東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

展覧会「都市と自然」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

札幌国際芸術祭2014にて開催されている展覧会「都市と自然」に、松江泰治氏と畠山直哉氏が参加しています。

都市と自然

b0187229_16414461.png




















©Naoya Hatakeyama


以下リンクより

SIAF2014 の中核となる現代アート展「都市と自然」では、国内外の現代アーティストの作品によって、北海道と日本の近代化の歩みと自然環境を振り返りながら、これからの札幌と北海道の自然、都市のあり方、エネルギー、暮らしを見つめ直します。

主会場となる二つの美術館では、それぞれの特徴と立地条件を活かした展示を行います。北海道立近代美術館の展示室Aの1階は、テーマ「都市と自然」のなかでも都市化・近代化に焦点を当て、岡部昌生による大規模な夕張炭鉱遺構のフロッタージュ作品に始まり、工藤哲巳やスボード・グプタによる迫力ある彫刻、そしてアンゼルム・キーファーのインスタレーションなどに至る作品群を展示予定。北海道の炭鉱史から原子力まで、エネルギーの転換期と、それを取り巻く環境や社会背景に関連した作品が並び、私たちの今の暮らしを支える近代化の過程を再考します。同展示室2 階は、畠山直哉の写真と、札幌の自然環境を表象する「雪」をテーマに、アートとサイエンスの角度から都市と自然を見つめ直すセクションとなります。そこではカールステン・ニコライ、高谷史郎の雪にちなんだ作品の展示と共に、中谷宇吉郎博士の雪の結晶の写真のアーティスティックな評価を試みながら、「自然」に焦点を当てたもう一つの会場、札幌芸術の森美術館へと橋渡しをします。

札幌芸術の森美術館では、中谷芙二子の霧の彫刻の新作《FOGSCAPE #47412》が中庭を中心に設置され、来場者を出迎える作品となります。館内では、砂澤ビッキの木彫、平川祐樹の新作映像インスタレーション、栗林隆の和紙を使ったインスタレーションそれぞれが、木や森をモチーフとした多様な表現を提示します。また、宮永愛子による器を用いたサウンド・インスタレーション「そらみみみそら」の新作やカールステン・ニコライの巨大な新作映像作品《unicolor》は、違う位相にある時間の流れをつなぎながら、まるで地下から地上、そして宇宙へと広がるような深淵な空間を作り出し、より抽象的に悠久の自然を体感させます。最後にはトマス・サラセーノの新作彫刻と、松江泰治が札幌を撮り下ろした空撮写真が、再び「都市」へと鑑賞者を誘います。 また、敷地内に位置する旧有島武郎邸では、三原聡一郎による《  鈴》の微細な音が野外美術館の散策へと来館者を促しながら人間と自然科学の関係について静かに問いかけ、野外美術館敷地内の森では、札幌の鳥カッコウを主題としたカノンを歌うスーザン・フィリップスのサウンド・インスタレーションが、自然と共鳴する空間を創り出します。

こうした二館での展示構成によって、本展では現代アートによる「沈思黙考のための空間」を創出しながら、「都市と自然」のテーマを体現します。


******************************
会期:2014年07月19日(土) - 2014年09月28日(日)

会場①:札幌芸術の森美術館
時間:9:45-17:30(最終入場17:00)
休館:会期中無休
観覧料:高校生以上900円、中学生以下無料
住所:札幌市南区芸術の森2丁目75
リンク:http://sapporo-art-museum.jp


怪獣②:北海道立近代美術館
時間:9:30~17:00
休館:月曜日
   月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館
観覧料:一般 ¥1,100(900)、大学生 ¥800(600)、高校生 ¥500(400)
    *()内は10名以上の団体料金
住所:〒 060-0001 北海道 札幌市 中央区北一条西17丁目
リンク:http://www.sapporo-internationalartfestival.jp
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-30 16:49 | 受賞作家関連

HILLSIDE TERRACE PHOTO FAIR


HILLSIDE TERRACE Photo Fair

b0187229_1612959.jpg

























9月4日より第一回目となる、ヒルサイドテラス・フォトフェアが、ヒルサイドフォーラムにて開催されます。
フェア会場にて、「写真の町東川町」のコレクションを特別展示いたします。

<出展作家>
植田正治、細江英公、川田喜久治、荒木経惟、須田一政、渡部雄吉


以下リンクより

日本は、世界で活躍するアーティストを多数輩出してきました。そうしたアーティストたちと共に歩んできたギャラリー、書店、そして出版社が自信と確信を持って展示する作品は、力強く輝き、私たちを惹きつけます。アートフォトの世界を牽引する出展者が集うヒルサイドテラス・フォトフェアは、同時期に東京で開催される様々なイベントとも連携し、また来年以降の更なる拡大を企図し、2014年9月、スタートします。是非この機会に、アートフォトの魅力、世界の写真界の動向を知る貴重な時間を体感してください。


<トークイベント>

【9月4日(木)】
1・登壇者:須田一政 X 鈴木理策 X その他1名
 時間:19:00-20:30
 会場:代官山蔦屋1号館2階イベントスペース

2・登壇者:Amanda Maddox(J・ポール・ゲティ美術館) X 石内都
 時間:20:45-22:15
 会場:代官山蔦屋1号館2階イベントスペース

【9月5日(金)】
3・登壇者:森山大道 X 清水穣(写真評論家/同志社大学)
 時間:18:30-20:00
 会場:代官山蔦屋3号館2階音楽フロア

4・登壇者:後藤繁雄(G/P Gallery) X 野崎歓(フランス文学者/東京大学) X 横田大輔 X 川島崇志 X 赤石隆明
 時間:20:15-21:45
 会場:代官山蔦屋3号館2階音楽フロア

【9月6日(土)】
5・登壇者:増田玲(東京国立近代美術館)X 北野謙 X 村越としや X 新井卓
 時間:18:30-20:00
 会場:代官山蔦屋2号館1階建築フロア

6・登壇者:濱中敦史(twelvebooks)X 中島佑介(POST)X 石井孝之(タカイシイギャラリー)
 時間:20:15-21:45
 会場:代官山蔦屋2号館1階建築フロア


会場:代官山 蔦屋書店
参加券料金:
・各回チケット:500円
・トーク6回チケット(3日間イベントフリーパス):2000円
 もしくは、雑誌「IMA」 2014Autumun Vol.9 (1944円+税)を代官山 蔦屋書店にてご購入の方。
全て電話・店頭でのお席の予約を承ります。
電話でのご予約の場合は、イベント開始までに2号館1階アートカウンターにて
チケットをご購入してからイベント会場へお進みください。


その他、ポートフォリオレビューやワークショップも開催されますので、リンクよりご確認ください。


********************************
会期:2014年9月4日(木)~2014年9月7日(日)
時間:11:00~19:00 ※最終日7日(日)は、17:00終了
入場料:一般1500円/学生1000円
会場:ヒルサイドフォーラム
   〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟
リンク:http://hillsideterracephotofair.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-30 16:18 | イベント

東アジア写真文化国際フォーラム事業概要


2014年 9月20日-21日に開催される「東アジア写真文化国際フォーラム」についての事業概要をお知らせいたします。

東アジア写真文化国際フォーラム

b0187229_2301513.jpg



































写真文化を地域づくり、町づくりの中核として位置づけ、多角的な発信に取り組む全国の自治体・グループとアジア各国の代表者を招いて開催する、東アジア写真文化国際フォーラム。
今回は「写真文化の推進を目的とした広域連携の可能性」をテーマに、アルルフォトフェスティバルの元ディレクター、写真家石川直樹氏による基調講演、並びに関係団体(フォトシティさがみはら実行委員会/一般社団法人フォトネシア沖縄/「写真の町」シバタ・プロジェクト実行委員会/塩竈フォトフェスティバル実行委員会/奈良県奈良市/長野県阿智村/韓国江原道寧越郡/中国三影堂/台湾東方設計学院/東川町)によるパネルディスカッションを貴重な実践例を交えながら行います。
その他、開催記念写真展を東川町文化ギャラリー、モンベル大雪ひがしかわ店にて開催する他、ゲスト写真家(石川直樹/マレーシア/タイ/ウズベキスタン/ベトナム)による一般参加者の作品へのレビューを実施いたします。また、東川町国際写真フェスティバルとの連動企画として、フォトフェスタふれんずOG、OBによる「旧秋山邸アートプロジェクト」も期間中開催し、写真文化による地域づくり等の可能性を広げていきます。
多数の皆様のご来場をお待ちしております。


参加にはお申込みが必要です。
下記より申し込み用紙をダウンロードください。
http://photo-town.jp/pdf/higashiasia.pdf
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-29 23:05 | イベント

パリデビューチャレンジ2014


パリデビューチャレンジ2014

b0187229_18535367.jpg

b0187229_18541123.jpg

































審査結果は、インターアート7代表 小林貴審査員より発表いただきました。

<小林審査員による発表>
今年から始まりました、パリデビューチャレンジ2014は11月にパリで開催されるフォトイベン fotofever2014での展示・販売を目的とし、作家デビューを目指していただく企画です。
審査をした結果、残念ながら今回はグランプリの該当者はなしとさせていただくこととしました。
代わりに、準グランプリの方を2名選ばさせていただきましたので発表します。

準グランプリ
猪瀬浩行 さま
寺東栄爾さま


b0187229_18553075.jpg



b0187229_18594213.jpg





























寺東榮爾さん


b0187229_1904353.jpg
















猪瀬浩行さん


b0187229_1912099.jpg
















審査講評は楠本審査員よりいただきました。
今後、パリデビューの最終的な結果につきましては決まり次第、公式ブログ、ホームページにてアップしたいと思います。
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-27 19:10 | イベント

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 2014


赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 2014

b0187229_1835533.jpg

















一次審査に挑んだ19名が持ち寄ったポートフォリオの審査を行い、最終審査に進む5名を選考。2日目は作品をスクリーンに投影し、一般公開でプレゼンテーションによる審査を行いました。


b0187229_18361321.jpg

b0187229_18363464.jpg































オーディションの結果グランプリ1名が選出され、Art Gallery M84での作品展開催と図録・DM制作の権利と、副賞の東川産米20kgが与えられます。また、準グランプリ2名にはAMS写真館ギャラリーでの個展開催とDM制作の権利、東川産米10kgを副賞として授与しました。


b0187229_18371435.jpg


















<グランプリ> エレーナ・トゥタッチコワ さん (東京都)
<準グランプリ> 藤倉翼 さん(北海道札幌市)
         辻田美穂子 さん(北海道札幌市)


b0187229_18402388.jpg










 





グランプリ エレーナ・トゥタッチコワ さん

b0187229_1842850.jpg
















グランプリ作品



b0187229_1843694.jpg
















準グランプリ 藤倉翼さん

b0187229_1843785.jpg

















準グランプリ作品



b0187229_18432366.jpg
















準グランプリ 辻田美穂子さん

b0187229_1844218.jpg















準グランプリ作品
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-27 18:51 | イベント

ストリートギャラリー2014  グランプリ・準グランプリが決定しました!!

ストリートギャラリー2014

b0187229_18251428.jpg

















全国の学生及び写真家を目指す若手など57名が作品を展示しました。グランプリ・準グランプリの方には協賛社から一眼レフカメラなどの賞品が贈られた他、グランプリ受賞者の個展は、ヨコハマフォトフェスティバル(開催日未定)で開催する予定です。

グランプリ  写真の町・ひがしかわ写真少年団(北海道・東川町)
準グランプリ 南 阿沙美さん(東京都)
       丸山 貴江さん(北海道・苫小牧市)
       佐藤 明日香さん(北海道・札幌市)


b0187229_18265886.jpg
















グランプリ   写真の町・ひがしかわ写真少年団(父母会副会長が登壇しました)


b0187229_1827026.jpg
















準グランプリ   南 阿沙美さん


b0187229_18272910.jpg
















準グランプリ   丸山 貴江さん


b0187229_18274090.jpg
















準グランプリ   佐藤 明日香さん


b0187229_1828096.jpg
















大西みつぐ審査員による講評



<グランプリ 作品>
b0187229_18284434.jpg

b0187229_1829292.jpg

b0187229_18295059.jpg
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-27 18:32 | イベント

瀬戸正人氏 展覧会「Another Place 6」

東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

9月1日よりPlace Mにて、瀬戸正人氏の展覧会が開催されます。


Another Place 6

b0187229_11444086.jpg
















©Masato Seto


*****************************
会期:2014年09月01日(月) - 2014年09月07日(日)
時間:12:00~19:00、最終日は18:00まで
休廊:無休
会場:Place M
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿1-2-11 近代ビル3F
リンク:http://www.placem.com/schedule/2014/20140901/140901.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-27 11:44 | 受賞作家関連

楢橋朝子氏 展覧会「OUT DOOR EXHIBITION」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

六甲山国際写真祭の関連イベントとして、六甲山カンツリーハウスにて開催される展覧会「OUT DOOR EXHIBITION」に、楢橋朝子氏が出品いたします。

OUT DOOR EXHIBITION

b0187229_11375959.png
















©Asako Narahashi


以下リンクより

六甲山国際写真祭の期間中、野外展覧会を運営します。(雨天決行)

<参加写真家>
Zalmai
楢橋朝子
David Favrod
Elen o’Hara Slavick



******************************
会期:2014年08月29日(金) - 2014年09月07日(日)
時間:10:00~17:00、16:30受付終了
休館:木曜日
観覧料:六甲山国際写真祭2014パスポートまたは、カンツリーハウスへの入場が必要です。
会場:六甲山カンツリーハウス
   〒 657-0101 兵庫県 神戸市 灘区六甲山町北六甲4512-98
リンク:http://rokkophotofestival.com/2014/exhibition2014.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-27 11:40 | 受賞作家関連

第30回東川賞受賞作家展


第30回東川賞受賞作家展

 30周年を記念する今年の東川賞受賞作家展は、フィンランドからヘルシンキ・スクールの立役者といえるヨルマ・プラーネンを迎えます。北極圏に住む少数民族の写真アーカイブを用いたシリーズや、肖像画に映じる反射を実験的に写し取ったシリーズ。写真のもつ歴史的想像力と、光と影からなる物理的側面をプラーネンの写真は浮きぼりにします。
 国内作家賞の野口里佳は、新作も交えた展示によって、「写真」について問いかけます。写真の原理といえる光と、それを受け止める支持体としてのスクリーン。実験的ながらも、繊細な色彩と実感を伴う作品は、それらが織りなす関係を軽やかに読み解く糸口を示すでしょう。
 新人作家賞の石塚元太良がアラスカとアイスランドで撮影したのは、都市にエネルギーを供給するため、自然のなかを延々と突き進む長大なパイプラインです。円柱の人工物と雄大な自然の対比が、現代社会に対する批評性をもつとともに、未知なるランドスケープを生み出しています。
 北海道にゆかりのある作家と作品に贈られる特別作家賞。札幌を拠点に活躍する酒井広司は、北海道の風景をいかに撮るかという問題に取り組んでいます。「偶景」シリーズでは、北海道の各地で偶々出会った光と場所において、風景が自らを開示する「沈黙の空間」、「風景の原型」を写真に収めよう試みます。
 飛彈野数右衛門賞は、地域に根差した活動を顕彰するものです。徳山ダム計画で水に沈む運命となった故郷の人々、自然、祭り、風習など、あらゆるものにカメラを向け、記憶の消滅に抗い続けた増山たづ子の写真群は、ノスタルジーにとどまらない現在性を有しています。
 デジタル技術が進み、インターネット上でも日々無数の写真が飛び交うなか、写真の定義も境界も、大きく揺らいできています。そうしたなか、東川賞ならではの多彩な5人の作品は、写真というメディアの原点でもある「光」と「記録」の在り方について、私たちに再考を促すでしょう。

                                東川賞受賞作家展ディレクター 楠本亜紀


b0187229_2071656.jpg



















海外作家賞受賞作家 ヨルマ・プラーネン氏
b0187229_2093332.jpg
b0187229_2010544.jpg
b0187229_2010150.jpg
b0187229_20103933.jpg


































































国内作家賞受賞作家 野口里佳氏
b0187229_20104096.jpg
b0187229_20105541.jpg
b0187229_2011267.jpg
b0187229_20113468.jpg


































































新人作家賞受賞作家 石塚元太良氏
b0187229_2012855.jpg
b0187229_2012233.jpg
b0187229_20123863.jpg
b0187229_20125550.jpg


































































特別作家賞受賞作家 酒井広司氏

b0187229_20141740.jpg
b0187229_20133088.jpg
b0187229_2013302.jpg
b0187229_20134735.jpg


































































飛彈野数右衛門賞受賞作家 増山たづ子氏
b0187229_20153336.jpg
b0187229_20154862.jpg
b0187229_2016144.jpg
b0187229_20152750.jpg



































































インディペンデンス展
b0187229_20154991.jpg
b0187229_20161088.jpg
b0187229_20172340.jpg


















































********************************
会期:2014年8月9日(土)~9月3日(水)
時間:10:00~17:30 会期中無休
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-22 20:22 | 東川賞

展覧会「日本の写真史を飾った写真家の-私の1枚」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

日本の写真史を飾った写真家の-私の1枚

b0187229_16581349.png
















愛知県美術館にて開催中の展覧会「日本の写真史を飾った写真家の-私の1枚」に、下記受賞作家が出品しております。

植田正治氏、川田喜久治氏、細江英公氏、高梨豊氏、篠山紀信氏、荒木経惟氏、奈良原一高氏、操上和美氏、石内都氏、深瀬昌久氏、中村征夫氏、北島敬三氏、長倉洋海氏、伊奈英次氏、今道子氏、柴田敏雄氏、齋藤亮一氏、瀬戸正人氏、野町和嘉氏、佐藤時啓氏


以下リンクより

「フジフイルム・フォトコレクション」は、約150年前の幕末に写真術が日本に渡来してから銀塩写真が最盛期を迎えた20世紀の間に活躍し、高い技術と感性で国内外で高く評価を受けた写真家101名の「この1枚」である代表作品を銀塩プリントで後世に残す目的で創設されました。

本展は、富士フィルム株式会社(創業時は富士写真フィルム株式会社)の創立80周年を記念し、「写真文化を守る」ことを基本理念に収集された作品とともに、多くの写真家によって築き上げられた、日本の写真史と写真界の発展の軌跡を展観するものです。



******************************
会期:2014年08月01日(金) - 2014年09月28日(日)
時間:10:00~18:00
   金曜日は20:00まで。入館は閉館30分前まで。
休館:月曜日
   9月15日は開館、16日は休館
観覧料:一般 ¥500(400)/高校・大学生 ¥300(240)/中学生以下無料
    *( )内は前売および20名以上の団体料金
会場:愛知県美術館
   〒 461-8525 愛知県 名古屋市東区 東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10F
リンク:http://search-art.aac.pref.aichi.jp/art/current_exhibitions/#172
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-08-21 16:59 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー