東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

吉田和生さん 展覧会「あざみ野 フォト・アニュアル 写真の境界」


横浜市民ギャラリーあざみ野にて開催される展覧会「あざみ野 フォト・アニュアル 写真の境界」に、元フォトふれ 吉田和生さんが参加いたします。

あざみ野 フォト・アニュアル 写真の境界

b0187229_145316100.jpg





































本展は、独自のアプローチで写真表現を拡張し、私たちの視覚に揺さぶりをかけるアーティストの作品を通して現代写真の現地点を探る展覧会です。
多和田有希は、写真の表面を消しゴムや鋭利な金属で消したり削り出したりする手法で、都市や集団に潜む狂気を可視化しています。春木麻衣子は、大胆なトリミングと白黒を強調した画面構成の写真で新たな世界を提示しています。吉田和生は、写真の成り立ちへの疑問を出発点に、デジタルとアナログ手法を行き来しながら光の考察を行っています。3人の写真は、被写体のみが重要なのではなく、写されていないことや消された対象、イメージが獲得された過程に着目すべき点で新しい境地を開いています。本展では、既存の写真表現の境界を押し広げる3人の作品を通して、私たちの「見る」という行為を問い直します。


<イベント>

アーティストトーク

2014年2月9日(日)15:00~
出演:多和田有希、春木麻衣子、吉田和生
会場:展示室1
※参加無料、申込不要



担当学芸スタッフによるギャラリートーク

2014年2月15日(土)11:00~
会場:展示室1
※参加無料、申込不要



子どものための鑑賞会「あざみ野アートクラブ」

本展とコレクション展をあわせて鑑賞します。
2014年2月15日(土)14:00~16:30
対象:小学4~6年生20名(要事前申込、応募多数の場合抽選)
応募締切:2014年2月5日(水)必着
※参加無料


アートなピクニック
-視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会

視覚に障がいがある人もない人も、共に見て語らいながら展覧会を楽しみませんか?
2014年2月22日(土)10:00~12:30
会場:展示室1
対象:視覚に障がいがある人10名、視覚に障がいのない人15名(要事前申込、応募者多数の場合抽選)
応募締切:2014年2月12日(水)必着
※参加無料
※最寄のあざみ野駅までお迎えが必要な方は申込時にご相談ください。
※1歳6ヶ月~未就学児童の保育あり(予約制・有料)。詳細はお問い合わせください。


上記イベントもお申込みは下記リンクより


***********************************
会期:2014年2月1日 ~ 2014年2月23日
時間:10:00~18:00
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野
   〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3
リンク:http://artazamino.jp/event/photo-2013/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-30 14:59 | フォトフレンド

オノデラユキ氏 個展「The Sanctuary of the Topsy Turvy」


シンガポールの2902 Galleryにて、東川賞受賞作家 オノデラユキ氏の個展が開催中です。

The Sanctuary of the Topsy Turvy

b0187229_12225227.jpg
































































The Sanctuary of the Topsy Turvy is Onodera's first solo exhibition in Singapore, featuring works created over more than a decade. Pairing fun with purpose, curiosity with insight, the showcase explores the 51-year-old artist’s inner worlds - the little things in daily life that inspire and confound her. Often pushing boundaries of the photographic medium, Onodera regards methodology and process of equivalent importance to concept in conceiving her artworks. The results of her experimentations are often refreshing hybrids between various approaches of image making.

Currently based in Paris, Onodera has gained international recognition for her works over the years through numerous exhibitions and publications, including 28th Kimura Ihei Award in 2003 and the Prix Niépce Award in 2006. Her works are collected by prominent institutions including Centre Pompidou, Paris, The Tokyo Metropolitan Museum of Photography,
and The J. Paul Getty Museum, Los Angeles.

_______________________________________________________________

2902 Gallery: 222 Queen Street, #02-02
, Singapore 188550
 ⁄ 6339 8655
(Entrance opposite to 8Q, Singapore Art Museum)

15 Jan to 28 Feb 2014
Opening hours: Tue to Sat, 12noon to 7pm
Sun - 1pm to 5pm, Close on Monday & Public Holidays

www.2902gallery.com
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-29 12:25 | 受賞作家関連

東アジア写真文化国際フォーラムの開催について


東アジア写真文化国際フォーラムの開催について

東川町は国際的なコミュニケーションと写真文化に貢献する世界に開かれた町を目指して、昭和60年「写真の町」を宣言いたしました。
以来、多くの方々のご理解とご支援を賜り、今年30年の節目
の年を迎えようとしています。

近年写真は、国民を始め全世界で普及しており、2011年に発生した東日本大震災においても写真の力が見直され、写真を核とした地域づくりや町づくりを行っているところが増えてきています。

