東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

東川町文化ギャラリー写真展情報


現在開催中の文化ギャラリー展示情報です。


平成26年度北海道高等学校写真文化連盟 上川支部写真展

b0187229_23364850.jpg

b0187229_2337758.jpg































600点を超える高校生の力作が並びます。



写真甲子園2014本戦作品展

b0187229_23373577.jpg

b0187229_23381374.jpg































2014年8月5日(月)から8日(金)まで開催された写真甲子園2014の本戦出場校が大会で撮影した写真を展示。写真甲子園特集テレビの上映等も同時開催中。

***********************************
会期:2014年9月6日(土)〜11日(木)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


<次回展予告>

2014.9.13(土)~28(日)
東アジア写真文化国際フォーラム開催記念写真展
モンベル会場:2014.9.15(月)~26(金)9:00~19:00
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-10 23:39 | 東川町

野口里佳氏 展覧会「父のアルバム/不思議な力」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

9月19日よりGallery916にて、今年の国内作家賞受賞作家 野口里佳氏の展覧会が開催されます。


父のアルバム/不思議な力

b0187229_2324428.png























©Rika NOGUCHI


以下リンクより

写真家・野口里佳。独自の視点と距離感で切り取られた画面には、光と色が綴じ込まれ、見えない世界の広がりを無意識に予感させる。想像すること、夢見ることで、作品を紡ぎ出して来た野口の、日本では2年ぶりとなる個展を開催致します。

本展では、2013年に亡くなった父親のネガを、自身の手でプリントしたシリーズ「父のアルバム」より30点余りと、遺されたカメラを使って撮った新作シリーズ「不思議な力」より約20点を展覧いたします。写真の根源的な意味に迫る、野口里佳の新たなる作品群を、是非ともこの機にご高覧下さい。
-Gallery 916

昨年の夏、父が亡くなりました。父はよく写真を撮る人だったので、亡くなった後にたくさんのネガが遺っていました。私は父の遺したネガを自分でプリントしてみることにしました。父の写真には20年前に他界した母と私、弟と妹、父の育てたバラ、そして時折風景が写っています。暗室の中でネガに光を当て、印画紙に焼きつけること、それは父の視線を追ってゆくという体験でした。父の写真は父自身のための、とても個人的なものです。けれど私がプリントしながら味わった幸せな時間は、写真のもつ不思議な力として、誰かに伝わるのではないかと思うのです。

そして私は父の遺したカメラ、オリンパスペンで日常を撮り始めました。日常は目には見えない不思議な力で溢れています。けれど目には見えないので、なかなか写真に写りません。見えないけれどそこにあるもの。それをなんとかして写真にしたいのです。そして、その写真によって、今いるこの世界の豊かさを感じられる、そんな作品がつくりたいと思っています。
-野口里佳



*******************************
会期:2014年09月19日(金) - 2014年11月05日(水)
時間:11:00~20:00
   *土日は11:00~18:30
休廊:月曜日・火曜日
   祝日の場合は開廊
観覧料:一般 ¥800、学生 ¥500
会場:Gallery916
   〒 105-0022 東京都 港区 海岸1-14-24 鈴江第3ビル6F
リンク:http://gallery916.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-10 23:27 | 受賞作家関連

佐藤時啓氏 展覧会 「方法の発露」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

本日よりギャラリー緑隣館にて開催の展覧会「方法の発露」に、佐藤時啓氏が出品しております。


方法の発露

b0187229_16264973.jpg



































以下リンクより

2012年秋に開催した『方法の発露』(企画:橋本真之 出品:多和圭三 畑山典江 岩間弘 留守玲 高澤そよか 神代良明)を継承する展覧会。今回は藤井匡の企画により、「ジャンルの根拠」をサブタイトルとして、「方法」をめぐる制作者と鑑賞者の関係を考察する。「方法が造形自体を形成することはもとより、その世界の構造を形成している事例」をより広い視野において捉え直すことから導かれる、新しい可能性を提示したい。

<出展作家>
大西伸明 佐藤時啓 田中信行 橋本真之 毘堂 前沢知子

******************************
会期:2014年9月9日(火)~9月14日(日) 無休
時間:11:00~19:00 (最終日17:00まで)
休館:会期中無休
会場:ギャラリー緑隣館
   〒362-0034 埼玉県上尾市愛宕1-28-23
リンク:http://srep.mikosi.com/2014/Map05.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-09 16:29 | 受賞作家関連

東川賞受賞作家 収蔵作品データベース 公開のお知らせ


今年で30周年を迎えた東川賞。
今までの歴代受賞作家の収蔵作品をHPにて公開しております。

海外作家賞は23カ国 30名、国内作家賞・新人作家賞・特別作家賞・飛彈野数右衛門賞合わせて 92名の収蔵作品をご覧いただけます。


東川賞受賞作家 収蔵作品データベース

b0187229_1543438.png


















東川賞HPトップ:http://photo-town.jp/
収蔵作品ページ:http://db.photo-town.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-09 15:47 | 東川賞

石川直樹氏 展覧会「国東半島」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

銀座ニコンサロンにて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


国東半島

b0187229_1635717.jpg




















©Naoki Ishikawa


以下リンクより

日本列島は、海によって孤立していたのではなく、海によって開かれた土地だった。大分県の国東半島は、朝鮮半島から南下してきた文化が九州北部を伝って瀬戸内海に入っていく際の交差点のような場所である。修験道をはじめとする山に根付いた文化と、多様な祭祀を含む渡来の文化が海に突き出したこの地でまじりあい、独特の風土を生み出した。

神と仏が同居する神仏習合が今も市井の人々のあいだに根付く国東半島は、行き止まりでありながら入口でもあり、閉ざされていながら宇宙に繋がる無限の世界を内包している。

作者はこの円形の半島において、まったく新しい世界に触れることになった。本展では、そうした半島の日常と非日常を行き来して見つめ続けた末の写真群を展示する。


<トークイベント>
2014年9月10日(水)
18:30~20:00
銀座ニコンサロン
講師:石川 直樹×伊藤 俊治


*************************************
会期:2014年09月10日(水) - 2014年09月23日(火)
時間:10:30~18:30、最終日は15:00まで
休館:会期中無休
会場:銀座ニコンサロン
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座7-10-1 STRATA GINZA 1
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2014/09_ginza.htm#02
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-08 16:38 | 受賞作家関連

展覧会「表出する写真、北海道」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

表出する写真、北海道

b0187229_17182110.jpg



































札幌国際芸術祭2014 連携事業として、コンチネンタルギャラリーにて開催中の展覧会「表出する写真、北海道」に、下記受賞作家が出展いたします。

奈良原一高氏、細江英公氏、深瀬昌久氏、操上和美氏、篠山紀信氏、齋藤亮一氏、萩原義弘氏、中藤毅彦氏、掛川源一郎氏、清水武男氏、佐藤雅英氏、酒井広司氏。
そして、東川町企画委員の浅野久男氏、リコーポートフォリオオーディション 2011で最優秀賞を受賞した山本顕史氏が参加しています。


<開催主旨>

この夏、7月19日から9月28日まで開催される札幌国際芸術祭2014に連携して、札幌に拠点を置く当NPOが写真ジャンルの企画展を予定しております。国際芸術祭のテーマである「都市と自然」に連動して北海道の視座から札幌あるいは北海道を撮影対象にした写真を展示したいと考えています。
当NPOは2011年より札幌市が所蔵する写真アーカイブをもとに札幌市写真文化振興事業として受託企画展を開催してきました。今回の企画展もその延長線上にあるものです。明治初期から始まった北海道開拓は当初から田本研造らによって撮影されてきました。その後現代に至るまで札幌をはじめ北海道の風土は自然や人間の営み、そして両者の関係について多様な解釈を受け入れることを許すほどに懐の深いものでした。こうした環境から生み出された多彩な写真世界は、多くの人の共感を誘い、問題意識を喚起し、写真を見るまで気づかなかった感性を呼び覚ますものでもあったのです。また、現在も多くの写真家が、風土の表面的な美しさだけに依存し満足することなく、新たな視覚世界を創造する挑戦を続けています。
本プロジェクトは開拓期以来140年間の間にこの土地がどう変わったか、あるいは変わらなかったことについて、撮影者の視線とその時代によって表れる写真を被写体である北海道を起点に遡行していくものです。また、同時に歴史の中で残された写真から、人間が見たもの、見ようとしたもの、見るべきと訴えたものについて込められた数多くの真実を読み解き、受け継いでいく試みでもあります。


***********************************
会期:2014年9月2日-21日
時間:10:00-20:00
会場:コンチネンタルギャラリー
   札幌市中央区南1条西11丁目コンチネンタルビル
リンク:http://northfinder.jp/special/201409/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-02 17:19 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 「PHOTO SHANGHAI 」出展のお知らせ


PHOTO SHANGHAI に、オノデラユキ氏が出展いたします。

PHOTO SHANGHAI

b0187229_1656113.jpg













































Beaugeste Photo Gallery Art Talk. Jean Loh, owner of Beaugeste Photo Gallery presents
the work of award winning Japanese photographer Yuki Onodera
whose seminalworks “Portraits of Second-Hand clothes” and “BIRDS”
will be displayed side by side for the first time.


***********************************
Booth: D06

Fair:
Sep. 5th, Friday, 11:00-18:00
Sep. 6th, Saturday, 11:00-18:00
Sep. 7th, Sunday, 11:00-17:00

Venue: 1000 Yan'an Zhong Rd, Shanghai Exhibition Centre.

Artists:
Shen Xuezhe, Xu Di, Yuki Onodera.

http://www.photoshanghai.org/
http://www.vanguardgallery.com/en/content/2014-photo-shanghai-20140905-0907
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-02 17:01 | 受賞作家関連

藪乃理子さん 展覧会「水葬」


Nii Fine Artsにて、フォトふれ 藪乃理子さんの展覧会が開催されます。

水葬

b0187229_17171685.jpg






































**************************
会期:2014年09月05日(金) - 2014年09月21日(日)
時間:11:00~19:00
   日曜・祝日は17:00まで
会場:Nii Fine Arts
   〒 541-0043 大阪府 大阪市 中央区高麗橋2-3-9 星和高麗橋ビルB1
リンク:http://www.niifinearts.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-01 16:15 | フォトフレンド

露口啓二氏 展覧会「Sensing Streams」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)にて開催中の展覧会「Sensing Streams」に、露口啓二氏が参加しています。

Sensing Streams

b0187229_1713262.png















©Keiji Tsuyuguchi


以下リンクより

「センシング・ストリームズ」は、社会や都市環境に浸透し、人々をつなぎはじめた新たな層としての情報技術に注目、複数のアーティストが自然や都市におけるさまざまな情報の流れ(ストリームズ)を感知(センシング)し、可視化・可聴化していく作品で構成されます。

地上になだらかな扇状地、地下に水脈をもつ札幌は、連綿とした自然の循環のなかで培われてきた水脈豊かな都市です。南に位置する奥定山渓の森の大量の雪に由来する水が、うねりながら海へと注ぐ豊平川や扇状地の先端部分に13カ所の「メム(湧水)」を生み出しました。そしてメムの畔にはアイヌの人々が集落を形成し、生活を営んできました。明治以降の都市化を受けてメムは失われたものの、札幌は現在も各所に豊かな自然を保持しています。

1日7万人を越える人々が利用するチ・カ・ホは、メムがあった地域に隣接しています。この地下の人工空間にも、かつては豊かな水が流れていたことでしょう。「センシング・ストリームズ」は、地下水脈、人々の流れ、電磁波の変化など、札幌の過去や現在にアートを通して新たに出会う場となります。それはまた、古生物学、北方文化など、地球史・人類史的な側面から札幌の見えざる側面を発見していく契機となるでしょう。


****************************
会期:2014年07月19日(土) - 2014年09月28日(日)
時間:11:00~19:00
会場:札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)
   〒 060-0001 北海道 札幌市 中央区北一条西
リンク:http://www.sapporo-internationalartfestival.jp
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-01 13:08 | 受賞作家関連

百々俊二氏 写真集「日本海」


赤々舎より、百々俊二氏の写真集が出版されております。

日本海

b0187229_1653442.png

























以下リンクより

「日本地図をひっくり返して大陸側から見ると、日本海は大きな湖のようだ。」
「日本海沿岸はかつて大陸からの文化が入ってくる表玄関だった。」

1947年生まれの百々俊二が好奇心の塊となり、8×10の大型カメラをかついで、生命の気の向くままに、人間と一体関係にある「風土」を旅をした。三脚を据えて、カメラを真ん中に被写体と相対する。

萩市のしだれ桜の下、佐渡の海が見える棚田、吹雪の利尻島。それぞれの土地で根を張り悠々悶々と生きているひとがいる。いつの時代もそうであるように、そこにいる、と感じられる少年少女、子供たちとの嬉しい出会いもそこに加わった。そうして日本海沿岸を撮られた写真は、その土地を故郷とする人々の堂々とした姿、風土の記憶をモノクロームにうつした、日本文化の源の記録の一冊である。

「この映像作家の眼には、あの西欧ルネッサンスの画家たちが発見した遠近法に抗う本能的なまなざしが宿っているのではないか、とさえ思う。かつて、その同じ遠近法に反逆したのが北斎だった。(中略)カメラは水平に向けられていても、そこに写しとられる光景はいつのまにか垂直軸に沿った俯瞰構成にすり変っている。百々俊二さんは、北斎と蕪村を両睨みにして立つ、現代では珍しくなった写真家であるといっていいであろう。」――――本書寄稿 山折哲雄<両睨みの眼>より


******************************
価格:7,000円(税抜き)
サイズ:260mm×260mm
ISBN:9784865410198
ページ数:24ページ
製本種類:ハードカバー

リンク:http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-dodo-japansea.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-09-01 12:52 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30