東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

展覧会「フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

山梨県立美術館にて開催中の展覧会「フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚」 に、下記作家が出展しております。

荒木経惟氏、石内都氏、伊奈英次氏、植田正治氏、川田喜久治氏、北島敬三氏、操上和美氏、今道子氏、齋藤亮一氏、篠山紀信氏、柴田敏雄氏、須田一政氏、瀬戸正人氏、高梨豊氏、長倉洋海氏、中村征夫氏、奈良原一高氏、野町和嘉氏、広川泰士氏、深瀬昌久氏、細江英公氏。 



フジフイルム・フォトコレクション - 私の1枚

b0187229_13271537.jpg


以下リンクより

日本写真史を代表する101人の写真家、それぞれの「1枚」を展示します。
最初の写真術ダゲレオタイプがパリで公表されたのは1839年でしたが、日本にその技術が伝来するのはそのわずか9年後、幕末の1848(嘉永元)年のことでした。幕末に写真が渡来してから150年余り、日本では多くの優れた写真家が作品を残してきました。本展ではその中でも特に重要な101人の写真家が撮影した「この1枚」と呼べる代表作を銀塩プリントで展示し、日本写真史の軌跡を紹介します。


日本写真の黎明期を支えたフェリーチェ・ベアトや下岡蓮杖の作品を筆頭に、写真に絵画的表現を追求した20世紀初頭の芸術写真、独立した芸術としての写真を目指した1930年代の新興写真、戦前戦後に現れた林忠彦、植田正治、木村伊兵衛などが見せた多種多様な表現、そして今日現役で活動する写真家たちの作品など、日本写真史を語る上で欠かせない作品を展示します。


101枚の中には山梨にゆかりのある写真家や作品も含まれます。1841(天保12)年に甲斐国に生まれた日下部金兵衛、富士山を多く撮影した岡田紅陽や白簱史朗の作品も展示します。



本展は日本写真史を通史的に概観する当館初の展覧会となります。デジタル写真の普及で写真が今まで以上に身近になった今こそ、急速ながら豊かな発展を続ける日本の写真史の流れを改めて見直します。



【出品作家】

秋山庄太郎、秋山亮二、荒木経惟、有田泰而、石内都、石元泰博、伊藤義彦、伊奈英次、入江泰吉、岩宮武二、

植田正治、上田義彦、上野彦馬、潮田登久子、内田九一、江成常夫、大竹省二、大辻清司、大西みつぐ、

岡田紅陽、小川一真、小川隆之、影山光洋、鹿島清兵衛、川田喜久治、鬼海弘雄、杵島隆、北井一夫、北島敬三、木之下晃、木村伊兵衛、日下部金兵衛、久保田博二、倉田精二、操上和美、桑原甲子雄、桑原史成、牛腸茂雄、今道子、齋藤亮一、坂田栄一郎、佐藤時啓、沢渡朔、塩谷定好、篠山紀信、柴田敏雄、島尾伸三、下岡蓮杖、

十文字美信、白岡順、白簱史朗、鋤田正義、杉山守、鈴木清、須田一政、清家冨夫、瀬戸正人、高梨豊、竹内敏信、立木義浩、田中光常、田沼武能、田淵行男、田村彰英、築地仁、土田ヒロミ、東松照明、富山治夫、土門拳、

長倉洋海、長野重一、中村征夫、奈良原一高、野町和嘉、ハービー・山口、芳賀日出男、濱谷浩、林忠彦、

原直久、広川泰士、広田尚敬、深瀬昌久、福原信三、福原路草、普後均、フェリーチェ・ベアト、星野道夫、

細江英公、前田真三、水越武、水谷章人、緑川洋一、南川三治郎、宮本隆司、三好耕三、森永純、森山大道、

安井仲治、山崎博、山沢栄子、渡辺義雄 

(50音順)



*****************************

【会 場】
山梨県立美術館 特別展示室
【会 期】
2017年7月1日(土)~8月20日(日)
【休館日】
7月3日(月)、10日(月)、18日(火)、24日(月)、31日(月)
【開館時間】
9:00~17:00(入館は16:30まで)

【観覧料】
一般:1,000円(840円)、大学生:500円(420円)
※ ( )内は20名以上の団体料金、前売券、県内宿泊者割引
※高校生以下の児童・生徒は無料
※県内65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料
※障害者手帳をご持参の方と介護の方1名は無料
※前売券は山梨県立美術館にて、2017年6月1日(木)~6月30日(金)まで販売








[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-05 13:30 | 受賞作家関連

藪乃理子さん 展覧会「水葬」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

MARUTE GALLERYにて、藪乃理子さんの展覧会が開催されます。


水葬

b0187229_14504519.jpg
©Noriko Yabu


以下リンクより

藪乃理子は1981年 香川県生まれ、神奈川県在住。 早稲田大学在学中に平木収氏の薫陶を受け、写真を撮り始める。2004年 東川国際フォトフェスティバルにボランティアスタッフとして参加、フォトグラファーとして作品を創り続けることを決意し、翌年 東京藝術大学美術部大学院 先端芸術表現科に入学 佐藤時啓氏の研究室に入る。卒業後は東京を中心にグループ展に参加したり個展を開催するなど積極的に活動している。
この作品は
全身が潜りこめる程の大きな浴槽にカメラを設置し、セルフタイマーを使用しシャッターが切れるまで、水に潜り込み泡や波を作ってポージングをするという方法で様々な表情を見せる自分を何度も撮り続けた。
最初は潜るタイミングや露出などを模索しながら撮り続け、独自の撮影手法を確立し、いろんなアプローチで撮影を続けた。
撮影を続けていくうちに水に包まれている感覚はとても心地よく、生まれる前に母親に胎内にいた時はこんな感じだったのだろうかとも考えるようになった。



<水葬>
沈んでいた記憶が浮かんでくる

母親の胎内で羊水に包まれながら
母親の体液と繋がりながら
人間として形成されていく
体や心も
そして
聞こえ始める
感じ始める
生まれる喜び 生まれる不安

まだ何者でもない生命が産み落とされる



********************************

会期 2017年7月3日(月)~7月9日(日)会期中無休
時間 13:00~20:00 (土日は11:00時から)
場所 MARUTE GALLERY (BOOK MARUTE隣)
香川県高松市北浜町3-2 北浜allery-j
web http://norikoyabu.com/






[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-01 14:52 | フォトフレンド

篠山紀信氏 イベント「篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~」


東川賞受賞作家 イベントのお知らせ。

銀座蔦屋書店にて、トークイベント&サイン会 「篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~」が開催されます。



篠山紀信×後藤繁雄 ~篠山紀信 大型写真集『KABUKI by KISHIN』発刊記念~


b0187229_14450263.png


以下リンクより

蔦屋書店が世界に誇れる大型アートブックを独自出版するTSUTAYA BIG BOOKプロジェクト第一弾!

世界の巨匠・篠山紀信氏が、40年以上に渡り撮り続けた選りすぐりの傑作歌舞伎写真集『KABUKI by KISHIN』を発刊いたします。この発売を記念し、篠山氏と企画・プロデュースを担当した後藤繁雄氏のトークイベントを行います。

『KABUKI by KISHIN』は、歌舞伎の演目を記録的に網羅した写真集や、1人の俳優たちを追った写真集とは全く一線を画するもので、“舞台の俳優たちに歌舞伎の神が降りてきた瞬間と、写真家に写真の神が降りてきた瞬間とが、奇跡的にクロスして生まれた”、篠山氏の写真力をもってしてでなければ写し得ない、歌舞伎の根源的な凄さ・魔力を表した歌舞伎写真の革命とも言える傑作群です。魂を削って役に挑む、一瞬の刹那を捉えた写真の迫力たるや、歌舞伎ファンだけでなく圧倒されること間違いなし。

本イベントでは、「歌舞伎を撮り続ける理由」や「誘われたきっかけ」、また「坂東玉三郎や中村勘三郎など数々の名優とのエピソードや撮影秘話」など、他では聞くことのできない写真家・篠山紀信だからこそ知り得た、奥深い歌舞伎の魅力を十分に語っていただきます。篠山氏は自らの写真を「時代の写し鏡」と言いますが、名優たちの名花が花咲いたこの時代の、貴重なドキュメンタリーを体感できるまたとない機会となるに違いありません。

【参加条件】
7月7日(金)発売『KABUKI BY KISHIN』をご予約、もしくはイベント参加券(1,500円/税込)をご購入頂いたお客様に参加券をお渡しいたします。
※サイン会には、下記【対象商品】の対象書籍をご購入の方が、ご参加いただけます。

【お申込み方法】
・店頭
・お電話 03-3575-7755
オンラインストア
※オンラインストアでの受付は2017/7/5(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。

【対象商品】
・『KABUKI BY KISHIN』(光村推古書院、49,680/税込)
・イベント参加券(1,500円/税込)

【ご注意事項】
・参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
・イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
・当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
・参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
・定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
・止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-01 14:47 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「Halo」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

POSTと森岡書店の2会場にて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


Halo

b0187229_14390320.jpg
©Rinko Kawauchi


以下リンクより

6月30日より、川内倫子 [Halo]を開催します。

 オリジナルの写真集としては、2013年に発表した『あめつち』から4年振りとなる、全点デジタルで撮影された、川内倫子の最新写真集『Halo』の発売に先駆け、POSTと森岡書店の二カ所で写真展を開催、会場にて先行発売します。


 2010年のブライトン・フォトビエンナーレのコミッション・ワーク以降も撮影を続けている、イギリスで撮影された、旋回を繰り返す無数の渡り鳥の姿。中国・河北省の村で300年以上続く「灯樹花」という祭りでは、花火の代わりに鉄くずを溶かし壁にぶつける勇ましい男たち。また、神在月と呼ばれる旧暦の10月に出雲大社で執り行われる神迎祭。八百万の神々を迎えるため、夕刻、稲佐の浜で御神火が焚かれる。参拝者が見守るなか夜の海には雨粒が光る。
 「円光」や「後光」という意味のほかに、いくつもの星からなる球状星団が、銀河系の周囲を包み込む領域の呼称でもあるHaloと題された本作は、自然と人間の潜在的な関係性と、祈りにも似た生命の力強さが、暗闇に対する恐怖と静寂、光に向けての希望と喜びを内包し描かれる。これまでの作品からさらなる飛躍をみせる、川内倫子の新境地です。

POSTは本邦初公開の映像をメインに、森岡書店ではプリント作品をメインにした展示を予定。2カ所をめぐることでさらに見え てくる「Halo」の世界観をおたのしみください。各会場にて、展覧会に合わせて制作したプリント付き限定版の販売もいたします。

[展覧会概要]
◉2017年6月30日(金)─ 7月23日(日)
会場:POST
東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
Tel: 03-3713-8670
12:00–20:00 定休日:月曜(祝日の場合は通常営業)
www.post-books.info


[同時期開催]
◉2017年6月27日(火)─ 7月16日(日)
会場:森岡書店
東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル
Tel: 03-3535-5020
13:00–20:00(7月16日は17:00まで) 定休日:月曜

トークイベント 川内倫子×小林エリカ
7月2日(日) 16:00–(15:30より受付)
会場:森岡書店(東京都中央区銀座1-28-15鈴木ビル)
参加費:1500円
*要予約。電話にて承ります。森岡書店 Tel: 03-3535-5020


川内倫子写真集 Halo
定価:7,800円(税別)
判型:315 x 230 mm/ハードカバー/96ページ(カラー図版48点)帯状ケース付き
テキスト:日本語
ISBN978-4-908062-19-3 C0072
発行:HeHe www.hehepress.com
*本書は、アメリカ・Aperture社との共同出版です。







[PR]
by higashikawa_blog | 2017-07-01 14:41 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー