東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

展覧会「TOKYO 1970 by Japanese photographers 9」


アルマーニ / 銀座タワーにて開催中の展覧会「TOKYO 1970 by Japanese photographers 9」に、東川賞受賞作家 須田一政氏と細江英公氏、写真甲子園審査員 立木義浩氏が出品しております。

TOKYO 1970 by Japanese photographers 9

b0187229_14444864.jpg






















©Eikoh Hosoe


以下リンクより

現在、世界のアート写真業界において、日本の戦後写真は注目を集めています。中でも、高度経済成長期として日本がすさまじい発展を遂げ、政治的、文化的にも激動期であった1970年代は、特に個性豊かなフォトグラファーを多数輩出した時代でもありました。

その70年代を代表する9人のフォトグラファーが「東京」をモチーフに撮影した作品が、今回本展覧会で一堂に会します。森山大道「写真よさようなら」のシリーズからは未発表作品を初めて展示。それぞれの作家の代表作のひとつにもなっているパワー溢れる写真群は、40年を経た今もなお輝きを放って、観る者を魅了します。


【展覧会キュレーター:長澤章生からのメッセージ】

東京という街は、あまりに巨大で、その人の生きた時代、生活環境、そして文化背景によって、同じ場所に立っていても見えている風景は様々。
そして、今でも変化し続け、その様相は止まる所を知らないこの都市について考える時、立脚点が異なれば全く違った様相が現れ、常にそれぞれの記憶の断片を羅列し続けるしかないでしょう。

今回は東京を考察する一断片として、高度経済成長を背景とし、波乱に満ちた政治的状況、文化的状況によって人々の精神風土に劇的な影響を与えた1970年代に注目致し、この時代を紐解く一つの鍵として、時代のトリックスターであった寺山修司(演劇実験室「天井桟敷」主宰)を端緒に、それぞれ何らかの形で彼の磁場と影響関係にあった有田泰而、沢渡朔、須田一政、立木義浩、内藤正敏、細江英公、森山大道、渡辺克巳、総勢9名の写真家による彼らの見た、感じた東京を紹介します。

これらの作家の作品は、全く一様ではありません。それは、その時代精神を体現しながらも、それぞれの個人に根差したリアリティーを表しています。この多様性の中に、観客は、自分の考える東京を見るでしょうか。それとも全く知らなかった東京の顔を知ることとなるでしょうか。

この展覧会は、個人に立脚した切実な写真表現を通して1970年代の東京を考察することで、極々断片ではありながら(断片であるからこそ)、現代の巨大都市を逆照射し、我々の住む“東京”について考える一つのきっかけとなるのではないでしょうか。


<関連イベント>

須田一政とぶらぶら歩き(2回シリーズ)
2013年10月12日 13:00~16:00、20日 19:30~21:30

沢渡朔によるポートレート撮影会
2013年10月5日 12:00~18:00

森山大道シルクスクリーンワークショップT-shirt
2013年10月19日、20日 11:00~18:00(20日17:30終了)

内藤正敏×中沢新一 トークセミナー
2013年10月20日 14:00~15:30


*************************
会期:2013.10/5 - 2013.10/29
時間:11:00~20:00、土日祝:11:00-18:00
観覧料:¥800、小学生以下無料
会場:アルマーニ / 銀座タワー
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座5-5-4
リンク:http://tokyo1970.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-05 14:49 | 受賞作家関連

北島敬三氏 写真集「種差 四十四連図」


ICANOFより、東川賞受賞作家 北島敬三氏の写真集が出版されております。

種差 四十四連図

b0187229_14395396.jpg

























写真家・北島敬三が撮った、被災地ではなく、観光の風景としての種差。
演出家・豊島重之が書いた、時間の古層、空間の地峡へと開かれた種差。
骨太かつ繊細な写真と、荒々しくかつ緻密な論考の比類なき邂逅が、絶勝・種差をとらえる。

【二冊組み 函入り】

北島敬三『種差 四十四連図』=カラー96頁、写真44点
蕪島から金浜漁港へと至る、種差を撮った、44点の写真。

豊島重之『種差の世紀』=モノクロ64頁
種差の歴史と地峡をめぐる論考。目次:1 種差――飢餓の嗎(いなな)き/2 種差に種差(たねさ)/3 異類のあらわれ/4 蝕(しょく)と褥(じょく)の世紀/5 平泉常行堂の十二世紀から十三山王坊の十三世紀へ/6 種差プラトーに タとウタが影向(ようごう)する/7 赤い鶏冠(とさか)の二十一の乱/8 種差――抽象機械状の身体


