東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

森村泰昌氏 展覧会「レンブラントの部屋、再び」


原美術館にて、東川賞受賞作家 森村泰昌氏の展覧会が開催されます。

レンブラントの部屋、再び

b0187229_16222481.jpg























©Yasumasa Morimura


以下リンクより

原美術館におきまして、今秋、「森村泰昌 レンブラントの部屋、再び」展を開催いたします。来年開催される横浜トリエンナーレ2014で、森村泰昌はアーティスティックディレクターを務めます。今や、我が国を代表するアーティストとして知られる森村にとって、1994年に当館で開催した「レンブラントの部屋」展は、日本の美術館で開催する初めての個展でした。同展出品作品はすべて原美術館に収蔵された後、たびたび紹介されてきましたが、全作品を一堂に会し展覧会を再現するのは今回が初の試みです。当館の空間に合わせて制作された「レンブラントの部屋」作品群が20年の歳月を経て甦る本展は、森村泰昌の表現世界を改めて見つめなおす貴重な機会となります。作品制作や展覧会構成の過程を通して森村がたどりついた現代社会に関する考察は、今の私たちがなお共有しうるものです。

森村泰昌は、1985年ゴッホの自画像に自ら扮したセルフポートレイトを発表、以後名画の登場人物に扮し、原作あるいはその時代背景に独自の解釈を加える作品を一貫して制作しています。1989年、ベネチア・ビエンナーレ/アペルト88に選出され、国際的な注目を集めた後、横浜美術館、東京都現代美術館、東京都写真美術館などで大規模な個展を多数開催。2007年度芸術選奨文部科学大臣賞、2011年秋には紫綬褒章を受章し、日本を代表するアーティストの一人です。

原美術館では、17世紀オランダの偉大な画家をテーマに、その人生の明暗から「自我」を深く探った「レンブラントの部屋」展(1994年)、20世紀メキシコ現代絵画を代表する画家の一人フリーダ カーロの人生、その愛と死を独自の祝祭的イメージで描いた「私の中のフリーダ」展(2001年)を開催しました。また、館内のトイレを作品化したユニークな常設インスタレーション「輪舞(ロンド)」(1994年)も、本展開催にあわせて新たな装いでお目見えします。


******************************
会期:2013.10/12 - 2013.12/23
時間:11:00~17:00
   水曜は20:00まで
   入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日
観覧料:一般 ¥1,000、大高生 ¥700、小中生 ¥500
会場:原美術館
   〒 140-0001 東京都 品川区 北品川4-7-25
リンク:http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-11 16:24 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「光と影」

KAGIYAビル4Fギャラリーにて、東川賞受賞作家 川内倫子氏の展覧会が開催されます。

光と影

b0187229_16162316.jpg






















©Rinko Kawauchi


以下リンクより

世界からも高い評価を受けている日本を代表する写真家・川内倫子による写真展『光と影 Light and Shadow』を浜松市のKAGIYAビル4Fギャラリーにて10月12日(土)~11月10日(日)まで開催致します。2002年に写真集『うたたね』『花火』で木村伊兵衛写真集を受賞した川内は、その後もパリのカルティエ財団美術館やサンパウロ美術館などで個展を行い、昨年2012年には東京都写真美術館で活動の集大成とも言える個展『照度 あめつち 影を見る』を開催。本展は、その個展と同時期に開催されていた川内が震災直後の被災地でとらえた『光と影 Light and Shadow』展の巡回です。


********************************
会期:2013.10/12 - 2013.11/10
時間:13:00~19:00
休館:水曜日・木曜日
会場:KAGIYAビル4Fギャラリー
   〒 430-0944 静岡県 浜松市中区 田町229-13 KAGIYAビル4F
リンク:http://atnd.org/event/E0019313
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-11 16:19 | 受賞作家関連

写真の町・ひがしかわ写真少年団写真展

写真の町・ひがしかわ写真少年団写真展を、キトウシ物産センター2階ギャラリーで開催中です!

b0187229_14403445.jpg


















写真の町・東川に住む子ども達に、もっと写真に親しんでもらおうと、今年の春に「写真の町・ひがしかわ写真少年団」を設立しました。
現在、小学校3年生から中学校1年生までの14名で活動しています。
写真の上達への道は、撮影あるのみ!をモットーに、月2回の活動では一眼レフカメラを持って撮影に行ったり、自分で選んだ写真をセレクトし、プリントした写真を発表して、みんなで意見を出し合っています。
この活動を通して、カメラを持つことで、普段生活している町の風景が大きく違って見えたり、
テーマを持って撮影することの大切さ、またテーマに縛られず、発見したものを撮影する時のドキドキやワクワクを感じることができるのではないかと思います。
写真の町・東川に住む子ども達が、学校で昨日見たテレビや、ゲームの話をするのと同じように、写真の話をして、みんなで盛り上がる。そんな風景が自然に見れるようになればいいなと願っています。
今回の写真展は、14名の団員の初めての写真展となります。
5月と6月の活動で、東川町の羽衣公園・キトウシ森林公園で撮影した写真を展示しています。

子ども達が自分で考え、挑戦し、シャッターを切った「今」を、ご覧ください。


b0187229_14414570.jpg


b0187229_144298.jpg































ご来場お待ちしております!

*******************************
会期:2013年10月5日(土)~20(日)
    9:00~17:00
場所:キトウシ森林公園家族旅行村
物産センター2階ギャラリー
〒071-1405
北海道上川郡東川町西5号北44番地
0166-82-2632
http://www.kazokuryokoumura.jp/index.htm

会期中無休・入場無料
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-09 14:43 | 東川町

須田一政氏 写真集「Early Works 1970-1975」


Akio Nagasawa Publishingより、東川賞受賞作家 須田一政氏の写真集「Early Works 1970-1975」は発売されております。

Early Works 1970-1975

b0187229_14351577.jpg



















以下リンクより

「風姿花伝」連載以前に発表されたシリーズを収録今では殆ど見ることの難しいものばかりです。
表紙図版は5種類ご用意させていただきました。


******************************
価格:¥21,000(税込)
サイズ:B5変形
発行部数:各90部
ページ数:251ページ
製本種類:ハードカバー

リンク:http://bld-gallery.shop-pro.jp/?pid=64527618
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-09 14:36 | 受賞作家関連

石川直樹氏 写真集「Lhotse」


SLANTより、東川賞受賞作家 石川直樹氏の写真集「Lhotse」が出版されました。

Lhotse

b0187229_1429221.jpg



















以下リンクより

エベレストのことをもっと知りたい、それがすべての始まりだった。

天を突き刺すようにそびえるヒマラヤの山々。そこに足を踏み入れるたびに、石川の好奇心はかき立てられていきました。
エベレスト登頂から10年。旅先で目にしたシェルパ族の日常、目の前に立ちはだかる峻険な頂、優しさと厳しさを併せ持った山々を捉えた石川の写真は、彼自身の身体を通じて咀嚼され、このたびヒマラヤシリーズ3部作として発表されます。

その第一弾となる「Lhotse」(ローツェ)。ヒマラヤ山脈、エベレストの南に連なる山で、標高8516m、世界第4位の高さを誇っています。チベット語で「南峰」、すなわちエベレストの南側であることを意味します。エベレスト登頂後、石川の視線から片時も消えずにそびえ立っていた山がローツェでした。その時芽生えた「ローツェの頂からエベレストを見てみたい」という気持ちが、彼をローツェへと駆り立てていきました。
___

ローツェの頂上に座ると見たことのなかったエベレストの姿がそこにあった。思った以上に鋭角な三角形をしていた。2年前に立ったあの頂を、ぼくは今、その隣から眺めている
(石川直樹の日記より引用)


****************************
価格:¥2,940(税込)
サイズ:H280×W300
ページ数:48ページ
製本種類:ハードカバー

リンク:http://www.slant.jp/store.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-09 14:31 | 受賞作家関連

須田一政氏 写真集「凪の片」


冬青社より、東川賞受賞作家 須田一政氏の写真集「凪の片」が出版されました。

凪の片

b0187229_13231923.jpg
























以下リンクより

本書は、東京都写真美術館で企画された展覧会「須田一政 凪の片」の図録として出版されたものである。須田一政は代表作〈風姿花伝〉(1976年)により、日常に隠された非日常を捉え、私たちの視線を異界へと導く表現で高く評価され、以来、身近な風景や人物、どの土地にもある祭りや風俗等を被写体とした作品を発表し続けている。そして国内のみならず海外でも、日本で独自の発達をした私的視点を写真表現に持ち込んだ作家達と並んで紹介され、中でも作家独自の主観的でありながらも民俗学的な視点により、日本や東京といった既成のイメージに新たな切り口を与える点が着目されている。
作家がこれまで、50年余の膨大な時間を費やし制作してきた作品群、もしくはまだネガの状態で保管され続けている数百万から千万枚にも及ぶ膨大な写真の層を思った時、「凪の片」という句が、ふと浮かんだ。「凪」という朝夕に風がぴたりと吹かなくなる現象は、時を止め、瞬間を捉える写真に例えられる。風のない、じっとりとした空気は、須田の写真に込められた濃密な時空とも相通ずる。そして何よりも、作家の表現に触れるための糸口にもなるのだ。
(東京都写真美術館 学芸員 丹羽晴美 テキストより一部抜粋)

------------------------------------------------------------------------
本書は東京都写真美術館の下記展覧会に関連して出版されました。
須田一政「凪の片」
会期:2013年9月28日 ( 土 ) ~ 12月1日 ( 日 )
主催:東京都 東京都写真美術館/産経新聞社


************************************
価格:¥2,940(税込)
サイズ:270×214×18mm
製本種類:ハードカバー

リンク:http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/PUBLICATIONS/PHOTOBOOKS/j_suda_photobook.html#naginohira
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-07 13:26 | 受賞作家関連

渡部雄吉氏 写真集「張り込み日記」


roshin booksより、東川賞受賞作家 渡部雄吉氏の写真集「張り込み日記」が出版されました。

張り込み日記

b0187229_13181073.jpg

















©Yukichi Watabe


以下リンクより

写真家 渡部雄吉が、昭和33年(1958年)に茨城県水戸で発生したバラバラ殺人事件の捜査にあたる刑事に密着した作品。 刑事の二人は、警視庁捜査1課の刑事と、事件が発生した茨城県警から派遣された刑事。 戦後の空気が色濃く残る昭和の町並みを背景に、二人が聞き込み、張り込みと東京の下町を歩き回る姿が、現在の私たちにはとても斬新な世界に映ります。
 この作品は、撮影された年に雑誌で発表されましたが、それ以降、大きく取り上げられる機会はなく、まさに知る人ぞ知るといった作品でした。 2006年にイギリスの古書のディーラーが、神保町で120枚にものぼるこの作品のプリントを発見したことを切っ掛けとし、2011年にフランスから写真集が発売され、世界中で評判になりました。
 日本版となる新たな写真集を作るにあたって、渡部雄吉の御子息である渡部浩之氏が保管していたネガをお借りし、セレクトから見直しプリントを作成しました。 すでにフランス版の「A criminal Investigation」をお持ちの方にも、新たなる発見がある構成となっています。


****************************
価格:¥4,500(税込)
サイズ:A4変型
発行部数:900部(表紙は3種類)+プリント付きスペシャルエディション100部
ページ数:104ページ
製本種類:ハードカバー
購入できる場所:roshinbooks
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-07 13:21 | 受賞作家関連

展覧会「写真のエステ-コスモス 写された自然の形象」


東京都写真美術館にて開催中の展覧会「写真のエステ-コスモス 写された自然の形象」に、東川賞受賞作家 鈴木理策氏、高梨豊氏、柴田敏雄氏、奈良原一高氏、畠山直哉氏、篠山紀信氏、中村征夫氏、松江泰治氏、今森光彦氏、野町和嘉氏、楢橋朝子氏、小畑雄嗣氏が出品しております。

写真のエステ-コスモス 写された自然の形象

b0187229_138470.jpg



































以下リンクより

東京都写真美術館のコレクション展は、平成19年度より毎年テーマを設けて、写真の黎明期から現代作家の作品まで約2万9千点を超える豊富な収蔵作品よりご紹介しています。

「写真の美しさはどこにある?」を問いかける本年度のテーマ「写真のエステ」のもとに、「コスモス-写された自然の形象」展を開催いたします。「写された対象物の美しさ」に着目した本展は森羅万象を区分する方法である「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素を手掛かりにご紹介します。


<展覧会のみどころ>

1.写真にみる自然のコスモス(宇宙観)
本展は「写真の美しさはどこにある?」のテーマのもと、「写された対象物の美しさ」に着目します。森羅万象を区分する方法である「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素を手がかりに当館のコレクションから、それぞれの元素が持つ自然の美しさ、イメージ、心性など人々の営みや経験から導かれる美しさを感じられることでしょう。

2.出品作品の約7割が初展示!
当館の約29,000点を超えるコレクション作品のなかでも、未展示作品が多数存在します。本展は展示作品のうち、約7割(85点予定)が初展示作品で構成されます。有名作家の知られざる珠玉の名品をこの機会にご覧ください。

3.写真をより深く味わうワークショップ・イベント
会期中、より一層深く写真作品の魅力を体感していただける写真美術館ならではのプログラムを用意しています。「植物青写真」ワークショップでは日光で写真を焼き付ける青写真(サイアノタイプ)の技法を体験できます。また、「こどものための鑑賞プログラム」は本展覧会をご覧いただきながらお子さまの好奇心と写真鑑賞への興味を育むプログラムです。

展示をより楽しむためのキーワード
対象物へのイメージは人それぞれに異なります。展覧会担当学芸員が考える5つの元素をひもとくキーワードを一部ご紹介します。
【木】神の依り代、成長、歴史の傍観者、心のよりどころ
【火】創造と破壊、灯り、温もり、祭り、生命力
【土】作物、豊穣、結末、境界、地表
【金】産業、武器、圧力、練金術
【水】潤い、生命の源、浄化、反射、別世界 など


******************************
会期:2013.9/21 - 2013.11/17
時間:10:00~18:00
   木・金は20:00まで(ただし、9月27日までの木・金は21:00まで)
   入館は閉館の30分前まで
休館:月曜日
観覧料:一般 ¥500(400)/学生 ¥400(320)/中高生・65歳以上 ¥250(200)
    *( )は20名以上団体
会場:東京都写真美術館
   〒 153-0062 東京都 目黒区 三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
リンク:http://www.syabi.com/contents/exhibition/index-1931.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-07 13:11 | 受賞作家関連

須田一政氏 展覧会「無名の男女」


ギャラリー冬青にて、東川賞受賞作家 須田一政氏の展覧会が開催中です。

無名の男女

b0187229_156466.jpg




















©Issei Suda




以下リンクより

名も無き花が存在しないように、無名の人間も実際には存在しない。教科書に残るような人物を主役とするならば、ほとんどの人間はバイプレイヤーだが、視点を変えれば独自の歴史の主体であることは言うまでも無い。彼らは何気ない日常に埋もれているようで、個々の核たる奥底には強靭な力を隠し持っているのである。だからこそ、かつて、革命はこうした無名の庶民によって起こされた。

今回の「無名の男女」は、1978年「カメラ毎日」11月号に掲載された49点よりなる。もはや時代の背景として過ぎ去った一瞬ではあるが、今、ずっしりとした彼らの生の重みが撮影者である私の方に跳ね返ってくる思いがしている。

2013年7月 須田一政


*****************************
会期:2013.10/4 - 2013.10/26
時間:11:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:ギャラリー冬青
   〒 164-0011 東京都 中野区 中央5-18-20
リンク:http://www.tosei-sha.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-05 15:07 | 受賞作家関連

畠山直哉氏 写真集「BLAST」


小学館より、東川賞受賞作家 畠山直哉氏の写真集「BLAST」が出版されております。

BLAST

b0187229_14532162.jpg
















 ©Naoya Hatakeyama


石灰石鉱山の写真集『LIME(ライム) WORKS(ワークス)』で一躍注目を浴び、いまや世界的に活躍する写真家・畠山直哉の石灰石鉱山の発破の瞬間を撮影したシリーズ「BLAST」を一冊にまとめ、写真集として刊行します。1995年から撮影が始まった「BLAST」は、当時CG技術による表現が一般化する時期に当たったため、巧みなCG合成による写真と見紛われることもままあったが、じつは畠山自身が試行錯誤の末に編み出した遠隔操作によるフィルムカメラの連続撮影のたまものであった。以降、断続的に撮影された「BLAST」の作品群は、見るものを圧倒する迫力で、畠山の作品群のなかでもとりわけ人気のある作品として、世界的に、美術館や企業コレクションにおさめられている。これまでなんどか写真集の企画化が試みられながら、なかなか作家自身のゴーサインが出なかった「BLAST」。今回、ブックデザインに祖父江慎を迎え、100を超す石灰石鉱山の発破シーンから選りすぐって一冊にまとめた本作は、従来からの畠山直哉ファンのみならず、新たな視覚表現を求める好奇心に満ちた若い層にも広く愛される一冊となることは確実である。


****************************
価格:¥4,410(税込)
サイズ:A4判
ISBN:9784096820643
ページ数:80ページ
リンク:http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784096820643
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-05 14:57 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31