東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

東川町文化ギャラリー展示情報


現在開催中の文化ギャラリー展示情報です。

第30回北海道報道写真展

b0187229_12281490.jpg

















北海道新聞に掲載された、道内の報道写真展です。


心に感じる写真 張 宏聲の世界

b0187229_12284617.jpg

















張 宏聲氏による幻想的な写真が並びます。



***********************************
会期:2014.3.12(水)~27(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


次回展予告

3/29(土)~4/17(木)
●高等学校文化連盟全国写真専門部
日韓高校生写真交流の集い・
日韓中高校生フォトコン 写真展
●写真甲子園2013
本戦大会出場校作品展
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-15 12:30 | 東川町

佐藤時啓氏 展覧会「モノクロームの世界」


和歌山県立近代美術館にて開催中の展覧会「モノクロームの世界」に、東川賞受賞作家 佐藤時啓氏が出品しています。

モノクロームの世界

b0187229_18125739.jpg



















©Tokihiro Sato

以下リンクより

「モノクローム」とは、「一つの色」という意味です。つまり赤でも青でも、一色だけであればモノクロームと呼ぶことができますが、一般的には、色味のない黒と白による表現に対して用いられています。

すべての色は黒と白の間に生まれると述べたのは、古代ギリシャの哲学者アリストテレスでした。黒と白は光学的に言えば色ではなく明暗の差であるので、科学的には正しいとは言えません。しかし色は闇と光との間に存在するのだという意味においては、間違いではないでしょう。私たちが見ている色の世界は、確かに光があってこそのものだからです。ただしそれを簡単に記録できるようになったのは、ごく最近のことあり、それまでは主に黒いインクを用いた版画や光の有無だけをとらえた写真が、情報伝達の中心手段でした。
もちろん現代では手軽に色にあふれた情報を得られるようになりましたが、黒と白だけの表現がなくなったわけではありません。それはカラーの世界では得られない別の広がりが、そこにあるからなのでしょう。この展覧会では、黒を用いて描き出す版画と、光によって表現する写真表現を中心に、モノクロームによって表わされた世界をご紹介します。


***************************
会期:2014年03月01日(土) - 2014年05月25日(日)
時間:9:30~17:00
   入場は閉館の30分前まで
休館:月曜日
   月曜日が祝日の場合は翌平日
観覧料:一般¥340(270)、大学生¥230(180)()内は20名以上の団体料金
会場:和歌山県立近代美術館
   〒 640-8137 和歌山県 和歌山市 吹上1-4-14
リンク:http://www.momaw.jp/exhibit/now/2014monochrome.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-11 18:15 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「軌道回帰」


アツコバルー arts drinks talkにて、東川賞受賞作家 植田正治氏の展覧会が開催されています。

軌道回帰

b0187229_1875144.jpg

















©Shoji Ueda


以下リンクより

1983年、最愛の妻の死とともに、写真に対する意欲をも喪失していた植田正治が「写真する遊び心」を取り戻す一つの契機に『軌道回帰』(1986年私家版刊行)がありました。当時、発売されたばかりのポラロイド社 35mmフィルムに刺激された植田はこのシリーズに新しい方向性を探り、「内省的な風景」を刻み込みました。

植田の代名詞ともいえる砂丘で、戦後一世を風靡した絵物語作家、山川惣治を撮影した幻想的な作品を併せて展示、植田正治101年目のはじまりを記念する展覧会です。


********************************
会期:2014年03月12日(水) - 2014年04月07日(月)
時間:14:00~21:00
   日月 11:00~18:00
休館:火曜日
観覧料:¥500(1drink付)
会場:アツコバルー arts drinks talk
   〒 150-0046 東京都 渋谷区 松濤1-29-1 クロスロードビル5F
リンク:http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2014/0312.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-11 18:10 | 受賞作家関連

