東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

荒木経惟氏 展覧会「淫春」



東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

art space AMにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


淫春

b0187229_16101568.jpg
以下リンクより

夏(淫夏)、冬(淫冬)、秋(淫秋)と題された3つの展覧会の完結編として、
春草萌えいずるこの時節、四季を一巡して「荒木経惟 淫春」展がスタートいたします。

淫秋展の、モノクローム写真を和紙にプリントし、般若心経を墨筆でしたためた作品とは対照的に
淫春展では、カラーフィルムで撮影された作品が、色鮮やかにファインダーの中の楽園を描き出し、
闊達自在な言葉の書が躍る、華やかな作品群をご紹介いたします。

「土日写真」と称して、荒木氏の手指でアレンジされ撮影された、
短い命に時を呑み朽ちていく切り花と、
ときにあどけなく(すとんとたたずみ)、ときにしどけなく(紅絵の具を鮮血のようにしたたらせて)
花々と絡む、様々な出自の人形やフィギュアたちのつくりだす「花遊園」。
瑞夢と悪夢の交錯する魅惑のフィールドは、作家の書欲をくすぐり、
ユーモラスで奇々怪々な言葉の数々が、独特の文字に託されて、美事に写真と融和します。

荒木氏の写真には、常に対極が織り込まれておりますが、
この園にもまた、生と死、幸と不幸が去来します。
「般若心経惟」の雅号で、死の淵から生を見据えた作品群を陰とすれば、
今回の「淫春」展の作品から散光する、死の存在によって輪郭が明らかにされて
より輝きを増す生の感覚は、陽にたとえられるかもしれません。

来たる5月に喜寿を迎えんとする荒木氏は、たぎる創作への欲望を解き放ち、
すべてのシャッター音から作品がもれなく続々と生み出されています。
事物は時間とともに絶えなく微動し続け
その微動を写しとることが写真行為ではないかと思うようになった、
と語る荒木氏が体現する写真世界では、過去・今・未来が共振してゆらめき、
どこへ向かうとも知れない懐かしさが、風景を情景に変えてしまいます。
「実は俺、ノスタルジーっていうの、嫌いじゃないんだよね」

二度とは同じ道を歩まない写真家の才能力を、最大限に発露する作品群は、
めくるめくエネルギーをあふれさせ、慈愛と活力に満たされて
太陽のように見る者を照らします。

皆様のご来場を、心より楽しみに、お待ちいたしております。



*******************************
2017年3月3日~6月6日
13:00〜19:00
art space AM
 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301



[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-03-08 16:15 | 受賞作家関連

田原桂一氏 展覧会「Photosynthesis 1978–1980」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

チェコにて、田原桂一氏の展覧会が開催されます。


Photosynthesis 1978–1980

b0187229_15595178.jpg
©Keiichi Tahara


以下リンクより

Keiichi Tahara: Photosynthesis 1978–1980 featuring Min Tanaka

The National Gallery in Prague is proud to present for the first time in Europe an exquisite series of large format black-and-white photographs from the series Photosythesis 1978–1980 by the acclaimed Japanese photographer, Keiichi Tahara.

Exploring the relationship between physical light and the human body, this series is based upon multiple photo sessions which Keiichi Tahara conducted between 1978-1980 with the legendary Japanese actor and dancer Min Tanaka. It was initiated at the exhibition "MA-Space/Time in Japan" which took place in the frame of the Paris Autumn Festival in October, 1978.

“How does light affect perception? What about emotions? I was obsessed with these questions at that time”, recalls the photographer, “The idea of ‘Body Weather’ brought Min and I together. This depicts the pivotal moment where meditations on physical light met the art form of the human body. The project turned out to be a fascinating three years blurring the lines between the object and subject matter of art”.

While portraying Min Tanaka in “Photosynthesis” Keiichi Tahara experimented with various types of light, ambiences and seasons. The sites included urban and natural environments: from Paris, Rome, and New York, across Iceland and Bordeaux, down to Tokyo, Kujuu-Kurihama and Akikawa-Keikoku. The photographer’s aim was to observe how a dancer's body adapts to outer stimuli, or to rephrase it: a human body reaching into the light with its raw skin and nerve endings.

Keiichi Tahara recalls working on two locations, in France and Iceland: “In Bordeaux, France lie the remains of a U-boat pen built by the Germans in the Second World War. It resembles an enormous vessel covered with chunks of concrete to assure protection against air attacks. Slivers of light and recollection interweave in this vast unmanned space, where a solitary human body entwines with the light. In June, the season of the midnight sun, we had been endlessly driving through the geothermal areas of Iceland in search of a good place for a photo shoot. Days bled into nights. The sun never went down. The glistening black ground and intense tranquility enclosed on us. The camera clicking and rewinding film were the only sounds accompanying our steps”.

“Although this work has been nearly abandoned for the past 35 years, today it holds special meaning to the both of us in revisiting our creative starting points”, Tahara concludes.

Min Tanaka was born in Tokyo in 1945. Trained in classical ballet and American modern dance around 1960s, in 1974 he started his own career and developed a new style called “hyper-dance.” In 1978, he made his international debut at the Louvre Museum. His performance – extremely gentle and infinitesimal movement to withdraw the potentiality of a body – had a strong impact on the art world, far beyond the dance scene, as a brand-new form of an artistic expression. In 1982, Tanaka met butoh dance pioneer Tatsumi Hijikata and begun collaborating with him. In 1984, he performed “School of Love-Dance,” directed and choreographed by Tatsumi Hijikata. From 1985, Tanaka has been living in a village in the mountains, concentrating his daily life on farming in order to search for deeper physicality. Beyond the formalist genre framework, his activities became more collaborative, incorporating various forms of art such as improvisation music, contemporary music, and opera, not to mention visual art. Since his first appearance in the film “Twilight Samurai” directed by Yoji Yamada in 2002, he has been acting in a number of films, from the Hollywood movie “47 RONIN” to self-produced, experimental films. While working in the film industry nationally and internationally, he has continued his own avant-garde dance activities consistently ever since 1970s. Tanaka’s incessant and exclusive search for dance as well as the origin of dance, which co-exists with a body – a state of flux – has resulted in developing an approach to dance based on site-specificity and improvisation. It has led to "Locus Focus” project series that is taking place in a variety of every-day life contexts throughout Japan and abroad. Additionally, Tanaka has authored such books as “My Bare Body”, “Conscious Body, Contagious Mind”, and a photo-book: “Photosynthesis MIN by Keiichi TAHARA”.

Keiichi Tahara works in a variety of media, ranging from photography, sculpture, and various installations to massive light-scape pieces that are produced as a part of urban planning projects. His commitment to the search for the form of light and his delicate but strong sensibility towards light and shadow constitute the foundation of all of his works. Tahara was born in Kyoto in 1951. He learned photographic techniques at an early age from his grandfather who was a professional photographer. He began making photographs after moving to France in 1972, where he remained for 30 years. He encountered a sharp, harsh and piercing light that he had never experienced in Japan while traveling Europe with Red Buddha Theater where he was a lighting and visual technician. His first series of work “Ville (City)” (1973–1976) captured the unique light in Paris in black-and-white photography. With the next series “Fenêtre” (1973-1980) he won the Grand Prix at the Rencontres d’Arles in France (1977). Tahara went on to produce a variety of photographic works including the “Portrait” series (1978–1987) and “Eclat” series (1979–1983), and traveled throughout Europe to photograph late 19th century architectural spaces. Proceeding from the thought that he does not want to limit himself to photography, but instead wants “to see the existence of light itself; to catch light with my own hand,” since the late 1980s Tahara has realized a number of projects in many parts of the globe —including sculptures and installations—that are based entirely on light, such as, for example, “Garden of Light” (Eniva, Hokkaido, 1989) where light sculptures are installed in a public space that is covered by a meter of snow six months of the year. The light changes in response to music and presents a space of poetic dimensions. Tahara's works are on permanent display in museums and other various sites.

