東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

初沢亜利氏 展覧会「周縁からの眼差し」~東北・北朝鮮・沖縄 報告~


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

アツコ・バルーにて、初沢亜利氏の展覧会が開催されます。


「周縁からの眼差し」~東北・北朝鮮・沖縄 報告~


b0187229_15263994.jpg













©Ari Hatsuzawa


以下リンクより


周縁からのまなざし、そして「報告」                         

2012年に東京画廊BTAPで開かれた「Modernism 2011-2012 東北-東京-北朝鮮」から3年後、沖縄に長期滞在して撮りためた作品を加えた今回の展示は、東北ー北朝鮮ー沖縄、3つの周縁の地からの視点、と言う事になります。そして大事なポイントは「報告」と言う言葉をタイトルにつけた事です。これは写真展でありながらソーシャルアートなのです。レンズの向こう側と彼自身がどう関わっているか、に重点が置かれています。

周縁から、と言うと、周縁からどこを見ているか、気になるところですが、これがまさに彼のテーマ。それは東京と言う大都市であり、その中心で育った自分の事をさしているように思えます。周縁の地で暮らす人々と自分とのギャップや反対に似ているところを発見しながらパズルのピースを拾って行くような作業が行われているのではないでしょうか。

2011年の大震災後、特に日本のアーチストは対象に『関わる』事に敏感になりました。今回の安保法案反対デモでわかるように、一般市民である我々もやっと社会に『関わる』という意識を持たざるを得なくなりました。

関わって行く段階で、初沢の感じた矛盾や悩み、よそ者に何がわかるか、という彼等の反発も含め、他者と関わる事の難しさ。それでも関わらずに居られない必要性があって作品が生まれたのだと思います。『報告』の部分に彼の周縁に向かって行く意義が見つかるはずです。

今回の展覧会は彼の過去5年の集大成とも言うべき大きな展覧会です。

「権力と写真」
初沢亜利



2010年〜2015年、被災地東北、北朝鮮、沖縄を廻り3冊の写真集を出版した。
東京でしか暮らしたことのない私が日本の周縁に降り立ち、権力の中枢を眺め返した時、我が身に染み付いた無自覚な権力的思考に直面させられることになった。
権力者の善意すら暴力と紙一重であることを改めて学ぶ年月だった。
文化的背景も、直面する課題もそれぞれに固有であり、3つの地点を並列することは、それこそ暴力の上塗りになりかねないが、逆照射される東京景だけは、どの地点から見ても変らなかった。
中央と地方、旧宗主国と旧植民地、多数民族と少数民族。
問題の所在が抑圧される側ではなく抑圧する側にある、という自覚は多くの人にとって受け入れ難い。
北朝鮮問題、沖縄問題、言葉そのものが暴力性を露呈する。
哀れな被災地、極悪非道の北朝鮮、楽園としての沖縄。
眼差す側が存在論的不安から逃れるために、不都合な周縁を特定のイメージで囲い込むことから暴力はスタートする。
イメージ化された現場の内奥にある「日常」を撮っているのですね?という軽率な質問にはこう答えるしかない。世界には「日常」しかありません。

確かに世界は不条理と不正義に満ちている。そして、不正義を解消することは最終的には抑圧者にしかできない。
北朝鮮との国交正常化も、沖縄への米軍基地の過剰負担も、我々本土人、日本人の手で克服するほかはない。
全ての不正義を解消してもなお不条理は残る。
私の意識で制御できない、私の意のままにならない。それが世界と写真に共通する本質だ。
世界にも写真にも中心はなく、撮影者の意思そのものも中心点にはならない。
「必然」に引き寄せたい欲望と不安の先に「写真」はいつでも存在する。
「私」が安心を求めてカメラを用い、安易に他者や地域に同化し状況を物語化すると写真は必ず閉塞する。
世界は私の思惑と関係なく存在している、という不条理に耐える胆力こそが、写真を解放するための唯一の道ではないか?

抑圧−非抑圧の二項対立のどこに立っているかを片時も忘れず、同時に多方向的に入り乱れる意思を集約することなく包摂し印画紙に定着させられるか。
私は不正義を解消しうる人間性に希望をもち、なお逃れられない不条理に喘ぐ人間を肯定する。
過去、現在、未来に渡り人間存在を全肯定すること。それが私にとっての写真的美学だ。

抑圧者として周縁を廻る5年の旅はひとまず終わった。
撮り手と見る側が美意識と不条理を共有しつつ、なお内なる不正義に意識を開いていく。
そんな展示を目指している。
それが写真家の挑戦であり、見る側にとっての挑戦でもある。


初沢亜利 写真集 『沖縄のことを教えてください』 好評発売中!
定価:3,800円+税|297×285mm|176ページ|並製|デザイン:近藤一弥
発行: 赤々舎
http://www.akaaka.com/
info@akaaka.com
Tel: 03-6380-0908



*******************************
会期:2015.10.31 Sat - 11.22 Sun
会場:アツコ・バルー
   〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
リンク:http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2015/1031_3260.php
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-21 15:34 | 受賞作家関連

ゾーンシステム研究会 写真展とワークショップ


東川町にて、ゾーンシステム研究会 写真展 「光への探求」と、ゾーンシステム ワークショップが開催されます。

b0187229_15181334.jpg



































ゾーンシステムはファインプリントを制作するための 露出決定~ネガ現像~プリント~展示~保存までを 体系的にまとめた技法で、アメリカの写真家アンセル・ アダムスが考案したものです。
日本のゾーンシステム第一人者・中島秀雄が主宰 する研究会の写真展とワークショップを写真の町東川 町で開催します。銀塩写真のプロセスには多くの水を 必要とし、特にアーカイバル(長期保存)プリントには 東川町のピュアな水が適しています。究極のモノク ローム銀塩写真の表現を体験してください。


写真展 「光への探求」

日時: 2015 年10月10日(土)~ 23日(金) 10:00~17:30(最終日は15時まで)期間中無休
場所: 東川町文化ギャラリー 第三展示室
   北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
TEL 0166-82-4700 (直通)
入場料: 200円(東川町町民は100円・中学生以下無料)
10月10日(土)イベント: (入場料のみご負担ください)
14 時半~ ギャラリートーク ゾーンシステムの紹介 16 時~オープニングパーティ
ゾーンシステム研究会 : http://hw001.spaaqs.ne.jp/zonesystem/



ゾーンシステム ワークショップ (デモンストレーション形式による)


被写体の光を 10 のゾーンとして捉え、プリントに再現する技法を学びます。 モノクローム銀塩写真の制作に新たな発見があるでしょう。
日程:10月24 日(土) 10 ~ 17 時 ゾーンシステムの概念(講習) 撮影~フィルム現像~コンタクトプリント(デモ)
   10月25 日(日) 10 ~ 17 時 プリント制作(デモ)、 各自のネガでプリント制作(実習)

会場:東川町 創作工芸館 又は東川フォトクラブ暗室
募集人数: 10名程度
講師: 中島秀雄 (写真家)
持参するもの:現像済みネガ 1 本(当日プリントします) 昼食、飲み物、エプロン、タオル
   ※ バライタ印画紙は主催者が用意します
費用: 1万円 (2日間)
申込先: 東川町文化ギャラリー 0166-82-4700 (直通)
問合せ先:渡辺信夫写真事務所 090-8495-1603
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-21 15:24 | 東川町

石川直樹氏 展覧会「Across Borders:」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

カナダ・エドモントンにある王立アルバータ博物館にて、北海道・アルバータの姉妹都市提携35周年を祝う企画として、石川直樹氏の展覧会が始まります。


Across Borders:

b0187229_1533713.jpg



















The Government of Alberta and the Royal Alberta Museum are committed to recognizing the 35th anniversary of formal relations between Hokkaido and Alberta. To recognize this important milestone, this contemporary photographic exhibition by Japanese photographer Naoki Ishikawa will show at the Royal Alberta Museum in Alberta and at the Historical Museum of Hokkaido in Sapporo, Japan.

Born in Tokyo in 1977, Naoki Ishikawa is interested in anthropology and ethnology in addition to exploration of the unknown. He has published works dealing with the experiences of migration and travel. For The Void (published in 2006 by Knee High Media) he won both the Sagamihara Prize for Newcomer Professionals as well as the Jun Miki Award. For New Dimension and Polar (published in 2008 by Akaakasha Art Publishing and Little More, respectively), he received the Photographic Society of Japan’s Newcomer’s Award and the Kodansha Publication Culture Award. For his work in 2009, which included Mt. Fuji and Vernacular (published by Little More and AkaAkasha Art Publishing, respectively), he received the Higashikawa Award for “Best New Photographer.” Vernacular includes photographs of the Haida Gwaii (Queen Charlotte Islands) in the Canadian Northwest and of the Arctic towns of Inuvik and Tuktoyaktuk. Ishikawa also won the Domon Ken Award for Corona, a photographic portrayal of 21st-century reality across the vastly spread out islands of Polynesia.


************************************
October 22, 2015 – November 1, 2015

Royal Alberta Museum
12845 102nd Avenue NW
Edmonton, Alberta, Canada
T5N 0M6

phone: 780 453-9100

http://www.royalalbertamuseum.ca/exhibits/feature.cfm?id=787
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-21 15:05 | 受賞作家関連

杉本博司氏 展覧会「趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

千葉市美術館にて、杉本博司氏の展覧会が開催されます。


趣味と芸術-味占郷/今昔三部作

b0187229_1338376.jpg










©Hiroshi Sugimoto


以下リンクより

 1996年1月、千葉市美術館は開館記念展の第2弾として「Tranquility−静謐」展を開催しました。同展の招待作家のひとり杉本博司は、そのとき《海景》シリーズ18点を展示し、展覧会終了後それらは当館のコレクションに収蔵されました。千葉市美術館では、本年11月に開館20周年を迎えるにあたり、再び杉本を招待し、個展を開催いたします。
 千葉市美術館は、現代美術と日本の近世絵画・版画を活動の柱とするユニークな美術館です。一方で古美術商の経験を持つ杉本博司も、日本美術に大変造詣が深く、三十三間堂の千体仏を写した《仏の海》(1995)や《松林図》(2001)など、日本の伝統美を自身の写真作品に取り入れてきました。また2003年より世界各地を巡回した展覧会「歴史の歴史」では、自らコレクションした古美術品を自作と組み合わせたインスタレーションも試みています。現代美術の世界で古きものに新たな生命を注ぎ続ける杉本は、まさに当館の20周年記念展にふさわしい作家と言えます。
 
  「趣味と芸術」では、平安から江戸時代の古物を中心に、西洋伝来の品々、昭和の珍品をも含む杉本コレクションを使い、作家自ら27の床のしつらえをつくりあげます。これらは『婦人画報』で連載中の「謎の割烹 味占郷」のなかで、杉本が各界の著名人をもてなすために、毎回そのゲストにふさわしい掛軸と置物を選んで構成した床飾りを再現したものです。同時代の美術品を組み合わせたしつらえもあれば、17世紀の西洋版画を自ら軸装した《レンブラント天使来迎図》のかたわらに江戸時代初期の《織部燭台》を配したり、昭和の建築家白井晟一の書の脇に奈良時代の《百万塔》を置くといった、見るものの意表を突くような斬新なしつらえもあります。杉本は、「趣味」として蒐集した古今の名品・珍品を組み合わせることで、新たな「芸術」を生み出そうとしているのです。
 
  「今昔三部作」では、杉本の代表作というべき3つの写真シリーズ、《ジオラマ》(1975- )、《劇場》(1975- )、《海景》(1980- )を、ニューヨークの杉本スタジオからお借りした16点の大判プリントにより展観します。80年代から90年代初頭にかけて、杉本はこの三部作により世界的な名声を得ました。新たな写真シリーズを次々と発表していった90年代中頃以降も、三部作の制作は続けられてきました。今回の展示では、各シリーズとも初期作から最新作までを含むため、杉本自身により「今昔三部作」と題されています。幅4mを超えるジオラマシリーズの最新作《オリンピック雨林》(2012)や、縦版型による劇場シリーズの最新作《テアトロ・デイ・ロッツィ、シエナ》(2014)も日本初公開されます。
  「趣味と芸術」で現代美術の枠を超えて活動を続ける現在の杉本をお見せし、「今昔三部作」では20年前開館記念展「Tranquility」に参加したころの杉本をお見せすることで、この作家の魅力と奥行きを充分に味わっていただけると思います。




************************************
会期:2015年10月28日(水)~12月23日(水・祝)
時間:10:00~18:00(金、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館:11月2日、12月7日
観覧料:一般1,200円 大学生700円
会場:千葉県 千葉市美術館
   〒260-8733 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
リンク:http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2015/1028/1028.html

[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-20 13:41 | 受賞作家関連

鈴木のぞみさん 展覧会「Complex Topography: the Garden」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

栗林公園にて開催される展覧会「Complex Topography: the Garden」に、鈴木のぞみさんが参加いたします。


Complex Topography: the Garden

b0187229_1626479.jpg




































以下リンクより

栗林公園を舞台にした日英の現代美術家 18組による展覧会。異なる文化背景をもつアーティストが庭園の多面性を捉え、その歴史をリサーチしながら自然環境や自然に内在する人工性などに関する議論を重ね、それらを現代の文脈に読み替えて表現します。庭園の歴史、文化、政治的表象やそれらに付随する建築的・デザイン的機能、また日英間の庭/ガーデンの概念における差異や心象風景としての庭などをテーマにした新作が展示されます。



概要


平成27年度グローバルアート共同カリキュラムの一環として、東京藝術大学とロンドン芸術大学、 セントラル・セント・マーチンズ校の教員と学生で構成される「ロンドン・ユニット」では、「庭/ガーデン」というテーマに沿って本年7月より共同授業を実施しています。両校ではグローバルな文脈におけるソーシャル・アート・プラクテイス、すなわちアートの社会実践を目指しています。このカリキュラムでは、日英の学生が対話と協働作業によって多角的に「庭/ガーデン」のテーマを探求し、両国の文化の共通点や差異を学びます。それによって現代社会における「庭/ガーデン」の概念や社会的・文化的表象機能、そして表現に至る様々なアプローチを相互に探求し、芸術を社会で実践するための知的思考能力と批評的な視座の獲得を目的とします。

本共同カリキュラムの成果として、今年10月には香川県の特別名勝栗林公園を舞台にした現代美術家18組による展覧会「複雑なトポグラフィー――庭園」を開催します。異なる文化背景をもつアーティストが庭園の多面性を捉え、それらを現代の文脈に読み替えて表現します。庭園の歴史、文化、政治的表象やそれらに付随する建築的・デザイン的機能、また日英間の庭/ガーデンの概念における差異や心象風景としての庭などをテーマにした作品を制作し、10月23日(金)から10月27日(火)の期間一般公開します。 国際共同プロジェクトを通じての藝大の新たな取り組みや、グローバル人材育成を掲げた教育活動に関して、引き続きご支援くださいますようよろしくお願い申し上げます。




***********************************
会期:2015年 10月23日 - 10月27日
時間:10:00am-4:30pm
入園料:大人410円 小人170円|団体(20人以上)大人320円 小人140円
会場:栗林公園 商工奨励館および周辺
   〒760-0073 香川県高松市栗林町1-20-16
リンク:http://2015csm.geidai.ac.jp/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-18 16:30 | フォトフレンド

東京国際写真祭 2015


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ART FACTORY 城南島にて開催中の「東京国際写真祭 2015」に、石川直樹氏が出品しております。


東京国際写真祭 2015

b0187229_139412.jpg



















以下リンクより

文化、歴史、自然豊かな国、日本。その首都である東京は、日本が誇る文化コンテンツと世界が交差し、新たなインスピレーションを生み出す都市。テクノロジーが発達し、写真がかつてないほど世界で市民権を得る現代。そのような時代において「これからの写真」を考える場として、10月9日(金)~18日(日)の10日間にかけて、東京国際写真祭(Tokyo International Photography Festival)が開催。

「FOCUS ON THE FUTURE(未来に焦点を合わせて)」というテーマのもと、国内外のトップレベルの写真家による展示や、海外ゲストによるトークセッション等さまざまなイベントを行う。2020年のオリンピックに向け、急速に変化する東京。東京国際写真祭は、その東京にもたらされる力学と共に、進化・拡大していくフェスティバル。


この世界にはさまざまな境界線が存在している。その境界線は、私たちの日々の暮らし中に「内と外」、「ハレとケ」という形で存在するばかりではく、人間が生きる都市空間と自然との狭間にあり、あるいは動物と人間の領域を分ち、国と国とを国境という目に見えない線で分断する。

東京国際写真祭の第一回目となる企画展「What makes us "us" ―私たちの世界の領域」は、14名の国際的に活躍する写真家たちの作品を「都市と自然」、「民族」「境界」、「コミュニティーとカルチャー」という4つの観点からとらえ、来場者がそれらの領域間を写真を通じて旅することで、私たちの生きるこの世界の領域について考え、新しい世界の見方と対話を生み出そうとする試み。

「What makes us "us"? ―私たちは何者なのか?」という問いに対して、写真を媒介に向き合うことで、私たちを取り巻くこの世界について、いま一度考える手がかりになる写真展。



*****************************
会期:2015年10月9日(金)〜2015年10月18日(日)
時間:9:30〜21:30、土日祝日:9:00~17:00
会場: ART FACTORY 城南島
   〒 143-0002 東京都 大田区 城南島2-4-10
リンク:http://www.tipf.jp/japanese/exhibitions/
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-14 13:11 | 受賞作家関連

KAWABA NEW-NATURE PHOTO FES 2015


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

川場村歴史民俗資料館にて、片岡俊さん、天野祐子さんが展示を行います。


KAWABA NEW-NATURE PHOTO FES 2015

b0187229_12502359.jpg




















以下リンクより

日本は、山と森の国といっても過言ではないほどの自然におおわれた国土と、そこからわき出るきれいな水を有した自然大国です。豊富できれいな水は、田園をはじめとする一次産業を発展させ、日本の原風景ともいえる農村を育みました。
21世紀の現代は、人間と自然の共生の道を、本格的に模索し始めた時期であるといえます。この難しいテーマを世界的な視点で捉え、意見交換や国際交流を行うのに最適な場所として、自然と文化の共生を長年にわたり実現している川場村を拠点とすることが、理想的であると考え、川場村は2012年から毎年サミットを開催してきました。 「日本食文化」×「川場の食材」×「ネイチャーフォト」を融合させた、他にないフェスを継続的に行います。2015年度は10月18日から、川場村のさまざまな施設を展示会場とした「ネイチャーフォト展」を進めております。御期待下さい。



********************************
会期:2015.10.18-12.20
時間:午前9時~午後5時
入館料:大人200円・子供100円
会場:川場村歴史民俗資料館
   〒378-0114 群馬県利根郡川場村天神1122
リンク:http://k-naturephoto.net/
    http://www.vill.kawaba.gunma.jp/kanko/culture.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-14 12:58 | フォトフレンド

フジモリメグミさん 写真展 「kirke」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

TAP Galleryにて、フジモリメグミさんの写真展が開催中です。


kirke

b0187229_1234137.jpg
























©Megumi Fujimori


311の震災以降に制作を始めたシリーズから、をテーマにカラープリント15点を展示いたします。



***********************************
日時:10月13日~10月25日 (月曜日休廊)
開場時間:13時から19時
場所:東京都江東区三好3-2-8
http://tapgallery.jp
作家在廊日はお問い合わせください。
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-14 12:35 | フォトフレンド

佐藤時啓氏 展覧会「Dislocation /Urban Experience」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Smith College Museum of Artにて開催中の展覧会「Dislocation /Urban Experience」に、佐藤時啓氏が参加しております。



Dislocation /Urban Experience

b0187229_11181239.jpg




















©Tokihiro Sato



Today, East Asia is home to some of the largest metropolises on the planet. The population of Shanghai, the greatest in China, tops 22 million, but it is just one of five Chinese urban centers with populations over 10 million. While metropolitan Tokyo is no longer the largest city in East Asia, the megacity of Greater Tokyo remains the most expansive urban conglomeration in the world; one quarter of Japan’s entire population resides there. The population of Seoul is just over 10 million, yet the sprawling metropolitan area around the city houses more than 25 million people, almost half the residents of South Korea. Urbanization is not new in East Asia.

However, its current scale is without precedent, and megacities are wreaking extreme pressures on the lives of people in China, Japan, and Korea. Family relations fragment as people move into the cities and leave their local towns and villages. Older neighborhoods are torn down to be replaced by uniform apartment blocks with increasingly smaller living spaces. Commuting distances lengthen, and city residents often live in almost total isolation from their neighbors. Congestion, pollution, and an increasing disparity in income belie the sparkling commercial districts in the cities’ centers. Recording these changes in a variety of ways is a generation of photographers who have come of age during this period of rapid and unchecked urbanization. Some photograph the changing face of their cities: the high rise towers, theme parks, and rebuilt neighborhoods. Others capture the lives of the residents, at home, on train platforms, or on the streets of the built-up landscape. Many reveal the disparities in the lives of the new urban dwellers. All capture the sense of dislocation that dominates the lives of the residents of East Asia’s megacities.

Samuel C. Morse, Consulting Curator for Asian Art





*******************************************
October 9, 2015–January 31, 2016
Tuesday to Saturday: 10–4
Sunday: 12–4
Second Friday each month:
10–8 (4–8 FREE)

Smith College Museum of Art
20 Elm Street at Bedford Terrace
Northampton, MA 01063

http://www.smith.edu/artmuseum/On-View/Dislocation-Urban-Experience/Introduction
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-11 11:22 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。


菊地晴夫写真展『日本で最も美しい大地-美瑛-』

b0187229_13591482.jpg


















東川フォトクラブ写真展

b0187229_1403763.jpg



















ゾーンシステム研究会写真展『光への探求』


b0187229_1412231.jpg
















ギャラリートーク開催
10/10(土)14:30~東川町文化ギャラリー


ワークショップ東川写真塾写真コンテスト作品展

b0187229_1415191.jpg





















****************************
会期:2015年 10/10(土)~10/23(金)
時間:10:00~17:30 会期中無休
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html


次回展
●10/28(水)~11/3(火)
第44回東川町民総合文化祭作品展
[PR]
by higashikawa_blog | 2015-10-10 14:06 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31