東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

楢橋朝子氏 写真集「Ever After」


オシリスより、東川賞受賞作家 楢橋朝子氏の写真集が出版されます。

Ever After

b0187229_1531947.jpg























以下リンクより

『Ever After』の刊行を記念して、プレイヴェントが原宿のVACANTで開催されます。企画初期から本づくりにかかわったデザイナーの服部一成さんに加えて、たまたま本書の製作過程に居合わせたデザイナーの松本弦人さんも参加。写真家を交えた3人によるトークセッションです。水辺の写真とこれまでも並行して撮影していた陸の写真を「一緒に混ぜて1冊の本に」という作家の写真集への思いは、どのように具体化されていったのか?
イベント当日は、スライド上映やインスタレーションも予定。同時発売のBox Setも展示販売されます。


楢橋朝子写真集『Ever After』刊行記念トークショー
会場=VACANT
会期=2013年7月11日(木)
時間=開場19:00 開始19:30
料金=1,000円

出演:楢橋朝子、服部一成、松本弦人
協力:twelvebooks & HUTU

予約:booking@n0idea.com (VACANT)
*件名を「Ever After」とし、本文に「お名前/人数/ご連絡先」を記入したメールをご送信ください。
*万が一、2,3日経っても返信がない場合は、03-6459-2962(VACANT)までお電話ください。


楢橋朝子写真集『Ever After』
発売日 2013年7月12日(金)
定価7,500円+税
収録写真 カラー58点/ハードカバー/ケース入り
72ページ/B4判変型/12ページ小冊子(和英併記)付

ブックデザイン 服部一成

【同時発売】
『Ever After』Box Set 予価80,000円+税
写真集+特製フレーム入りオリジナル・プリント


リンク:http://osirisnews.blogspot.jp/2013/06/ever-after_26.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-27 15:06 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー展示情報


現在開催中の写真展情報です。

第26回日本写真家連盟展「四季の彩り」

b0187229_14295777.jpg

















四季折々日本の美を捉えた会心の風景写真を展示しています。
また、第2回公募作品展も同時開催しております。


********************************
会期:2013.6.18(火)~7.4(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
7.6(土)~25(木)
・東京写真月間
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-20 14:31 | 東川町

宇井眞紀子氏 写真展「アイヌ、風の肖像」


6月22日より、フリッツ・アートセンターにて、東川賞受賞作家 宇井眞紀子氏の写真展が開催されます。

アイヌ、風の肖像

b0187229_1425451.jpg
















©Makiko Ui


以下リンクより

北海道の二風谷に住むアイヌ女性 アシリレラさんとの出会いをきっかけに、以降20数年アイヌの人々や生活を撮り続ける写真家 宇井眞紀子。
7月27日から始まるロンドンのナショナル ジオグラフィック ギャラリーの開催に併せて宇井さんの個展を開催いたします。
6月30日には、アシリ・レラさんを招いての対談もあります。

-- アシリレラファミリーの暮らしの中に当たり前のようにある祈りと感謝に接して、自然やエネルギーを制御できると考える人間の傲慢さに気づきまし た。
《人間の力の及ばない存在》を感じて生きることで、人は謙虚に生きられるような気がしています --  宇井眞紀子


【トーク】
 『アイヌ、風の肖像』
 出演 ‖ アシリ・レラ / 宇井眞紀子
 日時 ‖ 6月30日(日)11:00am -
 場所 ‖ フリッツ・アートセンター / ギャラリー
 参加費 ‖ 無料 / 要予約


*******************************
会期 ‖ 2013年6月22日(土)- 7月21日(日)
 会場 ‖ フリッツ・アートセンター / ギャラリー(前橋市敷島町240-41)
 休館日 ‖ 火曜日 11:00am - 19:00pm
 入場料 ‖ 無料
 問い合わせ・トーク予約 ‖ フリッツ・アートセンター;027-235-8989
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-20 14:27 | 受賞作家関連

2013年東川町ニコンサロン企画展示


第29回 東川町国際写真フェスティバルでは、今年も赤レンガ倉庫にてニコンサロンによる企画展示を開催いたします。

ニコンサロン企画展示
「1970~80年代 時代を創った写真家たち」

開催日:2013年8月10日(土)11日(日)
会 場:東川町赤レンガ倉庫
出展者:須田一政「風姿花伝」10点 1976年
    郷津雅夫「窓」8点
    田原桂一「窓」11点 1973-80年
    田村彰英「シリーズ「家」より」12点 1968年
    普後 均「飛ぶフライパン」6点(20×24)(借用) 1984年
    山崎 博「OBSERVATION 観測概念」6点
      計57点(モノクロ)

みなさまのご来場お待ちしております。
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-20 14:15 | イベント

瀬戸正人氏 展覧会「Cesium12」

M2 galleryにて、第11回東川賞新人作家賞受賞者の瀬戸正人氏の展覧会が開催されています!!

「Cesium12」

b0187229_13494549.jpg


















©Masato Seto


**********************
会期:2013.6/17 - 2013.6/23
時間:12:00~19:00(展覧会最終日は18:00まで)
会場:M2 gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿1-2-11 近代ビル2F
リンク:http://m2.placem.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-20 13:51 | 受賞作家関連

アンドリュース・グランツ展


ハッセルブラッド ジャパンギャラリーにて、第17回写真の町東川賞受賞作家寄贈作品展、アンドリュース・グランツ展を開催しております。

b0187229_18405035.jpg


















開催期間:6/10(月)~21(金)
会場:ハッセルブラッドジャパンギャラリー
   〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-32
   TEL: 03-6434-9568
   10:00~18:00
   定休日:土日
●ハッセルブラッドジャパン・Facebookサイト
https://www.facebook.com/Hasselblad.Japan

みなさま是非ご覧ください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-13 18:41 | 受賞作家関連

東川フォトフェスタお助け隊募集

本年度の東川フォトフェスタで、ボランティアとしてお助けいただける皆様を下記の日程:内容にて募集いたします!!!

東川フォトフェスタお助け隊

基本ライン:完全無報酬
●スタッフTシャツ支給→差し上げます。
●ボランティア活動時は名札を必ずつける→活動前に写真の町課でボランティア名簿に記入、名札を貰う。終了後名札を返却。
●金曜日の搬入と月曜日の搬出参加者のみ、豪華「お食事券」を支給。
●日曜日夕方の打ち上げに参加できます!
●無料宿泊場所として、老人保健センターをご利用いただけます。
 *ベッドなどはございませんので、寝袋などの持参をお願いいたします。

1:8/9(金曜日)13:00~ 
作業内容:
●赤レンガ倉庫からのストリート展示台搬出
●役場倉庫から展示用イーゼル搬出:組み立て
●道草館二階机移動ならびに展示設営作業
●ウオールギャラリー展示設営補助
●道草館2階ポートフォリオレビュー会場設営(机4個、椅子8個)
●文化ギャラリー前テント設営など

2:8/10(土)
作業内容:
●ストリートギャラリー受付 9:00-12:00  2-3名
●ストリートギャラリー審査補助 13:00-15:00  2-3名
●赤レンガ公開オーディションサポート9:00-14:30 3-4名
●キャンドルサービス点灯などのサポート17:30頃  たくさん
●フォトミーティングプレイス設営補助17:30頃     たくさん
●ポートフォリオレビューサポート 9:00-14:00 3名

3:8/11(日)
●町撮り撮影会サポート 9:00-14:00  
(9:00~1名受付機材貸し出し  12:00-14:003名プリント出力補助)
●赤レンガ公開オーディションサポート9:00-12:00 3-4名
●ポートフォリオレビューサポート 9:00-14:00 3名
●道草館イーゼル撤収→解体/現状復帰→役場倉庫へ収納(時間がなければ撤収し老人保健センターへ仮置き)10名

4:8/12(月)
●9:00~ ストリートギャラリー展示台撤収/老人保健センター後片付け
●文化ギャラリー前現状復帰
●解散

【申し込み・お問い合わせ】
E-mail:contact_asano@yahoo.co.jp
(メールタイトルは「東川フォトフェスタお助け隊募集について」でお願いいたします)
担当:浅野

以上たくさんの皆さんのご協力をお待ちしています!!!
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-11 17:16 | その他お知らせ

【イベント】 飯沢耕太郎コレクション展


第29回東川町国際写真フェスティバル(東川町フォトフェスタ2013)
<飯沢耕太郎コレクション展>


b0187229_14475328.png



















第29回東川町国際写真フェスティバルの企画として、赤レンガ公開ポートフォリオオーディションの審査員でもある写真評論家・飯沢耕太郎さんのコレクション展を、モンベル大雪ひがしかわ店2階で開催いたします。
 
写真に限らず何かを蒐集することの面白さは、それを通して、自分の心の軌跡が浮かび上がってくることにあることがわかる。写真を手元に置いておくことで、自分が何をどんなふうに見てきたのか、その立ち位置を確認することができる。その愉しさ(やや怖い所もあるが)を、多くの方たちに共有していただこうと考えて、今回の展示を企画させていただいた。 
まずは、じっくりと作品を見ていただきたい。その上で、自分も写真をコレクションしたいと思われる方が、一人でも二人でも出てきたら、これに勝る歓びはない。
                                 飯沢 耕太郎
 
飯沢耕太郎さんの貴重なコレクションの数々を是非ご高覧ください。


●飯沢耕太郎コレクション展
主  催:東川町写真の町実行委員会
開催日時:2013年8月10日(土)~11日(日) 9:00~19:00
開催場所:モンベル大雪ひがしかわ店2階  
〒071-1423 上川郡東川町東町1丁目2-2

●関連企画
期間中、飯沢耕太郎さんによるトークショーを行います。
「飯沢耕太郎コレクションを語る」
開催日時:2013年8月10日(土) 17:30~18:30
開催場所:モンベル大雪ひがしかわ店2階
※参加無料・事前申し込み不要

お問い合わせ先  〒071-1423  北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
東川町写真の町実行委員会事務局
東川町写真の町課写真の町推進室 (担当:窪田、吉里)
TEL:0166-82-2111(591)FAX:0166-82-4704
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-11 14:49 | イベント

モノクロ暗室体験教室のお知らせ


b0187229_14373737.jpg
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-07 14:36 | 東川町

展覧会「都市の無意識」


6月4日より、東京国立近代美術館にて展覧会「都市の無意識」が開催されております。
東川賞受賞作家 畠山直哉氏、奈良原一高氏、高梨豊氏が出品しております。

都市の無意識

b0187229_23305993.jpg





















以下リンクより

都市と美術は切っても切り離せない関係にあります。都市は表現者を触発する場であり続けるとともに、それ自体美術の重要な主題の一角を占めてきました。と同時に、都市のイメージの形成に視覚芸術が果たした役割も無視できません。両者の不可分な関係を調べてみると、興味深いことに気づきます。表現者たちは、統一的な全体像を描き難い複雑な都市に接近するひとつの方法として、それを面的な広がりとして捉えるのではなく、垂直的な構造をもつ「地層」として認識してきたように思えるのです。秩序や均質化を志向する都市の表向きの表情を一皮剥げば、その下に無数の人々の夢や欲望や感情が、澱として沈んでいるはずだという直感が働いているのでしょう。

この展覧会では、このような都市の深層に到る入口として、最上層の「スカイライン」、下層の「アンダーグラウンド」、そして表層の中の多層性という意味での「パランプセスト」という三つのテーマに注目することにしました。制作された場所も時代も異なる絵画、版画、写真、映像、資料約50点を渉猟しながら、わたしたちの想像力を刺激してやまない都市の隠れた構造に迫ります。


****************************
会期:2013.6/4 - 2013.8/4
時間:10:00~17:00、金曜日は20:00まで
休館:月曜日、ただし7月15日[祝]は開館、7月16日休館。
観覧料:一般¥420(210)、大学生¥130(70)
会場:東京国立近代美術館
   〒 102-8322 東京都 千代田区 北の丸公園3-1
リンク:http://www.momat.go.jp/Honkan/unconsciousness_of_the_city/index.html#outline
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-06-05 23:35 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30