東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

鈴木理策氏 写真展「アトリエのセザンヌ」


ギャラリー小柳にて、東川賞受賞作家 鈴木理策氏の展覧会が開催されます。

アトリエのセザンヌ

b0187229_12394582.jpg



















©Risaku Suzuki


2001年に発表した「Mont Sainte Victoire」シリーズから12年、この度鈴木理策は、セザンヌのアトリエを撮影した「アトリエのセザンヌ」を初発表いたします。
セザンヌが繰り返し描いた故郷の山、サン・ヴィクトワール山が鈴木理策にとって特別な意味を持つようになったのは、美術家の斉藤義重氏の言葉でした。それまでの宗教画や歴史画と異なり、目に見えるものだけを描いたというセザンヌに対して、鈴木理策は、あるがままを引き受けることはとても写真的な行為だと感じたと言います。
対象と自分とのやり取りを大事にしたセザンヌのように、鈴木理策は、写真には実際には写りにくいもの、吹いている風や光の温度、匂い、その乾いた空気を捉えて表現しようとします。今回の「アトリエのセザンヌ」でも、画家が「見る」経験を、鈴木理策の作品によって私たちは追体験することになります。

鈴木理策は1963 年和歌山県生まれ。自らの故郷であり聖地でもある熊野を題材とした「海と山のあいだ」、「奥熊野」や、「SAKURA」、「WHITE」などのシリーズを、継続的に撮り続けています。連綿と流れる時間や、視線の動きを意識した作品は、国際的に高い評価を集めています。


*********************************
会期:2013.2/9 - 2013.3/27
時間:11:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:ギャラリー小柳
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座1-7-5 小柳ビル8F
リンク:http://www.gallerykoyanagi.com/exhibition.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-06 12:43 | 受賞作家関連

北島敬三氏 「フォトシティさがみはら2012 プロの部入賞作品展」


東川賞受賞作家 北島敬三氏が、新宿ニコンサロンにて写真展を開催いたします!!

「フォトシティさがみはら2012 プロの部入賞作品展」

b0187229_1728312.jpg



















©Keizo Kitajima


<相模原市総合写真祭「フォトシティさがみはら」について>
写真は、芸術写真から家族写真まで広い地盤を持ち、その卓越した記録性と豊かな表現機能により、多くの人に感動を与えるものであるとともに、私たちの生活にとても身近な存在である。
相模原市では、豊かな精神文化が求められる新しい世紀の幕開けにあたり、写真文化にスポットをあて、これを「新たなさがみはら文化」として全国、世界に発信することを目指して、総合写真祭「フォトシティさがみはら」を2001年(平成13年)にスタートさせた。
この写真祭は、新たな時代を担うプロ写真家の顕彰と、写真を楽しむアマチュアに作品の発表の場を設けるとともに、市民が優れた芸術文化に触れたり、それぞれの場に参加できたりする市民参加型の事業で、写真をキーワードとして、時代と社会を考え語り合うことで、新世紀における精神文化の育成に貢献することを基本理念にしている。
また、2006年日本写真協会より「日本写真協会賞・文化振興賞」、2011年日本写真家協会より「日本写真家協会賞」に、写真文化の振興と発展に顕著な貢献をしたとして、相模原市総合写真祭フォトシティさがみはら実行委員会が選定された。
<受賞作品について>
本写真展では、2012年(平成24年)10月に開催された第12回写真祭プロの部において、広義の記録性の分野で活躍している中堅写真家の中から選出された「さがみはら写真賞」1名、新人写真家の中から選出された「さがみはら写真新人奨励賞」2名、また、アジア地域で活躍している写真家を対象にした「さがみはら写真アジア賞」1名の受賞作品を展示する。
「さがみはら写真賞」には、1992年から2012年にわたって日本各地の山村や離島といった辺境の地の“孤立した風景”を撮影した北島敬三氏の作品『ISOLATED PLACES』が選出された。
「さがみはら写真新人奨励賞」には、明治と大正生まれの老夫婦との出合いから死までをつづったドキュメンタリーの古賀絵里子氏の作品『浅草善哉』と、3.11以後、巨大な力が過ぎ去った事後の風景が秘める多様な質の影と空無の蠢きを写しとめた笹岡啓子氏の『Difference 3.11』が選出された。
「さがみはら写真アジア賞」には、陽光に輝く世界的なリゾートのゴールドコースト(オーストラリア)が様々な犯罪が多発する犯罪都市として名高いにもかかわらず、犯罪を生み出す温床が巧妙に隠蔽されて見えなくなっていることを写した、シンガポールの写真家イン・アング氏の『You Think You’re Safe Here(あなたはそこが安全だと思うだろう)』が選出された。


******************************
会期:2013.2/5 - 2013.2/18
時間:10:00~18:30 最終日は15:00まで
休館日:2月11日、12日
会場:新宿ニコンサロン
   〒 163-1528 東京都 新宿区 西新宿1-6-1 新宿エルタワー28F
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/02_shinjyuku.htm#02
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-03 17:31 | 受賞作家関連

オカモトアユミさん 写真展のお知らせ


東川町国際写真フェスティバルにて、フォトふれとしてお世話になったオカモトアユミさんの個展が開催されます!!

b0187229_17112274.jpg











©Ayumi Okamoto


『マフラーについた種は 色のない風を待つ』
「小さい種は あの冬、ゆっくりと膨らみ始めた。

肺に溜まった気泡が不規則に はじけ
身体中の心臓を刺激する
鉛を編んだ服が、その質量を増していく

何度も、ぎこちなく呼吸した。
夏の青色が一層輝いて、柔らかい風が吹いた日
パンパンになった風船が
破裂しないで
しぼんで落ちた。



<プロフィール>

オカモトアユミ Ayumi Okamoto
1989 大阪に生まれる
2008 大阪市立工芸高校インテリアデザイン科卒業
2011 成安造形大学写真学科卒業
現在 同学 研究課程

展覧会歴
2009「大阪市立工芸高校撮影研究部 10周年展」 イロリ村(大阪)
2009「京都銭湯コレクション2009」 (京都)
2010 グループ展「Live Love Life」 マロニエ(京都)
2010 成安造形大学写真クラス選抜展 フロントギャラリー(滋賀)
2011 個展 「靄」 立体ギャラリー射手座(京都)
2011 企画展「inquietude(アンキエテュード)」ギャラリーアートサイト(滋賀)
2011 企画展「SEIAN SELECTION vol.3」バスストップギャラリー(滋賀)
2012 グループ展「SHOUKA」 ギャラリー16(京都)
2012 個展「waterscape」アートスペース虹(京都)
2012 グループ展「Slow Swallow Show」ギャラリーキューブ(滋賀)

賞歴
2006 朝日新聞写真コンテスト学生の部 佳作
2007 全国総合文化祭 奨励賞
2007 文化連盟賞
2008 高校生の写真月間(一坪展) 大阪写真月間奨励賞(大賞)
2012 ストリートギャラリー2012 グランプリ


****************************
会期:2013年2月18日[月] - 2月23日[土](金曜日は作家不在です)
時間:12:00~19:00(最終日17:00まで) / 期間中無休
会場:Port GalleryT
   〒550-0003 大阪市西区京町堀1-8-31 安田ビル1F
リンク:http://www.portgalleryt.com/exhibitions/ayumi_okamoto.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-03 17:21 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーで開催中の展示情報です。

旭正写真愛好会写真展
b0187229_1724168.jpg


















全日本写真連盟旭川支部
(第63回アサヒ北海道写真展)
b0187229_1731618.jpg


















大雪山~4人の視点~
b0187229_1733934.jpg


b0187229_173545.jpg






























地元北海道に住む4人の写真家が捉えた大雪山の四季をご堪能ください。
http://www.shashinten-daisetsuzan.info/index.html


みなさま是非ご覧ください。


期間:2013.2.1(金)~14(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

・次回展
2013.2.16(土)~3.11(月)
・飯沢耕太郎コレクション展
・第29回北海道報道写真展
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-01 17:07 | 東川町

志賀理江子氏 ワークショップのお知らせ


2012年の東川町国際写真フェスティバルにて写真の町東川賞 新人作家賞を受賞された、
志賀理江子さんによる高校生対象のワークショップが国立新美術館にて2月24日
開催されます。

「高校生が写し出す、とむらいの時」

b0187229_16473299.jpg




































もし、あなたの大切な人が亡くなってしまった時、お葬式という儀式がなかったら、あなたはその人をどのように悼(いた)み、弔(とむら)いますか?
死とは、全ての人に必ず訪れる出来事。人は昔から死と向き合い、様々な方法で死者を葬り、弔いの儀式をしてきました。死者を送る儀式には、人の生と死に対する考えや、その土地の文化、宗教観が凝縮しているといえます。
志賀理江子さんを講師に迎え、高校生を対象に行う今回のワークショップでは、亡くなった人を送るための儀式をあなた自身で考え、その弔いの物語を写真にします。死とは何なのか。そして、死をどう受け入れるのか。儀式をつくり上げることによって、あなたの中にある死生観を問い直します。


日時:2月24日(日)13:00~17:30
講師:志賀理江子氏(「アーティスト・ファイル2013」展出品作家)
会場:国立新美術館 別館3階多目的ルーム他
対象:高校生
定員:15名※要事前申込み


講師:志賀理江子(しが りえこ)
1980年愛知県生まれ、宮城県在住。2004年にロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインを卒業。その後、ブリスベン、仙台、シンガポールなどで滞在制作を行う。徹底したリサーチをもとに制作した写真による、シリーズ『CANARY』などを展開。主な個展に、2012年「螺旋海岸」(せんだいメディアテーク)。2008年に第33回木村伊兵衛写真賞を受賞。写真集に、『Lilly』(2007年、アートビートパブリッシャーズ)、『CANARY』(2007年、赤々舎)他。

<応募方法>
件名に「高校生が写し出す、とむらいの時」を記入し、本文に(1)~(7)の必要事項を明記の上、workshop20130224@nact.jpまでお送りください。
(1) お名前(ふりがな)
(2) 年齢
(3) 住所
(4) 連絡先電話番号
(5) Eメールアドレス
(6) 保護者氏名・電話番号
(7) 本ワークショップに参加したいと思った理由

本プログラムへの参加には、保護者の方の承諾が必要です。応募締め切り後、保護者同意書を郵送させていただきます。


<申込み先>
workshop20130224@nact.jp

<申込み締め切り>
2013年2月4日(月)

<注意事項>
※ 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※ 参加の可否は後日Eメールにてお知らせいたします。
※ 必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りすることがあります。
※ 参加申込みをされた方以外のご見学、当日参加はお断りしております。
※ お申し込みいただいた個人情報は、本事業のために使用し、その他の目的では使用しません。

<問い合わせ先>

TEL  03-5777-8600 (ハローダイヤル)


****************************
「アーティスト・ファイル2013」
会期:2013年1月23日(水)~4月1日(月)
時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで
観覧料:
 当日券 1,000円(一般)、500円(大学生)
 前売券 800円(一般)、300円(大学生)
 団体券 800円(一般)、300円(大学生)
会場:国立新美術館
   〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
リンク:http://www.nact.jp/exhibition_special/2012/af2013/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-01 16:54 | 受賞作家関連

フラクションレビュー開催のお知らせ


フォトフェスタ2012 公開ポートフォリオレビューでお世話になった太田菜穂子さんと高橋国博さんが、東京都写真美術館で開催されるポートフォリオレビュー 「フラクションレビュー」にレビューアーとして参加されます!!

フラクションレビュー


b0187229_16364969.jpg


































きたる3月10日(日)東京都写真美術館1F創作室にて世界標準の20分対面式ポートフォリオレビューを開催します。ギャラリスト中心のワンデイレビューです。公募と事前審査の併用で参加写真家を募集いたします。応募期間は 2月9日〜15日となります。

*詳細はリンクにてご確認ください

****************************
開催日:2013年3月10日(日)
時間:10時〜18時
会場:東京都写真美術館1F創作室
リンク:http://www.fractionmagazinejapan.com/cn69/pg337.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-01 16:40 | イベント

瀬戸正人氏 展覧会「Cesium10」

M2 galleryにて、第11回東川賞新人作家賞受賞者の瀬戸正人氏の展覧会が開催されます!!

「Cesium10」

b0187229_16233659.jpg


















©Masato Seto


**********************
会期:2013.2/4 - 2013.2/10
時間:12:00~19:00(展覧会最終日は18:00まで)
会場:M2 gallery
   東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://m2.placem.com/schedule/2013/20130204/130204.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-02-01 16:25 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー