東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

宇井真紀子氏 展覧会「アイヌ、現代の肖像」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

丸井今井 札幌本店にて、宇井真紀子氏の展覧会が開催中です。


アイヌ、現代の肖像

b0187229_16042792.png


以下リンクより

ルイカとは、アイヌ語で「橋」の意味。丸井今井創業145周年を記念した、アイヌ文化への架け橋となる展覧会です。
アイヌ伝統工芸の人気作家の作品販売や写真家の作品展など、アイヌ民族とその文化をめぐる、
北海道に育まれた丸井今井ならではの展示をご覧にいれます。

※マルイ・ルイカ展の収益は全額、公益社団法人北海道アイヌ協会、公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構、
一般財団法人アイヌ民族博物館に寄付させていただきます。



********************************

2017年 4月26日-5月8日

午前10時~午後7時

丸井今井 札幌本店

 札幌市中央区南1条西2丁目





[PR]
by higashikawa_blog | 2017-05-02 16:07 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「プラチナプリント写真展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ライカプロフェッショナルストア東京にて開催中の展覧会「プラチナプリント写真展」に、荒木経惟氏が参加しています。


プラチナプリント写真展

以下リンクより

ライカプロフェッショナルストア東京は、3月に5周年を迎えることを記念して、「プラチナプリント写真展」を開催いたします。

本写真展は、隣接するライカギャラリー東京にて3月3日より開催するプラチナプリント写真展と連動して開催するものです。ライカプロフェッショナルストア東京では、イギリス・スコット隊の南極点踏破に同行し、大型ガラス乾板で記録写真を撮り続けた写真家・ハーバート・ポンティングの貴重な作品群から厳選されたプラチナプリントや、荒木経惟の作品をプラチナプリントで仕上げ、展示いたします。また、ライカユーザーでもある写真家、セイケトミオ、菅原一剛、蓮井幹生、萩庭桂太ら4名の作品を新たにプラチナプリントで仕上げ、一挙に展示いたします。

過去から現在に至るまで、時代を写したその歴史的価値と、高い耐久性・芸術性をそなえもったプラチナプリントを通じて、真のプロフェッショナルフォトグラファーの作品に触れていただける展示です。


【写真展 概要】
タイトル: プラチナプリント写真展
期間: 2017年3月3日(金) - 5月13日(土)
会場: ライカプロフェッショナルストア東京
展示内容: ハーバート・ポンティングの貴重な作品群から厳選されたプラチナプリントや、荒木経惟の作品、および、ライカユーザーでもある写真家、セイケトミオ、菅原一剛、蓮井幹生、萩庭桂太ら4名の作品を新たにプラチナプリントで仕上げ、展示。


*****************************

2017年3月3日(金) - 5月13日(土)

〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目41 東海堂銀座ビル2階



[PR]
by higashikawa_blog | 2017-05-02 15:47 | 受賞作家関連

吉村和敏氏 展覧会「Morning Light」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

丘のまち美瑛 景観・写真国際フォーラムにて、吉村和敏氏の展覧会が開催中です。


Morning Light

b0187229_15365538.jpg
©Kazutoshi Yoshimura


以下リンクより

どの国にいるときも決まって早起きをし、朝日にカメラを向けてきました。
朝にはただ美しいだけでない、不思議な力が隠されているような気がしています。澄み切った大気の中で、地上のすべての生命が光の恵みとともに再生していく姿を見つめていると、たまらない愛おしさで心が満たされていくのです。
世界の朝を繋ぎ、写真展を行ってみたい。ずっとあたためつづけてきた夢がようやく叶いました。朝に隠された、この星で生きる素晴らしさを感じてみてください。

プロフィール

1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている。自ら決めたテーマを長い年月、丹念に取材し、作品集として発表する。絵心ある構図で光や影や風を繊細に捉えた叙情的な風景作品、地元の人の息づかいや感情が伝わってくるような人物写真は人気が高く、定期的に全国各地で開催している個展には、多くのファンが足を運ぶ。近年は文章にも力を入れ、雑誌の連載やエッセイ集の出版など、表現の幅を広げている。

受賞・個展歴
2003年
カナダメディア賞大賞受賞

2007年
写真協会賞新人賞受賞

2015年
東川賞特別作家賞受賞

『プリンス・エドワード島』『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』(講談社)
『BLUE MOMENT』『MAGIC HOUR』『Morning Light』(小学館)
『Moments on Earth』(日本カメラ社)『カスタム・ドクター』(ノストロ・ボスコ)『Shinshu』(信濃毎日新聞社)


*****************************

平成29年4月29日(土)~平成29年5月14日(日)

開館時間:10:00 ~ 18:00
休館日:毎週月曜日、祝日、月末日

会場:北海道 美瑛町 図書館

http://biei-photo.jp/jp/photographer?exno=100




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-05-02 15:40 | 受賞作家関連

第33回写真の町東川賞受賞者発表


第33回写真の町東川賞受賞者発表


b0187229_10223298.jpg

b0187229_10242897.jpg

b0187229_10273039.jpg

b0187229_10281911.jpg


b0187229_10283992.jpg



海外作家賞 アンナ・オルオーヴスカ(ポーランド)
国内作家賞 本橋成一
新人作家賞 野村佐紀子
特別作家賞 岡田敦
飛彈野数右衛門賞 小関与四郎



<審査委員>
浅葉克己
[あさば·かつみ]アートディレクター
上野 修
[うえの・おさむ]写真評論家
北野 謙
[きたの·けん]写真家
楠本亜紀
[くすもと·あき]写真評論家·キュレーター
中村征夫
[なかむら·いくお]写真家
丹羽晴美
[にわ·はるみ]学芸員・写真論
平野啓一郎
[ひらの·けいいちろう]作家
光田由里
[みつだ・ゆり]美術評論家


<受賞作家作品展>
会期:2017年7月29日(土)~8月30日(水) 会期中無休
時間:10:00~17:30(7月29日は15:00~21:00、最終日8月30日は10:00〜15:00)
会場:東川町文化ギャラリー
料金:町内100円、町外200円(7月29日、7月30日は無料開放)

*詳しくは東川町国際写真フェスティバルホームページをご覧下さい。
http://photo-town.jp/higashikawa-prize-exhibition/index.html

<お問い合わせ>
東川町写真の町実行委員会
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号 東川町文化ギャラリー
写真の町課・写真の町推進室(担当:矢ノ目・下込・吉里)
TEL.0166-82-2111/FAX.0166-82-4704
http://photo-town.jp/index.html




[PR]
by higashikawa_blog | 2017-05-01 10:35 | 東川賞
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31