しかし、それぞれの地域や町で実施していても限界があることから、国内はもとより東アジアの国々の方とも連携を図り、写真文化をより定着化させ、より一層発展させるために実施することを目的に「東アジア写真文化国際フォーラム」を次により行いますので、時節柄何かとご多用のことと存じますが参加くださいますようご案内します。


【東アジア写真文化国際フォーラム】
 ・日 時 平成26年2月9日(日) 
      午前10時00分~午後12時00分
 ・会 場 東川町農村環境改善センター
      (東川町東町1丁目15番3号)
 ・申 込 :下記リンクよりお申込みください。

【東アジア写真文化国際フォーラム開催記念写真展】
 (写真の町東川賞海外作家賞収蔵作品展)
 ・日 時 平成26年2月1日(土)~20日(木) 
      午前10時00分~午後5時30分
      (会期中:無休 最終日は、午後3時まで)
 ・会 場 写真の町東川町文化ギャラリー
      (東川町東町1丁目19番8号)

担当課
写真の町課写真の町推進室

連絡先
0166-82-2111

リンク:http://town.higashikawa.hokkaido.jp/topics/index.php?y=2014&m=01#782
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-28 14:57 | 東川町

吉田和生さん 個展「Ruler」


本日よりG/P galleryにて、元フォトふれ 吉田和生さんの個展が開催されています。

Ruler

b0187229_13276100.jpg













©Kazuo Yoshida

以下リンクより

1月24日よりG/P galleryでは吉田和生の個展を開催いたします。吉田は2012年に群馬青年ビエンナーレ大賞を受賞し、代表作品であるシリーズ「Air Blue」が2012年文化庁メディア芸術祭推薦作品に選出されるなど、着実に評価を高めている若手写真家です。本展覧会では「可変する情報を如何に見るか」をテーマに制作された吉田の最新作である「Ruler」及び「Ratio」を展示いたします。ぜひご高覧ください。

<アーティスト・トーク>
2月2日(日)17:00 – 18:00
出演:吉田和生、住友文彦(アーツ前橋館長) モデレーター: 星野太(美学・表象文化論)


******************************
会期:1月24日(金)~3月2日(日)
時間:12:00 – 20:00
休廊:*2月8日(土)、及び毎週月曜日
会場:G/P gallery
   150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F
リンク:http://gptokyo.jp/archives/1566
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-24 13:30 | 受賞作家関連

【写真甲子園】CP+2014「写真甲子園」ブース出展に伴うOG・OBアルバイトの募集


2月13日(木)~2月16日(日)の4日間、パシフィコ横浜でカメラと写真映像の情報発信イベント「CP+2014」が開催されます。

このイベントにおいて「写真甲子園」ブースを出展するにあたり、写真甲子園の本戦大会に出場したOB・OG(ただし、現役の高校生を除く)を対象に広報活動のためのアルバイトを募集します。

ご希望の方は、オフィシャルサイトをご覧いただき、写真甲子園実行委員会事務局まで、ご連絡ください。

☆写真甲子園オフィシャルサイト http://syakou.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-21 21:53 | 写真甲子園

須田一政氏 展覧会「わが東京」


Zen Foto Galleryにて、東川賞受賞作家 須田一政氏の展覧会が開催中です。

わが東京

b0187229_2148288.png


























****************************
会期:2014年01月18日(土) - 2014年02月01日(土)
時間:12:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:Zen Foto Gallery
   〒 106-0032 東京都 港区 六本木6-6-9 ピラミデビル208
リンク:http://www.zen-foto.jp/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-21 21:50 | 受賞作家関連

尾仲浩二氏 写真集「EXTRA HARD」


Matatabi Libraryより、東川賞受賞作家 尾仲浩二氏の写真集が発売されました。

EXTRA HARD

b0187229_21443387.png

























以下リンクより

22歳の頃、月光VR-4と云う印画紙に出会った。
エレキギターのエフェクター「ディストーション」のように何でもハードコントラストに変えてくれる魔法の印画紙。
これさえあれば僕も森山大道になれると思った。
うれしくてどんどんカチカチの写真を作った。
写真学校では絶対に怒られるプリント 堅ければ堅いほどカッコいいと思っていた。
だって僕はCAMPのメンバーだったのだから。

****************************
価格:¥2,000(税込)
サイズ:150x190mm
発行部数:初版250部
ページ数:100ページ
製本種類:ソフトカバー
リンク:http://www.onakakoji.com/book-shop/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-21 21:47 | 受賞作家関連

