東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

石川竜一さん 展覧会「第40回木村伊兵衛写真賞 受賞作品展」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

木村伊兵衛写真賞を受賞した石川竜一さんの受賞作品展がコニカミノルタプラザにて開催されます!


第40回木村伊兵衛写真賞 受賞作品展

b0187229_15571937.jpg





















©Ryuichi Ishikawa



以下リンクより

コニカミノルタプラザ(東京・新宿)では、第40回木村伊兵衛写真賞受賞作品展を開催いたします。本展は受賞作を中心とした石川竜一氏、川島小鳥氏お二人の写真展となります。
木村伊兵衛写真賞について

木村伊兵衛写真賞は朝日新聞社が、戦前・戦後を通じてわが国の写真の発展に多大な貢献をされた故木村伊兵衛氏の業績を記念し、1975年より制定した国内屈指の写真賞です。
その年に優れた成果をあげた「新人」写真家を対象にしており、これまでも多くの新進気鋭の写真家を輩出し、写真界において高い評価を得ております。2004年(第29回)より、コニカミノルタプラザにおいて受賞作品展を継続開催しており、第40回木村伊兵衛写真賞は、石川竜一氏の「絶景のポリフォニー」「okinawan portraits 2010-2012」、川島小鳥氏の「明星」に決定いたしました。
石川竜一写真展 「絶景のポリフォニー」 「okinawan portraits 2010-2012」
作品紹介

受賞の対象となった「絶景のポリフォニー」 「okinawan portraits 2010-2012」は、沖縄で生まれ育った石川氏が地元沖縄を舞台に沖縄の人々や光景を撮影した作品です。普通と思われる生活をできる限り受け入れ、生と死、そして自身のアイデンティティーに正面から向き合ったドキュメンタリー。力強さや熱気、圧倒的な存在感を放つ被写体から、濃厚な空気感が伝わってきます。
展示作品

カラープリント 615mm×465mm・615mm×410mm・515mm×515mm 約50点
         
作者コメント

僕の過ごしてきた環境とその生活のなかで出会ってきた人々。
僕はこれまで地元からほとんど離れたことはなく、そういう意味でこれは沖縄です。最近地元をはなれることが多くなって考えることは、僕が当たり前だと思っていた環境や人々は大きな社会からは隠れて見えなくなってしまっているということです。でも確かにそれはどこにでも存在します。みんな自分が生きることで精一杯です。でもそのために忘れたり見落としていることも沢山あります。



*******************************
会期:2015年4月11日(土)〜2015年4月20日(月)
時間:10:30〜19:00、最終日は15:00まで
会場:コニカミノルタプラザ
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
リンク:http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2015april/gallery_c_150411.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-08 16:00 | フォトフレンド

渡部雄吉氏 展覧会「張り込み日記」

東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

時さえ忘れて にて、渡部雄吉氏の展覧会が開催中です。


張り込み日記

b0187229_15471453.jpg















以下リンクより

1958年(昭和33年)に写真家 渡部雄吉(1924〜1993)が猟奇的なバラバラ殺人事件を追う警視庁捜査一課の向田刑事と、事件発生地域である茨城県警から合同捜査本部に派遣された緑川刑事のコンビに密着して撮影した作品「張り込み日記」。この実際の事件が舞台となった作品は、当時の写真雑誌で発表されはしたものの、それから50年以上、写真の歴史から埋もれる形になってしまっていたのだが、2011年に突如フランスの出版社から「A Criminal Investigation」として初めてまとまった形として出版された。作中に溢れる濃密なフィルムノワールの空気感と優れた造本で、世界の写真集コレクターを驚喜させることになった事件ともいえる海外からの出版は、イギリスの古書店のバイヤーが、東京の神保町で埋もれていた大量のプリントを発見し、本国に持ち帰った結果だった。

 2012年には、日本で眠っていたネガフィルムから焼き直されたプリントで、東京のTAP GALLERY(清澄白河)において日本初となる本作の写真展が行われた。そして、2013年にはroshin booksから「張り込み日記」として出版された。発売された写真集は3ヶ月を経たずして完売(現在、2nd editionが発売中)、2014年にはナナロク社から収録作品を増やした同タイトルが出版された。それらの社会への反響は大きく、新聞やテレビなどの各メディアに取り上げられ、イギリスでは作品を気に入ったPaul Smithが自身のブランドRed Earの2013秋冬のコレクションで、作品からインスパイアされたアイデアを採用している。

 本展ではネガフィルムから焼いた銀塩プリントと、ナナロク版の編集の際に使用された原稿のプリントが展示される。また、フランス版、roshin books版、ナナロク版を実際に手に取り見比べることができる(会場でのナナロク版の販売あり)。




*******************************
会期:2015年4月3日(金)〜2015年5月10日(日)
時間:17:00-3:00(日曜日15:00-24:00)
休館:月曜
観覧料:500円
会場:時さえ忘れて
   〒 965-0871 福島県 会津若松市栄町 1‐40 2F
リンク:http://tokisaewasurete.hatenablog.com/entry/2015/03/05/031539
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-08 15:51 | 受賞作家関連

森村泰昌氏 展覧会「カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う カフカ トリビュートPart4」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

パラボリカ・ビスにて開催中の展覧会「カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う カフカ トリビュートPart4」に、森村泰昌氏が参加しております。


カフカを読む、カフカを謡う、カフカを想う カフカ トリビュートPart4

b0187229_15413282.jpg


































以下リンクより

まだハプスブルグ家のプラハが色濃く残っている20世紀初頭に
燃やしてくれという言葉と裏腹に残されたカフカのノート群。そしてそこに書かれた文章。
未完と言われるが、もしかしたらその形態のまま表現形式として成立していたのかもしれない。
という仮説。カフカの小説とはどんな形式を妄想したのだろうか。
21世紀。カフカへの身体的アプローチがカフカの可能性を、表現者の可能性を
拡張させてくれるに違いない。
カフカはまだ未開拓だ。



「青年カフカのためのエスキースより」  森村泰昌  (新作)
横浜トリエンナーレの最終イベント、
消滅のためのラストショー「Moe Nai Ko To Baを燃やす」の楽屋で、森村泰昌は呟いた。
「カフカって良いよね」その時、カフカの種が蒔かれた?
モダンの表現者たちを手がける森村泰昌、用意周到、どこかで準備をしていたに違いない。
エスキースとあるからには、展開もあるだろう。少年のカフカも登場予定だ。楽しみな一歩が踏み出された。
森村カフカ。



******************************
会期:2015年3月7日[土]~5月11日[月]
時間:月~金/13:00~20:00 土日祝/12:00~19:00
入場料:500円
会場:parabolica-bis[パラボリカ・ビス]
   東京都台東区柳橋2-18-11
リンク:http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/05/_part4.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-08 15:44 | 受賞作家関連

中藤毅彦氏 展覧会 「STREET RAMBLER」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせです。

富士フイルムフォトサロン東京にて、中藤毅彦氏の展覧会が開催されます。


第24回林忠彦賞受賞記念写真展 「STREET RAMBLER」

b0187229_15181143.jpg

















©Takehiko Nakafuji


以下リンクより

第24回林忠彦賞の受賞を記念した受賞作品展。

「林忠彦賞」は、戦後写真界に大きな足跡を残した写真家・林忠彦(山口県・周南市出身)の多彩な業績を記念し、周南市と周南市文化振興財団が1991(平成3)年度に創設。時代を共有する写真を撮り続けた林の精神を継承し、それを乗りこえ未来を切り開く写真家の発掘を目的に、毎年プロ・アマチュア問わず写真を募集する。

今回の受賞作「STREET RAMBLER」は、ハバナ、ニューヨーク、モスクワ、上海、パリ、ベルリン、東京と、20世紀劇的な変化を遂げた7都市の姿が収められている。一貫してストリートスナップを撮り続けてきた作者の集大成ともいえる作品で、都市の持つ歴史的意味合いにも思いを馳せつつ、風景とそこに生きる人びとを新しい感覚で捉えている。また、卓越した技術で表現された、粗い粒子と白黒のハイコントラストの画面は、「都市」の姿を生き生きと見る者の眼に訴えかける。




****************************
会期:2015年4月17日(金)〜2015年4月23日(木)
時間:10:00〜19:00
   最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで
会場:富士フイルムフォトサロン東京
   〒 107-0052 東京都 港区 赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウエスト1F
リンク:http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/15041701.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-08 15:36 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「イロエロな死月」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

LA CAMERAにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


イロエロな死月

b0187229_12241687.jpg



















荒木経惟の新作ポラロイド写真を展示。ほかにアラーキー関連グッズ、書籍、ビデオ、DVDなどを販売する。



*********************************
会期:2015年4月1日(水)〜2015年4月10日(金)
時間:14:00〜21:00
会場:LA CAMERA
   〒 155-0032 東京都 世田谷区 代沢4-44-12 茶沢通り沿いビル2F
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-07 12:26 | 受賞作家関連

尾仲浩二氏 展覧会「海町」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ZEIT-FOTO SALONにて、尾仲浩二氏の展覧会が開催されます。


海町

b0187229_1217254.jpg

















©Koji Onaka


以下リンクより

「海町」は90年代に僕が三陸地方を旅したときの写真です。
そびえ立つ煙突が印象的な宮古から、製鉄所と橋上市場のある釜石へ
広く明るい空にカモメが舞う陸前高田、気仙沼には古き良き時代の町並みがありました。
造船所が並ぶ石巻では山頂の神社から街を眺め、船で鯨の町鮎川へと渡り、さらに金華山へも足を伸ばしました。

2011年の大地震と津波で、そのほとんどの街並は失われてしまいました。
震災の後、何かをしなければいけないという焦燥感に襲われ
僕ができた事はかつての旅の写真をふたたび見直しプリントすることでした。
あたり前の事ですが、20数年前のフィルムに写っていたのは20数年前の町
そこにあった看板、車、犬、猫、空、そして人々
でも、それはもう僕だけの旅の思い出ではなくなってることに気付きました。
そしてどんな写真も同じ定めにあるのではないかということにも。

あれから4年、僕は未だこの海町に向かうことができないままです。

                                         尾仲浩二



<イベント>
尾仲浩二 × 石原悦郎 トークイベント

2015年4月25日 (土)  14:30 ~ 15:30 (先着30名・予約不要・立ち見席有)
会場:ツァイト・フォト・サロン (東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F)


この度、ツァイト・フォトでは「対談 ×(かける)」と題したトークイベントを開催いたします。これは主に弊廊にて展覧会を開催中のアーティストとオーナー石原悦郎による対談です。第2回は4月17日から写真展を開催する尾仲浩二と石原悦郎の対談をおこないます。
実は、尾仲は80年代終わりまで写真を撮ることが困難になった作家の一人です。当時の写真をとりまく状況を振り返ると、60年代にまで遡ります。60年代末に多くの衝撃を与えた雑誌『PROVOKE』。その中心メンバーの中平卓馬は73年に映像評論集『なぜ、植物図鑑か』(晶文社)を刊行し、それまでの自己を否定するようなストイックな批判を繰り広げ、77年には急性アルコール中毒で記憶障害に陥りました。同メンバーの森山大道もまた、72年の『写真よさようなら』(写真評論社)刊行後スランプに陥っていました。尾仲は森山の弟子のような存在でした。つまり、彼らに影響を受けた写真を志す者たちにとって、80年代とは70年代のムードを引きずったまま、先が見えない中で始まったのです。尾仲は当時のことを「『猫の写真を撮ってもいいんだ」と思うようになるのに(中略)10年くらいかかった』(飯沢耕太郎「『近代』の再検証と<私>の時代」『美術手帳』2004年4月号)と語っています。
今回の個展では、尾仲がそういった時代を乗り越えた後の90年代前半に撮影したモノクロ写真が並びます。写真集『海町 - Umimachi』(2011年、SUPER LABO)に収録された作品とそこに収録されなかった写真たちです。三陸地方の人、海、町、猫、犬が撮り収められています。 昨年の冬、石原は尾仲に「モノクロが良いんだけれど何か見せてくれないか」と頼み、一目見て「ぜひ、やろう」ということで今回の展覧会が実現しました。尾仲と石原の最初の出会いは1991年。尾仲の写真集『背高あわだち草』(蒼穹舎)の発売の時でした。つまり、今回の『海町』が撮影された頃には、時に尾仲が石原に作品を見せることもあったのです。ところが、石原は尾仲について「最初は、尾仲君の作品には僕らが待っている何かがバラバラでハッキリしなかった。しかし、年月をかけて変わってきた、尾仲君という写真家の仕事が出てきた。」と語りました。
トークショーでは、作品が年月を経て見え方を変えるとは一体どういうことなのか、作家とギャラリスト、双方の立場から語り合います。果たして作品は「良くなった」のか、それとも「見る側がようやく理解できたのか」。そして、尾仲浩二自ら『海町』に至るまでの経緯、そして今『海町』について思うことを語ってもらいます。



******************************
会期:2015年4月17日(金) - 5月30日(土)
時間:10:30 - 18:30(土 - 17:30) 
休廊:日・月・祝日
会場:ZEIT-FOTO SALON
   東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
リンク:http://www.zeit-foto.com/exhibition/2015/onaka_koji.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-07 12:22 | 受賞作家関連

飯沼珠実さん 展覧会「ポーラ ミュージアム アネックス展 2015」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ポーラミュージアム アネックスにて開催される展覧会「ポーラ ミュージアム アネックス展 2015」に、飯沼珠実さんが参加いたします。


ポーラ ミュージアム アネックス展 2015

b0187229_14592713.png
















©Tamami Iinuma


以下リンクより

ポーラ ミュージアム アネックス展はポーラ美術振興財団の主催で行われる展覧会。同財団は1996年以来「若手芸術家の在外研修に対する助成」を実施しており、この展覧会は助成を受けたアーティストたちの研修成果を披露する場となっている。

今年7回目を迎えた今回の同展のテーマは「ザ・ニュー・ヴィジョン」。写真を表現メディアとして使っている4人のアーティストに焦点を当てている。「写真表現はリアリズムを基本とする」という認識にもとづいてのテーマだが、「リアリズム」の意味するところも多様であり、この名称で4人のアーティストの表現内容を限定しているものではない。まずは会場で、それぞれのアーティストの個性的で斬新なヴィジョンをじっくりと確認したい。





******************************
会期:2015年4月7日(火)-4月26日(日)
時間:11:00~20:00(入場は閉館の30分前まで) 
会場:ポーラミュージアム アネックス
   〒 104-0061 東京都 中央区 銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3F
リンク:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-05 15:02 | フォトフレンド

操上和美氏 展覧会「SELF PORTRAIT」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

B GALLERYにて、操上和美氏の展覧会が開催中です。


SELF PORTRAIT

b0187229_14514385.jpg



















以下リンクより

60年代から現在まで写真、雑誌、広告、映像など幅広い表現で、
第一線で活躍し続ける写真家、操上和美の新作展を開催します。

本展では操上和美が自ら「絶景」と語るポートレイト作品を中心に、
70年代から撮り溜めた風景や広告使用の写真を重ねてプリントした
新しい試みの作品群を展示、販売します。

異なる作品群から選ばれた写真の層から成る本作は、
写真家としての歴史だけではなく、操上和美自身の生理までをも
垣間見ることができる、言わば彼のセルフポートレイトでしょう。

操上和美が愛を持って撮影してきた数々のポートレイトには、
ビームスと親交の深い人々も被写体として登場します。

異なる手法ながらも日本のファッション&カルチャーシーンを牽引してきた
操上和美とビームスの両者が手を組み、新しい作品を写真展と写真集という形で
発表できる事を誇りに思います。操上和美の新作にどうぞご期待下さい。


【操上和美(くりがみかずみ) /写真家】
1936年 北海道富良野生まれ。
主な写真集に『ALTERNATES』(誠文堂新光社/1983)、『泳ぐ人』(冬樹社/1984)
『陽と骨』(パルコ出版/1984)、『KAZUMI KURIGAMI PHOTOGRAPHS-CRUSH』
(スイッチ・コーポレーション/1989)、『POSSESSION 首藤康之』(光琳社/1997)
『NORTHERN』(スイッチ・パブリッシング/2002)、『Diary 1970-2005』
(東京パブリッシングハウス/2005)、『陽と骨Ⅱ』(東京パブリッシングハウス/2010)
『PORTRAIT』(916Press&赤々舎/2013)等。映画『ゼラチンシルバーLOVE』(2008)
監督作品。ほぼ季刊で発行予定の写真誌、『CAMEL』を発刊。
主な個展に「KAZUMI KURIGAMI PHOTOGRAPHS-CRUSH」
(原美術館/1989)、「Diary」(ライカ銀座店サロン/2009)、
「操上和美 時のポートレイト ノスタルジックな存在になりかけた時間。」
(東京都写真美術館/2012)、「荒木経惟×操上和美 うつせみの鏡 時空の舟 ー我・夢・影ー」
(奈良-万葉文化館/2013年)、「PORTRAIT」(Gallery 916/2013)等。




*****************************
会期:2015年4月10日(金) ~ 5月10日(日)
時間:11:00-20:00 (会期中無休)
会場:B GALLERY
   〒 160-0022 東京都 新宿区 新宿3-32-6(BEAMS JAPAN6F)
リンク:http://www.beams.co.jp/labels/detail/b-gallery
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-05 14:53 | 受賞作家関連

松下初美さん 展覧会「ディアベイビーナナ」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ギャラリー蒼穹舎にて、松下初美さんの展覧会が開催されます。


ディアベイビーナナ

b0187229_1445655.jpg













©Hatsumi Mastushita


**********************************
会期:2015年4月6日(月)ー4月19日(日)
時間:13:00 - 19:00
会場:ギャラリー蒼穹舎
   160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3F
リンク:http://www.sokyusha.com/gallery/20150406_matsushita.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-05 14:47 | フォトフレンド

展覧会「PARASOPHIA」

東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。


「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」に、森村泰昌氏、やなぎみわ氏が参加しております。


PARASOPHIA

b0187229_1714815.jpg






































以下リンクより

京都で初めてとなる大規模な現代芸術の国際展、世界の第一線で活躍する作家が集結。

国際交流と文化の集積地・京都を舞台に世界の第一線で活躍するウィリアム・ケントリッジ、サイモン・フジワラ、アリン・ルンジャーン、ヤン・ヴォー、田中功起など作家36組が参加する「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」。主な会場は、京都市美術館と京都府京都文化博物館。歴史ある建物の全館が現代芸術で埋め尽くされるという今までにない空間が展開される。

【参加アーティスト】
Lisa Anne Auerbach/Nairy Baghramian/Cai Guo-Qiang/Joost Conijn/Stan Douglas/Simon Fujiwara/Dominique Gonzalez-Foerster/Hoefner/Sachs/Hedwig Houben/石橋義正/Brandt Junceau/笠原恵実子/William Kentridge/Ragnar Kjartansson/倉智敬子+高橋悟/Ann Lislegaard/眞島竜男/Ahmed Mater/Aernout Mik/森村泰昌/Susan Philipsz/Florian Pumhösl/Pipilotti Rist/Arin Rungjang/笹本晃/Gustavo Speridião/高嶺格/田中功起/Ana Torfs/Rosemarie Trockel/Jean-Luc Vilmouth/Danh Vo/Hong-Kai Wang/Xu Tan/やなぎみわ/Alexander Zahlten


****************************************
会期:2015年3月7日(土)〜2015年5月10日(日)
会場:
京都美術館/京都府京都文化博物館 別館/京都芸術センター/堀川団地(上長者町棟)/鴨川デルタ(出町柳)/河原町塩小路周辺/大垣書店烏丸三条店 ショーウィンドー

URL:http://www.parasophia.jp/
観覧料:
【一般】1,800円(1,400円)、団体券:1,500円、パスポート:6,000円 【大学生または70歳以上】1,200円(900円)、団体券:1,000円、パスポート:4,000円 *( )内は前売り料金、販売は2015年3月6日(金)まで/高校生以下及び18歳未満は無料
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-04-02 17:18 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30