東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

鷹野隆大氏 展覧会「2014年1月から比較的最近まで、撮影順に」



東川町フォトフェスタ ポートフォリオオーディションの審査員としてお世話になっている鷹野隆大さんが、Yumiko Chiba Associatesにて展覧会を開催中です。


2014年1月から比較的最近まで、撮影順に

b0187229_213543100.png

















©Ryudai Takano


以下リンクより

鷹野の写真を見ることとは、見ているモノがなんであるかが不確かになってくる、そうした経験の迎接である。 隠れていたものが暴露され現れるのではない。 現れていたのに見られてこなかったものが写真を通して視界を横切り、見るという行為そのもののなかに作動していた、見ることへの拒絶と否認が、潔く破棄されるのである。 見ることで視界から消されていたものたちが見る行為に抗うようにして、私たちのもとに帰ってくる。 それが、鷹野の写真が啓く時空である。

鷹野隆大+新城郁夫 「まなざしに触れる」より抜粋

鷹野は自らの撮影した写真を見返す時、撮影時には意図していなかった意外な発見をすることがあると言います。
「そこに写っている人や場所が生々しい実感と共に立ちあらわれてくる写真」こそが素晴らしいと著書「まなざしに触れる」の中で自身が述べているように、何ということもない日々の風景が一変して見えるようになるのは、見る者がその写真から何かを発見し、それまで自己に内在していたものが外へ開かれる瞬間でもあります。 その時にようやく写真は撮影者から離れ、他者として眼前に現れるのではないでしょうか。 それは近代的な視覚体験への抗いであると同時に、我々に「見る」ことへの問いかけを提示するものでもあります。

本展では、鷹野が1998 年から現在まで一日も欠かさず撮り続けている「毎日写真」のシリーズより、2014年に入ってから撮影された、日常の街並を写したカラー写真約40点を展示致します。




*******************************
会期:2014年10月28日(火)-11月29日(土)
時間:12:00-19:00
休廊:日、月、祝日
会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
   〒160 - 0023 東京都新宿区西新宿 4 - 32 - 6 パークグレース新宿 #206
リンク:http://www.ycassociates.co.jp/jp/information/takano_yca_20141028/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-30 21:36 | その他お知らせ

エレナ・トゥタッチコワさん 写真展「After an Apple Falls from the Tree, There is a Sound」


フォトふれ 展覧会のお知らせです。

Art Gallery M84にて、エレナ・トゥタッチコワさんの写真展が開催中です。


After an Apple Falls from the Tree, There is a Sound

b0187229_2126363.jpg




















©Elena Tutatchikova



以下リンクより

Art Gallery M84は、2014年10月27日(月)よりエレナ・トゥタッチコワ写真展 “林檎が木から落ちるとき、音が生まれる”を開催致します。

今回の作品展は、Art Gallery M84の第21回目の展示として実施する個展です。この個展は、東川町国際写真フェスティバル2014『写真の町東川町30年記念』の一環として開催された「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション(2014年8月9~10日)」においてグランプリを受賞されたエレナ・トゥタッチコワ氏の写真展です。写真展“林檎が木から落ちるとき、音が生まれる”は、モスクワ郊外のダーチャ(夏を過ごすために作られた、庭や菜園のあるサマーハウス)で自分の精神のルーツに辿り着いた事で、ダーチャの空間、自然のサイクル、そして自然に対する彼女自身の考え方を表現した作品、約25点のオリジナルプリントを展示致します。

エレナ・トゥタッチコワ氏の作品“林檎が木から落ちるとき、音が生まれる”は、ロシアの夏の家、ダーチャを舞台にしています。短い夏の哀愁、季節の移り変わり、そこで成長していく少女の姿を、繊細なタッチで映像化しており、誰もが自分の記憶や経験と重ね合わせて引き込まれてしまうような力が備わっていると思います。写真と動画があわされることで、作品世界により広がりと深みが出てきているのではないでしょうか。オーディションでは、一次審査に挑んだ19名が持ち寄ったポートフォリオの審査を行い、最終審査に進む5名を選考。2日目は作品をスクリーンに投影し、一般公開でプレゼンテーションによる審査が行われた結果、作品の出来栄えが群を抜いていて、全員一致でグランプリに選出されました。グランプリ受賞作品展では、新たに撮影された写真も加わると聞いているので、さらなる展開が期待できそうです。写真評論家 飯沢耕太郎(赤レンガ公開ポートフォリオオーディション審査員)

※グランプリを受賞した写真家 エレナ・トゥタッチコワ氏によるトークショーを「10月31日(金) 18:00~」予定しております。審査員飯沢耕太郎氏(写真評論家)や鷹野隆大氏(写真家)等も交えて、「撮影のエピソードと審査」について話して頂きます。

※オープニングレセプション「10月31日(金) 19:00~」を予定しております。

【作家からの一言】
林檎が木から落ちるとき、音が生まれる。それはどんな音だろう。私にとってそれは、子供のころの記憶がわき起こる瞬間、誰にも気づかれなかった自然の静寂の音。そして、写真を見返す時に気づく音。あるいは、鑑賞によって、初めて生まれる音かもしれない。ダーチャには、現代ロシア人の自然に対する哲学が凝縮されている。ダーチャでの暮らしの根底には自然との調和がある。それは、菜園作りに始まり、ベランダから雨を眺めながら瞑想する、あるいはお茶を飲むといった、人間の根源的な幸福を保ちながら営まれる、半ば修行的なものである。
毎年、夏が終わろうとしている時、林檎が生まれ、木から落ちる。そして土になってまた次の夏生まれ変わる。子供たちが成長して大きくなる。そしてまた新しい人間が誕生する。人間と木が、お互いを見つめ合いながら生き、地面になり、そして生まれ変わる。毎年同じこと、全く同じことの繰り返し。
人間の生きる空間は、人間の身体や精神に絶対的な影響を与える。人間は自然のごくわずかな一部にすぎず、いくら自然を支配しようとしても、決して自然の中心に立つことはない。このシリーズに写された人々のイメージを通じて、私はダーチャの空間、自然のサイクル、そして自然に対する私自身の考え方を表現しようとした。 私は、数年に渡って郊外にあるダーチャを撮影し、自分の故郷の原風景は、ここにある事に思い至った。そのとき、林檎が木から落ちた瞬間に生まれる音に、私は初めて気がついた。
写真家 エレナ・トゥタッチコワ


********************************
会期:2014年10月27日(月)~2014年11月8日(土)
時間:10:30~18:30(最終日17:00まで)
休館:日曜日
会場:Art Gallery M84
   東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
リンク:http://artgallery-m84.com/?p=943
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-30 21:29 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー写真展情報


東川町文化ギャラリーで開催中の展覧会情報です。

第44回東川町民総合文化祭作品展

b0187229_19333875.jpg

b0187229_1933548.jpg

b0187229_193416100.jpg

b0187229_19342744.jpg





























































東川町の文化系サークル、団体、町内の学校の年に一度の作品展です。


****************************
会期:2014年 10/25(土)~11/3(月)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-30 19:28 | 東川町

竹中みなみさん 展覧会「avi-session vol.3」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ギャラリー・アビィにて開催される展覧会「avi-session vol.3」に、竹中みなみさんが参加いたします。


avi-session vol.3

b0187229_10335932.jpg



















以下リンクより

「avi-session」はアートと感性が遭遇するアビィ企画展。3度目の今回は、ひとり壁1面を使う本気のグループ展として開催!

テーマ自由のもとに集まった4名がどんな調和を見せるのか?その競演をお楽しみください!

(出展作家)
アキシマフミ 井上正詞 大学芋 竹中みなみ



*******************************
会期:2014年 10月29日(水)~11月2日(日)
時間:12:00~19:30
休廊:月火
会場:ギャラリー・アビィ
   〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2丁目2-28 順慶ビル212号室
リンク:http://g-avi.com/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-26 10:36 | フォトフレンド

パリデビューチャレンジ2014結果発表


パリデビューチャレンジ2014結果発表!

 写真販売を目的とした写真家を発掘しデビューさせるこの事業。
8月のフォトフェスタ開催時の審査では該当者なしとして、準グランプリ受賞者2名から追加の作品を提出いただき、最終の審査を実施いたしました。
 その結果、作品づくりのコンセプト、作品そのものがユニークでオリジナリティがあり、アート作品の作家として、海外にデビューするのにふさわしい作品として評価を受けた寺東榮爾(てらひがし えいじ)さんに決定しました。
寺東さんの作品は、2014 年11 月にフランスのパリで開催されるフォトイベントfotofever Paris 2014のインターアート7 のブースで、展示販売される予定です。


b0187229_13494020.jpg


































**********************************
fotofever Paris 2014
http://www.fotofeverartfair.com/paris/en-8-news.html

FAIR HOURS

PREVIEW (invite only)
thursday november 13th

PUBLIC OPENING
november 14th > 16th
friday nov 14th > 10am - 8pm
saturday nov 15th > 10am - 8pm
sunday nov 16th > 10am - 7pm

ADMISSION

full-fare ticket € 15
students price € 8
< 18 years old free entrance

catalog 200 pages € 18
entry ticket + catalog € 25
"start to collect" guide offered

会場:
CARROUSEL DU LOUVRE
99 rue de rivoli
75001 paris, france
www.carrouseldulouvre.com

ブース:G3 INTERART7
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-25 13:52 | その他お知らせ

酒井広司氏 展覧会「酒井広司 写真展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

新さっぽろギャラリーにて、酒井広司氏の展覧会が開催中です。


酒井広司 写真展


b0187229_1343575.jpg















©Koji Sakai


<トークイベントのお知らせ>
10/26(日)14:00~
「北海道というイメージ」
酒井広司×吉里演子(東川町文化ギャラリー学芸員)×浅野久男(写真家、東川町写真の町企画委員)



*******************************
会期:2014年 10月22日(水)~11月3日(月・祝)
時間:10:00~19:00
休廊:火曜
会場:新さっぽろギャラリー
   札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6-3 デュオ-2 5階
リンク:http://www.arc-city.com/shin-sapporo-gallery/contents/schedule/item/ca002.html#p0047
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-25 13:46 | 受賞作家関連

石川直樹氏 展覧会「まれびと」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

大船渡市立博物館にて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


まれびと

b0187229_13362524.jpg


















以下リンクより

大船渡市立博物館では、石川直樹写真展「まれびと-海から現れし者たち-」を開催します。
 国内外のあらゆる場所を旅しながら作品を発表している写真家 石川直樹氏の写真展を“来訪神”をテーマに開催します。この機会にぜひお越しください。


********************************
会期:平成26年10月18日(土)から平成26年12月21日(日)
時間:午前9時から午後4時30分まで(受付は午後4時まで)
休館:毎週月曜日及び祝日
入館料:300円(高校生以下は無料)
会場:大船渡市立博物館
   〒022-0001 岩手県大船渡市末崎町字大浜221-86
リンク:http://www.city.ofunato.iwate.jp/www/contents/1412815577454/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-25 13:40 | 受賞作家関連

石塚元太良氏 展覧会「2014年東川写真新人作家賞 収蔵作品展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Hasselblad Japan Galleryにて、石塚元太良氏の展覧会が開催されます。


2014年東川写真新人作家賞 収蔵作品展

b0187229_1328273.jpg



















©Gentaro Ishizuka


*********************************
会期:2014年10月27日(月)〜 10月31日(金)
時間:12:00 – 18:00
会場:
Hasselblad Japan Gallery
   東京都渋谷区神宮前1-10-32
リンク:https://www.facebook.com/Hasselblad.Japan
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-25 13:31 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「光と影」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

rizmにて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


光と影

b0187229_13204249.png























©Rinko Kawauchi


以下リンクより


2011年4月、写真家・川内倫子が3.11震災直後の被災地で偶然に出会った白と黒のつがいの鳩。光と影、美しさのなかに潜む生と死、破壊と創造。大きな写真の展示とともに、映像を展示する。

「2011年4月石巻、女川、気仙沼、陸前高田。
訪れたどの場所もただただ静かでした。静けさは怖さを内包していると初めてリアリティを持って気づかされました。音がなく、ただかつて機能していた人の営みのかけらが地面に積み重なっていて、空がとても広く感じました。その場所でしばし佇んでいると自分が風に飛ばされてしまいそうなほどに小さな存在だと思えてきましたが、しかし確かに肉体を持っていまここに立っているという実感もありました。ただそこに存在する、ということを実感するには静けさが必要なのだと思いました。そしてそれはある種の恐怖を伴います。そしてその静かな場所で白と黒のつがいの鳩と出会いました。よく見ると足にバンドを巻いています。たぶんこの場所で誰かに飼われていたようです。
わたしが夢中で追いかけて撮影したため、一度空に飛びましたがぐるっと2匹で一緒に1周しては同じ場所に戻ってきました。それを何度も繰り返していたので、自分たちの家か飼い主を探しているのだと途中で気がつきました。この鳩たちを見ていると、いろんなものの象徴であるように見えました。わたしたちの住む世界の二元性。白と黒、善と悪、光と影、男と女、始まりと終わり。始まりと終わりのあいだには、喜びと悲しみ?反転し繰り返すことが営みとはいえ、世の理にやりきれなさを感じながら撮影を続けました。しかしまた、破滅のあとには創造していくしかない、と思えば、この景色もすべての始まりのように思えました。 Rinko Kawauchi」



*****************************
会期:2014年10月11日(土) - 2014年11月24日(月)
時間:11:30~18:00
休館:火曜日・水曜日・木曜日
会場:rizm
   〒 669-2133 兵庫県 篠山市 今田町下小野原7-2
リンク:http://colissimo.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-25 13:24 | 受賞作家関連

吉田志穂さん 「1_WALL」出展のお知らせ


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ガーディアン・ガーデンにて開催される「1_WALL」展に、吉田志穂さんがファイナリストとして参加いたします。


1_WALL

b0187229_12452310.png

















©Shiho Yoshida


以下リンクより

個展開催の権利をかけた公募展、写真「1_WALL」展。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリストが、一人一人壁面を使って作品を発表する。

第11回のファイナリストは以下6名。浦部は、人やモノの持つ根源的な弱さとゆらぎに着目。北田は、女性を裸にし、化粧や服装の下にある生身の女に触れたいと迫ったポートレート。亡くなった母と祖母が残した洋服を着て、それぞれの家のクローゼットの前で、ひたすら同じ構図とライティングでセルフポートレートを撮り続けている高橋。暗闇で、カメラのセルフタイマーを使って機械的に撮影することで、作者の意図や個性を排除し、カメラを通過したデータのみで作品を作ることにチャレンジした田中。空間を二次元に定着させる写真の平面性に着目し、自分の部屋でそこにあるものを素材に画面を構成することで、空間を改めて捉え直そうと試みた新居。Web上にあふれる写真を模写し、さらにそれを写真に写すなど、記憶の断片やイメージを物質化することを試みた吉田。今回も多種多様な表現が集まった。



**********************************
会期:2014年10月27日(月) - 2014年11月20日(木)
時間:11:00~19:00
休館:日曜日・祝祭日
会場:ガーディアン・ガーデン
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1
リンク:http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_wall_ph_201410/gg_wall_ph_201410.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-19 12:48 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30