東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

文化ギャラリー展示情報


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。


第26回MOA美術館東川児童作品展

b0187229_1273552.jpg

















東川の子どもたちの絵画や書道の展示です。



後藤昌美写真展 「森と水の刻」

b0187229_128235.jpg

















東川町の撮影会の講師としてもお世話になっている写真家・後藤昌美さんが捉えた阿寒・摩周の写真展です。



第23回林忠彦賞受賞記念写真展 笹岡 啓子 「Remembrance」


b0187229_1285072.jpg

















林忠彦賞受賞者の巡回展です。



二小親子ふれあい写真展

b0187229_1292014.jpg

















「写真の町」の小学校・東川第二小学校の児童と保護者たちの写真展です。



****************************
会期:2014.11.29(土)~12.13(土)
   ※二小親子ふれあい写真展のみ、12/11(木)までとなります。
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


<次回展予告>
2014.12.15(月)~12.28(日)
・ストリートギャラリー2014グランプリ 写真の町・ひがしかわ写真少年団写真展
・中野實写真展 大判カメラシリーズ第5弾 各停列車の旅ー宗谷本線
・東川賞収蔵作品展13~27回
・押絵二人展(山口佐知子・上野咲子)
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-30 12:13 | 東川町

荒木経惟氏 展覧会「往生写集-東ノ空・PARADISE」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

資生堂ギャラリーにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


往生写集-東ノ空・PARADISE

b0187229_11501267.jpg













以下リンクより

アラーキーの愛称で知られる荒木経惟は、60年代から幅広い被写体にカメラを向け、常にセンセーショナルな話題を振りまき、社会の注目を集め続けてきた写真家です。1964年に下町の子ども達を撮った写真集『さっちん』で、第1回太陽賞を受賞。1971年の愛妻・陽子との新婚旅行を記録した『センチメンタルな旅』では、自らの日常を日記のように記録した「私写真」という独自の世界を切り開きました。以降、今日に至るまで膨大な数の作品を発表しています。

展覧会タイトルの「往生写集」は、平安時代の僧侶・源信が著した仏教書『往生要集』(985年)から想を得た荒木の造語です。源信は多くの仏教の経典や論書などから、極楽往生に関する要文を集め、死後に極楽往生するためには一心に仏を想い、念仏を唱えることが大切と説きました。のちにその教えは、我が国の浄土思想の基礎となったと言われています。

今回の「往生写集」展は、豊田市美術館(4/22-6/29)、新潟市美術館(8/9-10/5)、そして資生堂ギャラリーの3館合同で開催する企画展で、それぞれに異なるサブタイトルと出品作で構成されています。2009年の前立腺癌の発症と摘出手術、その後の愛猫チロの死や東日本大震災の経験などが荒木に自らの「死=往生」を意識させ、それを機にこの合同企画展が実現しました。

最終開催地の資生堂ギャラリーでは、「死=往生」から「再生」に向かっていく、荒木の現在の心境を捉えた作品を中心に展示する予定です。「東ノ空」は、東日本大震災後、亡くなった方への鎮魂を願うと同時に、被災地の復活を祈りながら、彼が毎朝自宅の屋上から撮り続けている最新作です。これから新しい時を刻む東ノ空は、静かに生命の力が湧いてくる、まさに再生・復活のシンボルといえるでしょう。一方の「PARADISE」は、一見暗闇の中に色鮮やかな花が咲き誇っているかのようですが、実は、朽ちかけた花と人形を写した生と死の物語です。「花は死の一歩手前が最も官能的」と語る荒木が、移ろいゆく花の姿を人の生命にたとえ、はかなさゆえの愛しさや、かけがえのなさを捉えた作品です。また、本展のためにこの夏撮り下ろした「銀座」もご覧いただけます。
「死」を意識し往生の準備を始めた荒木が、人生を振り返りながら豊田、新潟と旅を続け、資生堂ギャラリーから「再生」という新たな旅に出かけようとしています。荒木の旅立ちにご期待ください。



*****************************
会期:2014年10月22日(水)~ 12月25日(木)
時間:平日 11:00~19:00 日曜・祝日 11:00~18:00
休館:毎週月曜休(月曜日が休日にあたる場合も休館)
会場:資生堂ギャラリー
   〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
リンク:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-30 11:52 | 受賞作家関連

展覧会「JITTER#02 M84」

2012年 東川町国際写真フェスティバル「リコーポートフォリオオーディション」受賞者による作品展が開催されます。


JITTER#02 M84写真展『ほの明るい と うす暗い』

b0187229_222268.jpg



































JITTERは、2011年東川町国際写真フェスティバル、リコーポートフォリオオーディション(赤れんがポートフォリオオーディション)受賞者、佐藤志保・畠山雄豪・人見将・山本顕史の4名で構成しており、毎回テーマを定め写真表現を用いて様々な媒体を通した展示を行っています。
今回は、光、像としての写真のあり方に着目し、”ほの明るい と うす暗い”という空間のテーマを設定しました。着想の一つとして、ロラン・バルトの写真論「明るい部屋」(1980年)があります。この中でバルトは、現 行のカメラの仕組みとは全く違う写真の世界を語っています。我々は写真へのアプローチが皆それぞれ違う中での写真というものについて、古い概念の外のこれ からの時代の写真の捉え方についての模索を行う展示だと思います。メンバーそれぞれが描く部屋の空間を感じてもらえるでしょう。約30点の作品を展示致し ます。
※写真評論家 飯沢耕太郎氏とJITTER(佐藤志保・畠山雄豪・人見将・山本顕史)のクロストーク「11月24日(月)16:00~」を開催します。
(東川町リコー ポートフォリオオーディションの審査員であった飯沢耕太郎氏をお迎えし、JITTER#01 CCAAを経てどの様に 1年間活動したのか、写真を通してJITTERとして、また個人としてこの先どの様に社会と向き合って行くのか、現在写真の流れを読み取りながらクロス トークを通して探って行きたいと思います。)

メンバーそれぞれと今回のテーマを軸に創造した空間を感じて頂けたら幸いです。


初日には我々のJITTER結成のきっかけであった東川町で行われたリコーポートフォリオオーディション(現 赤レンガ公開ポートフォリオオーディション)の審査員の一人である飯沢耕太郎さんをお迎えし、JITTERの4名とギャラリートークを行います。
ぜひお越し下さい。

b0187229_2224930.jpg






























©山本顕史


b0187229_2233910.jpg




























©畠山雄豪


b0187229_2241420.jpg































©人見将


b0187229_2243851.jpg
















©佐藤志保




JITTER#02 M84写真展『ほの明るい と うす暗い』
主  催 : Art Gallery M84
期  間 : 2014年11月24日(月)~2014年12月06日(土) 
※休館日を除く
場  所 : Art Gallery M84
所 在 地 : 東京都中央区銀座四丁目-11-3 ウインド銀座ビル5階
電  話 : 03-3248-8454
開館時間 : 10:30~18:30(最終日17:00まで)
休 館 日 : 日曜日
入 場 料 : 無料
URL :http://artgallery-m84.com/


<オープニングクロストーク>
飯沢耕太郎 氏 X JITTER(佐藤志保、畠山雄豪、人見将、山本顕史)
11月24日 16:00~

<オープニングレセプション>
11月24日 18:00~

■JITTERプロフィール/ HP http://jitterphotography.web.fc2.com
2012年 東川町Ricoh portfolio audition受賞者でJITTERを結成。
2012年 JITTERによるzine 発刊。
2013年 JITTER#01 CCAAアートプラザ ランプ坂ギャラリー(東京・四ッ谷)
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-18 22:11 | その他お知らせ

石川竜一さん 展覧会「okinawan portraits 2010-2012」


フォトふれ 展覧会のお知らせです。

Place Mにて、石川竜一さんの展覧会が開催中です。


okinawan portraits 2010-2012

b0187229_21523939.jpg






















©Ryuichi Ishikawa


以下リンクより



2010年から2012年にかけて地元沖縄で人々を撮影した作品です。普段の生活のなかで、事前の決まり事などは何も無く、すれ違う人達に声をかけて撮影させて頂きました。予定調和の無い「日常」から、人々の持っている「命」を感じてきました。


<2014年11月22日(土)トークイベント 石川竜一×瀬戸正人>

会場 : Place M
日程 : 11月22日(土)
時間 : 開場19:00 開演19:30
会費 : 無料
定員 : 60名(要予約)
talkshow@placem.comまでお申し込みください。

【プロフィール】
石川竜一/Ryuichi Ishikawa
1984年沖縄生。2005年沖縄国際大学在学中から独学で写真を始め、2008年から舞踊家しば正龍に師事、2010年から写真家勇崎哲史に師事、東松照明デジタル写真ワークショップ沖縄3期生として参加。第35回写真新世紀で清水穣選佳作。2014年森山大道ポートフォリオレビュー展出展。写真集『okinawan portraits 2010-2012』、『絶景のポリフォニー』を赤々舎より11月に同時刊行。



*****************************
会期:2014.11.17-11.23
時間: 12:00―19:00
会場:Place M
   東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F
リンク:http://www.placem.com/schedule/2014/20141117/141117.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-18 21:55 | フォトフレンド

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション 準グランプリ受賞者展


第30回国際写真フェスティバル「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション」
準グランプリの藤倉翼さん、辻田美穂子さんの受賞者展を開催します。

「ネオンサイン」藤倉 翼
b0187229_15173254.jpg


















「カーチャへの旅」辻田 美穂子
b0187229_1518526.jpg


















会期:2014.12.5(金)~10(水)
会場:AMS写真館 〒604-8425 京都市中京区西ノ京銅駝町48 A’BOX
            TEL:075-841-1470

イベントのお知らせ

※2014.12.5(金)14:00~
オープニングトーク
写真家・藤倉翼/辻田美穂子と赤レンガ公開ポートフォリオオーディション
審査員飯沢耕太郎氏(写真評論家)によるトークを開催。

※2014.12.6(土)13:00~
ギャラリートーク
写真家・藤倉翼/辻田美穂子と赤レンガ公開ポートフォリオオーディション
審査員・本展キュレーター菊田樹子氏によるトークを開催。



リンク:http://www.amsnet.co.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-14 15:22 | フォトフレンド

山元彩香さん パリ・フォト出展のお知らせ

フォトふれ 展覧会のお知らせです。

パリフォト タカ・イシイ・ギャラリーのブースにて、山元彩香さんが個展形式で作品を展示しております。
また、東川賞受賞作家 荒木経惟氏、細江英公氏、北島敬三氏、田原桂一氏、高梨豊氏も出品しております。


パリフォト

b0187229_9102440.jpg







































参加作家:荒木経惟、エド・ヴァン・デル・エルスケン、浜口タカシ、細江英公、北島敬三、倉田精二、森山大道、レオ・ルビンファイン、塩谷定好、田原桂一、高梨豊、東松照明、渡辺克巳

個展形式での作品展示作家:畠山直哉(プレビュー)、津田直(13日木曜日)、武田陽介(14日金曜日)、吉野英理香(15日土曜日)、山元彩香(16日日曜日)



******************************
会期:2014年11月13日 – 16日
会場: グラン・パレ(パリ)
   Avenue Winston Churchill 75008 Paris France
ブース: D22
リンク:http://www.parisphoto.com/paris
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-14 09:21

東川町文化ギャラリー写真展情報

東川町文化ギャラリーで開催中の展覧会情報です。

三軌会写真部 北海道支部展

b0187229_1942763.jpg

b0187229_19422869.jpg

b0187229_19424761.jpg














































毎年恒例の、三軌会写真部による会員展です。 様々な視点で捉えた多彩な作品が全館に並びます。
 
また、「北海道写真の町東川町賞」を選出しており、3名の受賞者の作品が
展示されております。


****************************
会期:2014年 11/11(火)~27(木)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-12 19:44 | 東川町

中藤毅彦氏 展覧会「In)(between. record vol. 13 "Une Rétrospective." Takehiko NAKAFUJI」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

パリのin)(between art galleryにて、中藤 毅彦氏が展覧会を開催いたします。


In)(between. record vol. 13 "Une Rétrospective." Takehiko NAKAFUJI

b0187229_137315.jpg




















Exhibition curators: Emako SUZUKI & Luigi CLAVAREAU
Organize by: in)(between. Gallery & Handmade Photographs

The exhibition in)(between. record vol. 13 "A Retrospective." it is not a chronological exhibition of his last 17 years of photography, but a ramble of his vast body of works, condensed to over 40 silver gelatin prints, handmade by Takehiko himself. Some never exhibited or published in books before. Additionally to the exhibition we are launching his new book titled “Street Rambler”.


***************************
会期:11月16日〜12月6日
時間:11:00〜19:00
会場:in)(between art gallery
   3 Rue Sainte-Anastase, 75003 パリ
リンク:http://www.inbetweengallery.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-09 13:10 | 受賞作家関連

展覧会「AKIO NAGASAWA Inaugural Exhibition」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

akio nagasawa gallery にて開催中の展覧会「AKIO NAGASAWA Inaugural Exhibition」に、柴田敏雄氏、須田一政氏、瀬戸正人氏、細江英公氏が出品しております。


AKIO NAGASAWA Inaugural Exhibition

b0187229_12573233.jpg














<出展作家>
猪瀬 光、小川隆之、加納典明、杵島 隆、倉田精二、坂田栄一郎、沢渡 朔、柴田敏雄、須田一政、瀬戸正人、立木義浩、内藤正敏、野村佐紀子、森山大道、細江英公、吉永マサユキ、吉増剛造、吉行耕平、ウィリアム・クライン、サラ・ムーン


****************************
会期:2014年11月5日(水) - 11月30日(日)
時間:11:00-19:00
休廊:月、火
   11月24日は祝日につきオープン
会場:〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6F
リンク:www.akionagasawa.com/jp/exhibition/akio-nagasawa-inaugural-exhibition/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-09 13:00 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 展覧会「森の中の千の鏡」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

フランスのノジョン・アートセンターにて、オノデラユキ氏が展覧会を開催中です。


「森の中の千の鏡」展:オノデラユキ&アキルミ
La Maison d’Art Bernard Anthonioz

b0187229_12442620.jpg
























ノジョン・アートセンター
住所:16 Rue Charles VII, 94130 Nogent-sur-Marne, France
電話:01 48 71 90 07
2014年11月6日〜12月21日

開館時間:12時〜18時
毎週火曜および祝日休館
入場無料

ヴェルニサージュ 11月5日21時

ディスカバリーツアー
11月25日 (火), 12〜13時
12月2日 (火), 18〜19時

アーティスト在館日時
11月21日 (金), 18時30分から
入館無料:電話かメールにてご予約ください。
01 48 71 90 07

アクセス:
Métro ligne 1 : Château de Vincennes, <4 Fort Neuf>出口から 114番(または210番)のバスにて« Marché »(または Sous-préfecture)まで
RER A : NOGENT-SUR-MARNE 駅から 114番 または 210番のバスで Marché (または Sous-préfecture)まで
RER E : NOGENT-LE PERREUX 駅から中心街方面 (rue Charles de Gaulle) へ徒歩10分, その後 boulevard Gallieni を下る
AUTOROUTE A4 : NOGENT-SUR-MARNE 出口
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-11-09 12:48 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30