「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション」のレビュアーのひとりとして招聘されたのだが、東川町文化ギャラリーで開催されていた「第28回東川賞受賞作家作品展」がかなり面白かった。フォト・フェスタの目玉でもある東川賞の今年の受賞者は、海外作家賞がアリフ・アシュジュ(トルコ)、国内作家賞が松江泰治、新人作家賞が志賀理江子、北海道ゆかりの写真家に与えられる特別作家賞が宇井眞紀子、地域に根ざした活動を長く続ける写真家を対象にした飛騨野数右衛門賞が南良和だった。この5人の組み合わせは、ジャンルも年齢も経歴もまったくバラバラなのだが、逆にそれが写真という表現メディアの広がりと可能性をさし示していて興味深いものだったのだ。
会場の入口から、南が1950年代以来撮影し続けている埼玉県秩父の記録写真、アシュジュのイスタンブールを撮影したパノラマ写真、松江の「地名の収集」として続けられている巨視的な風景作品、志賀の「Lily」「Canary」そして新作の「螺旋海岸」のシリーズ、宇井のアイヌの女性運動家、アシリ・レラの活動の記録が並ぶ。そのつながり具合が絶妙で、あたかも写真という生きものの体内を巡っているようなスリリングな視覚的体験を愉しむことができた。特に11月にせんだいメディアテークで本格的に展示されるという志賀の「螺旋海岸」は、現在の日本の写真表現を大きく左右していく可能性を秘めた重要な作品になっていくだろう。さまざまな貴重な出会いを誘発する場としてのフォト・フェスタの役割は、今後より大きくなっていくのではないかと思う。

2012/07/29(日)(飯沢耕太郎)

リンク:http://artscape.jp/report/review/author/1197769_1838.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-29 14:28 | その他お知らせ

第28回東川賞国内作家賞受賞作家 松江泰治氏 個展「jp0205」


本年度の東川賞国内作家賞を受賞されました 松江泰治氏が、TARO NASUにて個展「jp0205」を開催いたします!!!

「jp0205」

b0187229_14121771.jpg
















©Taiji Matsue

b0187229_14125730.jpg
















©Taiji Matsue

b0187229_14131213.jpg
















©Taiji Matsue

b0187229_14132584.jpg
















©Taiji Matsue

b0187229_14133785.jpg
















©Taiji Matsue



以下ギャラリーHPより

8-9月のTARO NASUは松江泰治の個展を開催いたします。

松江泰治は1963年東京生まれ。現在、東京にて制作活動。
1987年東京大学理学部地理学科卒業。1996年第12回東川賞新人作家賞受賞。2002年第27回木村伊兵衛写真賞受賞。2006年個展「JP-22」(ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡)、2011年グループ展「アーティスト・ファイル2011―現代の作家たち」(国立新美術館、東京)など国内外の個展、グループ展に多数参加。また、東京国立近代美術館(東京)、国立国際美術館(大阪)、サンフランシスコ近代美術館(アメリカ)など国内外多数の美術館に作品収蔵。
今年2012年には第28回東川賞国内作家賞を受賞。8月5日(日)- 11月25日(日)にはIZU PHOTO MUSEUMにて個展「世界・表層・時間」が開催。

松江泰治は世界各地の「風景」を「地表」として捉えた写真作品を発表してきました。

大都市、人の気配のない砂漠、森林・・・世界中を大判カメラとともに回り、「地球の表面のサンプルを収集する」というテーマのもと、一貫したスタイルで撮影を続けてきました。そのストイックな姿勢はしばしば「地名の収集」とも言及され、独特のスタイルとして認知されています。2006年「JP-22」展にて万を持してカラー作品を展示発表、従来の松江泰治作品がもっていたモノクロのイメージをくつがえす鮮やかな色彩でアート界に衝撃を与えました。2010年の個展では、松江自身が「動く写真」とも呼ぶビデオ作品を発表、写真と映像の境界線のあり方を問題提起しています。
松江にとって、写真の面白さとはテクノロジーの進化とともに常に変化していくこと。デジタル時代のなかで新技術とどう向き合うかを模索してこそ、写真の新しい可能性を問いかけることができる、と松江は語ります。そして松江はこれまでもその回答を自らの作品によって明らかにしてきました。

本個展は新作シリーズ「JP-02」「JP-05」の約30点からなるカラー写真の展示で構成されます。 「JP-02」は青森県を、「JP-05」は秋田県を示す国際標準化機構ISO3166-2コードです。空撮によって日本の地表を写すこのJPシリーズは、静岡県を撮影した「JP-22」(2006年に発表、同年写真集『JP-22』刊行)以来、松江がライフワークとして挑戦している「日本の地名の収集」行為でもあります。

記号的なイメージとして抽出された日本の「表面」は、私達の足下に広がる大地についての新しい知覚を呈示してくれるはずです。



**************************
会期:2012年8月31日~9月21日
時間:11:00~19:00
休廊:日月祝
会場:TARO NASU
   〒101-0031  東京都千代田区東神田 1-2-11
リンク:http://www.taronasugallery.com/exh/exh_index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-29 14:17 | 受賞作家関連

瀬戸正人氏 展覧会「Cesium4」


M2ギャラリーにて、第11回東川賞新人作家賞受賞者の瀬戸正人氏の展覧会が開催中です!!

b0187229_1442441.jpg















©Masato Seto


**********************
会期:22012.08.27-09.02
時間:12:00~19:00(展覧会最終日は18:00まで)
会場:M2ギャラリー
   〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://m2.placem.com/schedule/2012/20120827/120827.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-28 14:05 | 受賞作家関連

椎名誠氏による講演会が写真の町・東川町で行われました!

現在、東川町文化ギャラリーで開催中の椎名誠写真展
「五つの旅の物語プラス1」に合わせ、8月26日(日)、
東川町の農村環境改善センターにて、椎名さんの講演会が行われました!!

・・・と、その前に、到着してすぐ文化ギャラリーにて作品をご覧になる椎名さんの姿を見つけ、
一般のお客さんたちがざわめきます・・・
そして本物の椎名さんだ!とわかった途端、サインと写真のリクエストの嵐!!
もちろんギャラリースタッフもいただきました~!

b0187229_1744088.jpg
















「サインはイラスト付きでお願いします!」というわがままなお願いを快く引き受けてくださった椎名さん・・・
ありがとうございます!
椎名さんのやさしさに、ついつい調子に乗ってしまうスタッフ・・・

b0187229_1124856.jpg





































椎名さん、すみません。でもとても記念すべき一枚となりました!
サインと合わせて宝物です♪

そして講演会が始りました。
予約制ではなかったため、どのくらいのお客様が来られるのだろう・・・と
ドキドキしていましたが、会場後、みるみるうちに席がうまってしまい、
途中で用意していたイスでは足りず急きょ席を用意するといったうれしい悲鳴でした!!
さすが椎名さん!と改めて感じた瞬間でした。

テーマは「辺境を旅してきて」。椎名さんが各国で出会ったできごとを、
臨場感たっぷりに語ってくださいました。あっという間の90分でした。

b0187229_1141273.jpg
















話の内容もユーモアいっぱいで、始終笑いが絶えませんでした。
とっても楽しい時間となりました。

b0187229_114483.jpg
















ありがとうございました!

講演会後のサイン会では長蛇の列!!

b0187229_1152748.jpg
















椎名さんはお一人づつお話しながら丁寧にサインをしてくださいました。
お客様はみんな大感激!の様子でした。

b0187229_1155612.jpg
















椎名さん、本当にありがとうございました!
また、東川町へお越しください!

b0187229_1162666.jpg


















************************
会期:2012.8.22(水)〜9.4(火)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

【主催】東川町/東川町 写真の町実行委員会
【助成】北海道市町村振興協会

みなさま期間中に何度でもお越しください!
お待ちしております。
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-28 11:10 | 東川町

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション グランプリ•準グランプリ•優秀賞作品

東川町国際写真フェスティバル2012にて開催された赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2012。
最終選考に残り、グランプリ•準グランプリ•優秀賞に輝いた5名の作品をご紹介いたします!!!!

