東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

マイケル・ケンナ氏 写真集「ABRUZZO」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

出版協同社より、マイケル・ケンナ氏の写真集が出版されました!


ABRUZZO

b0187229_12181177.png

以下リンクより

マイケル・ケンナの最新の写真集は、イタリア中部のアドリア海に面したアブルッツォ州を特集。ヨーロッパでもっとも種多様性指数が高く、豊かな花の産地であるこの土地の自然と歴史に魅せられたケンナが何度も通って撮影。作品集は初出の写真のみ65点を収録。美しい高質なダブルトーン印刷、ハードカバー、オリーブグリーンのスリップケース付。日本語訳付。


発行:出版協同社 限定500部

装丁:布クロス装・スリップ・ケース付き
定価(税込):@¥9,800(@¥9,074+税8%)
◇スリップ・ケース寸法:縦338mm × 横312mm × 幅24mm
◇書籍本体寸法:縦326mm × 横310mm × 幅16mm
◇総頁数:約80頁 ◇総重量:1.83kg








[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-10-13 12:21 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 展覧会「IMPROMPTUS」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Pierre-Yves Caër Galleryにて、オノデラユキ氏の展覧会が開催中です。


IMPROMPTUS

b0187229_12115409.jpg


****************************
2017.10/13-11/25
Pierre-Yves Caër Gallery




[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-10-13 12:14 | 受賞作家関連

薄井悠介さん 展覧会「出て来い新人6」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

THE GALLERY 新宿2にて開催される展覧会「出て来い新人6」に、薄井悠介さんが参加いたします。



出て来い新人6


b0187229_12033103.png
以下リンクより

この写真展は、日本大学芸術学部写真学科在学生による選抜展である。同大学において写真の技術や理論、そして表現領域を専門的に学び、その成果としての作品が優秀であった9名の学生が選抜された。
写真は本格的なデジタル時代を迎え、昨今その技術的な進歩は目を見張るものがある。また、写真が誕生して以来の銀塩写真も未だに健在である。同大学ではこれらの技術を自由に学べ、そこから応用し新旧技術を取り入れたハイブリッドな写真表現も登場している。今後、これらさまざまな写真技術を使いこなし、新たな写真表現に挑戦するのは、今回選抜された学生たちをはじめとする若い世代の力であるという考えのもとに行われる写真展である。

日本大学芸術学部写真学科

1921年日本大学法文学部内に芸術学部の前身である美学科を設置。39年日本大学専門部芸術科に写真科を設置。江古田に校舎が移転。49年新制大学設置基準により日本大学芸術学部となる。09年写真学科創立70周年、11年日本大学芸術学部創立90周年、14年写真学科創立75周年を迎え、2019年には創立80周年を迎える。



****************************

2017年10月17日(火) 〜 2017年10月23日(月) 日曜休館

10:30〜18:30(最終日は15:00まで)
THE GALLERY 新宿2

 〒163-1528 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー28階



[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-10-13 12:05 | フォトフレンド

荒木経惟氏 展覧会「愛の劇場」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

CASE TOKYOにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


愛の劇場

b0187229_12460797.png
©︎Nobuyoshi Araki


以下リンクより

〈愛の劇場〉と書いてあるキャビネ判の箱が出てきた。開けてみると150枚ほどのプリントが入っていた。65年頃のプリントだ。その頃オリンパスペンFでガチャガチャ撮って、わざと熱現像とかイイカゲンにフィルム現像してイイカゲンにプリントしてた、その頃の私と女と時代と場所が写っている、表現しちゃってる。あの頃から〈愛の劇場〉とか言ってたんだねえ。まーそれにしても、イイねえ、イイ写真だねえ、デジタルじゃこうはいかねえだろ。2010年12月 荒木経惟 (タカ・イシイギャラリープレスリリースより)

本作品は、荒木が電通勤務時代の65年前後に撮影したキャビネ判作品100点あまりによって構成され、2011年2月にタカ・イシイギャラリーでの展覧会で発表されました。
CASE TOKYOのオープンを記念した本展では「愛の劇場」全作を収録した作品集の刊行と合わせ、オリジナルプリント全作品を展示します。


*************************
2017年9月30日(土) - 11月11日(土)

CASE TOKYO SPACE

 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷 アイビス ビル B1




[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-10-09 12:48 | 受賞作家関連

川内倫子氏 写真集「Composition No.1 Seung Woo Back Rinko Kawauchi」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

IANNBOOKSより、川内倫子氏の写真集が出版されました。


Composition No.1 Seung Woo Back Rinko Kawauchi


b0187229_18093263.png

以下リンクより

In the age of social media that allows us to share our daily life without direct contact, mobile phone cameras give us completely different ways to see, experience, and enjoy the world. Selfies have long become a cultural phenomenon that dominates the contemporary world, diversification of media and popularization of mobile phones changed photography from something that records to something that is shared and consumed in real time. As a matter of fact, such change is both an opportunity and threat to professional photographers. Today’s digital world has radically affected the topography of photography and challenged the status and capacity of professional photographers. The perception and attitude towards photography is changing drastically. After struggling to establish itself as an artistic genre, modern photography is now faced with finding a new definition in the 21st century online world.

<Composition No.1> is a collection of mobile phone photographs taken by two well-known Asian photographers Seung Wook Back and Rinko Kawauchi. This book, which was begun as part of an art project last March, is composed of messages and photographs exchanged between the two, who reunited for the first time in almost 10 years, to record their respective daily life for about 100 days. The view of Kawauchi, who captured birth and death and cycle of nature in everyday subjects, draws a contrast against that of Back who explored the fundamental nature of photography based on his skepticism toward the status of ‘professional photographer.’ In their dialogue where the two photographers compare the other’s photographs with essay and newspaper column, readers realize how the technical limitations of mobile phone do not mean much to either of them. In fact, mobile phone camera reminds the photographers of the excitement before a trip or their youth during which they first began photography. Having experienced both analog and digital photography, the two show a wider spectrum of ideas and expressions. As the title suggests, <Composition No.1> displays the images taken by the two photographers alternately, with different photographs that were first taken independently gradually overlapping with one another towards the end. This photo collection was intended to reveal the thought process of artists, like a series of sketches, instead of focusing on finished works of the two photographers.









[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-10-04 18:10 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31