東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

展覧会「写真入門 — 6つのキーワード」


東京工芸大学 写大ギャラリーにて開催中の展覧会「写真入門 — 6つのキーワード」に、東川賞受賞作家 奈良原一高氏、川田喜久治氏、細江英公氏の作品が出品されています。

写真入門 — 6つのキーワード

b0187229_1046477.png























1970年代以降、欧米では、写真のオリジナル・プリントの普及のために、著名な写真家の代表作を組み合わせたポートフォリオが数多く出版されてきました。

エドワード・スタイケンやポール・ストランド、ウォーカー・エバンスなど、歴史的な巨匠の名作として知られる写真を、オリジナル・プリントにして、10点~15点を専用の化粧箱に収納し、いわば永久保存版としてギャラリーや出版社によって発行されたものが多くあります。

また、そのようなベスト盤的なポートフォリオだけでなく、写真家個人やグループによって、一つのテーマやシリーズでまとめられた、最終的な表現媒体として企画されたポートフォリオも多く存在します。

近年では、日本国内においても、安井仲治や中山岩太など戦前に活躍した写真家のプリントを、オリジナル・ネガから復刻したポートフォリオが出版されるなど、写真史研究の新たな資料としても注目を集めています。

このようにポートフォリオは、写真家の足跡や作風をオリジナルで知ることのできる最適な資料であり、大学という教育機関付属の写大ギャラリーでは、1975年の開設以来、これまでに40種類以上のポートフォリオを収集してきました。

4月は本学でも多くの新入生を迎えます。本展は、これから写真を学ぼうとする学生や、これから写真の歴史やオリジナル・プリントに興味を持たれる方のために、写大ギャラリーが収蔵するポートフォリオ・コレクションより、「自然」「人」「もの」「かげ」「建物」「都市」という、写真を楽しむ6つのキーワードに沿って作品を選んで展示するものです。


**********************************
会期:2014 年4月14日 ~ 2014年5月25日
時間:10:00~20:00 会期中無休
会場:写大ギャラリー
   〒164-8678 東京都中野区本町2-4-7 芸術情報館2F
リンク:https://www.t-kougei.ac.jp/arts/shadai/2014/01.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-15 10:50 | 受賞作家関連

鈴木理策氏 展覧会「ルドルフ・シュタイナー展 天使の国」


ワタリウム美術館にて開催中の展覧会「ルドルフ・シュタイナー展 天使の国」に、東川賞受賞作家 鈴木理策氏が参加しております。

ルドルフ・シュタイナー展 天使の国

b0187229_15322095.jpg























以下リンクより

ルドルフ・シュタイナー(1861~1925年)はゲーテ研究家、人智学の創始者、哲学者、そして教育者として日本でもよく知られています。今回の展覧会ではシュタイナーをさらに知るための3つのアプローチを用意しました。

 1つめは黒板ドローイングです。シュタイナーが農民や労働者、学者たちに向け行なった講義の際、内容を説明するために用いたものです。弟子たちは講義録とともに黒板の絵や文字も遺したいと考え、あらかじめ黒板に黒い紙を貼ってそれを保存するようになります。1919年から亡くなる1925年までの6年の間におよそ1000点の黒板ドローイングが遺されていますが、本展では晩年の24点を展示します。赤や黄色のチョークで力強く描かれたドローイングは時代を超えてさらに輝きを放ちます。近年、これらは"思考する絵"というアートの新しいフィールドとして世界で注目を集めています。

 2つめは、シュタイナーの建築とデザインです。1913年に着工され1922年に火災により消失した幻の建物「第一ゲーテアヌム」を300
余点のドキュメント写真や模型で、さらに日本で初めての公開となるウインドーのための習作ドローイングなども展示します。また、シュタイナー自身がデザインし現在も使用されている家具やランプ、それらのかたちの原点を見ることができる装飾品などさまざまなアイテムを展示し、思想から日常まで広がるシュタイナー哲学の実践を検証します。

 そして、3つめはスイス、ドルナッハの丘に現在も建つ「第二ゲーテアヌム」です。第二ゲーテアヌムとその周辺を坂口恭平(建築家・アーティスト)が表わしたジオラマ、鈴木理策(写真家)の写真作品、本展のために新たに撮り下ろした最新のハイヴィジョン映像などによりご覧いただきます。また注目のオラファー・エリアソン(アーティスト)もシュタイナー思想から大変影響を受けた一人ですが、ここではエリアソンのデザインによる『オロイド・ランプ』を展示します。


******************************
会期:2014年03月23日(日) - 2014年07月13日(日)
時間:11:00~19:00、毎週水曜日は21:00まで
休館:月曜日、5/5は開館
観覧料:入場料:大人¥1,000/学生[25歳以下]¥800
会場:ワタリウム美術館
   〒 150-0001 東京都 渋谷区 神宮前3-7-6
リンク:http://www.watarium.co.jp/exhibition/1403steiner/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-13 15:35 | 受賞作家関連

