東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

楢橋朝子氏 展覧会「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」


茨城県近代美術館にて開催中の展覧会「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」に、東川賞受賞作家 楢橋朝子氏が参加しています!!

b0187229_17382272.jpg





























以下リンクより

二年前に起きた東日本大震災以前に、私たちが人間について、自然について考えていたことは、その後の二年間に大幅に再考を求められているのではないか。 それほど、突然おこった大地震は私たちのものの見方に影響を与えていると思われる。本展覧会はそのような視点から企画されたものである。
例えば自然について考える際、人間は陸の上のわずかな場所を、人間が住める場所として選び社会を営んでいるが、その外側に広がる自然界は自然自体のバランスを保つために動き続けているものであり、時として人間にとっては逃げることができない巨大な破壊力となって迫ってくるということを、現在の私達は肌で感じるようになった。そのように地震によって影響を受けたものの見方で作品に接すると、すでに見慣れている美術作品であっても、今までは気がつかなかった面、つまり芸術家は自然に向かいあって絵を描いたり、彫刻を彫ったり、立体作品を作ったり、写真を撮ったりする際に、一般的に捉えられていた人間にとって都合のいい自然への視点によらずに、もっと異なる独自の視点から自然の本質にせまろうとしていたことに 改めて気づかされることになるだろう。
本展覧会では、震災(関東大震災、阪神淡路大震災、東日本大震災)に関わる、横山大観や、木村武山、河口龍夫らの作品の他、橋本平八「石に就て」、楢橋朝子「Jindo, 2009」などのそれぞれの作家が独自の視点で自然の本質を捉えようとした作品により構成し、人間と自然との本当の関係について考える。


<出品作家>
物故作家
小川芋銭(おがわうせん)/横山大観/木村武山(きむらぶざん)/萬鐵五郎(よろずてつごろう)/ 中村彝(なかむらつね) /十亀広太郎(そがめひろたろう)/牧島如鳩(まきしまにょきゅう)/橋本平 八(はしもとへいはち)

現代作家
中西夏之(なかにしなつゆき)/河口龍夫/エミコ・サワラギ・ギルバート/井上直(いのうえなお)/ 野沢二郎(のざわにろう)/楢橋朝子(ならはしあさこ)/間島秀徳(まじまひでのり)/米田知子(よねだ ともこ)


***********************
会期:2013.2/5 - 2013.3/20
時間:9:30~17:00 入館は16:30まで
休館:月曜日
観覧料:一般¥950(830)/高大生¥700(580)/小中生¥350(230)
会場:茨城県近代美術館
   〒 310-0851 茨城県 水戸市 千波町東久保666-1
リンク:http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-25 17:42 | 受賞作家関連

尾仲浩二氏 写真展 「My favorite 21」


Zen Foto Galleryにて、東川賞受賞作家 尾仲浩二氏の写真展が開催中です!!

My favorite 21

b0187229_173315100.jpg













****************************
会期:2013.2/12 - 2013.3/2
時間:12:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:Zen Foto Gallery
   〒 106-0032 東京都 港区 六本木6-6-9 ピラミデビル208
リンク:http://www.zen-foto.jp/web/html/exhibition-current.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-25 17:34 | 受賞作家関連

杉本博司氏 展覧会「BLACKS」


DIC川村記念美術館にて開催中の展覧会「BLACKS」に、東川賞受賞作家 杉本博司氏が出品しております!

BLACKS

b0187229_1620365.jpg



















©Hiroshi Sugimoto


以下リンクより

ルイーズ・ニーヴェルスン(1899-1988)、アド・ラインハート(1913-1967)、杉本博司(1948- )。本展で紹介されるこれら三人の館蔵作家はいずれも、「黒」を作品の重要な要素として、特徴的な作品を制作した芸術家です。ニーヴェルスンは黒く彩色した木で立体物を構築し、ラインハートは黒一色の抽象絵画を描き、そして杉本は白黒で対象を撮りました。その意識的な取り組み方は、作家の全作品に及ぶ徹底した追求と反復として完遂し、ある限定した時期に過渡的な試みとして黒い作品を制作した作家のそれとは一線を画します。本展は、ニーヴェルスンの箱を積み上げた彫刻作品、ラインハートの黒いカンヴァス作品と版画、杉本の《劇場》シリーズを紹介します。世代や出自、作品の技法やスタイルを異にしながら、ともに黒を用いた三者の作品を組み合わせることで、日常の喧噪とはかけ離れた、異質で寡黙な世界を提示します。

<出品作家>
ルイーズ・ニーヴェルスン、アド・ラインハート、杉本博司

<講演会>
「黒いカンヴァス : マティスからラインハートまで」
田中正之 氏 (武蔵野美術大学教授)
3月 9日(土)14:00-15:30

「闇と色彩 ― 写真と黒の関係」
清水穣 氏(同志社大学教授)
3月23日(土)14:00-15:30

******************************
会期:2013.2/2 - 2013.4/14
時間:9:30~17:00 入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
観覧料:一般 ¥1,300、学生・65歳 ¥1,000、小中高 ¥500
会場:DIC川村記念美術館
   〒 285-8505 千葉県 佐倉市 坂戸631番地
リンク:http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-25 16:26 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報

東川町文化ギャラリーより、展示のお知らせです。

飯沢耕太郎コレクション展

b0187229_15261459.jpg
















第27回・28回東川町国際写真フェスティバルの催しの一つとして開催されましたリコーポートフォリオオーディション(2011年)、赤レンガ公開ポートフォリオオーディション(2012年)において審査員を務めていただきました写真評論家の飯沢耕太郎氏のコレクション展を、東川町文化ギャラリーで開催いたします。
飯沢氏が長年にわたりコレクションされた大変貴重な作品の数々を、是非みなさまでご覧ください。


第29回北海道報道写真展

b0187229_15264177.jpg
















北海道新聞に掲載された報道写真が並びます。
掲載当時の出来事を振り返ることができる写真展です。


みなさま是非ご覧ください。

*************************
期間:2013.2.16(土)~3.11(月)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
2013.3.13(水)~28(木)
・中嶋康裕・森脇英文 二人展
・ウズベキスタン外交関係樹立20周年記念展 北海道展
・小山主芳 写真展「マゲナイゾ!・・・と笑顔で生きる人たち」
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-17 15:30 | 東川町

大塚秀樹さん グループ展「SOUP」


2012年フォトふれ 大塚秀樹さんが、目黒区美術館区民ギャラリーにて開催されるグループ展に出品いたします!!

SOUP

b0187229_18362831.jpg






















©HIdeki Otsuka


日本写真芸術専門学校フォトアートゼミの学生を中心としたグループ展。
劇的に変わりゆく自身の地元墨田区を記録し続ける大塚、
「存在」をキーワードに東京郊外の住宅地の夜を魅力的に切りとる今関、
独特のセンスで日常を異化した空間から、生や性のイメージを強烈に感じさせる新居、
民話的な世界をモチーフに時間を超えた日本の土俗性を探ろうとする池田、
シャープで乾いた画面構成とナイーブな感受性で日常を写していく石川、
若い写真家5人が各々の個性を存分に発揮した、ごった煮のスープの様な写真展。
*館内、区民ギャラリーにて展示いたします。

<出品作家>
石川智貴 / 池田雅美 / 今関秀介 / 大塚秀樹 / 新居上実


***************************
会期:2013.2/20 - 2013.2/24
時間:10時-18時(最終日は16時まで)
観覧料:無料
会場:目黒区美術館区民ギャラリー
   〒 153-0063 東京都 目黒区 目黒2-4-36
リンク:http://mmat.jp/public/exhibition/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-16 18:39 | フォトフレンド

柴田敏雄氏 展覧会「ギャラリーメスタージャ 常設展」


ギャラリーメスタージャにて開催中の「ギャラリーメスタージャ 常設展」に、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏が参加しております!!

ギャラリーメスタージャ 常設展


b0187229_1483712.jpg




















<出品予定作家>
ポール・カポニグロ Paul CAPONIGRO
柴田 敏雄 TOSHIO SHIBATA
四谷シモン SIMON YOTSUYA
渡辺 兼人 KANENDO WATANABE

****************************
会期:2013.2/12 - 2013.3/9
時間:13:00~19:00
休廊:日曜日
会場:ギャラリーメスタージャ
   〒 101-0065 東京都 千代田区 西神田2-3-5 千栄ビル1F
リンク:http://www.gallerymestalla.co.jp/exhibisions/13/permanent/index.htm
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-15 14:10 | 受賞作家関連

飯沢耕太郎コレクション展を東川町文化ギャラリーで開催いたします


飯沢耕太郎コレクション展を東川町文化ギャラリーで開催いたします!!

b0187229_13371548.jpg




































第27回・28回東川町国際写真フェスティバルの催しの一つとして開催されましたリコーポートフォリオオーディション(2011年)、赤レンガ公開ポートフォリオオーディション(2012年)において審査員を務めていただきました写真評論家の飯沢耕太郎氏のコレクション展を、東川町文化ギャラリーで開催いたします。
飯沢氏が長年にわたりコレクションされた大変貴重な作品の数々を、是非みなさまでご覧ください。


*************************
会期:2013.2.16(土)〜3.11(月)
時間:10:00-17:30 (最終日は15:00)
会場:<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
リンク:http://photo-town.jp/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-14 13:41 | 東川町

畠山直哉氏 展覧会「ここに、建築は、可能か」


TOTOギャラリー・間にて開催中の「ここに、建築は、可能か : 第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館帰国展」に、東川賞受賞作家 畠山直哉氏が参加しております!!

ここに、建築は、可能か

b0187229_13301330.jpg












以下リンクより

第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2012.8.29-11.25)で、日本館は「金獅子賞」を受賞しました。これはコミッショナーを務める建築家、伊東豊雄氏がこの展示を通して、東日本大震災後の建築のあるべき姿を世界に問いかけたことが高く評価されたからにほかならないでしょう。

岩手県陸前高田市に建つ「みんなの家」*は、伊東氏の呼びかけにより3人の建築家――乾久美子氏、藤本壮介氏、平田晃久氏が、共同作業によってひとつの建築をつくるという課題を担い、およそ1年にわたり日本館展示の企画と同時並行させて取り組んできたものです。そして、この「みんなの家」はビエンナーレ会期中に竣工し、地元住民のコミュニティ再生の拠点として活用され始めています。

日本館では、その制作過程を百数十個にもおよぶスタディ模型や図面、記録映像などでドキュメントするとともに、同市出身の写真家、畠山直哉氏が撮影した、震災前、震災直後、現在の陸前高田の写真を展示しました。帰国展では、この日本館展示を再構成し、さらに新たなドキュメントとして、陸前高田の「みんなの家」の完成後の姿を、畠山氏の写真によって紹介する予定です。

「ここに、建築は、可能か」という原初的、かつ根本的な設問設定に対し、建築家たちが取り組んだ陸前高田の「みんなの家」での実践が、これからの建築のあり方を考えるひとつの契機となることを願っています。


*「みんなの家」=無味乾燥な仮設住宅で暮らす多くの人々に対し、より人間的で居心地の良い空間を提供したいとの想いから、「帰心の会」(伊東豊雄、山本理顕、内藤廣、隈研吾、妹島和世)が提案する、東日本大震災復興支援プロジェクトのひとつ。宮城県仙台市宮城野区、岩手県釜石市平田、同釜石商店街、宮城県東松島市に続き、本展で紹介する岩手県陸前高田市の「みんなの家」が11月18日に竣工。


*******************************
会期:2013年1月18日(金)~3月23日(土)
時間:11:00-18:00 金曜日は19:00まで
休館日:月曜日・日曜日・祝祭日(3月11日は開館)
会場:TOTOギャラリー・間
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
リンク:http://www.toto.co.jp/gallerma/ex130118/index.htm
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-14 13:34 | 受賞作家関連

展覧会「東京画 meets OSAKA 2013」


阪急うめだ本店にて開催中の「東京画 meets OSAKA 2013」に、東川賞受賞作家 尾仲浩二氏、フォトフェスイベント・街撮り撮影会でお世話になっている大西みつぐ氏が出品しています!!

b0187229_13164149.jpg

























フォトグラファー:Celine Wu / 大西みつぐ / 岡原功祐 / 尾仲浩二 / オノツトム / 河西春奈 / 神村大介 / 小島康敬 / 菅原一剛 / 鋤田正義 / Vincent Soulie / 澄毅 / 田尾沙織 / 達川清 / 所幸則 / 中野正貴 / Michael Feather / 藤井春日 / Michel Frapier / 本城直季 / 横木安良夫 / Edward Levinson

“写真の力”で、自分たちの居場所の未来を考えるプロジェクト『東京画 Describing Tokyo Scapes by 100photographers』。
現在、国内外の写真家80名の参加を得て、世界を舞台に展開する写真プロジェクトとしてさまざまなプログラムが進行中です。国籍、年齢、性別、キャリア、ジャンル、すべてを超えて目指すのは、“写真の力”で世界とフラットで、開かれたコミュニケーションのプラットフォームを創り上げること。昨年5月のニューヨーク・フォトフェスティバルに続き、今回は大阪で、『東京画』が目指す世界観を22名の写真家の視界と視線でご紹介します。

***************************
会期:2013.2/13 - 2013.2/19
時間:10:00~20:00
会場:阪急うめだ本店 9Fアートステージ
   〒 530-8350 大阪府 大阪市北区 角田町8-7
リンク:http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-12 13:20 | 受賞作家関連

やなぎみわ氏 展覧会「アノニマス・ライフ 名を明かさない生命」


NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて開催中の「アノニマス・ライフ 名を明かさない生命」に、東川賞受賞作家 やなぎみわ氏が出品しております!!

アノニマス・ライフ 名を明かさない生命

b0187229_135214.jpg





















©Miwa Yanagi


以下リンクより


アノニマス・ライフ 名を明かさない生命

匿名の,名前のわからない,個性のないもの.アノニマス(anonymous)とは,そのような意味を持っています。ギリシア語の接頭辞an-(~なしの)にonyma(名前)が組み合わされて,「名前がない」を意味しますが,展覧会の作品はそれぞれに題名がつけられていて,名前がないわけではありません.では,「名前がない」とは一体どういうことを意味するのでしょうか。
 例えば,ロボット工学の一部では,テクノロジーの発達に後押しされ,「機械の生命」を作り出そうとしています。しかし,その成果物の多くは,私たちがSFなどに夢見る理想的なアンドロイドからすれば完全なものとは言えず,それはアンドロイドと呼ばれるひとつ手前の存在,名づけえぬ何ものかなのです。また,遺伝子操作に代表されるバイオ・テクノロジーやクローン技術などの生殖医療技術の急速な発達は,私たちがその本質を理解するよりも早く,名づけることのできない,もうひとつの「生」のあり方を現実のものとしてきました。
 この展覧会では,そのような名づけることのできない生命,本当の名を明かしていないものたち,「アノニマス・ライフ」ということばを手がかりに,機械と人間を分かつ自明であったはずの「生」の意味を問い直すとともに,テクノロジーの進歩が新たな光を当てたセクシュアリティやアイデンティティの問題をはじめ,私たちの社会の中に遍在する多様なゆらぎ,境界,そしてその侵犯をめぐる作品を紹介します。


<出展作家>
オルラン、齋藤達也+石黒浩、スプツニ子!、高嶺格、毛利悠子、やなぎみわ、渡辺豪


***************************
会期:2012.11/17 - 2013.3/3
時間:11:00~18:00 入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般・大学生¥500(400)/高校生以下無料
休館:月曜日
会場:NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
   〒 163-1404 東京都 新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4F
リンク:http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2012/AnonymousLife/preface_j.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-12 13:11 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー