東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

荒木経惟氏 展覧会「左眼ノ恋」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

三菱地所アルティアムにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


左眼ノ恋

b0187229_12393413.png























以下リンクより

このたび、天才アラーキーの愛称で親しまれる国際的な写真家、荒木経惟(あらき・のぶよし)の福岡では11年ぶりとなる個展を開催いたします。

荒木は1964年子供の姿を追った「さっちん」で太陽賞を受賞しデビュー。その後、1971年に妻・陽子との新婚旅行の道程を撮影した写真集『センチメンタルな旅』により、作家の日常を日記のように記録する〈私写真〉と呼ばれる新しい写真表現を切り拓き、人気を博します。過激なヌード作品なども次々に発表、写真界のみならず社会をも揺るがす存在として広く認知されるようになりました。そして2000年以降、人生において様々な困難を経験し、それらの経験を制作の糧に新たな境地を開拓していくこととなります。

2000年代、前立腺癌を発症し、2009年には摘出手術を経験。翌年には『愛しのチロ』の出版など被写体としても多く撮りおろしてきた愛猫チロの死、2011年には東日本大震災を迎えます。さらに2013年には、網膜中心動脈閉塞症のため右眼の視力を突如失うという写真家にとって過酷な現実に直面します。しかし旺盛な制作意欲は失われることなく、今年2014年4月に豊田市美術館を皮切りとした過去最大級の回顧展で、会場毎にサブテーマを設け、原点から現在まで俯瞰する展示に挑み話題を呼んでいます。

本展は、右眼失明を糧に作家がたどり着いた最新シリーズ「左眼ノ恋」より数十点の写真作品と近年の作品を紹介するものです。「左眼ノ恋」は、ポジの右半分を黒く塗りつぶしてプリントされた作品や、左右2枚組で右側だけフォーカスを外して光のハレーションを捉えた作品で構成されます。それは写真とともに人生を歩み続けている荒木の“いま”の視界を投影したものであり、その左眼に写る鮮明な光景と右眼の翳りある光景の対比は、まさに作家がこれまで撮り続けてきた〈生と死(エロスとタナトス)〉の本質に迫るものと言えるでしょう。この機会に荒木経惟の力強い生命力に溢れる世界観をご鑑賞いただければ幸いです。



*************************
会期:2014年10月11日(土) - 2014年11月24日(月)
時間:10:00~20:00
休館:10月21日、11月11日
観覧料:一般 ¥400(300)、学生 ¥300(200)、高校生以下無料、再入場可
    ・( )内は前売料金
会場:三菱地所アルティアム
   〒 810-0001 福岡県 福岡市中央区 天神1-7-11 イムズ8F
リンク:http://artium.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-19 12:41 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「川内倫子+NOMA t.d」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

colissimoにて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


川内倫子+NOMA t.d

b0187229_16555380.jpg


















以下リンクより

写真家・川内倫子とファッションブランド・NOMA t.d.のコラボレーションによる展覧会。野口真彩子と佐々木拓真が手がけるNOMA t.d.は、オリジナルのテキスタイルを生かして、毎シーズン、強いテーマ性のあるコレクションを発表している。川内倫子とNOMA t.d.は、これまで5シーズンにわたり、イメージビジュアルという形でコラボレーションを行ってきた。今回の展示は「写真とテキスタイルのクロスオーバー」を探る実験的なコラボレーションとなる。

川内が風景の中にとらえた光と色がデリケートに溶けあうイメージに、NOMA t.d.のどこか懐かしさを帯びて網膜に残像をのこすパターンがまるで天使がこっそり刻印した「watermark(透かし)」のように重なる。それぞれのクリエイションが呼応し合うことで生まれる、写真とテキスタイルの新しい魅力。



**************************
会期:2014年10月11日(土) - 2014年11月24日(月)
時間:11:30~18:00
休館:火曜日・水曜日・木曜日
会場:colissimo
   〒 669-2133 兵庫県 篠山市 今田町下小野原3-7
リンク:http://colissimo.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-18 16:56 | 受賞作家関連

立木義浩氏 展覧会「迷路」


B GALLERYにて、写真甲子園の審査委員である立木義浩氏の展覧会が開催中です。


迷路

b0187229_187584.png

























以下リンクより

50年代から現在にかけて女優写真をはじめ、広告、雑誌、出版、映像など、様々な分野で活躍し続けている立木義浩。本展では、立木義浩が日常の中で撮影している膨大なスナップ写真の中から厳選した作品を展示、販売する。SNSの発達により数えきれない量の写真に囲まれた生活のなかで、私たちがいまだ見落としている“現在”が鮮明に、美しく写し出された写真は、何よりもこの世界の素晴らしさに気付かせてくれる。



**********************************
会期:2014年10月03日(金) - 2014年11月03日(月)
時間:11:00~20:00
会場:B GALLERY
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿3-32-6(BEAMS JAPAN6F)
リンク:http://www.beams.co.jp/labels/detail/b-gallery
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-15 18:08 | その他お知らせ

今岡昌子氏 展覧会「そしてトポフィリア」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ギャラリーおいし にて、今岡昌子氏の展覧会が開催されます。


そしてトポフィリア

b0187229_1802292.jpg

b0187229_1805585.jpg





















******************************
会期:2014年 10/28(火)~11/2(日)
時間:11:00~19:00
会場:ギャラリーおいし
   福岡県福岡市中央区天神2丁目9−212
リンク:http://imaoka.exblog.jp/21209736/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-15 18:04 | 受賞作家関連

野村恵子氏 展覧会「赤い水」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

銀座ニコンサロンにて、野村恵子氏の展覧会が開催中です。


赤い水

b0187229_12125328.jpg

















©Keiko Nomura


以下リンクより

2006年に発表した「Bloody Moon」、2009年の「Red Water」、2012年の「Soul Blue」と続いた一連の作品の流れの中で、この2年間に撮りおろした新作を中軸とした、集大成的な作品を展示する。

水は天地を廻り、自然の中で、永遠のサイクルを持っている。この身体という器に湛えられた「赤い水」。この器が壊れて消えたとき、その水は、魂は、やはり空に、地に帰っていくのか?そんなことを常に考えながら、作者は日々を生きて、撮っている。

被写体の女性は、長年にわたって撮り続けている女性達である。彼女たちは写真となり、イコンとしてこの作品の中で存在している。イメージは街を、天地を、時空を自由に翔ける。それが暫しの永遠となることを願っている。



*********************************
会期:2014年10月22日(水) - 2014年11月04日(火)
時間:10:30~18:30
   最終日は15:00まで
会場:銀座ニコンサロン
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座7-10-1 STRATA GINZA 1F
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-13 12:15 | 受賞作家関連

石川直樹氏 展覧会「里に犬、山に熊。」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

大館食品にて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


里に犬、山に熊。

b0187229_1271537.jpg




















©Naoki Ishikawa


以下リンクより

秋田県北部に位置する大館市の商店街と北秋田市の山深い秋田内陸縦貫鉄道沿線を舞台に展開する、「大館・北秋田芸術祭2014『里に犬、山に熊。』」。「私たちは、今、どこでどんな暮らしをすべきなのか」という問いへの答えを模索するように、北秋田の土地や人々の姿をファインダーで切り取った作品が発表される。

「青森県との県境にほど近い山奥に湧き出した赤湯温泉は、旧奥羽本線の線路が通っていた橋脚沿いにあって、秋田杉の天然木に囲まれた秘湯として知られています。現在の赤湯温泉は、オーナーの片岡さんの体調が思わしくなく休業中ですが、まだ営業していた2012年の真冬に赤湯を訪ね、その周辺を歩きながら撮影した写真を展示します。赤湯の営業再開を心から願いつつ、在りし日の秘湯への旅を振り返ります。石川直樹」


*********************************
会期:2014年10月04日(土) - 2014年11月03日(月)
時間:11:00~18:00
観覧料:芸術祭有料展示観覧パスポートの提示が必要。または300円。
会場:大館食品
   〒 017-0841 秋田県 大館市 大町24-1
リンク:http://inukuma.jp/artist/ishikawanaoki/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-13 12:10 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリー写真展情報


東川町文化ギャラリーで開催中の展覧会情報です。


写団かんじき展

b0187229_183485.jpg
















2年に一度、開催いただいている写真愛好団体・写団かんじきによる写真展です。



東川フォトクラブ写真展

b0187229_18344437.jpg
















写真の町ひがしかわで活動するフォトクラブの写真展です。



東川小学校 開校記念 安田侃 彫刻 写真パネル展

b0187229_18352398.jpg

b0187229_18353915.jpg

b0187229_18355549.jpg














































東川小学校新校舎落成記念に伴い、新校舎に2点作品を設置いただいた
彫刻家・安田侃さんの作品の写真パネルを展示いたします。


●10月11日限定●
写真の町東川町文化ギャラリーにて
「安田侃 彫刻 写真パネル展」について安田琢さんと一緒にお話することができます!

NPO法人アルテピアッツァびばいの理事、安田(琢)さんが東川町文化ギャラリーに来館し、文化ギャラリーにて開催の「安田侃 彫刻 写真パネル展」会場内で10月11日(土)15:00~17:30の間、来館者の皆様と一緒にお話しすることができます。
彫刻家・安田侃さんの作品についてのお話や、今までのお仕事についてのお話など・・・聞きたいことや、お話したいこと、何でもOKです。
彫刻作品のパネル写真を前に、一番近くで安田侃さんの作品に触れてきた、安田琢さんとお話することができる、またとないチャンスとなっております。
みなさまのお越しをお待ちしております!



早寝早起き朝ごはん~写真絵日記 写真展


b0187229_1336896.jpg

b0187229_13372450.jpg































東川に住む小学生の夏休みの思い出、写真絵日記が並びます。
*今年は、東川中学校生徒が制作した標語の優秀作品も展示します。



****************************
会期:2014.10.11(土)~23(木)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


<次回展予告>
2014.10.25(土)~11.3(月)
・第44回東川町民総合文化祭作品展
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-12 18:40 | 東川町

荒木経惟氏 展覧会「切真」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

RAT HOLE GALLERYにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


切真

b0187229_18265146.png

















©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

本展で発表される最新シリーズ「切真」で荒木は、撮影したポジフィルムを真っ二つに切り離し、組み合わせを変えて新たにつなぎ合わせたポジフィルムから写真作品をプリントしています。昨年末に右眼の視力を失ってから撮影された、日常生活や街の風景、女性のヌード、花や人形のイメージを組み合わせた写真には、荒木の現在の心境が映し出されているとともに、「切る」行為によって生み出された新しい発見や物語が満ち溢れています。

ポラロイドを2つに切って新たにつなぎ合わせた作品「愛切(あいせつ)」や、ポジフィルムの右側を黒マジックで塗りつぶした作品「左眼ノ恋(さがんのこい)」に続く「切真」では、荒木の遊び心やユーモアとともに、自らの手による「破壊」と「再生」によって独自の生死観が表現されています。「写真というのは生きること」と話す荒木の最新作は、思いもよらないイメージの組み合わせによって、新たなリアリズムとの出会いを見る者にもたらしています。



********************************
会期:2014年09月26日(金) - 2014年11月02日(日)
時間:12:00~20:00
休廊:月曜日
会場:RAT HOLE GALLERY
   〒 107-0062 東京都 港区 南青山5-5-3 B1F
リンク:http://www.ratholegallery.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-12 18:29 | 受賞作家関連

鈴木理策氏 展覧会「里に犬、山に熊。」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

秋田県の阿仁合/宮越家にて、鈴木理策氏の展覧会が開催中です。


里に犬、山に熊。

b0187229_1148454.png



















©Risaku Suzuki


以下リンクより

秋田県北部に位置する大館市の商店街と北秋田市の山深い秋田内陸縦貫鉄道沿線を舞台に展開する、「大館・北秋田芸術祭2014『里に犬、山に熊。』」。「私たちは、今、どこでどんな暮らしをすべきなのか」という問いへの答えを模索するように、北秋田の土地や人々の姿をファインダーで切り取った作品が発表される。

鈴木理策の作品は、山への信仰と、自然と生きる上で大切に育まれてきたマタギ文化、そして大自然がテーマの「ある日、森の中」。



********************************
会期:2014年10月04日(土) - 2014年11月03日(月)
時間:11:00~18:00
観覧料:芸術祭有料展示観覧パスポートの提示が必要。または300円。
    <芸術祭有料展示観覧パスポート>
   ①一般=1,000円(前売800円)※前売販売期間 10/3日(金)まで
   ②ペアチケット=1,800円(当日券のみ) 
   ③高校生以下=無料 ④障がい者およびその介助者1名まで=無料


会場:阿仁合/宮越家
   〒 018-4611 秋田県 北秋田市 阿仁水無大町27 (資)宮越商店
リンク:http://inukuma.jp/artist/suzukirisaku/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-11 11:51 | 受賞作家関連

東川小学校 開校記念 安田侃 彫刻 写真パネル展


東川小学校 開校記念 安田侃 彫刻 写真パネル展を開催いたします。

b0187229_1842471.jpg




































東川小学校新校舎落成記念に伴い、新校舎に2点作品を設置いただいた彫刻家・安田侃さんの作品の写真パネルを展示いたします。
安田侃さんの今までのお仕事や、制作の様子などをパネル写真で紹介します。
また、DVDの上映も行っており、安田侃さんの世界をお楽しみいただける盛りだくさんの内容となっております。


<お知らせ>


●10月11日限定●
写真の町東川町文化ギャラリーにて
「安田侃 彫刻 写真パネル展」について安田琢さんと一緒にお話することができます!
NPO法人アルテピアッツァびばいの理事、安田(琢)さんが東川町文化ギャラリーに来館し、文化ギャラリーにて開催の「安田侃 彫刻 写真パネル展」会場内で10月11日(土)15:00~17:30の間、来館者の皆様と一緒にお話しすることができます。
彫刻家・安田侃さんの作品についてのお話や、今までのお仕事についてのお話など・・・聞きたいことや、お話したいこと、何でもOKです。
彫刻作品のパネル写真を前に、一番近くで安田侃さんの作品に触れてきた、安田琢さんとお話することができる、またとないチャンスとなっております。
みなさまのお越しをお待ちしております!



****************************
会期:2014.10.11(土)~23(木)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-10-10 18:41 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31