東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展


《東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。》


君の椅子写真コンテスト写真展

b0187229_213181.jpg

















2006年にスタートした「生まれた子どもたちに無垢の椅子をプレゼントする」というプロジェクトの写真コンテスト・入賞作品展です。



全日本写真連盟旭川支部(第65回アサヒ北海道写真展)

b0187229_2141711.jpg

















北海道の自然、観光、スポーツ、産業、日常生活などを表現した自由作品の公募展です。




旭正写真愛好会写真展

b0187229_2144921.jpg

















地元の写真愛好家の方々による四季折々の風景が楽しめる作品展です。




****************************
会期:2015.1/30(金)~2/12(木)
時間:10:00-17:30(最終日は15:00まで)
入館料:町内1人100円・町外1人200円(中学生以下は無料・団体割引あり)
会場:東川町文化ギャラリー
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL/0166-82-4700 FAX/0166-82-4704
http://photo-town.jp/gallery/index


《次回展予告》
2/14(土)~3/2(月)
・写真の町・ひがしかわ写真少年団写真展
・東川賞収蔵作品展28~30回
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-29 21:07 | 東川町

鈴木理策氏 展覧会「意識の流れ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館にて、鈴木理策氏の展覧会が開催されます。


意識の流れ

b0187229_1444384.jpg
































以下リンクより

 鈴木理策(1963−)は、1980年代半ばより写真を媒体に創作活動をはじめました。1990年に初個展を開催、1998年には故郷の熊野をテーマに初の写真集『KUMANO』を上梓し、翌年出版した『PILES OF TIME』(共に光琳社出版)とともに、シークエンスの手法を用いたナラティブな構成が新しい写真表現と評価され、2000年に第25回木村伊兵衛写真賞を受賞します。その後も、写真というメディアの特性を深く掘り下げ、日本各地に残る古代信仰の場や、南仏サント・ヴィクトワール山、桜、雪、セザンヌのアトリエといった多様な対象にそれぞれ異なるアプローチで取組み、新たな作品を発表し続けています。
 本展では、鈴木の新作及び未発表作を中心に、写真作品約80点と映像作品3点を展示、8×10インチフィルムを使用する大型カメラで撮影された精緻な写真群が、純粋に「見る」ことへと鑑賞者を誘います。タイトルの「意識の流れ」は、「見るという行為に身をゆだねると、取り留めのない記憶や、さまざまな意識が浮かんできて、やがてひとつのうねりの様な感情をもたらすことがある」という鈴木自身の経験に基づいてつけられたものです。目の前の写真と対峙し、そこに留められた多くのものを意識することで、鈴木が「見た」時間を追体験し、見ることのみずみずしさをあらためて知ることとなるでしょう。



<オープニング・トーク>
鈴木理策×加瀬亮
2015年2月1日(日)14:00-
鈴木理策と俳優、加瀬亮との対談です。親交のある二人が、本展覧会や鈴木の写真について語ります。






*******************************
会期:2015年2月1日(日)-5月31日(日)
時間:10:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料:一般950円(760円) 大学生650円(520円)
    高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
    *( )内は前売り及び20名以上の団体料金。
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
   〒763-0022香川県丸亀市浜町80-1
リンク:http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2015/02/01/1083/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-27 14:48 | 受賞作家関連

伝田智彦さん 展覧会「不確実事象」


フォトふれ 展覧会のお知らせです。

photo&bar ナグネにて、伝田智彦さんが展覧会を開催いたします!


不確実事象

b0187229_2320368.jpg

















******************************
会期:2015.2.9(月)-2.21(土)
時間:19:00 - 深夜
定休日:日曜
会場:photo&bar ナグネ
   新宿花園ゴールデン街 新宿区歌舞伎町1-1-5
リンク:http://nagune.jp/about/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-22 23:23 | フォトフレンド

北澤凛さん 展覧会「うち神」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

アートスペース虹にて、北澤凛さんが展覧会を開催いたします。


うち神

b0187229_23122686.jpg

















©Rin Kitazawa


以下リンクより

「台所の上には神様がいる」
ある日そんな話を、私は聞いた。
思い浮かんだイメージの舞台は、私が生まれ育った京都・伏見だった。

伏見という土地で季節がめぐり変化していく目に見えない空気の中に、
また伏見で暮らす人々のにぎやかな声の中に、その神様の姿を想像する。
なぜかその神様は天上の存在ではなく、私たちと共に日常を生きているような気がしてならなかった。
私が自然とそう思える伏見の土地で、その神様を「見てみたい」と思った。

日常に降り立った神様の姿を、伏見のうちから写真でとらえたい。

※1月28日(水)より京都市美術館本館にて、「成安造形大学卒業制作展」内で
本展覧会との同時開催でも作品を展示しております。
そちらもぜひご高覧ください。



****************************
会期:2015年 1月27日(火)~2月1日(日)
時間:午前11時~午後7時(最終日6時)
休廊:月
会場:アートスペース虹
   〒605-0041 京都市東山区三条通神宮道東入ル東町247
リンク:http://www.art-space-niji.com/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-22 23:17 | フォトフレンド

石川直樹氏 展覧会「ここより北へ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ワタリウム美術館にて、石川直樹氏の展覧会が開催されます。


ここより北へ

b0187229_2393473.png



























以下リンクより

奈良さんと会ったときは、こうした旅をともにするなんて思ってもいなかった。ぼく だけだったら決して出会うことのなかった人や場所を通して、自分の中にあった地図が次々と塗りかえられていった。

青森や北海道は日本列島の端にありながら北方世界への入口だった。サハリンはロシアという大国の東の果てにあるけれど、本当は南北への扉を開いている島だった。

自らの意志とは異なる偶然に導かれた北の地には見たことのない新しい世界があった。ふと後ろを振り返ると、かつて自分が立っていた場所さえもまったく違って見えた。そんなかけがえのない道行きを、写真によって少しでも分かち合えたらいいな、と思っている。

石川直樹



きっかけが何だったのか思い出せない。
「青森県と北海道のアイヌ語地名を訪ねてみよう」
そんな思いつきから足を踏み出したのかもしれない。
それが青森、北海道の旅となり、
サハリンにまで足を延ばすことになっていった。
きっかけが思い出せないので、旅のゴールも曖昧なまま、
気が付けば、石川くんと北へ北へと移動していた。
人との出会いや風景、そこから見えてくる人生や歴史。
何が自分の心をとらえたのか、何を想ってシャッターを押したのか。
今まで自分がいた場所からどれだけ動くことができたのか。
確実にわかることはひとつ、そこより北へ向かって思考し始めたこと。
そう、今いる、ここより北へ。

奈良 美智



*******************************
会期:2015年1月25日(日)〜2015年5月10日(日)
時間:11:00〜19:00 水曜は21:00まで。
休館:月曜日(5月4日は開館)
観覧料:大人 1,000円、学生(25歳以下)800円、小・ 中学生 500円、70歳以上の方 700円
    <ペア券>大人2人 1,600円、学生2人 1,200円
会場:ワタリウム美術館
   〒 150-0001 東京都 渋谷区 神宮前3-7-6
リンク:http://www.watarium.co.jp/exhibition/1501ishikawa_nara/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-22 23:10 | 受賞作家関連

石川竜一さん 展覧会「okinawan portraits」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

The Third Gallery Ayaにて、石川竜一さんの展覧会が開催されます。


okinawan portraits

b0187229_16294739.jpg



















©Ryuichi Ishikawa


以下リンクより

2015年最初の展覧会は石川竜一による個展「okinawan portraits」を開催致します。
 昨年11月に赤々舎から出版された石川の2冊の写真集のうちの「okinawanportraits 2010-2012」の作品を展示致します。
 森山大道に「一瞬、オレは石川竜一に嫉妬した」といわしめたこれらの写真は沖縄の島をバイクで駆け巡り、出会った人約3000人を撮影することで完成しました。これらのポートレート群は、その強い存在感がまるで生命の波が寄せてくるようにも感じます。そして、私たちそれぞれの中に、それらすべての人がいるとも、言えるでしょう。
 2015年2月5日より大阪ニコンサロンではもう1冊の写真集「絶景のポリフォニー」からの作品が展示されます。是非お越し下さい。


<トークイベント>
竹内万里子さん(写真批評家)と石川竜一による対談を開催致します。
日 時|2015年2月7日(土) 17:30 ~ 19:00
参加費|1,000円(税込み・1ドリンク付) 
定 員|25人(要予約)
*ご予約はリンクよりお願いいたします。


**********************************
会期:2015年1月27日(火)- 2月21日(土)
時間:火曜 - 金曜 12:00-19:00
   土曜 12:00-17:00
休廊:日曜・月曜
会場:The Third Gallery Aya
   大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル2F
リンク:http://www.thethirdgalleryaya.com/exhibitions/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-21 16:32 | フォトフレンド

鈴木のぞみさん ガトーフェスタハラダ賞受賞のお知らせ


フォトふれ 2014の鈴木のぞみさんが、群馬青年ビエンナーレ2015にてガトーフェスタハラダ賞を受賞いたしました!

1月24日より、群馬県立近代美術館にて受賞作品展が開催されますので、お近くの方は是非お立ち寄りください。


群馬青年ビエンナーレ2015

b0187229_162324.png




























以下リンクより

「群馬青年ビエンナーレ」は、16歳から30歳までの若い世代を対象とした、全国公募の展覧会です。開館以来の長い歴史をもつ「群馬青年美術展」を引き継ぎ、1991年以来隔年で開催されています。
第12回となる今回は、275名から406点の応募があり、一次(書類)審査では90名による101点が通過しました。1月中旬におこなわれた二次(作品)審査の結果、38名による39点が入選を果たし、その中から、大賞1点、優秀賞1点、奨励賞5点、ガトーフェスタ ハラダ賞1点の計8点が入賞となりました。
大賞を受賞した榎本浩子(えのもと・ひろこ)氏の《話したくないこと 英語の勉強 布団を干す》は、自身の家族をテーマにした、映像や素描、書籍、写真などを組み合わせたインスタレーション(空間芸術)作品です。群馬青年ビエンナーレが全国公募になった2001年(第6回)以来、14年ぶり2度目の地元群馬県出身の作家による大賞受賞となりました。
展覧会では入賞・入選作品が展示されます。可能性にあふれる新世代のアーティストたちの新鮮で多彩な表現を、どうぞご覧下さい。


大賞:榎本浩子(群馬)、優秀賞:小田原のどか(東京)、奨励賞:小沢裕子(東京)、斉藤邦彦(東京)、朴ジヘ(茨城)、堀川すなお(大阪)、光岡幸一(東京)、ガトーフェスタハラダ賞:鈴木のぞみ(埼玉) ※敬称略。( )は現住所。



****************************
会期:2015年1月24日[土]-3月22日[日]
時間:午前9時30分-午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館:月曜日
観覧料:無料
会場:群馬県立近代美術館
   群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
リンク:http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/bien2015.htm
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-21 16:09 | フォトフレンド

ミンストレル・キュイク氏 アートステージ出展のお知らせ


シンガポールにて開催されるアートステージにて、第29回 東川賞海外作家賞受賞作家 ミンストレル・キュイク氏が展示を行います。

Art Stage Singapore

b0187229_19334861.jpg
























Run Amok is honoured to be part of Art Stage Singapore this year. We will be showcasing Minstrel Kuik's 'A Kneeling Posture' featuring her latest charcoal drawings, photographic work, small-scale sculptures and handmade books.

Artist Bio:
Chinese Malaysian Minstrel Kuik was born in Pantai Remis in 1976. She has a bachelor degree in painting from Taiwan and a master degree in photography from France. As a social actor, Kuik continues to experience tension coming from different social bounds, identities and interests. These experiences are foregrounded in Kuik’s photographic work, whereas photography serves as the medium for her to explore social distances and attachments for its documentary and narrative quality. In her ongoing photographic project “Mer.rily, Mer.rily, Mer.rily, Mer.rily”, Kuik studies both social and cultural context and their influences on gender and the familial structure. Apart from Malaysia, she has exhibited in Indonesia, Korea, Japan (winner of the International Photographer Award, Higashikawa International Photo Festival), Ireland, France (Photoquai 2011) and the United States (Houston FotoFest International Discoveries 2009). Minstrel Kuik was the winner of UOB Painting of the Year (Malaysia) competition in 2014.

Booth:G5B

********************************


Public Fair Opening Hours
22 Jan 2015 (Thu): 12pm–7pm
23 Jan 2015 (Fri): 12pm–7pm
24 Jan 2015 (Sat): 11am–7pm
25 Jan 2015 (Sun): 11am–6pm


Admission
Standard Ticket (1 Day Pass) $32
Season Ticket (4 Day Pass) $64

Concession (1 Day Pass) $15
Concession Group Tickets (1 Day Pass) $10
Non-Concession Group Tickets (1 Day Pass) $20
All prices are exclusive of SISTIC Booking Fee.


Place
Marina Bay Sands, Sands Expo & Convention Centre, Level B2, 10 Bayfront Avenue, Singapore 018956
Booth:G5B

Link:
http://www.artstagesingapore.com/
http://runamok.my/wordpress/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-16 19:44 | 受賞作家関連

萩原義弘氏 展覧会「SNOWY II -the frosty hour-」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

Gallery TANTO TEMPO にて、萩原義弘氏の展覧会が開催中です。


SNOWY II -the frosty hour-

b0187229_1292640.png





















©Yoshihiro Hagiwara


以下リンクより

2009年に萩原義弘のSNOWYを神戸で初開催して早いもので6年の歳月が過ぎた。Gallery TANTO TEMPOでは、氏のSNOWYシリーズも3回目、すでにお馴染みの写真展だ。そこにあるのは、変わらぬ険しく美しい雪の世界the frosty hour。
対して、私たちの暮らしや社会、こころはこの間どれほど変化しただろう。
萩原義弘の写真は、その美しい光景の中に自然の厳しさ、社会のうつろいを映している。そして、それは観覧する私たちに自らの”うつろい”を突きつけるにちがいない。

<アーティストトーク>
2月21日(土)午後5時より作家のトークショーおよびレセプションを開催します。参加費¥1,000 お申し込み不要




******************************
会期:2015年1月10日(土) - 2月22日(日)
時間:12:00-18:00
休廊:月・火・祝日
会場:Gallery TANTO TEMPO
   兵庫県 神戸市 中央区 海岸通2丁目 4-8 第2日新ビルB1F
リンク:http://tantotempo.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-16 12:17 | 受賞作家関連

宇井眞紀子氏 展覧会「アイヌ、風の肖像」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

古民家ギャラリーらしいにて、宇井眞紀子氏の展覧会が開催されます。


アイヌ、風の肖像

b0187229_1183975.jpg





























初日22日14:00~は、宇井氏本人による、ギャラリートークを開催致します。

******************************
会期:2015年1月22日(木)~2月3日(火)
時間:10:00~17:00 最終日は15時まで
休廊:水曜
会場:古民家ギャラリーらしい
   〒639-0276 奈良県葛城市當麻1236
リンク:http://www.lashie-nara.com/schedule.html

作家HP:http://www.makikoui.com/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-01-15 11:13 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30