篠山紀信氏 展覧会「写真力 THE PEOPLE by KISHIN」


グランフロント大阪北館にて、東川賞受賞作家 篠山紀信氏の展覧会が開催中です。

写真力 THE PEOPLE by KISHIN

b0187229_15262027.jpg

























©Kishin Shinoyama


以下リンクより

1950年代後半から今日にいたるまで、写真の第一線を走りつづける篠山紀信(1940-)。時代を見越し、時代に先駆けるその活動はつねに話題をさらい、また賛否両論を巻き起こしてきました。芸術か否かという問題の上に、写真はある-。そう断言する篠山は、写真の本領は様々なメディアを通して広く社会に浸透し、時空や虚実をも越えて人々に力強く働きかけることにあるとの洞察のもと、テーマ、ジャンルを問わず夥しい数の作品を発信してきました。

「写真力」とは何か?篠山は「写真の力が漲った写真」であり、撮られた者も、撮った者も、それを見る人々も、唖然とするような「尊い写真」だと言います。

本展は、篠山が満を持して世に問う大規模な個展です。篠山の主戦場である有名人のポートレートを中心に、50年間にわたり撮影されてきた写真の中からとびきり「写真力」のある作品を選び、巨大な展示空間にあわせダイナミックに引き伸ばして、新たなストーリーのもと紹介します。篠山自身が「写真の神様が舞い降りてくれた」と認める決定的なイメージが、半世紀におよぶ時を越えて一堂に会する今回の展示は、篠山にとって新たな挑戦です。それはまた、我々が生きてきた時代や社会を強く喚起するとともに、写真というメディアに内在する強力なエネルギーを体感できる場となるでしょう。


****************************
会期:2014年04月05日(土) - 2014年05月18日(日)
時間:11:00~19:00、入館は18:30まで
休館:無休
観覧料:大人¥1,100(900)、高大生¥800(600)、小中生¥500(300)
    *( )内は前売り並びに20人以上の団体料金。
会場:グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル B1 イベントラボ
   〒 530-0011 大阪府 大阪市北区 大深町3-1
リンク:http://www.kishin-osaka.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-13 15:29 | 受賞作家関連

畠山直哉氏 展覧会「タマ/アニマ」


ギャラリー小柳にて、東川賞受賞作家 畠山直哉氏の展覧会が開催中です。

タマ/アニマ

b0187229_15212669.jpg



















©Naoya Hatakeyama

以下リンクより

2013年、広島県立美術館で発表された作品《タマ/アニマ(わたしに息を吹きかけてください)》は、内藤が初めて「原爆」という問題に取り組んだ、慰霊の、そして地上の生のための祈りの空間です。

本展では、写真家畠山直哉により撮影されたこの作品を、写真作品として発表致します。


*******************************
会期:2014年04月04日(金) - 2014年05月31日(土)
時間:11:00~19:00
休廊:月曜日・日曜日・祝祭日
会場:ギャラリー小柳
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座1-7-5 小柳ビル8F
リンク:http://www.gallerykoyanagi.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-13 15:23 | 受賞作家関連

北島敬三氏 写真集「UNTITLED RECORDS Vol.1」


KULAより、東川賞受賞作家 北島敬三氏の写真集が出版されました。

UNTITLED RECORDS Vol.1

b0187229_1516031.png






















以下リンクより

1979年に都市の人間模様を写した『写真特急便 東京』No.1~No.12でデビューを果たした北島敬三が、満を持してふたたび連続写真集をスタートします。
1991年のソ連崩壊以後、ネオリベラリズムの台頭と加速する自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンとあらゆるジャンルで進められる市場開放、とりわけ国内においては、東日本大震災と原発事故によってより顕在化した地方と中央との不可逆な非対称性など、私たちは「目の前の現実が突然何か別のものに姿を変えてしまうような経験」を何度も積み重ねてきました。私たちはすでに、かつてのように単眼的なパースペクティブで世界を把握、受容することがきわめて困難な時代の中にいるのかもしれません。
この連続写真集『UNTITLED RECORDS』は、こうした時代の向来向後の視覚資料になることを目的として発刊されます。

撮影地は三陸、福島の被災地を含め、北海道から沖縄まで全国各地。
発行は年4回、全20刊を予定。


***************************
価格:2,000円+tax
サイズ:B4変型判
ISBN:9784907865009

<Special Editon>
エディション12/特製函入り
イメージサイズ:17.7 x 22.2 cm
ペーパーサイズ:19.9 x 24.4cm
プリント裏面にサイン・エディションナンバーあり
価格:30,000円+税

リンク:http://pg-web.net/shop/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-13 15:18 | 受賞作家関連

「なつかしの東川」映像セミナー開催のお知らせ!