中村征夫氏 展覧会「紅海」


ブルーホールにて、東川賞受賞作家 中村征夫氏の展覧会が開催中です。

紅海

b0187229_184648.png















©Ikuo Nakamura


以下リンクより

アフリカ大陸とアラビア半島に挟まれる紅海は、世界でもっとも美しい海と言われている。その理由は、年間を通してほとんど雨が降らないことと、沿岸域に暮らす人々も少ないため汚染されることがないからだ。

海の中は絢爛豪華なサンゴの彩りに満ちあふれている。ダイビングポイントは禁漁区であるため、魚たちは人間を恐れることもなく、悠然とダイバーの回りを旋回する。

岩礁域は赤、黄、紫色のソフトコーラルに彩られ、その周囲をオレンジ色のキンギョハナダイが視界を覆わんばかりに群れ泳ぐ。紅海には固有種も多く、世界中からカメラマンやレジャーダイバーが訪れることもあり、ダイバーたちの聖域と謳われている。


*******************************
会期:2014年03月01日(土) - 2014年06月29日(日)
時間:10:00~16:30、入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般¥300 中高生¥100 小学生以下無料
休館日:3月30日
会場:中村征夫フォトギャラリー「ブルーホール」
   〒 018-1504 秋田県 潟上市 飯田川飯塚字飯塚34-1 小玉醸造株式会社内
リンク:http://www.bluehole.or.jp/gal22.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-11 18:05 | 受賞作家関連

東川写真塾


5/14~5/16 東川町にて、東川写真塾が開催されます。

東川写真塾

b0187229_17545856.jpg


b0187229_1755348.jpg
































































東川町や周辺の町村をフィールドに春の大雪山を撮影できる東川写真塾。今年は5月14日(水)〜16日(金)の2泊3日の日程で開催します。撮影後は天人峡温泉で疲れを癒し、写真スライド懇談会・講評会も行います。皆さんのご参加をお待ちしております。 尚、東川写真塾に過去5年以内に参加し撮影した作品も同時に募集します。 グランプリ1名、準グランプリ2名には表彰を行い、応募いただいた作品は、東川町文化ギャラリーにて展示を予定しています。

*******************************
開催日:5/14~5/16
場所:東川町・美瑛町・上富良野町他・大雪山系一円
主管:フォーラム東川塾
お申し込み:東川町写真の町課 写真の町推進室
   TEL.0166-82-2111
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-11 17:59 | イベント

澤田知子氏 展覧会「Photographs at Play」


New YorkのThe Morgan Library & Museumにて開催中の展覧会「Photographs at Play」に、東川賞受賞作家 澤田知子氏が参加しています。

Photographs at Play

b0187229_1428891.png













A Collective Invention: Photographs at Play signals the debut of photography as a curatorial focus at the Morgan. With over eighty works from more than two dozen collections arranged into a surprising chain of visual associations, the exhibition explores the many ways of interpreting a photograph and pays tribute to the unique role played by the creative collector. Each photograph in the exhibition's "collective invention" shares a visual or conceptual quality with the piece to its left, another with the one to its right. Embodying photography's rich history and wide range of applications in science, art, propaganda, journalism, and self-promotion, A Collective Invention celebrates a medium that mirrors the energy and complexity of modern life.

This exhibition is made possible by the Sherman Fairchild Fund for Exhibitions, with additional support from The Margaret T. Morris Foundation, Herbert Kasper, Winnie and Michael Feng, Richard Glasebrook, and an anonymous gift.


******************************
会期:2014年 2月14日~5月18日
会場:The Morgan Library & Museum,
   225 Madison Avenue at 36th Street, New York, NY 10016
リンク:http://www.themorgan.org/exhibitions/exhibition.asp?id=86
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-07 14:31 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 展覧会「3331 Art Fair ‒Various Collectors' Prizes‒」


3331にて開催中のアートフェア「Various Collectors' Prizes」に、元フォトふれ クロダミサトさんが参加しています。

3331 Art Fair ‒Various Collectors' Prizes‒

b0187229_1465532.jpg



















以下リンクより

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
購入宣言!  著名コレクター& 各界キーパーソンによる「コレクターズ・プライズ」
2014年、最も注目すべき同時代アーティストの作品が購入できます! !
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「3331 Art Fair ‒Various Collectors' Prizes-」では、著名コレクター&各界キーパーソン約50名が選者となる「コレクターズ・プライズ」を発表します。

「コレクターズ・プライズ」では、購入宣言をしたコレクターの方々が出展作品を選びます。購入によりコレクター名を冠したプライズをアーティストに与えることを基本とし、会期中会場にて各賞を随時発表致します。
 
コレクターの興味のあり方を公開することによって、"見る" だけでなく"買う" ことで気づくアートの魅力や新たな関わり方を提案し、アートビギナーにとっても「アートのある暮らし」へのきっかけやヒントが見つかる「3331 Art Fair -Various Collectors' Prizes-」。会場には現代アートの価値のひとつである新鮮で切実な感性と同時代性をかいま見せてくれる魅力的な絵画や彫刻、映像作品およそ200 点以上が、3331 ならではのセレクトで一堂に会します。是非お楽しみ下さい。

<プライズタイトル>
アジール 賞/アフタヌーンソサエティ 賞/アーホ!賞/石鍋博子 賞/伊藤 忍 賞/梅澤さやか 賞/M/F 賞/岡村多佳夫 賞/オノコロ 賞/片岡真実 賞/CAPSULE 賞/月刊アートコレクターズ 賞/小泉亜里 賞/佐藤直樹 賞/塩原将志 賞/白木 聡 賞/嶋津 充 賞/塩入敏治 賞/実家 JIKKA 賞/Space W 賞/住吉慶太 賞/住吉智恵 賞/諏訪光洋 賞/高井勇輝 賞/高木美香 賞/高橋信也 賞/武内竜一 賞/田中英雄 賞/塚本由晴 賞/ツツミエミコ 賞/DJ TARO 賞/遠山正道 賞/どくろ興業 賞/野老 覚 賞/長澤章生 賞/長屋 博 賞/林 千晶 賞/林 直樹 賞/東出菜代 賞/美術手帖 賞/風澤俊一 賞/細田真一 賞/MAD 賞/宮本初音 賞/山本冬彦 賞/REALTOKYO 賞/若松友治 賞/和多利浩一 賞/特別賞・匿名/特別賞・匿名/3331 Arts Chiyoda 賞/特別参加:南條史生 特別賞

<アーティスト>
愛☆まどんな/天野亨彦/泉 太郎/岩井 優/岩岡純子/岩田草平/上田尚宏/榮水亜樹/蛭子未央/遠藤一郎/大垣美穂子/大野綾子/岡田将孝(Chim↑Pom)/荻野僚介/利部志穂/加藤 翼/加藤智大/加納俊輔/河地貢士/KIKI/菊地良博/金 理有/キュンチョメ/極並 佑/金 光男/くへV/栗原良彰/黒川彰宣/クロダミサト/core of bells/越中正人/越間有紀子/小林丈人/小村希史/Colliu/contact Gonzo/近藤恵介/齋藤陽道/佐藤純也・佐々木健・片山真妃/塩川彩生/鈴木貴子/SEMBL/髙倉吉規/鷹野依登久/高橋大輔/竹内 翔/竹谷 満/多田圭佑/田中良太/津上みゆき/戸田祥子/中里周子/中島崇/中原昌也/中山玲佳/ni_ka/西尾美也/二艘木洋行/丹羽良徳/蓮沼執太/畠山瑞規/林千歩/林靖高(Chim↑Pom)+北川陽子(快快)/パルコキノシタ/ひさつねあゆみ/久村卓/平山昌尚/藤橋貴之/藤原彩人/古畑智気/古屋和臣/マコ・プリンシパル/増子博子/MAS(T)A (五月女哲平、森田浩彰)/桝本佳子/三木仙太郎/ミキオサカベ/水野里奈/溝上 強/みなみりょうへい/宮川ひかる/村山悟郎/村山修二郎/門眞 妙/山口 藍/山口典子/山田周平/山本高之/yang02 + So KANNO/writtenafterwards by yoshikazu yamagata/謎の陶芸家