****************************
サイズ:254×223mm
発行部数:500部限定
製本種類:ハードカバー
購入できる場所:
八戸市内伊吉書院、木村書店、カネイリミュージアムショップのほか、全国書店ナディッフ、ジュンク堂、リブロ、丸善、紀伊國屋書店など
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-05 14:41 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 展覧会「At the Window : The Photographer's View」


ロサンゼルスのThe J. Paul Getty Museumにて開催中の展覧会「At the Window : The Photographer's View」に、東川賞受賞作家 オノデラユキ氏が出品しています。

At the Window : The Photographer's View

b0187229_1312787.jpg
















































One of the first camera subjects, the window is literally and figuratively linked to the photographic process itself. This exhibition, drawn primarily from the Getty Museum's collection (including several new acquisitions funded by the Getty Museum's Photographs Council), looks at the ways photographers have explored their medium by turning to the window as a framing device or conceptual tool. It spans the history of photography, from some of the earliest images by William Henry Fox Talbot, Julia Margaret Cameron, and Eugène Atget to contemporary works by artists such as Robert Adams, Uta Barth, Gregory Crewdson, Sabine Hornig, and Yuki Onodera.


***************************
会期:October 1, 2013–January 5, 2014
時間:Tue-Fri,Sun 10:00 a.m.–5:30 p.m.
   Sat 10:00 a.m.–9:00 p.m.
休館:Mon
会場:The J. Paul Getty Museum
   1200 Getty Center Drive Los Angeles, California 90049
リンク:http://www.getty.edu/art/exhibitions/window/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 13:10 | 受賞作家関連

展覧会「GELATIN SILVER SESSION 2013」


今年もAXIS GALLERYにて、「GELATIN SILVER SESSION」が開催されます。
東川賞受賞作家 植田正治氏、今 道子氏、百々俊二氏、中藤毅彦氏が参加しております。

GELATIN SILVER SESSION 2013

b0187229_12524277.jpg





















以下リンクより

ゼラチンシルバーセッションは銀塩写真でしか表現できない写真の楽しさ、面白さを広く知ってもらうことにより、次の世代のためにも銀塩写真技術や機材、フイルム、印画紙等を守っていく思いを繋げていくプロジェクトです。

賛同写真家
石塚元太良、市橋織江、井津建郎、井津由美子、井上佐由紀、Bruce Osborn、笠井爾示、片桐飛鳥、勝倉崚太、小林 昭、小林紀晴、小林伸一郎、今 道子、十文字美信、菅原一剛、鋤田正義、瀬尾浩司、田尾沙織、瀧本幹也、辻 佐織、津田 直、泊 昭雄、百々 新、百々俊二、中野正貴、中藤毅彦、中道 淳、ハービー・山口、蓮井幹生、Mark Higashino、平間 至、広川泰士、広川智基、藤井保、藤塚光政、本城直季、水越 武、宮原夢画、三好耕三、村越としや、本橋成一、森本美絵、森山大道、八木 清、山本哲也、若木信吾、渡邉博史
生誕100年記念特別展示:植田正治


***********************
会期:2013.10/4 - 2013.10/20
時間:12:00~20:00、最終日は18:00まで
観覧料:有料 / ¥500(学生無料・カタログ付)
会場:AXIS GALLERY
   〒 106-0032 東京都 港区 六本木5-17-1 AXISビル4F
リンク:http://www.gs-s.info/activity/exhibition/2013/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 12:54 | 受賞作家関連

楢橋朝子氏 展覧会「PHOTO and BOOK 展」


Port Gallery Tにて開催中の展覧会「PHOTO and BOOK 展」に、東川賞受賞作家 楢橋朝子氏が参加しております。

『映像試論100』第二号発行に寄せて「PHOTO and BOOK 展」

b0187229_12465492.jpg
































以下リンクより

写真を中心に据え、筆者による自由なテーマで書かれた論文やコラム、レポート等をまとめた冊子『映像試論100』第二号が仕上がり、いよいよ販売の運びとなりました。そこで秋一番の展覧会は、取扱中のオリジナルプリントの展示とともに、写真集、評論集の新刊書をはじめ、さまざまな書物が並ぶプログラムを開催いたします。真夏の暑さが過ぎ、日に日に秋の気配が近づいてきました。じっと見る、活字を追う、静かな時間が深まっていく季節に、ぜひご来廊ください。



出品作品:島尾伸三(季節風、生活)、楢橋朝子(フニクリフニクラ)、潮田登久子(本の景色)、笠木絵津子(「時空写真」 概念図 Conceptual diagram of “Time-space Photography”)、上野王香(ソマチット)、金村修(2007年開廊展プリント)

その他:
*「映像試論100」筆者の著書  (販売協力:柳々堂、カロ ブックショップ & カフェ)
*出品作家の写真集 (販売:ポートギャラリーT)
*写真・芸術関連古書 、カメラ、絵葉書 (販売出店:シラクサ)


****************************
会期:2013.9/24 - 2013.10/19
時間:12:00~19:00、最終日17:00まで
休廊:月曜日・日曜日
会場:Port Gallery T
   〒 550-0003 大阪府 大阪市西区 京町堀1-8-31 安田ビル1F
リンク:http://www.portgalleryt.com/exhibitions/201309_photo_book.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 12:49 | 受賞作家関連

渡部雄吉氏 展覧会「張り込み日記」


タカ・イシイギャラリー モダンにて、東川賞受賞作家 渡部雄吉氏の展覧会が開催されています。

張り込み日記

b0187229_12405787.jpg






















©Yukichi Watabe


以下リンクより

「張り込み日記」は、写真家 渡部雄吉が、昭和33年(1958年)に茨城県水戸で発生したバラバラ殺人事件の捜査にあたる刑事に密着し、撮影したシリーズ作品です。
警視庁捜査1課の刑事と、事件発生現場を管轄する茨城県警から派遣された若い刑事。戦後の空気が色濃く残る昭和の町並みを背景に、聞き込み、張り込みに東京の下町を歩き回る二人の姿が捉えられています。一連の作品は、撮影された年に雑誌で発表されましたが、それ以降、大きく取り上げられる機会がありませんでした。

2006年にプリントが多数発見されると、新たに注目を集め、2011年にはフランスの出版社から作品集が刊行されています。この度、日本版作品集がroshin booksから刊行されるにあたって、タカ・イシイギャラリーモダンにて展覧会を開催する運びとなりました。
本展では、残されたヴィンテージ・プリント7点とモダン・プリント5点を発表いたします。


***************************
会期:2013.9/13 - 2013.10/12
時間:11:00~19:00
休館:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:タカ・イシイギャラリー モダン
   〒 106-0032 東京都 港区 六本木6-6-9 ピラミデビル2F
リンク:http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/9044/
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 12:42 | 受賞作家関連

天野祐子さん 「PARK ART SHOW」参加のお知らせ


伊勢丹新宿店本館3階にて開催中の「PARK ART SHOW」に、元フォトふれ 天野祐子さんが参加しております。

PARK ART SHOW

b0187229_12342378.jpg





















©Yuko Amano


以下リンクより

アートはセンス。アートはファッション。アートはトレンド。
新たな時代のライフスタイルを提案する本館3階=ウエストパーク。今回は「アートのある生活」をテーマに気鋭の日本人アーティストをご紹介するアートポップアップイベントを開催します。

海外のアートフェアへも積極的に参加し、日本人アーティストの実力を世界に知らしめ、
マーケットの拡大に大きく貢献している小山登美夫ギャラリーと、後藤繁雄氏をディレクターに、
新人写真家の発掘・育成など着実な活動をしてきたG/Pギャラリーがセレクションを担当。

この秋、感性を生活の隅々にまで広げ、新しい自分を見つけてみるのはいかがでしょうか。


*******************************
会期:2013.10.1 tue - 10.8 tue
時間:午前10時30分~午後8時
会場:伊勢丹新宿店本館3階
   〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
リンク:http://isetanparknet.com/news_event/page98.html#section18
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 12:38 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー展示情報


現在文化ギャラリーで開催中の写真展情報です。

EU・ジャパンフェスト日本委員会

b0187229_1143410.jpg
















日本に向けられたヨーロッパ人の眼・『ジャパントゥディ』寄贈作品展



東川フォトクラブ写真展

b0187229_115288.jpg




















夏休み写真絵日記展

b0187229_1161551.jpg



















ワークショップ東川写真塾

b0187229_117188.jpg
















写真コンテスト作品展


******************************
会期:2013.9.28(土)~10.17(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index.html

<次回展>
2013.10.19(土)~11.3(日)
●第43回東川町民総合文化祭作品展
[PR]
by higashikawa_blog | 2013-10-03 11:18 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31