東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

荒木経惟氏 展覧会「Last by Leica」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

AMにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。

Last by Leica

b0187229_11012848.jpg


以下リンクより

十指に余る個展が予定されている荒木さんの
2017年の活躍のトップを切って
「荒木経惟 Last by Leica」を開催いたします。

 1913年、ドイツのエンジニア、オスカー・パルナックの設計した
35ミリカメラの原型となるウル・ライカから、ライカの歴史は始まります。
およそ1世紀に亘り、多くの写真家に愛されてきたライカを、荒木さんが初めて手にしたのは、1991年。
俳優・笠智衆さんを撮影するにあたり、小津安二郎監督が愛好し常に身に携えていたライカを用いることで
笠さんへの敬意を表するため、銀座でライカを購入したことに始まります。
 そのときのボディは、ライカMシリーズの中でもトップクラスの人気を博したといわれるM6です。
後にライカ本社より、Nobuyoshi Arakiとネームの刻印入りでプレゼントされた
Mシリーズ最後のフィルムカメラM7が加わりました。
「私の写真はカメラが撮る」と言う荒木さんの、膨大なコンタクトシートには
すべてナンバーが振られていますが、ライカで撮影されたフィルムには、ライカを示す「L」の文字が記載されています。

 「ラスト・バイ・ライカ」には、デジタルカメラの台頭により
市場を細らせていったフィルムへのオマージュがこめられており
これまでの「ライフ・バイ・ライカ」、「ラブ・バイ・ライカ」に連なって
ライカカメラによる最新作=車のウィンドウから撮影された「クルマド」
ここ数年の主要な展覧会で紹介されてきた花とフィギュアや人形をモチーフとする「PARADISE」
バルコニーや、荒木さん自身がライフワークと公言する「人妻エロス」など
多様なシーンが切り取られた60点のモノクローム作品=で構成されます。
 そして、AM恒例ともいえるインスタントフィルム=ライカ・モノクロームとの対比が美しい
Black&Red Duochrome 600=による未発表作品を、大判のフレームにおさめて同時に展観いたします。


****************************

2017年1月11日(水)~2月22日(水)

13:00~19:00

月火曜休み

AM 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ302





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-25 11:04

展覧会「クラーナハ 500年後の誘惑」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

国立国際美術館にて開催される展覧会「クラーナハ 500年後の誘惑」に、川田喜久治氏と森村泰昌氏が出品いたします。

クラーナハ 500年後の誘惑

b0187229_10492386.png
以下リンクより

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。大型の工房を開設して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていた彼は、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも、きわめて深く関与しました。けれども、この画家の名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、特異というほかないエロティシズムで描きだしたイメージの数々でしょう。艶っぽくも醒めた、蠱惑的でありながら軽妙なそれらの女性像は、当時の鑑賞者だけでなく、遠く後世の人々をも強く魅了してきました。
日本初のクラーナハ展となる本展では、そうした画家の芸術の全貌を明らかにすると同時に、彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。1517年に開始された宗教改革から、ちょうど500年を数える2016-17年に開催されるこの展覧会は、クラーナハの絵画が時を超えて放つ「誘惑」を体感する、またとない場となるはずです。

***************************
2017年1月28日(土)―4月16日(日)
午前10時 ~ 午後5時(金曜日は午後7時) ※入場は閉館の30分前まで
休館:月曜日、3/20(月・祝)は開館、翌日(3/21)は休館

一般 1,600(1,400)円 大学生 1,200(1,000)円 高校生 600(500)円

※( )内は前売および20名以上の団体料金 ※中学生以下は無料

国立国際美術館
〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-25 10:55 | 受賞作家関連

林直さん 展覧会「ショールーム・コレクション2017」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ブルームギャラリーにて開催中の展覧会「ショールーム・コレクション2017」に、林直さんが出展しています。


ショールーム・コレクション2017

b0187229_1458211.jpg


以下リンクより

ブルームギャラリーでは新設したショールームにてコレクション展を開催いたします。

本展では2016年に参加したアートフェア「ART OSAKA」で展示した作品をショールームのレイアウトに合わせて展示いたします。それぞれの作品をゆっくりご覧いただけるよう、会期を2回に分けて5名の作家の作品をご紹介していきます。
会期中に作家と交流できるイベントなども企画しておりますので、皆様のご参加を心待ちにしております。

前半の主な展示作家:AOKI takamasa,大坪晶、林直
後半の主な展示作家:上野王香、辺口芳典

****************************
会期:前半 2017年1月20日(金) - 2月25日(土)
   後半 2017年3月01日(水) - 3月31日(金)

会場:BLOOM GALLERY内ショールームおよび仮設ギャラリー
   大阪市淀川区新北野1-11-23ハイム北野B103
   06-6829-6938
   http://www.bloomgallery103.com/

営業時間:水曜日 - 土曜日 11:00-19:00
     日月火曜日およびその他の時間帯はアポイント制







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-21 14:59 | フォトフレンド

東愛実さん 展示のお知らせ

フォトふれ 展示のお知らせ。

東愛実さんが、ザ・パレスサイドホテルにて展示、作品販売をしています。

b0187229_14521949.jpg
©Manami Azuma

*掲載作品は展示作品とは別のものとなります。

以下リンクより

「うしろのしょうめん」
額装カラー写真3点

ザ・パレスサイドホテルにて展示、販売中です。

展示期間:1/19~2/18まで
観賞時間:10:00~20:00まで
 住所 :〒602-8011
     京都市上京区烏丸通した立売上ル桜鶴円町380
     http://www.palacesidehotel.co.jp/access/

ロビー壁面の展示となります。
ホテルご利用のお客様にご配慮の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

----------

京都観光、ギャラリー、卒業制作展巡りがてらにご高覧頂けますと幸いです。

また、MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/wの a3 projectに参加しております。
オンラインショップにて、他数点お買い求め頂けますので、こちらもお目通し頂けますと幸いです。

a3 project 東 愛実
http://kyotojapan-artnow.net/?mode=cate&cbid=1239949&csid=36&sort=n






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-21 14:54 | フォトフレンド

写真集「SUPER LABO 32 box set」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

SUPER LABOより、下記東川賞受賞作家を含めた写真集のボックスセットが発売されます。
深瀬昌久
北島敬三
須田一政
荒木経惟
石内都
田原桂一

SUPER LABO 32 box set

b0187229_14435268.jpg


以下リンクより

スーパーラボでは新たに「SUPER LABO 32 box set 」を発売します。
これはSUPER LABO 32シリーズ全10タイトルをハードなスリップケースに収めたもので、第1巻の深瀬昌久「屠」を除く全ての本がサイン本となっています。


非常に限られた数量のみの発売となります。
詳しくはinfo@superlabo.com までお問い合わせください。

Slaughter / Masahisa Fukase
Fukei / Daido Moriyama
CAMP 1979 / Keizo Kitajima
Toshi no Zokei / Seiji Kurata
Boso Fudoki / Issei Suda
Nagisa Hotel / Hajime Sawatari
Sentimental Journey 2 / Nobuyoshi Araki
TOKYO / Masatoshi Naito
From YOKOSUKA / Miyako Ishiuchi
1973 / Keiichi Tahara

http://superlabo.com/






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-21 14:47 | 受賞作家関連

写真集「SUPER LABO 32 box set」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

SUPER LABOより、下記東川賞受賞作家を含めた写真集のボックスセットが発売されます。
深瀬昌久
北島敬三
須田一政
荒木経惟
石内都
田原桂一

SUPER LABO 32 box set

b0187229_14435268.jpg


以下リンクより

スーパーラボでは新たに「SUPER LABO 32 box set 」を発売します。
これはSUPER LABO 32シリーズ全10タイトルをハードなスリップケースに収めたもので、第1巻の深瀬昌久「屠」を除く全ての本がサイン本となっています。


非常に限られた数量のみの発売となります。
詳しくはinfo@superlabo.com までお問い合わせください。

Slaughter / Masahisa Fukase
Fukei / Daido Moriyama
CAMP 1979 / Keizo Kitajima
Toshi no Zokei / Seiji Kurata
Boso Fudoki / Issei Suda
Nagisa Hotel / Hajime Sawatari
Sentimental Journey 2 / Nobuyoshi Araki
TOKYO / Masatoshi Naito
From YOKOSUKA / Miyako Ishiuchi
1973 / Keiichi Tahara

http://superlabo.com/






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-21 14:47 | 受賞作家関連

吉田志穂さん 第11回shiseido art egg入選


歴代フォトふれ 吉田志穂さんが、第11回shiseido art eggに入選いたしました!

以下リンクより


第11回 shiseido art egg/審査結果
審査実施報告

資生堂ギャラリーは、1919年のオープン以来「新しい美の発見と創造」という考えのもと、100年近くにわたり活動を継続してきました。shiseido art egg (シセイドウ アートエッグ)は、その活動の一環として、新進アーティストの皆さんに、ギャラリーの門戸を広く開く公募制のプログラムです。

第11回shiseido art eggの入選者は、応募総数279件のなかから以下の3名に決定しました。
入選者3名は2017年6月、7月、8月に資生堂ギャラリーにてそれぞれ3週間の個展を開催します。
さらにこの3つの展覧会からshiseido art egg賞を選出します。

※今回の応募状況および審査の詳細については、2017年3月頃、当ウェブサイトに掲載予定です。


第11回shiseido art egg入選者

沖潤子(おき じゅんこ)/インスタレーション(刺繍)

菅亮平(かん りょうへい)/インスタレーション

吉田志穂(よしだ しほ)/写真


審査員

岡部あおみ(美術評論家/資生堂ギャラリーアドバイザー)

水沢勉(神奈川県立近代美術館館長/資生堂ギャラリーアドバイザー)

資生堂 企業文化部



第11回shiseido art egg賞審査員が決定しました。
以下の3名の審査員が上記3つの展覧会のなかからshiseido art egg賞を選出します。

岩渕貞哉 『美術手帖』編集長

中村竜治 建築家

宮永愛子 美術家

※第11回shiseido art egg賞受賞者は、3つの個展終了後の2017年9月中旬以降に当ウェブサイトにて発表します。


リンク:http://www.shiseidogroup.jp/gallery/artegg/result/result11.html








[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-19 20:57 | フォトフレンド

楢橋朝子氏 展覧会「NU・E :New Selections from 1992–1997 Exhibitions @03FOTOS」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

The Third Gallery Ayaにて、楢橋朝子氏の展覧会が開催されます。


NU・E :New Selections from 1992–1997 Exhibitions @03FOTOS

b0187229_20503258.png
©Asako Narahashi

以下リンクより

2017年最初の展覧会は楢橋朝子による個展「NU・E」を開催致します。

1992-97年に03FOTOSで17回開催された展覧「NU・E」から新たにセレクションしたヴィンテージプリントを展示致します。
楢橋朝子の原点でもある「NU・E」シリーズは1998年にThe Third Gallery Ayaでも展示し今回が2回目の展示となります。
日本の風景にある「NU・E/鵺」的な在り方は写真でこそ捉えられ、その不思議さとぬめりは楢橋朝子による世界観であることを、時を経て改めて強く感じます。
是非、多くの方々に見て頂きたく思います。

尚、1月28日(土)17:00-19:00はギャラリーが入居する若狭ビル全体と、山登寿ビルでの合同パーティー「January Party」を開催致します。
若狭ビルでは2FのThe Third Gallery Aya,3FのYoshimi Arts、4FのSAI Gallery, 5FのCalo、そして山登寿のビルのKoichi Fine Artsの5軒によるパーティとなる予定です。

トークイベント
アーティストトーク
  日 時|2月14日[火]19:30–21:00
  参加費|1,000円(1ドリンク付き・税込)    
  定 員|25人(要予約)
  申込先|tamaki(at)thethirdgalleryaya.com
      06–6445–3557
  会 場|The Third Gallery Aya


アーティストステートメント
 闇雲に撮り、自らプリントし展示する、その繰り返し。1990年代はそういう時期だった。90年に03FOTOSというスペースを設け、年に数回、展示しつづけた。何でも入れられる箱が欲しくて「ぬえ」というタイトルに行きあたった。17回に及んだ「NU•E」の展示は、92年に始まり、写真集をまとめた97年に終了した。
 今回は、その間03FOTOSで展示した中から、20年の時間を経た視線でセレクトする。まだ全貌を見切れてはいないものの、懐かしさよりも意外さや新鮮さに驚きさえ覚え、あらためて過去の自分を発見しているようである。


****************************
2017年1月28日(土)~2月18日(土)
火曜 - 金曜 12:00 –19:00 土曜 12:00–17:00
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル2F
http://www.thethirdgalleryaya.com/exhibitions/2016/12/2017.php










[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-19 20:53 | 受賞作家関連

大塚秀樹さん イベント「水辺の幻想」


フォトふれ イベントのお知らせ。

Chaabeeにて行われるイベント「水辺の幻想」に、大塚秀樹さんが作品上映で参加します。


水辺の幻想

b0187229_20424291.jpg


以下リンクより

『水辺の幻想』
うたとギターと鍵盤が、水辺の街で幻想的に交錯する。
演奏にあわせて写真作家の作品上映もおこなうクロスオーヴァーなイベント。

☆演奏
「風と丘」
行川さをり(うた)&岡野勇仁(キーボード)
ブラジル音楽を、デュオならではの複雑で技巧的なアンサンブルで聴かせるユニット。NHK-FMの番組に出演する他、都内ライヴハウス等で活動中。

行川さをり(うた)&坂ノ下典正(ギター)
様々なジャンルの楽曲独自の手法で演奏し、場と一体化した音の風景を紡ぎ出すクロスオーヴァーなユニット。日本各地のアートスペース等での演奏をおこなう。

☆写真 
アガタミチコ 
大塚秀樹
前田麻里

19:00開場 19:30開演
料金 投げ銭&1オーダー

会場 Chaabee 東京都江東区福住1-11-11
門前仲町駅6番出口 徒歩5分

https://www.facebook.com/events/219151925201408/








[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-19 20:43 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー展示のお知らせ Now at Higashikawa Bunka Gallery


東川町文化ギャラリーにて現在開催中の展覧会です。
Exhibition: Now on view Through Thursday, January 26, 2017

・写真甲子園2016 本戦大会出場校作品展
Photo exhibition: Exhibition of participating school for national high school photo competition, "Shashin Koshien 2016"


b0187229_7113122.jpg



・第32回写真の町東川賞受賞作家 寄贈作品展
Photo exhibition: Donation photo exhibition from the 32nd Higashikawa Awards winners


b0187229_7115923.jpg



・第2回高校生国際交流写真フェスティバル2016 企画展
Photo exhibition: The 2nd International High School Student’s Photo Festival Exchange


b0187229_712272.jpg




********************************
会期:2017年 1/7(土)~26(木)
時間:10:00~17:30 会期中無休、※最終日は15:30まで
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:http://photo-town.jp/index.html

Duration of the exhibition: Saturday, January 7, 2017 to Thursday, January 26, 2017
10:00-17:30 (closed at 15:30 on January 26)
Admission fees: 200 yen
Higashikawa residents 100 yen

Hokkaido, the "Town of Photography", Higashikawa Bunka Gallery
Address: 19-8, Higashimachi 1, Higashikawa, Kamikawa, Hokkaido, 071-1423
Website:http://photo-town.jp/index.html


【次回展予告】
2017年 1/28(土)~2/13(月)
・旭正写真愛好会写真展
・全日本写真連盟旭川支部(第67回アサヒ北海道写真展)写真展
・写真の町・ひがしかわ写真少年団写真展

Upcoming exhibition: Saturday, January 28, 2017 – Monday, February 13, 2017

Photo exhibition: Kyokusei Photo club
Photo exhibition: The All- Japan Association of Photographic Societies, Asahikawa branch
Photo exhibition: Higashikawa Kids Photo Club





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-01-19 07:13 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31