<グランプリ>

小林透

b0187229_2344374.jpg
b0187229_23442449.jpgb0187229_23444525.jpg
b0187229_2345787.jpg
b0187229_23461022.jpg
b0187229_23462811.jpg

















































































































タイトル:「あの快い夜へおとなしく入っていってはいけない」
コメント

大へ

農作業ご苦労様。
今日みたいな炎天下じゃ、さぞかし麦茶がうまかったことでしょう。
君の飲む麦茶の味はどんな味なのでしょうか?

きちんとご飯は食べていますか?
食べる事だけが楽しみなんだといわれている君にかぎって、食欲不振ということはないでしょう。僕が心配しているのは、君が落ちている食べ物をみつけては、パクパク食べているんじゃないかってことで、そしていちいちそれを怒られてやしないかってことです。

最近は、規則正しい生活をしている君にならって、僕も早寝早起きを実践しているところです。確かに気持ちよいものだし、なにやら充実した日々を送っているような気にさせますね。太陽が。

さすがの君でも気づいているでしょう。そう僕は、君の人生を勝手にどうのこうのしようとしているのです。君の考えていることが、とんとわからないものだから。おせっかいな話なのかもしれないけれど、でも、君は焼き切れちまっているものだから。

弟よ。僕は兄として君の人生に波風を立てる。
ありったけの悲しみと喜びをお前に。

荒れ狂え。そうすれば、美しくなれる。
呪ってくれ。そうすれば、もっと美しくなれる。
そして、祝福してくれ。 この僕を。                                  

平成24年8月23日
小林 透


<準グランプリ>

奥村慎

b0187229_23481428.jpg
b0187229_23493245.jpg
b0187229_23495973.jpg
b0187229_23504665.jpg
b0187229_2353417.jpg
b0187229_23541163.jpg






























































































































































































タイトル:なし
コメント:なし



山元彩香

b0187229_2355125.jpg
b0187229_23555888.jpg
b0187229_2356283.jpg
b0187229_23565599.jpg
b0187229_23571710.jpg
b0187229_23575367.jpg
















































































































































タイトル:Nous n'irons plus au bois
コメント:
写真という薄い紙を通して、人間の皮1枚を隔てて行われるコミュニケーションの不明瞭さを、人間の奇妙な振る舞いや姿形に魅了されながら探っています。

2009年より具体的なプロジェクトとして、言葉の通じない国へ行き現地の人々を撮影しています。

言語によるコミュニケーションが成立しない中、被写体とぶつかり合い自分の世界にひきずりこもうとしますが、絶対にコントロールできない彼女たちの姿が滲み出てきます。この写真たちはその瞬間を定着させたものです。




<優秀賞>

張哲榕

b0187229_2359119.jpg
b0187229_23592282.jpg
b0187229_23594361.jpg
b0187229_0052.jpg










































































タイトル:なし
コメント:なし




赤木瞬介

b0187229_012447.jpg
b0187229_014685.jpg
b0187229_02547.jpg
b0187229_023739.jpg
b0187229_03624.jpg
b0187229_034982.jpg



























































































タイトル:巡礼
コメント:なし
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-28 00:17 | イベント

北海道東川町:写真甲子園2012本戦出場校 作品展


北海道東川町:写真甲子園2012本戦出場校 作品展

b0187229_21145657.jpg

























写真甲子園とは全国約6,000校の高校写真部・サークルを対象に写真活動の場や目標、出会い・交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成を図ること、学校生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的に開催している写真の全国大会です。
毎年、全国の高校から写真を募集し、初戦審査会で勝ち抜いた代表校が7月下旬に 写真の町東川町で開催される本戦大会で写真の腕を競い合い、全国一を決めます。
この写真展では本戦出場校の作品すべてをご覧いただけます。