<ギャラリー/マネージメント>
A/A Gallery/AI KOWADA GALLERY/AISHO MIURA ARTS/AOYAMA | MEGURO/ARATANI URANO/Bambinart Gallery /Edition Works /Gallery Hashimoto/Gallery Jin/GALLERY MoMo/Gelatin Contemporary/Gell Alterna/HARMAS GALLERY/imura art gallery/island JAPAN/KAYOKO Y UKI/MA2 Gallery/Maki Fine Arts/MEGUMI OGITA GALLERY/MEM/MORI YU GALLERY/Mujin-to Production/nao nakamura/nichido contemporary art/Ninyu Works/now fashion agency/Shinjuku Ganka Gallery/SNOW Contemporary/Sprout Curation/taimatz/TAKE NINAGAWA/TALION GALLERY/Gallery OUT of PLACE/TS4312


****************************
日程:2014年03月07日(金)~2014年03月16日(日)
時間:11:00-20:00
備考:最終入場は閉場30 分前/最終日のみ11:00-19:00
休み:会期中無休
料金:1,000 円
備考:千代田区民は無料/当日に限り再入場可/作品ご購入の来場者様は入場料を全額返却する「デポジット制」
会場:1F メインギャラリー
リンク:http://www.3331.jp/schedule/002323.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-07 14:09 | フォトフレンド

藤本涼さん 個展「untouched flower」


明後日よりg/p galleryにて、元フォトふれ 藤本涼さんの個展が開催されます。

untouched flower

b0187229_19341171.jpg

































©Ryo Fujimoto

以下リンクより

このたびG/P galleryでは、藤本涼の新作展を開催いたします。藤本は、東京藝術大学在学中から活動を始め、2011年「第5回 shiseido art egg」に選抜、2013年には第 16 回文化庁メディア芸術祭 アート部門 審査委員会推薦作品に選出されました。今回の新作シリーズ「untouched flower」ではパソコンのモニター内を「彼岸」や「聖域」のように捉え、そこに投映された花弁を通して不在性や記憶の残滓をいかに可視化するかに挑んでいます。ぜひご高覧ください。

オープニングレセプション:3月7日(金)18:00〜20:00
アーティストトーク:詳細が決まり次第webにて公開いたします(リンクをご確認ください)

*******************************
会期:2014年3月6日(木)〜 4月6日(日)
時間:12:00 – 20:00
休廊:月曜
会場:G/P gallery
   150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4
リンク:http://gptokyo.jp/archives/1598
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-04 19:38 | フォトフレンド

長倉洋海氏 写真展「子どもたちからの元気便」


旧百三十銀行ギャラリーにて、東川賞受賞作家 長倉洋海氏の写真展が開催されます。

b0187229_18271152.png



























**********************************
会期:2014年3月8日(土)~3月11日(火)
時間:10:00~18:00
会場:北九州市 旧百三十銀行ギャラリー
   805-0061 福岡県北九州市八幡東区西本町1丁目20−2
講演&サイン会:(同会場にて)
   3月9日(日) 13:30~15:00
   参加費 500円
リンク:http://www.h-nagakura.net/exhibition.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-03 18:30 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 展覧会「Triangles」


gallery ART UNLIMITEDにて、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏の展覧会が開催されています。

Triangles

b0187229_18191293.png




















©Toshio Shibata

以下リンクより

柴田敏雄は昨年ヨーロッパで建築のデジタル撮影に着手、国内でも新作を撮影中。新作の展開が楽しみです。
Prints Unlimited 2014は柴田敏雄の「三角形」にまつわる作品を特集。2012年「与えられた形象」展(国立新美術館)で注目された柴田敏雄の「三角形」。作家が写真という平面の中で追求してきた形象とは何かを考えます。


***************************
会期:2014年02月10日(月) - 2014年03月08日(土)
時間:13:00~19:00
休廊:火曜日・日曜日・祝祭日
会場:gallery ART UNLIMITED
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
リンク:http://www.artunlimited.co.jp/current/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-03-03 18:21 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31