東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

荒木経惟氏 写真集 「天才アラーキーの良き時代」


東川賞受賞作家 荒木経惟氏の新写真集が出版されました!!

天才アラーキーの良き時代

b0187229_148046.jpg























匂い立つあの時代。
切り撮られた街のエロティシズム。
伝説の特殊カルチャーマガジン『ウィークエンド・スーパー』に掲載され、70年代の末の写真界に大きな反響を巻き起こした作品群を一挙公開!
併せて創刊編集長スエイによるメイキングエピソードを収録。

「いやぁ、この本は面白いよ。自分で撮って、撮ったやつ自身が懐かしいって思わない写真が多いじゃない。そんなのダメだって。ノスタルジックなほうがいいんだよ。あのころは良き時代だったとかさ、そのほうがいいんだよ。よかったね~、追悼じゃなくて。オレもこの本で80まで生きるぞ~。」――アラキ先生談


発売日:2013年3月1日
ISBN:9784862381965
編集者:末井昭
ページ数:319ページ
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-05 14:09 | 受賞作家関連

立木義浩氏 写真展「WINK AND BLINK」


キヤノンギャラリー銀座にて、写真甲子園 審査員の立木義浩氏による写真展が開催されます!!

WINK AND BLINK

b0187229_11403540.jpg



















以下リンクより

キヤノンギャラリー S 10周年記念連動展、「WINK AND BLINK」では、意図して目を閉じる「WINK」と、意図せずに目をつむる「BLINK」というタイトルのもと、立木義浩氏がまばたきをするようにシャッターを切ったスナップ・ショットの近作を約40点展示します。


*******************************
会期:2013.4/4 - 2013.4/10
時間:10:30~18:30 最終日は15:00まで
休館日:日曜日・祝祭日
観覧料:無料
会場:キヤノンギャラリー銀座
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座3-9-7
リンク:http://cweb.canon.jp/gallery/archive/tatsuki-winkandblink/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-03 11:43 | 写真甲子園

鈴木涼子氏 展覧会「Body Being Here」

韓国の大邸美術館にて開催中の展覧会に、東川賞受賞作家 鈴木涼子氏が出品しています!!

Body Being Here

b0187229_1459518.jpg
b0187229_1511821.png




































******************************
会期:2013年2月26日(火)- 6月26日(水)
時間:10時〜19時
休館:月曜
観覧料:大人 1000ウォン/子供 700ウォン/65歳以上、6歳以下無料
会場:大邸美術館
   374 Sandeok-dong, Suseong-gu, Daegu, Korea 706-190
リンク:http://www.daeguartmuseum.org/jpn/prog/prog01.html
    http://www.daeguartmuseum.org/inc/img_view.html?cid=151
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-02 15:05 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「遥かなる日記」


ビームス 福岡にて、東川賞受賞作家 植田正治氏の展覧会が開催されています!!!

遥かなる日記

b0187229_14511086.jpg

























以下リンクより

今年生誕100 年を迎える世界的な写真界の巨匠、植田正治の写真展を「ビームス 福岡」にて開催します。本展では、植田正治事務所が監修したモダンプリントを中心に「ビームス 福岡」の1 階から5階までの全フロアにて展示、販売します。また植田作品の中でも人気の高い『砂丘モード』よりカラーとモノトーン作品をご紹介する他、『雲のうつくしい日に』のカラー作品やコロタイプポートフォリオといった作品も多数展示予定です。

本展は2011 年冬に「ビームス ジャパン(新宿)」のギャラリー「B ギャラリー」で開催し、好評を博した展覧会「印籠カメラ寫眞帖」をもとに、更にボリュームアップした内容となります。この貴重な機会にどうぞご来場ください。


***************************
会期:2013.3/11 - 2013.4/14
時間:11:00~20:00
観覧料:無料
会場:ビームス 福岡
   〒 810-0041 福岡県 福岡市中央区 大名2-1-10
リンク:http://www.beams.co.jp/news/detail/1305
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-02 14:53 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーより、展示のお知らせです。

