東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

石川直樹氏 イベント「石川直樹 新作写真集 出版記念トーク『DENALI』」


東川賞受賞作家 イベントのお知らせ。

梅田 蔦屋書店にて、石川直樹氏の新作写真集 出版記念トークが開催されます。


石川直樹 新作写真集 出版記念トーク『DENALI』

b0187229_147821.png


以下リンクより

写真家 石川直樹さんの最新写真集『DENALI』の出版を記念したトークショーを行います。

現在までに『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(全てSLANT刊)と、ヒマラヤ山脈を舞台にした写真集を連続して刊行し、『K2』という頂へのチャレンジを持って最後と思われたシリーズ。しかし、作者自身にとって、はじめての高所登山となったアラスカのデナリを登ることから、石川直樹さんによる、高所登山への過酷な旅がまた始まりました。


20歳のとき、ぼくはアラスカのデナリに登った。自分にとって、最初の高所登山 だった。そして2016年、ぼくは18年ぶりにデナリの頂を目指すことにした。

仲間と一緒ではなく、たった一人で。

アラスカ先住民の言葉で「偉大なる者」を意味する北米最高峰デナリ(標高6149m)。標高はヒマラヤの山々におよびませんが、高緯度にあるため、厳しい気象条件はヒマラヤを凌ぐともいわれます。

1998年、当時20歳だった石川直樹は遠征隊の一員として、デナリに登頂しました。初めての高所登山で体は極限まで疲弊し、6000mを越える高所の厳しさについて身をもって実感することになりました。この遠征を皮切りに、石川は海外の山々を次々と旅するようになります。デナリは、石川にとってその後の活動への扉を開いた、いわば原点ともいえる山です。

2016年、石川は18年ぶりに再びデナリに向かいました。これまでのヒマラヤ遠征と異なり、今回は単独行を選びます。装備や食料の選定、荷上げや移動、天候の判断も含めてすべて一人で行なわなければならず、激しい雪と風に翻弄されながらも、どうにか二度目の登頂に成功しました。石川が「重ねてきた経験が無駄ではなかったことに誇りを感じた」という、2016年5月27日~6月12日のデナリ単独行において撮影された写真が本書に完全収録されています。


DENALI 石川直樹
仕様:H178mm×W153mm
88ページ/ハードカバー
COLOR: Bluish/Yellow
ISBN:978-4-907487-10-2
デザイン:田中貴志
定価:2,200円+税


********************************
会期 2016年10月18日(火)
定員 70名
時間 19:00~21:00 (開場 18:30)
講師/ゲスト 石川直樹さん
場所 梅田 蔦屋書店 4th ラウンジ
主催 梅田 蔦屋書店
参加費 1,000円(税込)
共催・協力 SLANT
http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/09/-denali.html









[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 14:09 | 受賞作家関連

石川竜一さん 展覧会「BODY/PLAY/POLITICS」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

横浜美術館にて開催中の展覧会「BODY/PLAY/POLITICS」に、石川竜一さんが出展しています。


BODY/PLAY/POLITICS

b0187229_1432250.png


以下リンクより

本展で紹介するのは、人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々をモチーフに、それぞれの角度から作品化していく現代の作家たちの作品です。

わたしたちはしばしば、ある身体に対して「健康/不健康」とか、「美しい/醜い」といった感覚を抱いたり、特定の行動の中に「典型的な日本人」といった形容で何かの集団を代表するイメージを思い描くことがあります。あるいはほんの少しその印象が食い違うだけで、とても奇妙な感覚を覚え、全く異なる意味を感じ取ってしまうこともあるでしょう。

肌の色、民族や宗教、性差や生活のスタイルまで、さまざまな違いのある人々が同居する世界では、個々の身体が持つ色や形状、振る舞いなど、本来特定の意味などなかったはずのものにも長い時間の中で価値の差別化が生じ、不幸な歴史へと繋がったことも少なくありません。

展示は、アフリカ風の更紗を用いた作品で知られるイギリスの作家インカ・ショニバレ MBE、マレーシアの女性作家イー・イラン、映画監督としても知られるタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン、ベトナムを拠点に活躍するウダム・チャン・グエン、日本からは注目の作家、石川竜一と田村友一郎の6作家によるインスタレーションをはじめ、会期中のライブ・パフォーマンスや、ダンスのワークショップなどで構成されます。また、「横浜ダンスコレクション2017」とも連携し、美術とダンスの両面から身体が生み出す表現を掘り下げます。

ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、そして日本。本展出品の6作家の作品には、詩的に、時にユーモア溢れる表現で、身体を通じて立ち現れる歴史と向き合い、未来へ向けて新たな意味を見出していこうとする姿が見えてくることでしょう。


出展作家

インカ・ショニバレ MBE Yinka Shonibare MBE
イー・イラン Yee I-Lann
アピチャッポン・ウィーラセタクン Apichatpong Weerasethakul
ウダム・チャン・グエン UuDam Tran Nguyen
石川竜一 Ishikawa Ryuichi
田村友一郎 Tamura Yuichiro


**************************
会期2016年10月1日(土)~12月14日(水)
開館時間10時~18時(入館は17時30分まで) 
    ※2016年10月28日(金)は20時30分まで(入館は20時まで)
休館日 木曜日、11月4日(金)※ただし、2016年11月3日(木・祝)は無料開館
観覧料
  一般 1,500円(前売1,300円、団体1,400円) 
  大学・高校生 1,000円(前売 800円、団体 900円)
  中学生 600円(前売 400円、団体 500円)
  小学生以下 無料
  65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応) 
横浜美術館
   〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
http://yokohama.art.museum/index.html








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 14:03 | フォトフレンド

酒井広司氏 展覧会「北海道の旅」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

茶廊法邑にて、酒井広司氏の展覧会が開催中です。


北海道の旅

b0187229_13414779.png



*****************************
2016.9.28(水)~10.9(日)
10:00~18:00、10月9日(日)は17:00まで
定休日:月曜日・火曜日
茶廊法邑 〒065-0041北海道札幌市東区本町1条1丁目8-27
http://houmura.jimdo.com/








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 13:45 | 受賞作家関連

沢渡朔氏 展覧会「Photo : Italy 1960's-2010's」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

伊勢丹 新宿店本館5Fアートギャラリーにて開催中の展覧会「Photo : Italy 1960's-2010's」に、沢渡朔氏が出展しております。


Photo : Italy 1960's-2010's

b0187229_13343567.jpg

©Hajime Sawatari


以下リンクより

伊勢丹新宿店のイタリアウィークの一環として開催される本展「Photo : Italy 1960’s-2010’s」では、1960年代に名だたるファッション誌を中心に活躍したウィリアム・クライン、1971年から1972年にかけて一人のイタリア人女性をモデルに撮り続けた沢渡朔、2010年に展覧会のために訪れたフィレンツェの街並みをスナップで収めた森山大道の3名による作品を展示する。


********************************
会期:2016年9月28日(水)~10月4日(火)
会場:伊勢丹 新宿店本館5Fアートギャラリー
   160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
時間:10:30~20:00(最終日は18:00まで)
URL :http://www.isetanguide.com/20160927/italia/living/11.html






[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 13:37 | 受賞作家関連

川田喜久治氏 写真集「遠い場所の記憶:1951-1966」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

Case Publishingより、川田喜久治氏の写真集が出版されました。


遠い場所の記憶:1951-1966

b0187229_1330488.png

©Kikuji Kawada

以下リンクより

fapa book vol.3
川田喜久治「遠い場所の記憶:1951-1966」

 、、、、、レンズ自体、過去と未来をのぞくマシンにかわりありません。望遠鏡も顕微鏡も、私たちの眼を想像的に複眼にするものです。ネガからポジへと、記憶の始まりを化学の暗がりから新たな幻影へと誘ってくれたのです。

―「遠い場所の記憶:1951-1966」川田喜久治

第三回目となる代官山フォトフェアに合わせ、川田喜久治「遠い場所の記憶:1951-1966」が刊行されます。本作には、1951年から1966年という、川田が写真家としてのスタイルを確立した最初期の作品群が纏められています。フォトフェアのメインビジュアルにも使用され、アサヒカメラ月例にて木村伊兵衛、土門拳に評価され、写真家としての出発点となった作品から、未発表の作品まで、激動の時代を川田ならではの図像によりとらえた写真集です。「過去の記憶だけでなく、未来への記憶もそこに潜んでいることを知らせてきます。ここで未視感と既視感も体験できるのです。この累々たる写真がリアルなイメージをなげかけて来るのはそのようなときなのです。時代も場所も超えて。」と語る川田喜久治の「写真のはじまり」の中に、過去、現在、未来の三つの記憶となる世界が広がります。巻末には、作家による原稿および、東京国立近代美術館のキュレーター増田玲の寄稿を日・英併記にて収録。

写真:川田喜久治
テキスト:川田喜久治、増田玲
デザイン:田中義久
判型:230 x 180 mm
頁数:304頁
本文:192点
製本:ソフトカバー
発行年:2016
エディション:1000部
制作:FAPA (日本芸術写真協会)
発行:Case Publishing

http://benchemail.bmeurl.co/677754F







[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 13:31 | 受賞作家関連

DAEGU PHOTO BIENNALE 2016


東川賞受賞作家 出展のお知らせ。

韓国にて開催中のDAEGU PHOTO BIENNALE 2016に、瀬戸正人氏、北野謙氏が出展しております。
また、歴代フォトふれからは石川竜一さん、吉田志穂さんが出展しています。


DAEGU PHOTO BIENNALE 2016

b0187229_12572724.jpg


以下リンクより

わたしたちはどこから来て、どこへ行くのか?

後期印象派を代表するフランスの画家、ポール·ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin、1848〜1903)が描いたなかでも、最も有名な作品の題名『我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか』(D'oùvenons-nous ? Que sommes-nous ? Oùallons-nous ?)からの引用である。この大作には様々な仕草をする人物が描かれ、彼の精神世界を暗示するといわれる。ゴーギャンは、その制作当時、極めて過酷な状況に置かれていた。苦しみの中で描いた彼のこの問いに対して、わたしたちは明確な答えをまだ得ていない。

いつの時代もアートは、わたしたちを内面から揺さぶり、メッセージを投げかけてきた。混迷を深めるこの現代社会において、わたしたち一人一人が、主体的に明日へ向かって歩まなければならないことは間違いない。この「テグ•フォト•ビエンナーレ2016」で紹介されるアーティストの作品(表現)を見るとき、わたしたちは、彼らの目を通したこの世界の現状を見つめなおすことができるだろう。しかし、そこから,私たちの歩むべき道を探すヒントを見つけることは決して容易ではない。むしろ、答えを探し求めることよりも、問い続けることが重要ではないかと思う。


瀬戸正人氏:http://daeguphoto.com/jp/content.html?md=0484&view=1194

北野謙氏:http://daeguphoto.com/jp/content.html?md=0488&view=1335

石川竜一さん:http://daeguphoto.com/jp/content.html?md=0488&view=1334

吉田志穂さん:http://daeguphoto.com/jp/content.html?md=0491&view=1323


*******************************
期間:2016.9.29(木) - 11.3.(木)(36日間)
場所:大邱文化芸術会館、鳳山文化会館、鳳山文化通り
規模:30カ国の作家300人の参加
主催:大邱広域市
http://daeguphoto.com/jp/






[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 13:02 | 受賞作家関連

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol. 9」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

photographers’galleryにて、北島敬三氏の展覧会が開催中です。


UNTITLED RECORDS Vol. 9

b0187229_1232558.png

©Keizo Kitajima

以下リンクより


特に1991年のソ連崩壊以後、ネオリベラリズムの台頭と加速する自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンと公汎に押し進められる市場開放、終わりの見えない宗教戦争、とりわけ国内においては2011年の東日本大震災と福島の原発事故など、私たちは「今の現実が、突然別の現実に姿を変えてしまうような経験」を何度もくり返してきた。
私は津波による甚大被害を受けた津々浦々を撮影しながら、目の前で起こっている現実と、各種メディアから日々大量に侵入してくるイメージの現実性とを区別することは、きわめて困難であるとあらためて強く実感した。また私は、原発事故で無人化した街や村を撮影しながら、被曝については線量計を頼りに想像することしかできない事態に恐怖した。
私たちはすでに、日常/非日常、被災者/非被災者、フィクション/ノンフィクション、といった二項対立的な思考や、単眼的な視点がきわめて危うい時代の中にいるのではないだろうか。
私は、自分が撮っている写真を何度も読み直し、何度でも読み変えながら撮影していこうと思った。
「UNTITLED RECORDS」は、そのことを具体的に実践していくための一つの方法なのである。写真展と写真集はひとまず、年4回のペースで20回前後を予定している。撮影地は、北海道から沖縄まで日本各地におよぶ。

*連続写真展は年4回のペースで全20回が予定されています。
*撮影地は三陸、福島の被災地を含め、北海道から沖縄まで全国各地におよびます。
*同時並行で、連続写真集 『UNTITLED RECORDS』 も刊行されます。

◎Vol. 9展示内容/大型カラー作品を展示。撮影地は寸又峡、奥大井、魚津、飯館、広島、氷見、楢葉ほか。



*************************************
2016/09/25 - 2016/10/23
12:00 - 20:00 会期中無休
photographers’gallery
   〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401 サンフタミビル4F
http://pg-web.net/exhibition/keizo-kitajima-ur-vol-9/








[PR]
by higashikawa_blog | 2016-10-01 12:34 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31