写真甲子園2012

b0187229_21171015.jpg











高校生が三人一組のチームを組み、組写真で競い合うフォトコンテスト「写真甲子園」。今年は第19回目を迎える全国規模の大会です。その撮影フィールドで、代表選手たちは、人との交流を学び自然環境との共生を意識できる有意義な大会です。キヤノンは写真文化の醸成を願い、未来を担う高校生たちの創造力や感受性をサポートすべく第1回から特別協賛しています。初戦から本戦まで、機材提供をはじめさまざまな場面で支援し続けています。この夏もまた、全国の頂点を目指す高校生たちのハイレベルな戦いが繰り広げられます。

<開催目的>
全国の高校写真部・サークルに新しい活動の場や目標、そして出会い・交流の機会を提供し、高校生らしい創造性や感受性の育成と活動の向上をもって、学生生活の充実と特別活動の振興に寄与することを目的とします。

<大会概要>
初戦
全国高等学校の写真部・サークルなどから、共同制作による作品(組写真)を募集し、作品審査により全国8ブロックから優秀校18校を選抜します。

本戦
全国8ブロックの代表18校が写真の町東川町に集い、全校同一条件の下デジタルカメラで撮影を行い、全国一を目指します。

•代表校招聘期間
平成24年7月23日(月) ~ 7月29日(日) <6泊7日>

•大会会期
平成24年7月24日(火)~ 7月27(金)

•大会主会場
(1)東川町農村環境改善センター
(2)東川町~美瑛町~上富良野町~東神楽町~旭川市、大雪山国立公園一帯の撮影フィールド

•審査委員
審査委員長:立木義浩氏(写真家)・審査委員:竹田津実氏(写真家)、米美知子氏(写真家)、川上義哉氏(デジタルカメラマガジン編集長)、川人正善氏(北海道新聞社写真部長)の5名の審査委員が、作品へのアドバイスを行いながら公開で審査します。

※本戦大会の概要は予告なく変更となる場合があります。ご了承ください。

<写真の町・東川町と国際写真祭>
主会場となる東川町は、1985年に世界でもユニークな「写真の町宣言」を行いました。そして、写真文化を町づくりの核とし、同年から国際的な写真賞「写真の町東川賞」の制定授与、写真祭「東川町国際写真フェスティバル(愛称 : 東川町フォトフェスタ)」などを開催。2012年は、写真賞、写真祭とも第28回目を迎えます。東川町国際写真フェスティバルは国内では最も歴史のある写真祭です。高校生たちが、北海道の豊かな風土の中で、本物の写真と出会い、より広く、より深く学ぶ機会となるよう、フェスティバル期間中に写真甲子園の会期を設定しています。

<栄光への道のり>
1. 全国の高等学校 作品制作
2. 初戦への応募
3. 初戦審査会・・・代表18校決定
4. 本戦大会
撮影 大雪山国立公園の麓、主催1市4町一帯のフィールド ※5回程度実施
作戦会議 ※3回程度実施
公開審査会・一般投票 ※3回程度実施
結果発表・表彰式


主催
写真甲子園実行委員会
構成団体
東川町/美瑛町/上富良野町/東神楽町/旭川市/北海道新聞社/全国新聞社事業協議会/東川町写真の町実行委員会
後援
文部科学省/北海道/北海道教育委員会/社団法人全国高等学校文化連盟/北海道高等学校文化連盟/共同通信社/NHK
特別協賛
キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社


***********************
会期:2012年9月1日(土)~2012年9月14日(金)
時間:10時~17時30分
休館:日曜、祝日
会場:オープンギャラリー(品川)
   東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 2F
リンク:cweb.canon.jp/gallery/archive/higashikawa-koshien2012/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-27 21:25 | 写真甲子園

第2回「キヤノンフォトグラファーズセッション」開催・募集のお知らせ


「キヤノンフォトグラファーズセッション」
本気で写真家を目指す人へ。第一歩は、ここにある。

写真甲子園の特別協賛社でありますキヤノンマーケティングジャパン(株)より、本気で写真家をめざす若い写真家たちの活動を支援するワークショップ「キヤノンフォトグラファーズセッション」第2回の募集が 2012年9月1日(土)から始まります。
 このワークショップの講師には、なんと写真甲子園の審査委員長であります立木義浩 氏が担当することになっております!
 また、このワークショップは、応募後、申込み者の中から10名が選考され参加することが出来ます。これは、さながら写真甲子園と同じく初戦を勝ち抜いて本戦へ参加するスタイルとなっているため、写真甲子園で培った作品を今度はこのワークショッ プの応募へ役立てて挑戦してみませんか!?
 当事務局では、写真甲子園を目指して努力した高校生やOGOBの皆さんが、写真を通じて大きく羽ばたく為、このワークショップを推薦します!!

  今度は、団体戦から個人戦へ!!
  皆様のご応募・挑戦を楽しみにしております!!!


以下キヤノンHPより

<概要>
写真の本質と対峙し、真剣に撮り続けている若い写真家に出会いたい。ともに写真の未来を考えたい。
キヤノンフォトグラファーズセッションは、日本を代表する写真家を講師に招聘。ポートフォリオのレビュー、写真集の作成、写真展の開催などを通し、若い写真家の活動を支援するワークショップです。

<講師>
立木義浩•平間至

<ワークショップについて>
1stセッションからファイナルセッションまで計3回のセッションを重ね、ポートフォリオのレビューや写真展の開催、写真集の作成を行っていきます。ファイナルセッションのプレゼンテーションにより、キヤノン賞(2名)を決定します。

※キヤノン賞に該当する2 名がいないと講師が判断した場合、キヤノン賞( 副賞含め)の授与、写真展の開催を見送る場合もありますので、ご了承ください。

<セッションの流れと修了時の特典>
1stセッション:2013年1月26日(土) 応募作品の講評とアドバイス。
2ndセッション:2013年3月23日(土) 前回の講評をもとに提出された作品の講評とアドバイス。
ファイナルセッション:2013年5月25日(土) 最終プレゼンテーション。キヤノン賞2名の決定。

*修了時の特典
•キヤノン賞2名:キヤノンギャラリー銀座での合同写真展。副賞(EOS 5D MarkⅢ / EF24-105mm F4L IS USM)
•参加者全員:オープンギャラリー(品川)での合同写真展。PHOTOPRESSOによる写真集作成。

PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)について

キヤノンが運営するサービスで、お客さまがインターネットで作成したフォトブックをオンデマンドで印刷製本してお届けするサービスです。作成したフォトブックをインターネットで一般に公開したり、特定の人への限定公開することもできます。
サービス内容について詳しくはPHOTOPRESSOサイトをご覧ください。


**応募についてはこちらをご覧ください→ http://canon.jp/event/photo/pg-session/apply.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-27 21:00 | イベント

北島敬三氏 さがみはら写真賞受賞


第26回東川賞国内作家賞受賞者の北島敬三氏が、さがみはら写真賞を受賞いたしました!!

b0187229_15293441.jpg



















©Keizo Kitajima


<プロの部>
さがみはら写真賞 北島敬三「ISOLATED PLACES」
さがみはら写真アジア賞 Ying Ang(イン・アング シンガポール)「You Think You’re Safe Here」
さがみはら写真新人奨励賞 古賀絵里子「浅草善哉」
さがみはら写真新人奨励賞 笹岡啓子「Difference 3.11」

<アマの部>
アマチュア写真グランプリ金賞 相馬公司「記念写真」

*受賞作写真展は、相模原市民ギャラリーで10月12日から29日まで開催されます。

<<ギャラリートーク>>
日時 平成24年10月14日(日曜日)午後3時から
会場 相模原市民ギャラリー
審査員(予定) 小林紀晴 氏(写真家)
受賞者(予定) 北島敬三 氏、古賀絵里子 氏、笹岡啓子 氏


*************************
受賞作写真展
会期:平成24年10月12日(金曜日)~29日(月曜日)
時間:午前10時~午後7時
休館:水曜日
会場:相模原市民ギャラリー
   〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原1-1-3 JR相模原駅ビルNOW4階
リンク:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/photocity/24291/024412.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-25 15:45 | 受賞作家関連

鷹野隆大氏 写真展「立ち上がれキクオ」


リコーポートフォリオオーディション2011、赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2012で審査員をしていただきました鷹野隆大氏の写真展が、ZEIT-FOTO SALONで開催されています!!

