東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

須田一政氏 展覧会 「民謡山河」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

JCIIフォトサロンにて、須田一政氏の展覧会が開催中です。


民謡山河

b0187229_136793.jpg




















©Issei Suda


以下リンクより

 JCIIフォトサロンでは、来る2016年1月5日(火)から1月31日(日)まで、須田一政作品展「民謡山河(みんようさんが)」を開催いたします。
 
 須田一政氏は、正方形のフォーマットで日常に潜む異界の気配をとらえた「風姿花伝」(1976年)が国内外で高く評価されました。以降、現在まで旅や日常を主なテーマに、多くの作品を発表し続けています。

 本展では、『日本カメラ』で1978年から2年間連載されたシリーズ「民謡山河」より、日本各地の「民謡・祭り」を訪ね歩き、祭りに集う人々やそれを取りまく生活空間をとらえた作品をご覧いただきます。

 連載は須田氏の写真16ページ、写真評論家・田中雅夫氏(1912-1987)の文章4ページで構成された大型企画で、富山県越中城端(じょうはな)の「麦や節」からはじまり、宮城、三重、青森、大阪、新潟、福岡など22府県、合わせて24回の短い旅をするものでした。「祭りの場に身を置いて、身に降りかかってくる音などに反応して撮影していた。」と語るように、民俗学的な事物を主題にしながらも、独自の視点が遺憾なく発揮された作品となっています。

 祭り衣装に身を包んだ人々が見せるふとした仕草や、周辺の何気ない日々の中に転がる見落としがちな光景が、氏の卓越したまなざしによって切り取られています。一瞬の隙をとらえた写真から漂う哀愁は、祭りという非日常だけでなく、日常までもが刹那の連続であることを語りかけてきます。

 日本を代表する写真家の一人である須田一政氏が、日本人の源泉ともいえる「民謡・祭り」と共に、自らの心象風景を表現した作品展です。





********************************
会期:2016年1月5日(火)~1月31日(日)
時間:10:00~17:00
休廊:毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館)
会場:JCIIフォトサロン
   102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル1階
リンク:http://www.jcii-cameramuseum.jp/photosalon/photo-exhibition/2016/20160105.html
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-01-06 13:08 | 受賞作家関連

鈴木のぞみさん 展覧会「去りにし日々の光」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

アンスティチュ・フランセ東京にて、鈴木のぞみさんの展覧会が開催されます。


去りにし日々の光

b0187229_12531088.jpg

















©Nozomi Suzuki


以下リンクより

「何気ない日常の事物に潜在している記憶のような潜像を可視化したいと考え、写真術を用いた作品制作を続けています。それらの作品は事物の視点から世界を切り取り撮影することで、撮影者の意思や主観を超えた視点で日常風景を捉えています。
写された光景を事物自身に定着することから事物それ自体が触れられる身体を与えられた写真となり、写真が暗示する時の過ぎ去りの予兆が事物の持つ現在性によって現在へ引き戻されることで、去りゆく時を永遠に遅延させることが出来るのではないかと考えています。」

鈴木のぞみ


鈴木のぞみ

1983年埼玉県出身。2015年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程1年に在学。主な賞歴に群馬青年ビエンナーレ2015ガトーフェスタハラダ賞、TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015 #5後藤繁雄賞、アートアワードトーキョー丸の内2015フランス大使館賞などがある。
近年は国内外のレジデンスプログラムなどに参加し活動の幅を広げている。

「アートアワードトーキョー丸の内」は若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代美術の展覧会。アンスティチュ・フランセ東京は、このアワードの在日フランス大使館賞受賞者へ、館内ギャラリーでの個展開催の機会を提供します。





**********************************
会期:2016年1月14日(木)~31日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 ギャラリー
入場無料
※1月14日(木)19時より、オープニングパーティーを開催します。

リンク:http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/exposition-nozomi-suzuki/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-01-06 12:58 | フォトフレンド

川田喜久治氏 展覧会「Last Things」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

フォトギャラリーインターナショナルにて、川田喜久治氏の展覧会が開催されます。


Last Things

b0187229_12451235.jpg







©Kikuji Kawada


以下リンクより

川田喜久治は、敗戦という歴史の記憶を記号化するメタファーに満ちた作品「地図」を1965年に発表し、以来現在に至るまで、常に予兆に満ちた硬質で新たなイメージで私たちの知覚を刺激し続けています。

特に初期作品「地図」は2014年からロンドンのテート・モダンを皮切りにヨーロッパを巡回した「Conflict, Time, Photography」展にて大きく取り上げられました。地図88作品のうち84点を展示、川田自身初めてほぼ全てのイメージを一同に展示致しました。同時期にMACKより出版された新版「Last Cosmology」も好評を得、2015年夏のAperture Magazine Tokyo Issueでもロングインタビューが掲載されるなど、日本のみならず世界中で注目を集めています。
川田は2002年から10年以上、都市に現れる現象をテーマにしたシリーズを作り続けてきました。2010年には「World’s End」2012年には「2011-phenomena」を発表、このシリーズの集大成となる本展では2013年から2015年にかけて撮影された「Last Things」を展示致します。

写真という表現媒体そのものが持つ「抽象化・異化・暗喩」する可能性を存分に意識し、スナップの手法により捉えた現実世界を写真家という記録者(=川田喜久治)の表現として写真画面上に表した作品です。
ポール・オースターの名作、柴田元幸氏の名訳である「最後の物たちの国で」が作品制作の機動力になったと作者は語っています。人間の暮らす都市が現在直面する目に見えない緊張を、点描画のような埃の堆積や、雲や太陽の天体の表情、人工物に絡まる繁茂した蔓草など、都市に現れる現象を撮影することで表現しています。


川田喜久治 (かわだ きくじ)
1933年茨城県に生まれる。 1955年立教大学経済学部卒業。『週刊新潮』の創刊(1956年)より、グラビア等の撮影を担当。1959年よりフリーランス。「VIVO」設立同人(1959〜61年)。主な個展に「ゼノン ラスト・コスモロジー」フォト・ギャラリー・インターナショナル [以下PGI](東京1996年)、「カー・マニアック」PGI(東京1998年)、「ユリイカ 全都市」PGI(東京2001年)、「川田喜久治展 世界劇場」東京都写真美術館(東京 2003年)、「地図」PGI (東京2004年12月-2005年2月)、「川田喜久治写真展 Eureka 全都市 Multigraph」東京工芸大学写大ギャラリー(東京2005年)、「見えない都市」PGI(東京2006年)、「川田喜久治展 ATLAS 1998-2006 全都市」エプサイト(東京2006年)、「遠い場所の記憶:メモワール 1951-1966」PGI(東京2008年)、「ワールズ・エンド World’s End 2008〜2010」PGI(東京2010年)、「日光-寓話 Nikko-A Parable」PGI(東京2011年)「2011-phenomena」PGI(東京2013年)「The Last Cosmology」Michael Hoppen Gallery(ロンドン2014年)「The Last Cosmology」L. PARKER STEPHENSON PHOTOGRAPHS(ニューヨーク2014年)がある。グループ展多数。作品は東京国立近代美術館、東京都写真美術館、ニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、テート・モダンなどにコレクションされている。






****************************
会期:2016年1月8日 (金)−3月5日(土)
時間:月~金 11:00~19:00 / 土 11:00~18:00
休廊:日・祝日 
入場無料
会場:フォトギャラリーインターナショナル
   〒106-0044東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F TEL.03-5114-7935
リンク:http://www.pgi.ac/content/view/476/76/lang,ja/
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-01-06 12:48 | 受賞作家関連

中藤毅彦氏 展覧会「Berlin1999+2014」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ときの忘れものにて、中藤毅彦氏の展覧会が開催中です。


Berlin1999+2014

b0187229_12395058.jpg
















©Takehiko Nakafuji



以下リンクより

1999年冬、初めて訪れたベルリンは統一ドイツの首都へと街中が工事現場の有様であった。新しい時代への変化に向けての期待感と共に、長かった冬の時代の気配を濃厚に漂わせた、埃っぽく殺風景でだだっ広い都市だった。
2014年夏、15年振りに訪れたベルリンは別の街のように生まれ変わっていた、
中心部には巨大な近代建築が立ち並び、うら寂しかった旧東側のエリアは若さと活気に満ちていた。
一方で、あらゆる人々を受け入れる懐の深さと、自由でアーティスティックな気風に変わりはない。今回の展示では、この特異な歴史を背負った年の、15年の歳月を挟んだ変化と核の部分の変わらない姿との両面を感じて頂ければ嬉しい。




**********************************
会期:2016年1月6日(水)-1月16日(土)
時間:12:00-19:00 (会期中無休)
会場:ときの忘れもの
   107-0062 港区南青山3−3−3青山Cube1F
リンク:www.tokinowasuremono.com
[PR]
by higashikawa_blog | 2016-01-06 12:41 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31