尾仲浩二氏 写真集「EXTRA HARD」


Matatabi Libraryより、東川賞受賞作家 尾仲浩二氏の写真集が発売されました。

EXTRA HARD

b0187229_21443387.png

























以下リンクより

22歳の頃、月光VR-4と云う印画紙に出会った。
エレキギターのエフェクター「ディストーション」のように何でもハードコントラストに変えてくれる魔法の印画紙。
これさえあれば僕も森山大道になれると思った。
うれしくてどんどんカチカチの写真を作った。
写真学校では絶対に怒られるプリント 堅ければ堅いほどカッコいいと思っていた。
だって僕はCAMPのメンバーだったのだから。

****************************
価格:¥2,000(税込)
サイズ:150x190mm
発行部数:初版250部
ページ数:100ページ
製本種類:ソフトカバー
リンク:http://www.onakakoji.com/book-shop/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-21 21:46 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「あめつち」


ドイツのPriska Pasquerにて、東川賞受賞作家 川内倫子氏の展覧会が開催中です。

Ametsuchi

b0187229_1503485.jpg




















©Rinko Kawauchi


RINKO KAWAUCHI | QUOTE

“The sunset I see from the window of my home tonight is similar but different from what I saw yesterday. Every day is in a continuum of new days, each somehow different from the next. [...] Throughout the world, we are comrades who share grace, and share as well the challenges to overcome any number of difficult obstacles. Even if our paths never cross, we who exist now on the same Earth certainly share something, a shared time and a shared space.”

AMETSUCHI | THE EXHIBITION

GALERIE | PRISKA PASQUER is proud to present Rinko Kawauchi’s latest series “Ametsuchi”.
This is the first time that these photographic works have been shown in Europe as part of an individual exhibition.
Kawauchi’s new series, “Ametsuchi” – which translates as “heaven” and “earth” – explores how mankind relates to time. Vast landscape pictures depict the traditional, controlled burning of farmland, demonstrating the destructive yet rejuvenating power of fire. The series of fire pictures are punctuated with abstract and calm images of stellar constellations and religious rituals.
In the earthy colours of her landscapes, the artist creates an “elementary simplicity [...] like fields of colour in a Rothko painting” (Florence Waters).
Interwoven with the images of recurring agricultural and religious rituals and starry skies, Rinko Kawauchi conjures up a connection between the past and the present, the spiritual world and reality, between Heaven and Earth.

RINKO KAWAUCHI | THE ARTIST

Born in 1972, Rinko Kawauchi is regarded as one of the most important female contemporary Japanese artists. Having lived for some time in New York, she has since returned to Tokyo. When studying at the Seian Junior College of Art and Design, she discovered photography as a means of expression. To date, she has published 16 photo books, including “Illuminance” (2011), which focused on transforming ephemeral elements of everyday life into something breathtakingly new.
Her works have been shown in individual exhibitions all over the world, including in the Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Gallery at Hermès, New York, in the São Paulo Museum of Modern Art and in the Fondation Cartier pour l’Art in Paris.
Photographs by the artist are included in the collections of the San Francisco Museum of Modern Art and the Tokyo Metropolitan Museum of Photography. Since 2006, the artist has been represented in Europe by GALERIE | PRISKA PASQUER

EDITION | PRISKA PASQUER

We are very happy to continue our Special Edition concept for young collectors with Rinko Kawauchi. She has created a special edition work from her new series "Ametsuchi".
Following the example set by our Experiment Edition by Rudolf Bonvie we are able to offer an editioned print by Rinko Kawauchi for young collectors at our webshop.

 This artwork is a c-print, measuring 31.2 x 40 cm, in a limited edition of 1,000, signed by the artist.

Download Press Release (59 K)


*******************************
December 6, 2013 - March 8, 2014
Tue-Fri 11-6 I Sat 11-4
Albertusstr. 9-11,50667 Cologne ,Germany
http://www.priskapasquer.com/exhibitions/2013-12-06_rinko-kawauchi-ametsuchi/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-21 15:02 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 書籍「HER」


雷鳥社より、フォトふれ クロダミサトさんの書籍が出版されました。

HER

b0187229_14441320.png
























以下リンクより

写真集「沙和子 無償の愛」(青幻社)が高い評価を得ている、2009年度「写真新世紀」グランプリ受賞者クロダミサト氏。あっしゅと上京してからの二人暮らしを綴ったフォトブログ「H-アッシュ-」がアサヒカメラ.netにて好評のうちに連載終了し、今回の書籍化となりました。20代女子の日常を、「それぞれの目標」に向けて、著者自身の写真と言葉によってありのままを記録した2年間の写真日記。書籍版では、物語のその後を新たに書き下ろした追加記事を含む240ページ全122記事を収録。


****************************
価格:¥1,680(税込)
サイズ:四六
ISBN:9784844136545
著者:クロダミサト
ページ数:240ページ
製本種類:ソフトカバー
リンク:http://www.raichosha.co.jp/book/photo/ph75.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-01-18 14:45 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー