東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

中藤毅彦氏 展覧会「ROCK YOU」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

galleryMainにて開催される展覧会「ROCK YOU」に、中藤毅彦氏が参加いたします。



ROCK YOU


b0187229_18022869.jpg

以下リンクより

ほとばしるミューシャンの汗や情熱、デザイン性、そしてそこに刻まれた音楽。
誰しも一度はかっこいいレコードジャケットに出会ったことがあるはず。
レコードジャケットに、あなたの写真を組み合わせて作った
オリジナル作品を展示する、新しい形の写真公募展を開催します。

誰しも音楽に胸を熱くした記憶があるはず。
それぞれの音楽と写真に込められた想いやストーリーを味わいながら
写真と音楽とあなたでROCK YOU ! しましょう!

田中長徳、中藤毅彦、大和田良、セイリー育緒と第一線で活躍する写真家も参加。
会期中にはゲスト写真家のトークや音楽が楽しめるイベントも開催予定です。



*********************************

2月15日(wed.)ー2月26日(sun.)
13:00ー19:30
Closed on Monday, Tuesday

galleryMain

600-8059 京都市下京区麩屋町通五条上ル下鱗形町543-2F



東京展[会場:Gallery Niepce、Calotype Photo Works]

2017年3月4日(土)-12日(日)

13時〜19時(最終日は17時まで)






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-19 18:07 | 受賞作家関連

山田博之氏 展覧会「終わらないアイラブユー」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

新宿眼科画廊にて開催される展覧会 GRAF vol.12「終わらないアイラブユー」に、山田博之氏が出展いたします。


GRAF vol.12

終わらないアイラブユー

b0187229_20103338.jpg

b0187229_20110103.jpg
©Hiroyuki Yamada


以下リンクより

本山周平、錦戸俊康、片山亮、國領翔太の4人による写真レーベル。

その「今」を記録する、ということを「写真の心臓」として志に掲げて、写真同人誌「GRAF」を2012年1月22日に創刊。

以降、「GRAF」をはじめメンバーの作品集も刊行。


本展示は「GRAF」最終号であるvol.12の刊行記念写真展。

今号にて最終号となるGRAFの舞台は北海道。

旭川在住の写真家・山田博之氏をお迎えし北海道を撮影した写真作品を掲載。


GUEST:山田博之

MEMBER:本山周平、錦戸俊康、片山亮、國領翔太

〔イベント〕

2月25日(土)16:00~

GUEST:村上仁一(日本カメラ)

本誌ゲスト山田博之氏とGRAFメンバーがリバーサルフィルムを使い撮り下ろした作品をスライド&トークショーで発表いたします。

また、イベント終了後にはオープニングパーティーを 開催いたします。 どちらも入場無料ですので、どなた様でもお気軽にお越し下さい。


****************************

2017年2月24日(金)~3月01日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

会場:新宿眼科画廊
東京都新宿区新宿5-18-11 スペースo
〒160-0022 Tel 03-5285-8822


http://graf-publishers.com/





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-18 20:18 | 受賞作家関連

森村泰昌氏 展覧会「森村泰昌 -こうして少年は美術家となった-」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ふくやま美術館にて、森村泰昌氏の展覧会が開催中です。


森村泰昌 -こうして少年は美術家となった-


b0187229_18311704.jpg
©Yasumasa Morimura

以下リンクより

 森村泰昌は(1951-)、日本を代表する美術家です。大阪で生まれ育ち、京都市立芸術大学を卒業。1985年に、みずからがゴッホの自画像になる写真作品を発表します。以後、現在にまでセルフポートレート(自画像)をテーマに作品を作り続け、ヴェネチアやシドニーのビエンナーレに参加するなど、国内外で活躍しています。
当館は、2011年に開催した「森村泰昌モリエンナーレ/まねぶ美術史」展において出展された作品のほとんどを、作家から寄贈・寄託を受け、コレクションとして所蔵しています。
本展は、このコレクションの初公開となるものであり、森村泰昌の初期の作品群を紹介するものです。現在、名画に自ら扮装する作品などで有名な森村ですが、若き日から、画集などで新しい時代の潮流や表現に出会うと、それを自身の手で「まねぶ(真似て学ぶ)」作品をつくり、あらゆる表現の可能性を追求しました。レオナルドからカンディンスキー、岡本太郎など様々なスタイルによって制作された森村の知られざる「まねぶ」作品群と、そのもととなった作品、および当時の状況を語る森村の「ことば」パネルで紹介しつつ、現在の森村泰昌が形成されるまでの過程をみていきます。

********************************

会期:2016年12月27日(火) ~ 2017年4月2日(日)

月曜休館 ※ただし1月2日(月・祝)、1月9日(月・祝)、3月20日(月・祝)は開館、
12月28日(水)-1月1日(日)、1月10日(火)、3月21日(火)は休館 

開館時間:午前9時30分~午後5時

会場:ふくやま美術館 2階常設展示室(福山市西町二丁目4番3号)        

観覧料:一般300円(240円)  高校生以下無料 ( )内は20名以上の団体料金






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-18 18:34 | 受賞作家関連

フジモリメグミさん 写真集『apollon』出版記念展


歴代フォトふれ フジモリメグミさんが、写真集出版記念展を開催いたします。

apollon

b0187229_18253383.jpg

©Megumi Fujimori

以下リンクより

ユカイハンズ企画展#005
フジモリメグミ 写真集 『apollon』 出版記念展

会期:2017年3月1日(水)~19日(日)
開廊時間:13~19時
*休廊日:月・火曜日
入場料:無料

会場:YUKAI HANDS Gallery(ユカイハンズ・ギャラリー)
住所:〒112-0014 東京都文京区関口1-30-9

有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩10分
東西線「早稲田駅」1出口より徒歩10分
都電荒川線「早稲田駅」より徒歩7分

電話:03-5761-6760


フジモリメグミ 写真集 『apollon』
B5判変型/80ページ(フルカラー)/ハードカバー
価格:本体 3,000円+税
発行:ユカイハンズパブリッシング
ISBN:978-4908942037

購入はこちらより。

特別版の購入はこちらより。


オープニングパーティー(写真集手渡し会)
2017年3月1日(水)19:00-21:00
参加費:無料


トークイベント(フジモリメグミ×青山裕企)
2017年3月12日(日)16:00-18:00
参加費:1,500円(1ドリンク付)






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-18 18:28 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリー展示のお知らせ


東川町文化ギャラリーにて現在開催中の展覧会です。
Exhibition: Now on view Through Thursday, March 9, 2017

ベトナムの写真家 バハーン写真展
「HIGASHIKAWA-AT A GLANCE 東川ぶらり旅」
Photo exhibition: Bahan “HIGASHIKAWA-AT A GLANCE”

b0187229_14345724.jpg

b0187229_14351774.jpg

********************************
会期:2017年 2/15(水)~3/9(木)
時間:10:00~17:30 会期中無休、※最終日は15:30まで
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
ホームページ:
http://photo-town.jp/index.html

Duration of the exhibition:
Monday, February 15, 2017 – Thursday, March 9, 2017

10:00-17:30 (closed at 15:30 on January 26)
Admission fees: 200 yen
Higashikawa residents 100 yen

Hokkaido, the "Town of Photography", Higashikawa Bunka Gallery
Address: 19-8, Higashimachi 1, Higashikawa, Kamikawa, Hokkaido, 071-1423
Website:
http://photo-town.jp/index.html


【次回展予告】
2017年 3/11(土)~30(木)
・第33回北海道報道写真展
・高等学校文化連盟全国写真専門部 第5回日韓中高校生フォトコンテスト写真展
Upcoming exhibition: Saturday, March 11, 2017 – Thursday, March 30, 2017
Photo exhibition: The33rd Hokkaido Press Photo Exhibition
The exhibition of the 5th Japan-Korea-China High School Students' Photo Competition
Organizer:Department of Photography of All Japan Senior High School Cultural Federation












[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-16 14:36 | 東川町

森村泰昌氏 展覧会「Ясумаса Моримура. История автопортрета」

東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

モスクワのプーシキン美術館にて、森村泰昌氏の展覧会が開催中です。

Ясумаса Моримура. История автопортрета

b0187229_15373516.jpg
©Yasumasa Morimura


****************************
会期:1月31日~4月9日
会場:プーシキン美術館(モスクワ)





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-10 15:40 | 受賞作家関連

松江泰治氏 トーク「写真家の初期と現在」


東川賞受賞作家 トークのお知らせ。

青山ブックセンター 本店にて、松江泰治氏のトークイベントが開催されます。


写真家の初期と現在

b0187229_15280273.jpg

以下リンクより

松江泰治は1963年、東京都生まれ。1996年に第12回東川賞新人作家賞を受賞し、2002年には第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。主な作品集に『LIM』(青幻舎、2015年)『jp0205』(青幻舎、2013年)『cell』(赤々舎、2008年)などがある。

本トークイベント「写真家の初期と現在」は、軍艦島=端島(Hashima)の廃墟をとらえた松江の作品集『Hashima』の刊行記念イベント。ゲストには写真評論、文芸書評などの分野で執筆しているタカザワケンジを迎え、松江の初期作品といえる今回の写真が現在の精緻な作品とどう繋がっているのか、あるいはどう断絶しているのか、写真家の初期と現在に焦点をあて、スライド上映とともに松江作品の真髄を探る。


<写真集>

Hashima
松江泰治

Price: 3,888円(税込)

発行年: 2017.1
発行元: 月曜社
サイズ: A5変形
仕 様: 168頁(作品点数160点、ダブルトーン印刷)
松江泰治本人がフィルム原板から精緻にデジタルデータ化・リマスタリングした究極の廃墟作品集。


*****************************

2017年2月24日(金)

青山ブックセンター 本店

19:00~20:30

料金:1,080円




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-10 15:31 | 受賞作家関連

杉本博司氏 展覧会 リニューアル記念 特別名品展 + 杉本博司「海景 – ATAMI」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

MOA美術館にて開催中の展覧会 リニューアル記念 特別名品展 + 杉本博司「海景 – ATAMI」に、杉本博司氏が出展しております。


リニューアル記念 特別名品展+ 杉本博司「海景 – ATAMI」


b0187229_15211404.jpg

以下リンクより

MOA美術館は、約11か月に及ぶ改修工事を経て、2017年2月5日にリニューアルオープンを迎えます。展示スペースの設計は、世界的に活躍する現代美術作家・杉本博司氏と建築家・榊田倫之氏によって主宰される「新素材研究所」が手がけました。屋久杉、行者杉、黒漆喰、畳、など日本の伝統的な素材を用いつつ、展示される作品の美を最大限に生かす展示空間を創出しています。
本展はリニューアルオープンを記念し、創立者・岡田茂吉のコレクションの中から厳選した日本・中国美術の名品を展覧するものです。さらに、杉本博司氏の代表作「海景」シリーズの中から、熱海の海を撮影した「海景-ATAMI」や映像作品「加速する仏」などもご紹介します。
尾形光琳の代表作として知られている国宝「紅白梅図屏風」や、京焼の大成者 野々村仁清の茶壺の中でも最高傑作として名高い国宝「色絵藤花文茶壺」等、永く愛された日本美術の精華を、新しい展示空間で是非ご堪能ください。


******************************

2017年2月5日|日| – 3月14日|火|

開館時間:9時30分– 16時30分 (入館は16時迄)
休館日:会期中無休
観覧料:
一般1600(1300)円
高大生1000(700)円・要学生証
中学生以下無料
65才以上1400円・要身分証明
*( )内は10名以上の団体料金







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-10 15:22 | 受賞作家関連

広川泰士氏 展覧会「monochrome XIV -Shadow」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Gallery EM nishizazbuにて開催中の展覧会「monochrome XIV -Shadow」に、広川泰士氏が参加しております。

monochrome XIV -Shadow

b0187229_15161575.jpg

以下リンクより

今回で14回目の開催になるモノクローム展、毎回テーマを決めて行われている。今回のテーマは「Shadow」、感性豊かな46名の写真家のシャドー作品が揃いました。銀塩白黒バライタ印画紙で仕上げられたオリジナルプリントでの展示です。

参加写真家(46名)
稲垣雅彦、エドワード・レビンソン、大坂 寛、織作峰子、加藤法久、加納 満、亀山 仁、木村直人、桑原史成、齋藤康一、BAKU齋藤、酒井久美子、佐藤 理、佐藤 真、杉山宣嗣、鈴木英雄、大門美奈、多木和夫、竹内英介、達川 清、谷 雄治、友田富造、中川十内、中島秀雄、中道順詩、永嶋勝美、長嶋正光、長濱 治、沼田早苗、萩原佳一、HASEO、英 伸三、ハービー・山口、ハヤシアキヒロ、原 直久、HARUKI、広川泰士、福原 毅、藤井英男、星川洋嗣、細谷秀樹、舞山秀一、南川三治郞、山口一彦、山田愼二、渡邉 肇。


*****************************

会期:2017年2月7日(火)〜 3月4日(土)
   (日・月曜日休館)
時間:12:00〜18:00(入場無料)





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-10 15:18 | 受賞作家関連

川田喜久治氏 展覧会「A History of Photography」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

The Museum of Fine Arts, Houstonにて開催中の展覧会「A History of Photography」に、川田喜久治氏が参加しております。


A History of Photography


b0187229_15104457.jpg
©Kikuji Kawada


A History of Photography: Selections from the Museum’s Collection is a series of installations that trace the course of photography from its invention to the present day, showcasing important new acquisitions and treasured masterpieces.

Every few months, a new selection of photographs, drawn from the rich collection that the Museum has built over the past half century, presents the medium’s history in a slightly different light. In this way, an increasingly complex picture of photographic history emerges for those who move slowly, look closely, and return for more.


  • January 14–May 9, 2017
    The seventh rotation features images by Julia Margaret Cameron, Robert Covington, Lotte Jacobi, Kawada Kikuji, Vik Muniz, Irving Penn, and Henri-Victor Regnault, among others. This installation also includes a selection of photographs by Ilse Bing. The eighth rotation opens in early May.


*******************************

2017.1.14(土) - 2017.5.9(火)

The Museum of Fine Arts, Houston




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-02-10 15:12
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28