「立ち上がれキクオ」

b0187229_14485989.jpg
























©Ryudai Takano


以下ギャラリーHPより

発表の機会を探すうちに撮影から十年近くが過ぎてしまった。当時の記憶が薄らいでしまった今の感覚は、お預けを喰らっている間にうっかり居眠りしてしまって、目が覚めたら何かをかすめ取られていたような、そんな状況に似ている気もする。当時たしか動画作品を中心に作っていた頃で、立ち上がる仕草が妙に新鮮に思えて、何人かに撮らせてもらった覚えがある。カメラを三脚に固定し、画面に入り込んできた対象をストロボの光で強引に静止させる。どのように写っているかは仕上がるまでわからない。そんなことを繰り返していた。写すという意識から逃れたかったのだと思う。その偶然の産物として生まれた“静止させられた動き”を並べたらどのように見えるのかを確かめたくて、キクオさんのものを選んでファイルにまとめた覚えがある。不思議なことに、当初からこれを動画にするつもりはなかった。 あれから様々なことを試みる中ですっかり後回しになっていたが、ようやくの出番である(と言ったら、他人事の様だろうか)。もちろん写真は動きを写せない。けれどもそのような感覚を少しでも沸き起こすことができたなら幸いである。

2012年6月 鷹野 隆大


**************************
会期:2012年8月24日~9月28日
時間:10:30~18:30(土~17:30)
休廊:日・月・祝日
観覧料:無料
会場:ZEIT-FOTO SALON
   〒104-0031 東京都中央区京橋1-10-5 松本ビル4F
リンク:http://www.zeit-foto.com/exhibition/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-24 14:53 | その他お知らせ

荒木経惟氏 写真展「センチメンタルな空」


本日より、RAT HOLE GALLERYにて、第7回東川賞国内作家賞受賞作家である荒木経惟氏の写真展が始まりました!!!

b0187229_1436245.jpg



















©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

本展では、3000枚の空の写真で構成された映像作品「三千空(さんぜんくう)」の上映に加え、自宅のバルコニーを30年近くにわたって記録した「愛のバルコニー」シリーズからの写真作品を展示いたします。
1990年に愛妻ヨーコが亡くなって以降、空の写真を撮影することが日課となった荒木にとって、空とは自分の心を映す鏡でもあります。空の表情の変化は、淡々と過ぎてゆく日常、そして人生の似姿でもある、私的なものだ、と荒木は話します。荒木にとって写真そのものが私小説であるように、空の写真は他の誰のものでもない「自分の空」、つまり「私空(しくう)」なのです。
映像作品「三千空」では、自宅バルコニーから撮影された3000枚の空がモンタージュされ、4時間にわたって大型スクリーンに投影されます。雲一つない青空、絡み合う飛行機雲、暮れゆく夕空など、表情豊かな空が観る者を包み込み、電柱や電線、家々の屋根、木々もまた、荒木の「空」から切り離せない存在として表情の一部をなしています。また、ノスタルジー漂う空は、ヨーコや愛猫チロの遺影とも言えるでしょう。このほかに、さまざまな愛を刻んできた自宅バルコニーを1983年から2011年まで記録した「愛のバルコニー」の写真作品を約40点、そしてヨーコを描いたシルクスクリーン作品を3点展示いたします。
これまでも数々の作品に登場し、荒木にとって特別な場所であったバルコニーのある自宅を、昨年去ることになりました。ヨーコとの最後の日々を記録した写真集『センチメンタルな旅冬の旅』(1991年)、そしてチロとの別れを綴った写真集『センチメンタルな旅春の旅』(2010年)に続いて、本展「センチメンタルな空」でもまた、ひとつの愛の物語の幕が描かれています。



**************************
会期:2012年8月24日~10月7日
時間:12:00-20:00
休廊:月曜休
観覧料:無料
会場:RAT HOLE GALLERY
   〒107-0062 東京都港区南青山5-5-3 B1F
リンク:http://www.ratholegallery.com/exhibitions/2012/04Araki/intro.htm
[PR]
by higashikawa_blog | 2012-08-24 14:40 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー