東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

石川直樹氏 展覧会「国東半島」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

大阪ニコンサロン にて、石川直樹氏の展覧会が開催中です。


国東半島

b0187229_13464695.jpg




















©Naoki Ishikawa


以下リンクより

日本列島は、海によって孤立していたのではなく、海によって開かれた土地だった。大分県の国東半島は、朝鮮半島から南下してきた文化が九州北部を伝って瀬戸内海に入っていく際の交差点のような場所である。修験道をはじめとする山に根付いた文化と、多様な祭祀を含む渡来の文化が海に突き出したこの地でまじりあい、独特の風土を生み出した。 神と仏が同居する神仏習合が今も市井の人々のあいだに根付く国東半島は、行き止まりでありながら入口でもあり、閉ざされていながら宇宙に繋がる無限の世界を内包している。作者はこの円形の半島において、まったく新しい世界に触れることになった。本展では、そうした半島の日常と非日常を行き来して見つめ続けた末の写真群を展示する。



*****************************
会期:2014年12月18日(木)〜2014年12月29日(月)
時間:10:30~18:30 最終日は15:00まで。
休館:12月30日(火)~1月4日(日)
会場:大阪ニコンサロン
   〒 530-0001 大阪府 大阪市北区 梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13F
リンク:http://www.nikon-image.com/activity/salon/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-18 13:50

竹中みなみさん 展覧会「Tous les jours / ゼロの位置」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ギャラリー・アビィにて、竹中みなみさんの個展が開催中です。


Tous les jours / ゼロの位置

b0187229_1531646.jpg

























以下リンクより


ここではないどこかへ行きたい。
ここはわたしが居るべき所ではない。

なら、わたしが居るべき所(ここではないどこか)とは一体どこなのだろう。自然は、無窮だ。だからわたしは、自然が好きだ。けれど、どこへ行っても、やはりどこか居心地の悪さを感じた。

わたしたちは皆、常に何か(また訪れる毎日のことや、習慣や、悩み)を背負い気にして生きている。そのとき見える景色は、見えているものだけではない。それは、わたしにとって邪魔なものだった。

じゃあ、全て捨てたら?

私は無の状態で、見える景色を素直に受け止められるのだろうか。そして、全てを無くすということは、一体どういうことなのだろう。


●展示写真について

索漠とした自然の風景を大判プリントする「Tous les jours」と、無彩色の被写体の一部分を接写した写真を小サイズのプリントで並べる「ゼロの位置」、この2つのテーマを同時に展示します。
自然の造形が克明に写し出された写真と、被写体が何であるかの情報がほとんど削ぎ落とされた写真。両極端な見え方の2つの写真が同じ空間に並びます。
すべてデジタル撮影・インクジェットプリント。合計48枚を展示予定です。


●作者プロフィール
竹中 みなみ(たけなかみなみ)

1990年
 神戸に生まれる

2014年
 ビジュアルアーツ大阪写真学科卒業
 東川国際写真フェスティバル旧秋山邸アートプロジェクト参加

 今回が初個展



*****************************
会期:2014年 12月17日(水)~12月21日(日)
時間: 12:00~19:30
休廊:月火
会場:ギャラリー・アビィ
   〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2丁目2-28 順慶ビル212号室
リンク:http://g-avi.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-17 15:34 | フォトフレンド

東川町国際写真フェスティバルがアジア・パシフィック・フォトフォーラムに加盟しました

b0187229_1325568.jpg





2010年に、オーストラリアとニュージーランドのあわせて7つの写真フェスティバルが協同して、アジア、太平洋地域の写真フェスティバルを結ぶネットワークとして創設したアジア・パシフィック・フォトフォーラム(APP)に、東川町国際写真フェスティバルがこの度参加することになりました。

12月4日にアンコール・フォト・フェスティバル中に開催されたAPPメンバー総会をへて、東川町のほかにも、マレーシアの オブスキュラ、オーストラリアのシマー・フォト・ビエンナーレが加わりました。

APPのHPでは新規加盟フェスティバルはまだ反映されていませんが、APP参加フェスティバルは下記の10か国13フェスティバルということになります。


b0187229_14484638.jpg















アンコール フォトフェスティバルにて、APPミーティング後の集合写真です。
東川賞受賞作家展 ディレクター 楠本亜紀氏と、東川町文化ギャラリー 学芸員 吉里寅子さんが参加してきました。


アジア・パシフィック・フォトフォーラム(APP)
http://asiapacificphotoforum.org/



参加フェスティバル

ANGKOR PHOTO FESTIVAL & WORKSHOPS(Siem Reap, CAMBODIA)
AUCKLAND FESTIVAL OF PHOTOGRAPHY(Auckland, NEW ZEALAND)
BALLARAT INTERNATIONAL FOTO BIENNALE INC(Ballarat, Victoria, AUSTRALIA)
FOTOGRAFICA BOGOTA(Bogota, COLOMBIA)
CHIANG MAI DOCUMENTARY ARTS FESTIVAL(Chiang Mai, THAILAND)
CHOBI MELA(Dhaka, BANGLADESH)
GUATEPHOTO(Guatemala City, GUATEMALA)
HEAD ON PHOTO FESTIVAL(Sydney, NSW, AUSTRALIA)
PINGYAO INTERNATIONAL PHOTO FESTIVAL(Pingyao ancient city, Shanxi, CHINA)
QUEENSLAND FESTIVAL OF PHOTOGRAPHY(Brisbane, Queensland, AUSTRALIA)
HIGASHIKAWA INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY FESTIVAL(Higashikawa, JAPAN)
OBSCURA(Penang, MALAYSIA)
SHIMMER PHOTOGRAPHIC BIENNALE(Onkaparinga, AUSTRALIA)
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-16 13:04 | 東川町

川田喜久治氏 展覧会のお知らせ


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

川田喜久治氏が、ロンドンにて個展とグループショー、ニューヨークにて個展を開催しております。


Conflict, Time, Photography

b0187229_12174846.jpg
















From the seconds after a bomb is detonated to a former scene of battle years after a war has ended, this moving exhibition focuses on the passing of time, tracing a diverse and poignant journey through over 150 years of conflict around the world, since the invention of photography.

In an innovative move, the works are ordered according to how long after the event they were created from moments, days and weeks to decades later. Photographs taken seven months after the fire bombing of Dresden are shown alongside those taken seven months after the end of the First Gulf War. Images made in Vietnam 25 years after the fall of Saigon are shown alongside those made in Nakasaki 25 years after the atomic bomb. The result is the chance to make never-before-made connections while viewing the legacy of war as artists and photographers have captured it in retrospect.

The immediate trauma of war can be seen in the eyes of Don McCullin’s Shell-shocked US Marine 1968, while the destruction of buildings and landscapes are documented by Simon Norfolk’s Afghanistan: Chronotopia 2001.

Different conflicts will also reappear from multiple points in time throughout the exhibition. The Second World War for example is addressed in Jerzy Lewczynski’s 1960 photographs of the Wolf’s Lair / Adolf Hitler’s War Headquarters, Shomei Tomatsu’s images of objects found in Nagasaki, Kikuji Kawada’s epic project The Map made in Hiroshima in the 1960s, Michael Schmidt’s Berlin streetscapes from 1980 and Nick Waplington’s 1993 close-ups of cell walls from a Prisoner of War camp in Wales.

The exhibition is staged to coincide with the 2014 centenary and concludes with new and recent projects by British, German, Polish and Syrian photographers which reflect on the First World War a century after it began.

Organised by Tate Modern, London in association with Museum Folkwang, Essen and Staatliche Kunstsammlungen Dresden


26 November 2014 – 15 March 2015
@Tate Modern
  Bankside London SE1 9TG United Kingdom
Sunday – Thursday, 10.00–18.00
Friday and Saturday, 10.00–22.00
Closed 24–26 December
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/conflict-time-photography





The Last Cosmology

b0187229_12263498.png
b0187229_12281499.png



























November 5,2014–January 24, 2015
L. Parker Stephenson Photographs
  764 Madison Avenue (between 65th-66th streets) New York, NY 10065
Hours: Wednesday - Saturday 11am - 6pm
http://www.lparkerstephenson.com/exhibitions/





The Last Cosmology

b0187229_12313689.png





























Artificial Moon Trial, Tokyo 1969
© Kikuji Kawada



The Michael Hoppen Gallery is proud to announce the first solo UK exhibition of Kikuji Kawada’s ‘The Last Cosmology’ series. Originally published in parts in the 1980s, it was compiled into a publication and solo exhibition in 1995. Part of Kawada’s "Catastrophe Trilogy," the chronicle seemingly ties together the dramas of the skies with the end of two historical eras on earth: the ‘Showa’ era with the death of the Emperor in Japan and the 20th century.



Before modern science, people presumed there was a relationship between astronomical phenomena and events of the human world. The ‘Last Cosmology’ reveals a fleeting empathy for this ancient astrology and a fascination with the firmament. Inspired by the apocalyptic sky-scapes of the painter Emil Nolde, Kawada became preoccupied with photographing abnormal and catastrophic weather. In his own words: “It is then that I imagine the era and myself as an implicitly intermingling catastrophe and I want to spy on the depths of a multihued heart that is like a Karman vortex”.

From November 2014, Kawada’s best known project ‘The Map’, will be shown at Tate Modern, as part of their ‘Conflict, Time, Photography’ exhibition. Originally published in 1965, the series documents the aftermath of the atomic bomb and the war in Japan (beyond meaning, invisible violence, widespread destruction and human loss). At first glance ‘Last Cosmology’ and ‘The Map’ are inherently different bodies of work. ‘The Map’ concentrates on surface, the stains burnt into the ceiling of the Hiroshima a-bomb dome and the detritus of occupation; while ‘Last Cosmology’ looks to the extra-terrestrial as a cypher for earthly events. Both books however share a narrative that is both personal and universal. Although rooted in the Japanese experience, they are essays on the human condition.

Born in the Ibaraki Prefecture in 1933, Kikuji Kawada is a renowned Japanese photographer. He co-founded the VIVO collective in 1959 with Akira Sato, Eikoh Hosoe, Ikko Narahara, Akira Tanno and Shomei Tomatsu. He had his first solo exhibition in the same year, before exhibiting ‘The Map’ in 1961 at Fuji Photo Salon in Tokyo. Kawada taught photography at the Tama Art University in Tokyo in 1967. He was also, notably, one of the fifteen artists selected for the “New Japanese Photography” exhibition at the Museum of Modern Art, New York in 1974. In 2011 Kawada received a lifetime achievement award from the Photographic Society of Japan, underscoring his international and national acclaim.



01.12.14 - 23.01.15
The Michael Hoppen Gallery
  3 Jubilee Place,London SW3 3TD
Monday-Friday: 10.30am - 6pm
Saturday: 10.30am - 5pm
Sunday: Closed
http://www.michaelhoppengallery.com/exhibition,current,2,0,0,0,186,0,0,0,kikuji_kawada_the_last_cosmology.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-16 12:37 | 受賞作家関連

大住哲さん 展覧会「壁 た ち の 物 語 」

東川町国際写真フェスティバル2014でのイベント 公開ポートフォリオレビューにご参加いただいた大住哲さんが、レビューアーである太田菜穂子さんキュレーションのもと、個展を開催いたします。


壁 た ち の 物 語

b0187229_1383876.jpg




































明治時代、我が国にまだ“未踏の地”が各地に残されていました。なかでも、多くの開拓者を受け入れ、新しい時代の到来に果敢に踏み出した北海道、とりわけ札幌、函館の街づくりは近代という世紀の勢いと気概が反映されました。次々と建てられた近代建築、建築資材である石材、レンガ、鉄材、セメント、板ガラス、当初はすべて外国から輸入に頼っていましたが、ものづくりへの情熱と維新を支えた日本人の進取の精神は、 北海道に多くの西洋建築を生み出します。100余年に及ぶ時間を経て、それらの建物は今も、市内の現代建築と共に共存しています。大住はこれらの建築に刻まれた時間の堆積に耳を傾け、壁たちが見つめてきた出来事を淡々と、そして愛情溢れる眼差しで描き出しました。住人たちの姿はないものの、ここには北の都を支えてきた人々の矜持が確かなDNAとして継承されていることが読み取れます。
太田菜穂子 キュレーター

会期:2014年12月27日(土)- 2015年2月27日(金)
会場:ENTRE DEUX (アントル・ドゥ) ホテル椿山荘東京ロビー階(3 階)
   東京都文京区関口 2-10-8
出展作品:18点

【会場について】
藤田観光株式会社 担当:矢後恵美子
〒112-8664 東京都文京区関口2-10-8
tel 03-5981-7729 / fax 03-5981-7783

【作品および作家情報、ならびに作品販売について】
株式会社クレー・インク  担当:小川桂以子
〒107-0052 東京都港区赤坂 8-12-25-401
tel 03-5410-1277 / fax 03-5410-1278 / info@klee.co.jp
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-15 13:10 | その他お知らせ

長倉洋海氏 写真集「その先の世界へ」


東川賞受賞作家 写真集出版のお知らせ。

クレヴィス より、長倉洋海氏の写真集が出版されました。


その先の世界へ

b0187229_10325981.png


























以下リンクより

絶望と希望、逡巡と確信、不安と安寧。
刻々と変化する世界の中で、時代の波に飲み込まれていくもの、動じないもの、その両者の狭間で生きる人々の姿を捉えたい。

世界の紛争地、辺境の地を駆け抜けてきた写真家・長倉洋海が、世界各地で出会った人々の生と死の先にあるものを切り取った。著者渾身の最新刊。



******************************
構成
第1章 名誉のために-アフガニスタン 2013年
第2章 美しく楽しく-モザンビーク/アンゴラ 2007年
第3章 花に人生を重ねる-スリランカ 2013年
第4章 山上の神々-トルコ 2013年
第5章 鳥のように-パプアニューギニア 2013年
第6章 道は続く-新疆ウイグル自治区(中国) 2005年/2008年
第7章 天に祈る-チベット(中国/ネパール) 2005年/2008年
第8章 死者を迎えて-メキシコ 2013年
第9章 国境を越えて-チャド 2013年
エピローグ その先にあるもの


価格:本体価格:2,500円+税
ページ数:180ページ
ISBN: 978-4-904845-40-0
リンク:http://www.crevis.co.jp/publishing/publishing_041.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-13 10:35

展覧会「ヴァンヌーボ×15人の写真家」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

竹尾 見本帖本店にて開催中の展覧会「ヴァンヌーボ×15人の写真家」に、川内倫子氏、篠山紀信氏、野口里佳氏、荒木経惟氏、尾仲浩二氏、鈴木理策氏、松江泰治氏、石内都氏が出品しております。


ヴァンヌーボ×15人の写真家

b0187229_151129100.jpg


















以下リンクより

印刷再現性と紙の風合い――
相反する性質を高いレベルで両立させるラフ・グロスの代表格、ヴァンヌーボ。

このたび誕生20周年記念展として、日本を代表する15人の写真家を招き、写真を印刷メディアで追求する展示会を開催する。アナログからデジタルまでの15の写真作品と、ヴァンヌーボによる饗宴をお楽しみに。


<出展作家>
荒木経惟/石内 都/上田義彦/尾仲浩二/川内倫子/佐内正史/篠山紀信/鋤田正義/鈴木理策/鷹野隆大/高橋恭司/蜷川実花/野口里佳/松江泰治/森山大道




*******************************
会期:2014年11月20日(木)〜2015年1月13日(火)
時間:10:00-19:00
   ※11月20日は17:00まで、12月17日は13:00まで
休館:土日祝および年末年始(12月27日—1月4日)
会場:竹尾 見本帖本店
   〒 101-0054 東京都 千代田区神田錦町 3-18-3
リンク:https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20141120.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-12 15:14 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 写真集「ELEVENTH FINGER」


東川賞受賞作家 写真集出版のお知らせです。

アートビートパブリッシャーズ より、オノデラユキ氏の写真集が出版されました。


ELEVENTH FINGER

b0187229_1545839.png

























以下リンクより

写真集『ELEVENTH FINGER』は、2006年頃より制作している同名のシリーズに、新たに2014年に撮影した写真を用いた新作を加えた。隠しカメラで撮影したアノニマスな人々の日常の無意識の動作。その顔の部分に施された、繊細な黒いマスクで作られたフォトグラム。表情を隠しながらもモノトーンの人物に重なる純白の繊細なマスクは人々を不思議に彩り、より豊かな表情をもたらす。



********************************
56 pages, 2c, 36.5 × 27.5cm
Hard cover
Edited by Shigeo Goto, Sawako Fukai
Designed by Tetsuro Furutani
First edition, 1,000 copies
October 2014, Printed in Japan
ISBN 978-4-902080-47-6
¥5,616 (tax in.) / 52 euro

リンク:http://a-b-p.jp/eleventh_finger.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-12 15:07 | 受賞作家関連

石川竜一さん 写真集出版のお知らせ


フォトふれ 写真集出版のお知らせです。

赤々舎 より、石川竜一さんの写真集が2冊同時出版されました。


okinawan portraits 2010-2012

b0187229_1074747.png




















©Ryuichi Ishikawa


沖縄の島をバイクで駆け巡り、「めっちゃいいから撮らせて~」「それ、おもしろいでしょ!」と、出会った人約3000人を撮影した。いま目の前にこの人がいるという状況と、この人を知りたいという思い。社会的な状況と人とは切り離せないという考えから、背景を画面に取り込もうとする。その人の本質やある一面を撮ろうとするのではなく、“今この瞬間のすべて”であり、目を通してその人を受け入れようとするポートレートだ。

沖縄で撮られた、沖縄の、沖縄人によるポートレートは、「私はこうです」と開かれた、生命の波が押し寄せてくる。そして、私たちそれぞれの中に、それらすべての人がいる。


出版社:赤々舎
価格:4,500円+tax
ISBN:9784865410266
仕様:245mm×255mm、180ページ、ハードカバー
リンク:http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-ishikawa-op.html




絶景のポリフォニー

b0187229_10104566.png




















©Ryuichi Ishikawa


ポリフォニー(多声音楽)という言葉で表明された石川のスナップは、すべて自身が暮らす沖縄の生活圏で撮影された。自ずと沖縄の歴史や状況を写し込みながらも、沖縄の固有性にとどまらず、「沖縄」を超え出る普遍的にして圧倒的なエネルギーが充満する。



出版社:赤々舎
価格:5,000円+tax
ISBN:9784865410259
仕様:285mm×297mm、160ページ、ハードカバー
リンク:http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-ishikawa-zk.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-11 10:15 | フォトフレンド

川内倫子氏 写真集「きらきら」


東川賞受賞作家 写真集出版のお知らせ。

NOHARAより、川内倫子氏の写真集が出版されています。


きらきら

b0187229_100516.jpg























以下リンクより

2人の作家が詩と写真で交わす対話の書。
絵画、彫刻を主な手法に自身も写真を手がける現代美術作家イケムラレイコ。研ぎ澄まされ張りつめた制作の場に同席するほど信頼する写真家、川内倫子。数年前から親交の深い2人がともに過ごした信楽の彫刻制作の場や、離れて互いの世界を放ちあい応えながら続く清冽な交信の軌跡が1冊の作品集になりました。イケムラレイコが信楽の最新作に取り組むなか生まれた言葉、それに触発された川内倫子の写真が対峙します。
この世の不定形さにそれぞれ異なるアプローチで生の循環を表出させる2人の作家が出会い、その交流が1冊の書籍になりました。
それぞれの旅とともにあった往復書簡も巻末に収録。


*************************************
[限定1000部]
デザイン:林 琢真(林琢真デザイン事務所)
編集:森 陽子
判型:B5判、236×183mm
頁数:76ページ、ソフトカバー
言語:日本語
発行:ヴァンジ彫刻庭園美術館
発売:NOHARA
刊行日:2014年10月8日
ISBN:978-4-904257-25-8
価格:本体2,300円+税

リンク:http://www.nohara-publishing.com/all/post_22/

[PR]
by higashikawa_blog | 2014-12-11 10:02 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31