東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

石内都氏 展覧会「肌理と写真」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

横浜美術館にて、石内都氏の展覧会が始まりました。


肌理と写真

b0187229_14482438.png


以下リンクより

石内都(1947年生まれ)は、2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、現在、国際的に最も高く評価される写真家のひとりです。

多摩美術大学で織りを学んだ石内は、1975年より独学で写真を始め、思春期を過ごした街・横須賀や、日本各地の旧赤線跡地の建物などを撮影した粒子の粗いモノクローム写真で一躍注目を集めました。

80年代以降は、目に見えない時間の在処としての身体に関心を寄せ、同い歳の女性の手足を接写した「1・9・4・7」や傷跡を写した「Scars」など数多くのシリーズを発表。こうした実績が評価され、2005年には下着や口紅など、母親の遺品を撮影した「Mother’s」でヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表作家に選ばれました。

近年は、広島平和記念資料館に寄贈されたワンピース、制服、眼鏡など、被爆者の遺品を被写体とする「ひろしま」や、メキシコの画家フリーダ・カーロの遺品の撮影などに取り組み、その活動は多くの注目を集めています。

2017年は、石内が個展「絶唱、横須賀ストーリー」で写真家としての実質的なデビューを果たしてから40年を迎える年にあたります。本展は、この節目の年に、石内自らが「肌理(きめ)」というキーワードを掲げ、初期から未発表作にいたる約240点を展示構成するものです。

住人のいなくなったアパート、身体の傷跡、日本の近代化を支えた大正・昭和の女性たちが愛用した絹織物、亡き母や被爆者らの遺品の写真をとおして、存在と不在、人間の記憶と時間の痕跡を一貫して表現し続ける石内の世界を紹介します。



アーティストトーク

日時:2018年1月13日 14:00~15:30(13:30開場)
※終了後、作家による展覧会カタログのサイン会を実施
聞き手:逢坂恵理子(横浜美術館 館長)
会場:横浜美術館レクチャーホール
定員:220名(事前申込、先着順)
料金:無料


上映&トーク
日時:2018年2月18日 13:30~16:00(13:00開場)
出演:リンダ・ホーグランド(映画監督)、椹木野衣(美術批評家)、石内都
会場:横浜美術館レクチャーホール
定員:220名(事前申込、先着順)
料金:無料


学芸員によるギャラリートーク
日時:2018年1月6日、1月19日、2月3日、2月16日 いずれも14:00~14:30
料金:無料(事前申込不要、当日有効の観覧券が必要)



********************************

会期:2017年12月9日〜2018年3月4日
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
電話番号:045-221-0300
開館時間:10:00〜18:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日:木、年末年始(12月28日〜1月4日)
料金:一般 1500円 / 大高生 900円 / 中学生 600円 / 65歳以上 1400円







[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-12-09 14:51 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリーで開催中の作品展です


東川町文化ギャラリーで開催中の写真展です。

第29回MOA美術館東川児童作品展
b0187229_16363531.jpg

中野實写真展「最後の直行各停列車・小樽→旭川」
b0187229_16365316.jpg

第26回林忠彦賞受賞記念写真展
b0187229_16370764.jpg
b0187229_16372094.jpg

東川第ニ小学校親子ふれあい写真展
親子ふれあい写真展のみ11/27-12/7
b0187229_16373384.jpg

******************************

会期:2017年11/27(月)〜12/12(火)
時間:10:00~17:30 会期中無休、
最終日は15:00まで
料金:町内100 円、町外200 円
会場:北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
   〒071-1423 北海道上川郡東川町東町119番8号
ホームページ:
http://photo-town.jp/index.html




【次回展示予告】
 2017年12月14日(木)〜12月29日(金)
・ストリートギャラリー2017グランプリ西川聖里子展
・東川小学校4年生写真ワークショップ展
・日本旅行写真家協会「五感の旅〜日本の音」

[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-12-07 16:38 | 東川町

鈴木のぞみさん 展覧会「無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

東京都写真美術館にて開催中の展覧会「無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14」に、鈴木のぞみさんが出展しております。


無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14

b0187229_21033635.png
©Nozomi Suzuki

以下リンクより

「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催しています。14回目となる「無垢と経験の写真」展では、日々の生活の中から純粋な個々人の経験を紡ぎ、多様なアプローチで削りだしている作家5名の写真表現を最新作と共にご紹介します。
5名の作家は、身体性やアイデンティティを確認しながら挑戦し続ける者、家族の関係を写真行為を通して繰り返し問う者、何気ない風景の記憶を意外な方法で留めようとする者、自然作用の痕跡を原初的な写真技法で未来へ残そうとする者、日常から抽出した瞬間から独特な写真的時間を創出する者など、多様な表現を提示します。これらの表現は私達自身への問いとなり、その考察や反応がまたアーティストへと返り、未来の表現へと活かされていきます。いまと未来をつなぐ対話は、地域や世代を超えて響き合い、やがて増幅して、大きな渦を起こす契機となるかもしれません。この機会にぜひ、作家達の無垢の表現が展開し、経験が蓄積していく場へご来場ください。

アーティスト対談
2017年12月3日(日) 15:30 ~17:00 武田慎平 × 小澤慶介(アートト/インディペンデント・キュレーター) 終了致しました
2017年12月9日(土) 15:30 ~17:00 吉野英理香 × 金子隆一(写真史家)
2017年12月16日(土) 15:30 ~17:00 鈴木のぞみ × 小原真史(キュレーター/映像作家)
2018年1月11日(木) 18:00~19:30 片山真理 × 小谷元彦(美術家/彫刻家)
2018年1月13日(土) 15:30 ~17:00 金山貴宏 × 姫野希美(赤々舎代表取締役/ディレクター)
会場=東京都写真美術館1階スタジオ 定員=各回50名
※当日10時より1階総合受付にて整理券を配布します。


****************************
  • 開催期間:2017年12月2日(土)~2018年1月28日(日)
  • 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)、12月29日(金)~2018年1月1日(月・祝) ※年始特別開館 2018年1月2日・3日は11:00~18:00開館 ※1月8日(月・祝)は開館し、翌9日(火)は休館
  • 料金:一般 700(560)円/学生 600(480)円/中高生・65歳以上 500(400)円 ※ ( )は20名以上団体

東京都写真美術館

 〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内





[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-12-04 21:06 | フォトフレンド

野村佐紀子氏 写真展「愛について」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

B Galleryにて、野村佐紀子氏の写真展が開催中です。


愛について

b0187229_20493865.jpg


以下リンクより

Bギャラリーでは5回目となる写真家、野村佐紀子の写真展を開催します。『愛について』と題した本展は、野村佐紀子が自身のライフワークとして長年撮り続けている男性ヌードの作品を中心とした、写真集『愛について』の刊行を記念した展覧会となります。

写真家として活動をはじめてから、これまでに国内外で200を超える展覧会を開催してきた彼女は、被写体との信頼関係を築き、“写真を撮る”というその純粋な欲求で精力的に作品を発表してきました。野村佐紀子の約20年間のライフワークを綴る写真集に、どうぞご期待ください。


トークイベント
日時:2017年12月16日(土) 17:00~18:30
ゲスト : 五所純子(文筆家)
会場 : Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)
予約定員制 : 先着30名様 ※ご予約はBギャラリーまで(Tel:03-5368-7309


*************************
2017年12月1日(金)~12月26日(火)
B Gallery
 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6





[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-12-04 21:00 | 受賞作家関連

展覧会「CITYRAT press. Photo Exhibition 2017」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

IRORIMURA 89画廊にて開催される展覧会「CITYRAT press. Photo Exhibition 2017」に、片岡俊さんと竹中みなみさんが出展いたします。


CITYRAT press. Photo Exhibition 2017

b0187229_20413916.jpg

以下リンクより

ストリートスナップ、コンセプチュアル、ドキュメント、ファッション、そしてデジタルから銀塩まで、現在そのジャンルや手法は多様化している。
デジタル全盛期になり撮れなかったものが撮れるようになり、インターネットが普及し地球の裏側の写真でさえ一瞬で手に入るようになり、もはや見たことのない画像などないのではないかというほど画像やイメージが横溢している。
作品発表の形も従来の展覧会だけでなく、出版された写真集や手製本、ギャラリー以外での個展やグループ展、Web上での発表など、まさにいま写真はその制作から発表までを含めて、自由を手に入れたと同時に茫漠と拡ってしまったとも言える時代である。
そんな現代において、写真家たちは何を見ようとし何を発しようとするのか。
ここにCITYRAT pressプレゼンツによる、若手から中堅までを紹介する合同展を開催いたします。
取り組みやテーマも様々な写真家たちが見つめる「今」をフラットに俯瞰できるような展覧会となります。
それぞれが立っている現在よりの近作を発表いたします。


展示作家
今西徹 / Toru Imanishi
片岡俊 / Syun Kataoka
カワトウ / Kawatou
シノハラユウタ / Yuta Shinohara
水渡嘉昭 / Yoshiaki Suito
竹中みなみ / Minami Takenaka
多田ユウコ / Yuko Tada
中澤有基 / Yuki Nakazawa
成田貴亨 / Takuya Narita
室田光祐 / Kosuke Murota
優子 / Yuko
横山隆平 / Ryuhei Yokoyama
ヨシダミナコ / Minako Yoshida


**************************
2017/12/13(水)~12/18(月)
12:00~20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室2・3
イロリムラ 〒530-0016 大阪市北区中崎1丁目4番15号




[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-12-04 20:43 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31