東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

北島敬三氏 写真展「USSR 1991 / A.D. 1991」


4月2日よりphotographers’ galleryにて、東川賞受賞作家 北島敬三氏の写真展が開催されます!!

USSR 1991 / A.D. 1991

b0187229_1339576.jpg

















©Keizo Kitajima


以下リンクより

本展は、昨年11月に刊行された北島敬三写真集『USSR 1991』(Little Big Man、アメリカ)の出版を記念して開催致します。
北島は1991年に『A.D.1991』(河出書房新社)という写真集を出版しています。しかし、その写真集に「1991年に撮られた写真」は入っていませんでした。1991年のソ連の崩壊は、北島にとってまったく予想できなかった出来事であり、大きな驚きでした。北島は当時、ソ連で写真を撮りながら、「この写真は多くの人々がソ連のことを忘れかけた頃、10年、15年のちに写真集として出版しよう」と考えていたといいます。そしてこのことが念頭にあり、80年代後半に撮った写真をまとめるにあたって、本のタイトルを『A.D. 1991』としたのです。
「後から気づいた事ですが、私が撮影してきたコザも新宿もニューヨークも西ベルリンや東欧も、東西冷戦下でそれぞれアクチュアルだった街区です。」
北島によれば、この度の『USSR 1991』の出版によって、ようやく『A.D. 1991』の欠けていた半分が埋められたことになります。
北島敬三にとって、1991年は個人的にも大きな意味のある年でした。北島はこの年、長く続けてきたストリートフォトにはっきりと終止符を打ち、翌92年から現在も進行中の「PORTRAITS」と
「PLACES」という二つのシリーズをスタートしました。
「反映論を展開するつもりはありませんが、1992 年以降グローバリズム、ネオリベ、市場開放、ショックドクトリン(ナオミ・クライン)が無制限に展開されていったことと、やはりどこかで関連していたのだと思えてなりません。」
この展覧会では、『USSR 1991』と『A.D. 1991』の写真集から、約30 点の作家自身が選んだ写真が展示されます。


********************************
会期:2013.4/2 - 2013.4/28
時間:12:00~20:00
休館日:月曜日
観覧料:無料
会場:photographers’ gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿2-16-11 サンフタミビル401号
リンク:http://pg-web.net/exhibition/keizo-kitajima-ussr-1991-ad-1991/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-29 13:43 | 受賞作家関連

町野 和揮さん 展覧会「GREED」


Design Festa Gallery EASTにて開催されるfoto.ism学外展「GREED」に、フォトふれ2012 町野 和揮さんが参加します!!

GREED

b0187229_14593884.jpg


















会期:2013年03月27日(水) ~ 2013年04月01日(月)
時間:11:00~20:00(最終日のみ16:00まで)
会場:Design Festa Gallery EAST 301,302,303
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-20-2
リンク:http://www.designfestagallery.com/form_jp/gallery/exhibitors/detail.php?id=Y000022176&y=2013&m=03&d=27
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-25 15:03 | フォトフレンド

宇井眞紀子氏 写真展「アイヌ、風の肖像」


3月27日よりシラヤアートスペースにて、東川賞受賞作家 宇井眞紀子氏の写真展が開催されます!!

アイヌ、風の肖像

b0187229_15431257.jpg



















*******************************
会期:2013.3/27(水)ー4/2(火)
時間:11:00ー18:00 無休/入場無料
会場:シラヤアートスペース
   〒187-0014 東京都小平市美園町1-4-12(西武新宿線小平駅徒歩2分)
リンク:http://www7.ocn.ne.jp/~shiraya/artspace.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-22 15:45 | 受賞作家関連

今岡昌子氏 特別講座「『九州への愛着』を写真に表現する」

4月8日、ニコンカレッジ「博多」にて、東川賞受賞作家 今岡昌子氏による特別講座が開催されます!

『九州への愛着』を写真に表現する

b0187229_10392723.jpg
























写真は必ずしも瞬間を切り取るだけのものではありません。関わる場所を長く見つめ続けることで浮かぶ全体像が何かと考えては撮り貯めた写真を繰り返し厳選し直すことが私の手法です。九州は、父方の故郷であり、私のルーツでもあることを念頭に、定住することで撮れる人や風景を求めます。今回はそんな写真への思いと九州について語ります

****************************
募集人数:16名
日数:1日
開催日時:2013年 04/08(月) 19:00~21:00
担当講師:今岡 昌子氏
受講料:2,000円(税込)
会場:福岡サービスセンター
   福岡市博多区博多駅前1-4-1博多駅前第一生命ビル1階
リンク:https://recept.nikon-image.com/nikoncollege/CourseDetailGuidanceInit.do?termCode=43&subjectCode=FS&courseNo=1
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-22 15:38 | 受賞作家関連

立木義浩氏 写真展「PIECE OF CAKE」


昨日よりキヤノンギャラリー Sにて、写真甲子園 審査員の立木義浩氏による写真展が開催されています!!

PIECE OF CAKE

b0187229_15272236.jpg



























以下リンクより

本展は、キヤノンギャラリー S開設10周年を記念した特別年間写真イベント「キヤノンギャラリー S 10周年記念展」の第2部、"時代に応えた写真家たち"~THROUGH THE EYES OF TIME~のトップを飾る、立木義浩氏の出展による写真展です。1964年に発表した初期の代表作「舌出し天使」をはじめ、ロンドン、パリ、ニューヨーク、日本でのスナップやポートレート、さらには東寺の記録など膨大な作品群から厳選した約85点の展示を通じて、立木氏がこれまで手がけてきた多様なワークを俯瞰します。

■作者メッセージ「PIECE OF CAKE」について
この写真展は私自身の記録であると、見得を切りたいところですが、写真を始めてからの全てを網羅しているわけではなく、ある時期に熱中し、発情していたと思われるものを拾い上げたつもりです。展覧会全体をひとつのテーマで括れませんし、まなざしも時代も多岐にわたっています。けれど、どんな種類の写真であれ、一辺倒ではないアプローチで人間に近づこうとしている写真です。タイトルの「PIECE OF CAKE」は、口語で【楽々と簡単にできる】、【朝飯前】という意味がありますが、自分にとっては、とんでもないフレーズですが、淡い希望と叱咤激励のつもりです。


<トークイベント>
日時:2013年4月6日(土)13時30分~15時
会場:キヤノン S タワー3階 キヤノンホール S(住所:東京都港区港南2-16-6)
定員:300名(先着順)
入場料:無料
*お申込みはリンクより

******************************
会期:2013.3/21 - 2013.4/22
時間:10:00~17:30
休館日:日曜日・祝祭日
会場:キヤノンギャラリー S
   〒 108-8011 東京都 港区 港南2-16-6 キヤノンSタワー1F
リンク:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/tatsuki-pieceofcake/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-22 15:31 | 写真甲子園

奥田實氏 展覧会「桜 さくら展」

長野県池田町の北アルプス展望美術館にて開催される「桜 さくら展」に、東川賞受賞作家 奥田實氏が出品いたします!!

b0187229_1322448.jpg
b0187229_13222350.jpg





































































日本の美『桜 さくら展』

日本人の美意識を映す花として古来より愛でられてきた花、桜。
 私たちの暮らし全般に彩りを添えてきた「桜」の魅力を、本展では手法が異なるアーティストの、そのひとひらずつを重ね合わせることで探ってみる所存です。
 戸外の安曇野の春景とあわせた宴として、ご高覧かつお楽しみいただけましたら幸いです。

<奥田實氏による講演会>
4/21(日)14時~
※企画展入館券が必要です。


*******************************
【会  期】2013年4月6日(土)~5月19日(日)
【開館時間】午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
【場  所】企画展示室A・B、安曇野ギャラリー
   〒399-8602 長野県北安曇郡池田町会染7782
【休 館 日】月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)4月30日は開館
【入 館 料】大人800円(700円)高大生500円(400円)中学生以下無料
      ※( )内20名様以上団体料金
※会期中展示替えがあります。

リンク:http://azumino-artline.net/ikeda/2013/01/post-22.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 13:24 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報

東川町文化ギャラリーより、展示のお知らせです。

中嶋康裕・森脇英文二人展

b0187229_1303125.jpg
















旭山動物園の動物達を撮影した中嶋氏の作品と、
主に女性を撮影した森脇氏の作品の二人展です。


日本・ウズベキスタン外交関係樹立20周年記念展 北海道展

b0187229_131846.jpg



















小山一芳写真展「マゲナイゾ!・・・と笑顔で生きる人たち」

b0187229_1314264.jpg
















岩手県出身のカメラマン、小山一芳氏が撮影した
東日本大震災に負けない被災地の笑顔の写真展です。

*下記HPにて紹介している小山氏の活動をご覧ください。
http://magenaizo.jp/


みなさま是非お運びください。

*************************
期間:2013.3.13(水)~28(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
2013.3.30(土)~4.18(木)
・日韓中 高校生フォトコンテスト写真展
・野口純一写真展
・岡田成治写真展「春の彩り」
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 13:03 | 東川町

北島敬三氏 写真展「Remembrance 3.11」


本日より、銀座ニコンサロンにて、東川賞受賞作家 北島敬三氏の写真展が開催されています!!

Remembrance 3.11

b0187229_12562650.jpg




















©Keizo Kitajima

以下リンクより

東日本大震災から二年が過ぎようとしています。甚大な被害を受けた被災地では復旧が進んでいるように見えながら、その爪痕は今なお残り、多くの人々は未曽有の体験がもたらした深い悲しみやトラウマを忘れることができないでいます。
写真の世界も同様です。多くの写真家たちが被災地へ出かけ、写真にできることは何なのか、写真を撮ることとは何なのかを問われ続けてきました。
ニコンサロンでは大震災から二年という節目にあたり、企画展を開催しあらためてこのカタストロフィの意味を省察したいと考えます。
Remembranceという言葉は、記憶や回想だけではなく、追悼や形見という意味も持ち、何よりもそれは想い出すことが現在をつくりだすことを示しています。それは写真の本質とも重なってきます。
日本人の誰もが記憶を持ち、今なお語り続けているこの震災の意味を、再生への手がかりとして展示と対話から浮かびあがらせたいと思います。


*****************************
会期:2013.3/13 - 2013.3/26
時間:10:30~18:30 最終日は15:00まで
休館:会期中無休
会場:銀座ニコンサロン
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/03_ginza.htm#02
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-13 12:59 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「松江 ― 植田正治、追憶のイメージ」


植田正治写真美術館にて、東川賞受賞作家 植田正治氏の展覧会が開催されています!!

松江 ― 植田正治、追憶のイメージ

b0187229_11361949.jpg





































以下リンクより

植田正治は、1960年代、出雲とともに松江を意欲的に撮影しています。この頃、すでに写真家としての地位を確立していた植田は、自身が撮るべきテーマとして強く意識していたのでしょう。1950年代から、民具をはじめ、「古きよきもの」に深く関心をいだいていた植田が、歴史と伝統のある「水の都」の多彩な表情、そして、その日本的な情緒を撮影することは必然であり、山陰に身を置く写真家としての使命のように感じていたのかもしれません。

1964年頃、植田は、松江出身の随筆家である漢東種一郎のエッセイとともに写真集にまとめる企画をきっかけに、数年に渡り四季折々の松江を熱心に撮りためていったようです。境港市に生まれ育った植田にとって、幼い頃から慣れ親しみ、思い出の多い松江を撮影することは、特別な想いがあったはずです。記憶の中の松江と1960年代の松江を重ねあわせながら、描き出したイメージの数々は、植田自身にとっても必要な記録であり、記憶であったのでしょう。日本画や浮世絵を思わせる叙情的な描写、風景の造形的な側面を強調した表現など、さまざまな手法を自在に、そして巧みに駆使した作品の数々は、植田の知る「松江」の表情を見事に描き出しています。植田の熱意とは別に、写真集の話は、なかなか具体化することなく、写真集としてまとめられたのは1978年、撮影を終えてから10年後のことでした。

今回の展覧会では、写真集「松江」に収められた作品を中心に、植田正治の「追憶のイメージ」を浮き彫りにします。


******************************
会期:2013.3/1 - 2013.4/12
時間:9:00~17:00
観覧料:一般¥800(700)/高校・大学生¥500(400)/小学・中学生¥300(200)
会場:植田正治写真美術館
   〒 689-4107 鳥取県 西伯郡伯耆町 須村353-3
リンク:http://www.japro.com/ueda/set/09.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-12 11:38 | 受賞作家関連

宇井眞紀子氏 「東京画」参加のお知らせ


東川賞受賞作家 宇井眞紀子氏が、「東京画」というプロジェクトに参加しています!!

b0187229_1522716.jpg


















以下リンクより

『眠る線路』
軍需産業をささえた鉄道、高度経済成長に貢献した鉄道・・・。
今は役割を終えて、首都東京の片隅で忘れさられようとしてる。
何の痕跡も残っていないように見える場所。しかしかつて確かに鉄道が存在したことは、土地に刻み込まれている。
廃線跡に立った時、今はただ眠る線路の背後に、その時代の「今」を生きた人びとのうごめきが感じられた。
幾層にも重なった人間の営みの上に今があることを改めて知らされる。
現在と歴史のなかの事実との関係を、廃線跡をたどる旅と往時を知る人の証言で記憶にとどめたいと思い、
古い地図と新しい地図を照らし合わせては思いを馳せた。
証言者を探すのにはとても難儀したが、22人のその言葉からは、鮮やかに当時の空気が蘇った。


<プロジェクトの目的>
「東京画」は写真を介在にしたアートプロジェクトです。
国内外100人の写真家による「東京画」を通じて、
「東京」という街について、またそこに関わる私たち自身について考え、共有し、
新たな価値の発見やビジョンを伴った次のアクションとムーブメントを引き起こすことを目的にしています。


リンク:http://www.tokyo-ga.org/photographers/uimakiko/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-03-10 15:06 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31