日韓中 高校生フォトコンテスト写真展

b0187229_14573986.jpg
















日本・韓国・中国の高校生が自由テーマで撮影し、応募した作品の入賞作品展です。
「第8回日韓高校生写真交流の集い」に参加した日韓の高校生の作品展も同時開催します。


野口純一写真展「New Island ~そこは 風と命の島」

b0187229_14582220.jpg
















写真家・野口純一氏が捉えた、ニューアイランド島の命の物語。


岡田成治写真展「春の彩り」

b0187229_14594297.jpg
















京都・長野・青森など、長い冬の眠りから目覚めた日本列島の
情景を捉えた作品展。

みなさま是非お運びください。


*************************
期間:2013.3.30(土)~4.18(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
2013.4.20(土)~5.15(水)
・戸井十月 写真展
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-01 15:01 | 東川町

植田正治氏 展覧会「初源への視線(まなざし)」


代官山 蔦屋書店にて、東川賞受賞作家 植田正治氏の展覧会が開催されております!!

初源への視線(まなざし)

b0187229_14515937.jpg

















以下リンクより

今年、3月27日、伯耆の国が生んだ世界的写真家・植田正治氏が生誕100年を迎えます。
桜咲くこの記念すべき時に、代官山蔦谷書店アートフロア内ギャラリーにて、
特別展覧会を催すことになりました。

人間への愛とインスピレーション、そしてユーモアに満ちた植田正治氏の眼差しは、
今日、世界の多くの人々のハートをつかんで離しません。
鳥取砂丘をはじめとした故郷山陰の地で写し出した作品は、今日ますます輝きをましています。
本展では中期の代表作である「童暦」(わらべごよみ)のコロタイププリントを中心に、代表作をご覧頂きます。

この度の特別展覧会展覧会に合わせまして、
植田正治写真美術館のミュージアムグッズ も取り揃えております。
またフロアでは植田正治氏の愛娘であり、氏の「名作家族写真」のモデルであった
増谷和子さんの記念出版『カコちゃんが語る植田正治の写真と生活』を中心に、
10数タイトルの植田正治氏関連書籍。
また絶版書の名著『童暦』『べス単写真帖・白い風』『砂丘』『砂丘・子供の四季』『音のない記憶』や、
『出雲』『植田正治とその仲間たち』なども展示販売しています。


***************************
会期:2013.3/19 - 2013.4/14
時間:7:00~26:00
観覧料:無料
会場:代官山 蔦屋書店
   〒 150-0033 東京都 渋谷区 猿楽町17-5
リンク:http://tsite.jp/daikanyama/event/001645.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-01 14:54 | 受賞作家関連

鷹野隆大氏 展覧会 「Works by Edition Works」


リコーポートフォリオオーディション2011、赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2012で審査員をしていただきました鷹野隆大氏の展覧会が開催中です!!!

Works by Edition Works

b0187229_14442468.jpg








©Ryudai Takano


以下リンクより

日本最大級の版画工房 エディション・ワークスの企画協力を得て、
ジャンルの異なる2名の作家、東恩納裕一と鷹野隆大の版画作品を展示いたします。
版画には常に素材の持つ実体があり、それは作家自身の身体の痕跡や行為の記録にもなりえます。
デジタル化が進む仮想的な現代において、この実体感は存在の証ともいえるものであり、
それゆえに、作家そして鑑賞者までもが、それを求める気持ちが強くなるのではないかと考えます。
本展は、版画の意味を改めて探る試みです。ぜひ、ご高覧ください。

<トークイベント>
日時:2013年4月6日(土)17:30-19:00 *事前申し込み制
加山智章(有限会社エディション・ワークス代表取締役)× 東恩納裕一 × 鷹野隆大


******************************
会期:2013年3月22日(金)- 4月13日(土)
時間:12:00-19:00
休廊:日、月、祝日
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160 - 0023 東京都新宿区西新宿 4 - 32 - 6 パークグレース新宿 #206
リンク:http://www.ycassociates.co.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-04-01 14:48 | その他お知らせ
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー