東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

畠山直哉氏 展覧会「椿会展 2014- 初心 -」


資生堂ギャラリーにて開催される展覧会「椿会展 2014- 初心 -」に、東川賞受賞作家 畠山直哉氏が参加いたします。

椿会展 2014- 初心 -

b0187229_421578.jpg













以下リンクより



資生堂ギャラリーでは、2014年4月10日(木)から5月25日(日)まで、昨年から新メンバーでスタートした第七次椿会の2回目となる、「椿会展 2014- 初心 -」を開催します。「椿会」は、1947年から続く資生堂ギャラリーを代表するグループ展です。時代とともにメンバーを入れ替えながら、70年近くにわたり継続してきました。

第七次椿会のメンバーは、赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子の5名です。「3.11」を強く意識し、メンバー全員で「初心」というサブタイトルを決めました。「初心」とは、「何かをやろうと思い立った当初の純真な気持」(三省堂『新明解国語辞典』より)。また、「初心忘るべからず」は、芸の智恵を説いた世阿弥の書に、人生の様々な段階において未経験のことに挑戦していく心構えであることと記されています。「3.11」を経験したあと、ふたたび立ち上がり前に進んでいく過程において、初心とは何か、ものづくりのきっかけは何だったのかを問い直す時期にあるのではないかという想いを込めています。
グラフィック・デザイナーの仲條正義氏による展覧会のロゴは、毎年新たなデザインになります。

本展では、各アーティストが「初心」というテーマを踏まえ、新たに制作、もしくは選んだ作品を展示いたします。赤瀬川原平は数十枚にもおよぶクラシックカメラの鉛筆画、畠山直哉は自然のなかの人工物を捉えた2つの写真連作、内藤礼は淡い色を何層にも重ね色彩のはじまりを表現した絵画「color beginning」の新作、伊藤存は人間のそばに生息する生き物のくらしをテーマにした作品「みえない土地の建築物」のための新作ドローイング群、青木陵子は植物の水彩画の新作を出展する予定です。今回の「椿会展」も、ぜひご期待下さい。


*****************************
会期:2014年4月10日(木)~5月25日(日)
時間:平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
休廊:毎週月曜休(月曜日が休日にあたる場合も休館)
会場:資生堂ギャラリー
   〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
リンク:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/future/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 04:05 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 展覧会「Night&Day2014」


gallery ART UNLIMITEDにて開催中の展覧会「Night&Day2014」に、東川賞受賞作家 柴田敏雄氏と、フォトフェスティバル2013 受賞作家フォーラムにゲストとしてご参加いただいた伊奈英次氏が出品しております。

Night&Day2014

b0187229_3562687.png



















©Eiji Ina


以下リンクより

昨年から始めた写真のグループ展、Night&Day 2014。
今年からアートアンリミテッドの作家に世界で活躍する写真家、マイケル・ケンナが加わりました。
伊奈英次は新たな連作「常世の岩」、柴田敏雄はオランダで撮影した新作、高橋和海は震災後の東北の海に取材した
連作など、高質なファインプリントにこだわり、制作を続ける4人の未発表の新作や近作を展示します。


*******************************
会期:2014年03月15日(土) - 2014年04月12日(土)
時間:13:00~19:00
休廊:火曜日・日曜日・祝祭日
会場:gallery ART UNLIMITED
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
リンク:http://www.artunlimited.co.jp/current/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:59 | 受賞作家関連

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol.1」


photographers’ galleryにて、東川賞受賞作家 北島敬三氏の展覧会が開催中です。

UNTITLED RECORDS Vol.1

b0187229_3424652.png



















©Keizo Kitajima


以下リンクより

1979年に都市の人間模様を写した『写真特急便 東京』No.1 ~ No.12でデビューを果たした北島敬三が、ふたたび連続写真展と写真集をスタートします。

時代も1970年代とは大きくかわり、1991 年のソ連崩壊と冷戦の終結以降、ネオリベラリズムの台頭と自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンとあらゆるジャンルで進められる市場開放、世界各地で頻発する内戦や終わりの見えない地域紛争、とりわけ日本においては、2011年に起きた東日本大震災と福島の原発事故をとおして、私たちは「目の前の現実が、突然何か別のものに姿を変えてしまうような経験」を幾度も積み重ねてきました。北島はとくに、三陸と福島の被災地の撮影をとおして、抜き差しならない目の前の現実と、何処からともなく侵入してくるイメージの圧倒的な現実性とを区別することが不可能なことを改めて実感したといいます。
私たちはすでに、かつてのように局所的、単眼的なパースペクティブで世界を受容、経験することがきわめて困難な時代の中にいるのではないでしょうか。

この連続写真集『UNTITLED RECORDS』は、こうした時代の向来向後をめぐる一つの視覚資料になることを目的としています。撮影地は三陸、福島の被災地を含め、北海道から沖縄まで全国各地におよびます。写真展の開催と写真集の発行は年4回のペースで全20回以上が予定されています。


*****************************
会期:2014年03月21日(金) - 2014年04月20日(日)
時間:12:00~20:00
会場:photographers’ gallery
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿2-16-11 サンフタミビル401号
リンク:http://pg-web.net/exhibition/keizo-kitajima-untitled-records-vol-1/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:44 | 受賞作家関連

オサム・ジェームス・中川氏 展覧会 「GAMA CAVES」


ニューヨークのsepia eyeにて、東川賞受賞作家 オサム・ジェームス・中川氏の展覧会が開催されます。

GAMA CAVES

b0187229_3355411.jpg
















©Osamu James Nakagawa


sepiaEYE is pleased to announce our inaugural exhibition, Gama Caves, by Osamu James Nakagawa, opening April 10, from 6-8 pm.

The exhibition will be on view April 11 – May 31, 2014 at our new space, 547 West 27th Street, #608 in Chelsea.

The subject of Nakagawa’s latest book, Gama Caves is a continuation of his focus on the landscape of Okinawa and its place in history, and is the final chapter in his series, Okinawa Trilogy.

Stemming from his personal fascination with Okinawan history and culture, Nakagawa captured the battle-scarred cliffs, Banta in 2008. Concurrently, he photographed the contemporary landscape indexing significant historical sites for his series Remains, 2001–2009. Spurred on by the news that Japanese high school history textbooks would exclude the Japanese army’s involvement in the atrocities of the Battle of Okinawa, Nakagawa— with the encouragement of his wife (a native Okinawan), a blessing from the yuta (shaman), and with guidance from the area locals— embarked on a journey into the caves.

The resulting images beg the viewer to take their time; as the darkness of the cave falls away, fragments become clearer: remnants of a shrine, graffiti scratched into rocks, bones, the shimmering colors of the limestone, walls burned by American flamethrowers, debris from the ocean, crushed rice bowls, bottles. Gama Caves reveals the passage of time hidden in the constancy of darkness.


***************************
会期:April 11 – May 31, 2014
会場:sepiaEYE
   547 West 27th Street, #608, New York, NY 10001
リンク:http://sepiaeye.com/nakagawa-gamacaves

[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-06 03:38 | 受賞作家関連

渡部雄吉氏 写真集「張り込み日記 Stakeout Diary 2nd edition」


roshin booksより、東川賞受賞作家 渡部雄吉の写真集が出版されました。

張り込み日記 Stakeout Diary 2nd edition


b0187229_12432758.png
























以下リンクより

写真家 渡部雄吉が、昭和33年(1958年)に茨城県水戸で発生したバラバラ殺人事件の捜査にあたる刑事に密着した作品。 刑事の二人は、警視庁捜査1課の刑事と、事件が発生した茨城県警から派遣された刑事。 戦後の空気が色濃く残る昭和の町並みを背景に、二人が聞き込み、張り込みと東京の下町を歩き回る姿が、現在の私たちにはとても斬新な世界に映ります。
 この作品は、撮影された年に雑誌で発表されましたが、それ以降、大きく取り上げられる機会はなく、まさに知る人ぞ知るといった作品でした。 2006年にイギリスの古書のディーラーが、神保町で120枚にものぼるこの作品のプリントを発見したことを切っ掛けとし、2011年にフランスから写真集が発売され、世界中で評判になりました。
 日本版となる新たな写真集を作るにあたって、渡部雄吉の御子息である渡部浩之氏が保管していたネガをお借りし、セレクトから見直しプリントを作成しました。 すでにフランス版の「A criminal Investigation」をお持ちの方にも、新たなる発見がある構成となっています。


****************************
価格:4,476円+tax
サイズ:A4変型
ISBN:9784990723002
発行部数:1000部
ページ数:104ページ
製本種類:ハードカバー
リンク:http://roshinbooks.com/watabe.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-05 12:46 | 受賞作家関連

写真の町・東川町は撮影機材・写真集等の寄贈を募集しています。


写真の町・東川町は撮影機材・写真集等の寄贈を募集しています。

b0187229_1237413.jpg




































北海道<写真の町>東川町は、写真の町として関係資料を収集し、アーカイブ化を目的として、撮影機材と写真集の寄贈を募集します。
お家の中や施設等に眠っている、使わなくなった撮影機材や、写真集等の写真関連書籍を、写真の町の財産として是非、東川町にご寄贈ください。
ご寄贈いただいた方の思い出と共に、30年の節目を迎える写真の町・東川町のこれからを歩んでいきたいと思っております。
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-05 12:38 | 東川町

東川町文化ギャラリー展示情報


現在開催中の文化ギャラリー展示情報です。

高等学校文化連盟全国写真専門部
日韓高校生写真交流の集い・日韓中高校生フォトコン 写真展

b0187229_17151764.jpg
















今回で2回目を迎える日韓中高校生フォトコンでは、写真の町東川町賞を含む数々の入賞作品が展示されます。



写真甲子園2013 本戦大会出場校作品展

b0187229_1716048.jpg
















本戦大会作品パネルの他、本戦出場校20校の初戦応募作品も同時に展示します。
○写真甲子園記念写真集も絶賛発売中です!
http://fotofes09.exblog.jp/22333819/



***********************************
会期:2014.3/29(土)~4/17(木)
時間:10:00〜17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


次回展予告

4/19(土)~5/14(水)
●東川町文化ギャラリー25周年記念企画・
高砂淳二写真展「ANGELS ~この地球(ホシ)に生きる天使たち~」
※写真展に合わせ、高砂淳二氏ご本人によるトークショーを開催します!
開催日:5月4日 13時~14時
場所等、詳細は決まり次第更新します。
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-01 17:18 | 東川町

尾仲浩二氏 展覧会「twin boat」


ビジュアルアーツギャラリーにて、東川賞受賞作家 尾仲浩二氏の展覧会が開催中です。

twin boat

b0187229_17104367.jpg

















©Koji Onaka


以下リンクより

「twin boat」はニューヨーク在住の女性に編集をお任せした。なんと彼女は僕の渡した写真から初恋をイメージしたそうで、僕自身の編集では考えられない組み合わせとストーリーに少々戸惑ったが、すぐにうれしくなってしまった。もうずいぶんと昔、20代、30代の頃に日本のちいさな町で撮った僕の写真が、今ニューヨークで暮らす彼女に様々な思いを抱かせることができたということにだ。

この本で、僕は写真の宿命とでも云える時間や場所の束縛から少し離れる ことができるのではないかと期待している。写真は見る人の解釈でいつでも新しく生まれ変われることができるのではないだろうか。そしてそれは写真が作者の想いから離れて生きていくということができるということだ。


**************************
会期:2014.3.28 fri ― 4.30 wed
時間:10:00〜19:00(土・日・祝は、17:00まで)、最終日は15:00まで
休館:4月6日(日)
会場:ビジュアルアーツギャラリー
   〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地2-5-23
リンク:http://www.visual-arts-osaka.ac.jp/
    http://www.onakakoji.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-04-01 17:13 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30