As French philosopher and psychiatrist, Felix Guattari explains in “Les machinations de lumiere de Keiichi Tahara”: “No matter what means of expression Keiichi Tahara appropriates in his works, they are always premised on their reconstruction as light and shadow… The works are constantly inflected as they perennially shift and transform. Inside and outside, white and black, nature and culture­. The introverted and extroverted aspects of Tahara’s personality do not contradict each other. His introversion is apparent from the long years he spent shooting windows for his “Fenêtre” series and fixing his gaze on interior living spaces for his “Eclat” series. That he traveled around Europe making Seikimatsu kenchiku [fin-de-siecle architecture], his massive six-volume set of books of images of architecture, or rather spaces, is evidence of his simultaneous extroversion. These various aspects of his work are not in opposition. They are constructed along a continuum… The infinite number of fractals and fissures, which Tahara’s photographic activities produce, are important because they empty all interpretations of meaning while requiring their endless regurgitation, and further create a new existential ecology equipped with a universe of new lines of meaning and referents.”

The exhibition Photosythesis 1978–1980 by Keiichi Tahara is accompanied by a durational dance performance by Min Tanaka within the space of 5th floor Respirium. Lasting for one week (March 17-25), conducted on a specially constructed stage with a unique arrangement of traveling theatre lights, Tanaka’s minimal, gestural performance is a live act of an exquisite endurance and physical force. As such, it creates a fascinating dialogue with the representation of dancer’s body as documented by Keiichi Tahara’s camera eye 37 years ago…



******************************

Date: 17.03.2017 - 27.08.2017
Place: Trade Fair Palace




[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-03-08 16:02 | 受賞作家関連

展覧会 『フジフイルム・フォトコレクション』展 ― 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

FUJIFILM SQUAREにて開催される展覧会 『フジフイルム・フォトコレクション』展 ― 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」に、下記受賞作家が出品いたします。

植田正治氏、川田喜久治氏、細江英公氏、高梨豊氏、篠山紀信氏、荒木経惟氏、奈良原一高氏、操上和美氏、須田一政氏、石内都氏、深瀬昌久氏、中村征夫氏、北島敬三氏、長倉洋海氏、広川泰士氏、伊奈英次氏、今道子氏、柴田敏雄氏、齋藤亮一氏、瀬戸正人氏、野町和嘉氏、佐藤時啓氏。


『フジフイルム・フォトコレクション』展 ― 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」

b0187229_15501784.png
©Shoji Ueda

以下リンクより

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)では、2017年3月24日(金)から4月12日(水)まで、FUJIFILM SQUARE 企画写真展 『フジフイルム・フォトコレクション』展 ― 日本の写真史を飾った写真家の「私の1枚」を開催いたします。

 本写真展は、2014年の富士フイルム株式会社(創立時は富士写真フイルム株式会社)創立80周年を記念し、「写真文化を守る」ことを基本理念として、幕末・明治から現代に至る、日本を代表する写真作家101人*1の記録的価値の高い最高作品を収集したものです。
 日本の写真史と写真界の発展の軌跡をご覧いただける本コレクションは、2014年にフジフイルム スクエア(東京)・富士フイルムフォトサロン大阪で展示の後、昨年末までに公立美術館を中心に7か所で巡回展示*2を行い、写真関係者のみならず美術や芸術に精通する方々からも高い評価をいただきました。
これらが評価され、公益社団法人企業メセナ協議会より「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT2015」 「同2016」の認定をいただきました。

 写真に造詣の深い方はもちろん、初めて写真史に触れる若い皆様にも、この機会に世界でも稀有な「写真文化」を築き上げた日本の写真の精髄を、最高の銀塩プリント作品でご堪能頂ければ幸いです。


※ 3月25日(土)に写真展併催イベントとして、「フジフイルム・フォトコレクション」を通してみた日本写真史 ~飯沢耕太郎氏(写真評論家)~ を開催いたします。


※ 4月1日(土)に写真展併催イベントとして、写真家 立木義浩 ギャラリートーク 「<舌出し天使>とその時代を語る」 を開催いたします。



出展作家(作品の撮影年順)

フェリーチェ・ベアト、上野 彦馬、下岡 蓮杖、内田 九一、日下部 金兵衛、小川 一真、鹿島 清兵衛、福原 信三、塩谷 定好、桑原 甲子雄、安井 仲治、福原 路草、田淵 行男、濱谷 浩、岡田 紅陽、影山 光洋、林 忠彦、杵島 隆、植田 正治、木村 伊兵衛、渡辺 義雄、岩宮 武二、大竹 省二、大辻 清司、田沼 武能、鋤田 正義、長野 重一、石元 泰博、川田 喜久治、細江 英公、緑川 洋一、芳賀 日出男、富山 治夫、白簱 史朗、高梨 豊、立木 義浩、桑原 史成、坂田 栄一郎、篠山 紀信、土門 拳、広田 尚敬、小川 隆之、久保田 博二、土田 ヒロミ、荒木 経惟、沢渡 朔、十文字 美信、鈴木 清、東松 照明、森山 大道、北井 一夫、田村 彰、英奈良 原一、高森 永純、有田 泰而、木之下 晃、原 直久、江成 常夫、倉田 精二、杉山 守、秋山 亮二、操上 和美、須田 一政、南川 三治郎、石内 都、牛腸 茂雄、深瀬 昌久、前田 真三、中村 征夫、山崎 博、北島 敬三、水越 武、入江 泰吉、大西 みつぐ、島尾 伸三、普後 均、ハービー・山口、伊藤 義彦、山沢 栄子、清家 冨夫、長倉 洋海、築地 仁、水谷 章人、宮本 隆司、広川 泰士、伊奈 英次、上田 義彦、竹内 敏信、三好 耕三、星野 道夫、今 道子、柴田 敏雄、田中 光常、齋藤 亮一、潮田 登久子、瀬戸 正人、野町 和嘉、秋山 庄太郎、佐藤 時啓、白岡 順、鬼海 弘雄



*********************************

2017 年3 月24 日(金)~4 月12 日(水)
10:00~19:00(入場は18:50まで) 期間中無休

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウェスト)





[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-03-08 15:52 | 受賞作家関連

大西みつぐ氏 映画「小名木川物語」


東川町国際写真フェスティバル イベント「街撮り撮影会」で毎年講師をしてくださっていた大西みつぐ氏の映画のお知らせです。

小名木川物語

b0187229_16375598.jpg


以下リンクより

小名木川(おなぎがわ)は隅田川の東、東京・江東区 を東西に流れる川です。この地域は江戸期に開削された 運河がいくつも縱橫に流れる「川のまち」。『小名木川物語』は江戸以来の歴史が積み重なる深川(江東区の西側地域)を主な舞台とする、オリジナル脚本による劇映画です。

深川は昔から想像力をかき立てる 土地でした。松尾芭蕉は深川に芭蕉庵を構え、北斎や広重らは浮世絵を描きました。また近現代には多くの作家 が時代小説やエッセイの舞台としてきました。現在でも江戸の昔と変わらない川筋や橋の名前、そして 神輿がまちを練り歩く夏祭りなどに過ぎ去った時代の面影がうかがえます。 一方、近年は深川の一部で ある清澄白河エリアに注目が集まり、多くのクリエイターが移り住むようになってきました。自立心とアイデアに富んだ若い世代の自営業の人たちも増えて、新たな活気が生まれています。

こうした歴史や文化と新しいものが共存する土地で地元の人々やアーティストたちと連携し、「コミュニティから発信する映画」をつくることはできないか。そんな思いから、この映画製作がスタートしました。趣旨に賛同してくれた人たちが集まって 2013年に『小名木川物語』製作委員会が発足。数人を除いてスタッフもキャストも映画製作は初めてでしたが、「深川の魅力を映画にしたい」、「等身大の深川の人々を描きたい」、「このまちの歴史と記憶を映像に残したい」という思いで映画づくりを続けました。喪失感を抱えて故郷の深川に帰ってくる「進」を主人公とする劇映画のかたちをとりながら、主要なキャスト以外は、実際に工場や商店を営んでいる深川の人たちに「本人の役」で登場いただき、ドラマとドキュメンタリーが溶け合うような手法をとりました。

本作ではまちと人が織りなす四季折々のさまざま な情景を描くと同時に、「川」と「水」をキーワードに、個人の、そして集団の「喪失と再生」というテーマをバックボーンに据えて描いています。特筆すべきは写真家として長年第一線で活動を続ける大西みつぐ監督の美しい映像です。深川で生まれ育っ た監督は撮影も半分以上担当し、川と橋が作り出す風景や季節のうつろいをカメラに収めました。

主演の徳久ウィリアムと伊宝田隆子はそれぞれ声と身体の表現者として、現在の深川に暮らす主人公を魅力的に演じています。また映画や舞台などで活躍する俳優も出演し、要所要所で映画により豊かな説得力を与えています。そして音楽は日本国内でも指折りの音楽家、演奏家に結集いただき、素晴らしい仕上がりとなりました。最終的には地域や世代の枠を超えてご覧いただく価値のある作品が出来上がったと確信しています。

クランクインから3年半が過ぎ、この間まちの多くの方に撮影協力いただきましたが、ここまでは『小名木川物語』製作委員会による完全な自主映画として撮影資金をやり繰りしながら完成を迎えることとなりました。この「まちから立ち上がる映画」を通して、深川という固有名詞に限定するのではなく、21世紀の私たちが 暮らす「まち」というものを見直してもらえるきっかけになれば、この上ない喜びです。

(2017年1月1日 『小名木川物語』製作委員会)



監督・大西みつぐからのメッセージ

私は隅田川と荒川を結ぶ小名木川にほど近い、当時労働者の人々が暮らす深川の端っこの町で生まれ、18歳までそこで過ごした。戦後を生き抜いてきた父と母からは東京大空襲の体験を聞かされたし、高度経済成長期にあっても貧しい町の現実を目の当たりに見てきた。だからだろうか、それでも庶民は生きねばならないという覚悟にしだいに共鳴していったように思う。

その真ん中に、まさにシンボルのようにずっとまっすぐに流れている小名木川があった。 子どもの頃、橋の上から川を長いこと見ていると妙に心が落ち着いたものだ。町の中を貫く川にしたたかな逞しさを感じたのかもしれない。かつての深川の町を行き過ぎていった人々の面影は、陳腐な表現だが、私にとっては常に走馬灯のイメージとしてある。人も風景も揺れて漂い、消えて現れる。時間と空間を「写真」としてスライスしてきた私がはじめて「映画」という濃厚な時間の流れに身をまかす。

この映画に込める私の想いは、あの震災以後、そしてこの今日的な状況の中で、ともすれば縮こまってしまう私たちに、町を愛し、人を愛するという普通のことが、日本をもっと高 い次元で支えていくのではないだろうかということだ。そこから再生する以外に道はない と思っている。 制作開始からだいぶ長い時間をかけてしまったが、片隅にある普通の町の風景と愛おしい人々を丹念に描いてきたつもりだ。ここから私たちの明日を照射してみたい。


製作の経緯

映画を作ろう、しかも「地元」の人たちだけで。そんな話が持ち上がったのは2012年、深川神明宮の本祭りで写真家の大西みつぐさんと神輿を担いだときでした。勇壮な水掛け、担ぎ手たちのエネルギー、そして夏の光のなか、蜃気楼のように見えた着物姿の女性。「絵になるなあ」という写真家のつぶやきから、『小名木川物語』の製作がスタートしました。まさか3年もかけて長編映画を撮ることになるとは、そのときは思いもよりませんでした。

「まち」を撮るのだから「まち」の人で作ろう。ボイスパフォーマーの徳久ウィリアムさん、美術家の伊宝田隆子さんが出演を快諾。スタッフにもクリエイターや音楽家など多士済々が集まり、『小名木川物語』製作委員会が立ち上がりました。「お江戸深川さくらまつり」の新内流しを皮切りに、小名木川の川施餓鬼灯籠流し、深川の神輿巡幸などさまざまな風景をカメラに収めました。ただ映画製作はスタッフのほとんどが初めてで、いろいろありました。でも、みんなが映画作りを学びながら、いつの間にか、専門家ではないからこそユニークな「大西組」ができていきました。

何より嬉しかったのは、深川の地元の人たちが「本人の役」で出演してくれたことです。『小名木川物語』は劇映画ですが、ドキュメンタリーでもあります。まったく新しい「まちから立ち上がるローカルムービー」が出来たと思います。「まち」で映画を作ることができたことを幸せに思っています。21世紀は人々がつながりを失い、浮遊しているとも言われます。『小名木川物語』は「まち」と「つながり」を静かに描きました。この映画を通して、深川という固有名詞に限定するのではなく、21世紀の私たちが暮らす「まち」というものを考えてもらえるきっかけになれば、この上ない喜びです。(製作・東海亮樹)



2回目となる4月9日(日)江東区古石場文化センターでの上映会ですが、チケットは3月10日発売です(インターネットでの予約は3月11日0時開始です)。


18;30開場 19:00開演/第1部 上映(90分)第2部 舞台挨拶と出演者によるミニライブ/21:15終演予定
前売り1,000円。当日1,500円です。


予約満席の場合は当日券が出ない可能性があります。あらかじめご了承くださいませ。


チケットの予約方法は、取扱い先の「江東区文化コミュニティ財団」のサイトに
掲載されています。
https://www.kcf.or.jp/yoyaku/ticket/


4月9日の上映会については次の3つの方法があります。

1. 会場の古石場文化センターに電話予約 03-5620-0224
2. 古石場文化センターや江東区のチケット取扱施設の窓口での予約
3. インターネットでの予約 (こちらはお手数ですが別途会員登録が必要です)
ご予約後、一週間以内に
1.各施設の窓口でお支払→チケット引取
2.銀行にお振込→チケット郵送

となります。


(遠方の方は、上映会当日に会場受付でのご精算、引取も可能な場合があります。
会場にお問い合わせください。)


受付時間です。
◆チケット発売日
・新発売のチケット
電話 10:00~21:00
窓口 13:00~21:00(※1)
インターネット・携帯サイト 翌日午前0時~
・発売中のチケット
電話・窓口 9:00~21:00(※1)
インターネット・携帯サイト 24時間


◆チケット発売日以外
電話・窓口 9:00~21:00(※1)
インターネット・携帯サイト 24時間

※1 深川江戸資料館の電話および窓口受付時間は17:00までとなります。






[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-03-07 16:42 | その他お知らせ

植田正治氏 展覧会「かたち」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

植田正治写真美術館にて、植田正治氏の展覧会が開催中です。


かたち

b0187229_16282921.png

以下リンクより

植田正治(1913-2000)の作品の中に1950年代に撮影された「かたち」と呼ばれる作品群があります。主に民具や民家の一部などを被写体とし、その本来の用途とは別に、ユニークなかたちに着目したイメージの数々です。これらの作品は、発表当時にシリーズ〈かたち〉といった名称で発表されたものではありませんが、植田自身が晩年にこれらの作品を〈かたち〉と呼んでいたため、このシリーズ名が定着しました。
植田にとって1950年代は、独自のスタイルである砂浜や砂丘での演出写真から離れ、あらたな表現を模索していた時期であったと言えます。砂丘という特殊な空間から離れ、身近な民具や山陰の風景などに着目し、さまざまな表現を試行錯誤することは、のちに高く評価される〈童暦〉のシリーズへの序章であったようにも感じます。もちろん、植田の作品には、戦前から被写体のフォルムや画面構成を強く意識した作品が多く見られ、その傾向は80年代のファッション写真、そして晩年まで変わることはありませんでした。
今回の展覧会では、これまであまり注目されることのなかったシリーズ〈かたち〉と呼ばれる作品群、および同時期に撮影された風景を中心に、初期から晩年までの植田の造形的なまなざしに注目し、紹介します。

【主な出品作品】

・砂丘ヌード 1951年
・シリーズ〈かたち〉より 1952-58年
・シリーズ〈童暦〉より 1959-70年
・シリーズ〈小さい伝記〉より 1974-85年


*********************************

会   期〇平成29年3月1日(水)-6月4日(日)

開館時間〇午前9時から午後5時(入館は閉館30分前まで)

休 館 日〇火曜日(祝祭日の場合は翌日)、5月2日(火)開館

会   場〇植田正治写真美術館
      鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3 〒689-4107
      tel. 0859-39-8000 fax. 0859-68-3600

入 館 料〇一般900円(800円)、高校・大学生500円(400円)、小・中学生300円(200円)
     ( )内は20名以上の団体料金です






[PR]
# by higashikawa_blog | 2017-03-07 16:34 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31