「なつかしの東川」映像セミナー開催のお知らせ。

東川町開拓120年を記念しまして飛弾野数右衛門さんが撮影したフィルム映像から、戦前戦後の東川町に関係する映像を編集し、NHK放送局長那須敦志さんを案内役に、町民代表3人も加わってお届けする映像セミナーを下記の日程にて実施致します。
懐かしの東川町の文化や歴史を映像と共に振り返ってみてはいかがでしょうか。

b0187229_4473858.jpg

















日時:平成26年4月26日(土) 
開場:午後1時 開演:午後1時30分 終演:午後3時(予定)
場所:農村環境改善センター
   北海道上川郡東川町東町1丁目15番地3号
料金:無料
出演:
  【解 説】
   飛弾野 哲弘(飛弾野数右衛門氏長男・元旭川工業高等専門学校教授)
   植田 豊(元東川町職員)
   上田 亮一(元東川町職員・元町議会議員)

  【案内人】
   那須 敦志(NHK旭川放送局長)


参加は無料ですが入場整理券(1枚で1名入場可能)が必要です。
ご希望の方は、東川町役場でお申し込み、もしくはNHK旭川放送局に電話かファクシミリでお申し込みください。

<窓口申込>
東川町役場企画総務課

<電話申込>
NHK旭川放送局 0166-24-8805
(平日/午前10時~午後6時)

<FAX受付>
NHK旭川放送局 0166-24-4080 「映像セミナー」係
※ファクシミリには、
(1)郵便番号、(2)住所、(3)名前、(4)電話番号、(5)参加希望人数 
を記入のうえお申し込みください。

※応募受付は先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます。
※1歳以上のお子様から入場整理券が必要となります。
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:52 | 東川町

松下初美さん 個展「松下初美」


4/15よりTAP Galleryにて、フォトふれ 松下初美さんの個展が始まります。

松下初美

b0187229_4423883.jpg






























©Hatsumi Matsushita


*******************************
会期:2014/4/15(tue)-4/27(sun)
時間:13:00-19:00
休廊:月曜
会場:TAP Gallery
   〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8
リンク:http://tapgallery.jp/exhibition/201404matsushita.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:44 | フォトフレンド

展覧会「JAPON」


フランス_メイマック現代アートセンターにて行われる、日本人の現代美術作家を紹介する展覧会「JAPON」に、東川賞受賞作家 荒木経惟氏、川内倫子氏、楢橋朝子氏、澤田知子氏、鈴木理策氏、田原桂一氏が出品いたします。

JAPON

b0187229_437987.jpg



















<出品作家>
荒川修作/天江竜太/荒木経惟/福居伸宏/林ナツミ/平川典俊/本城直季/堀越達人/泉太郎/
梶井照陰/片瀬和夫/垣本泰美/川上 幸之介/伊島薫/川俣正/川内倫子/小檜山貴裕/近藤 聡乃/
工藤哲巳/大岩オスカール/大竹竜太/松谷武判/南 隆雄/美島菊名/盛圭太/元田久治/楢橋朝子/マサヒデ・オオタニ/フォトグラファーハル/澤田知子/仙谷朋子/シンチカ/塩田千春/菅 木志雄/杉浦 慶太/町田骸骨/鈴木理策/田原桂一/田村尚子/田中奈緒子/谷内恒子/津田久美恵/植松奎二/植松琢麿/薄井一議/渡邊佳織/山口晃/山崎龍一/ヤノベ ケンジ/吉田公子



**************************
会期:2014年3月23日(日) - 6月22日(日)
会場:聖アンドレ大修道院_メイマック現代アートセンター(メイマック,フランス)
   place du bucher,19250 Meymac,FRANCE
リンク:http://www.cacmeymac.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:38 | 受賞作家関連

フォトふれ 展覧会「これからのそれから 2014」


4/15より開催されるKYOTOGRAPHIEのサテライト企画に、フォトふれ 東愛実さん・オカモトアユミさんが出品いたします。

これからのそれから 2014

b0187229_4261061.jpg










©Manami Azuma


b0187229_4263275.jpg










©Ayumi Okamoto


<出展者>
浅野豪 ASANO.Takeshi 
東愛実 AZUMA,Manami 
岩崎正嗣 IWASAKI,Masashi 
オカモトアユミ OKAMOTO,Ayumi 
小川しゅん一 OGAWA,Shun-ichi 
奥村元洋 OKUMURA,Motohiro
金サジ KIM,Sajik 
小竹登里佐 SHINO,Torisa 
藤場美穂 FUJIBA.Miho 
牧野和馬 MAKINO,Kazuma

*************************
会期:2014年 4月15日(火)~5月10日(土)
時間:11~19時
定休日:毎週日曜日と月曜日
会場:VOICE GALLERY pfs/w
   〒600-8061 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町147-1
リンク:http://www.voicegallery.org/exhibition_event.php

KYOTOGRAPHIE:http://www.kyotographie.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:31 | フォトフレンド

荒木経惟氏 写真展「アラキリ」


LA CAMERAにて、東川賞受賞作家 荒木経惟氏の写真展が開催されています。

アラキリ

b0187229_46729.jpg


















****************************
会期:2014年04月01日(火) - 2014年04月10日(木)
休館:不定休
会場:LA CAMERA
   〒 155-0032 東京都 世田谷区 代沢4-44-12 茶沢通り沿いビル2F
TEL:03-3413-9422
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:09 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30