東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

鈴木理策氏 展覧会「モネ それからの100年」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

横浜美術館にて開催中の展覧会「モネ それからの100年」に、鈴木理策氏が出品しております。


モネ それからの100年

b0187229_11165966.png


以下リンクより

印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。

躍動する線。響きあう色。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し。風景にもぐり込んでいくようなクローズアップによって、描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広がり――こうしたモネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれています。

本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。

なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。本展を通じて、皆さまがそれぞれの「好き」の理由を見つけてくださることを願っています。



日本初公開作品も!
モネの絵画の魅力をさまざまな切り口から再発見。

日本初公開の知られざる作品を含むモネの絵画25点を展示。モネの画業の変遷をたどりながら、そこに通底する特質を捉えなおし、時代を超えて愛されるモネの芸術の魅力に迫ります。


ロスコ、ウォーホル、リキテンスタイン・・・
20世紀アートとモネを一緒に楽しめる!

アメリカ抽象表現主義の代表的画家マーク・ロスコやモーリス・ルイスをはじめ、1950年代以降の絵画を展示し、「モダンアートの先駆者」と称されるモネの芸術の革新性を浮き彫りにします。


本展のための新作も!
今日の多様なアートに、モネとの共鳴を見出す。

現在活躍中のアーティストの作品も、新作を含め多数展示。絵画のみならず、版画・写真・映像など幅広い分野の現代アートに、モネの芸術との時代・地域・ジャンルを超えたつながりを見出します。



***************************

2018年7月14日(土)9月24日(月・休)
午前10時~午後6時
※ただし9月14日(金)、15日(土)は午後8時30分まで
※入館は閉館の30分前まで
休館:木曜日(8月16日は開館)
観覧料:一般 ¥1600、大学高校生 ¥1200、中学生 ¥600
横浜美術館 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-07-15 11:24 | 受賞作家関連

東川賞受賞作家展キュレーター 楠本亜紀氏ブログ「バンクーバーの現代写真 フォトコンセプチュアリズム、ポストコンセプチュアルフォトとその後 」


東川賞受賞作家展キュレーター 楠本亜紀氏によるブログが更新されました。

本年度の東川賞海外作家賞対象国であるカナダ・バンクーバーの現代写真について書かれています。
https://curatory.exblog.jp/27386415/



バンクーバーの現代写真
フォトコンセプチュアリズム、ポストコンセプチュアルフォトとその後



b0187229_16362622.jpg
たくさんのボートが停泊するフォールス・クリークから見たバンクーバー中心街

今年の東川賞海外作家賞対象国はカナダだ。カナダは1994年の第10回目で対象国になっているが、このところ北米が対象となっていなかったこともあり、(といっても、北米の対象となるのはカナダとアメリカ合衆国だけで、アメリカはすでに4回対象国となっている。)再度対象国となった。前回の授賞者はモントリオールで活躍するミッシェル・カンポウ。今年の受賞者であるマリアン・ぺナー・バンクロフトはバンクーバー出身だ。

カナダは多文化社会で、トロント、オタワ、モントリオール、ケベック、ハリファックス、ウィニペグ、バンクーバー等を中心としながら、それぞれの地方で独自の文化圏を作っている。たとえばフランス語圏であるモントリオールでは主観的で抒情的な傾向の写真が強く、バンクーバーでは理知的な傾向があるといわれている。特にバンクーバーはフォトコンセプチュアリズムのメッカとして、国際的にも評価が高く、ジェフ・ウォールらを中心とする、フォトコンセプチュアリズムあるいは、ポストコンセプチュアルフォトの「バンクーバー・スクール」という言葉をいろいろなところで耳にする。

だが、フォトコンセプチュアリズムは1960年代後半から1970年代はじめ頃まで盛んだった、コンセプチュアル・アートの文脈で写真を用いた作品で注目された活動に対する呼称とされているし、バンクーバー・スクールは主に1970年代後半か80年代以降にバンクーバーで活躍した、ジェフ・ウォールやイアン・ウォレスとその流れをくむ写真家たちを指すものとされている。

どうして時期がずれる内容の二つがバンクーバー・スクールを形容するものとして使われるのか? バンクーバー・スクールはどういったグループなのか? 昨年11月にバンクーバーにリサーチに訪れた際には、こうした問いがずっと頭を巡っていた。短期間のリサーチで確たることは言える立場にはないのだが、そこで得た知見や資料にあたりながら、フォトコンセプチュアリズム、ポストコンセプチュアルフォト、バンクーバー・スクールはどのように重なりあい、現代のバンクーバーのアート写真の現場はどのような状況にあるかについてのイントロダクションを試みる。

b0187229_16372525.jpg
UBC人類博物館
先住民から簒奪したと思われる
由来も定かでない収蔵品について、ポストコロニアリズムの視点から、
近代が生み出した博物館システムについて自己批判するキャプションがつけられていたのが印象的だった。

~後略~

全文は下記リンクより

https://curatory.exblog.jp/27386415/



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-07-11 16:43 | その他お知らせ

石川直樹氏 トークイベント「石川直樹(写真家)×佐々木俊尚」


東川賞受賞作家 トークイベントのお知らせ

ココラブルにて、石川直樹氏のトークイベントが開催されます。


石川直樹(写真家)×佐々木俊尚


b0187229_14435609.jpg


以下リンクより

こんにちは。SUSONO運営チームです。

7月のテーマ「旅する」に関するコンテンツをご紹介します!


石川直樹さんと佐々木俊尚さんが「旅する」をテーマにトークを繰り広げます。


石川直樹(写真家)

1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、著書『極北へ』(毎日新聞出版)がある。2018年9月8日〜11月4日、北九州市立美術館にて大規模な個展『この星の光の地図を写す』を開催予定。



SUSONOについて

このたび、これからの心地よい暮らしや社会についてともに考え、暮らしをもっと楽しむためのコミュニティ「SUSONO(すその)」を発足しました。

SUSONOは、佐々木俊尚「21世紀の教養を身につける議論型コミュニティLIFE MAKERS」と松浦弥太郎「くらしのきほん」×「灯台もと暮らし」×「箱庭」のメディア集合体「スチーヴ」が一つになり、より広い分野で、ゆるやかにつながりながら、新しい暮らしの文化圏を作ろうというプロジェクトです。

「LIFE MAKERS」も「スチーヴ」も共に、私たちが“地に足つけて心豊かに暮らせるには、どのようなコトや情報が必要なのか”を、考え、学び、楽しみながら活動してきました。両者は非常に相性が良く、今回仲間となることで、より楽しみの幅が広がるのではないかと考えました。

  • 佐々木俊尚の21世紀の教養を身につけるためのアカデミックな活動
  • 松浦弥太郎「くらしのきほん」の心にやさしく語り掛ける日々の食やくらしの様子
  • 「灯台もと暮らし」の地方の暮らしも含めた、新しい生き方や働き方の発信
  • 「箱庭」の女性クリエイターのためのライフスタイル提案

これらが一つになって活動する。みなさん、なんだかワクワクしませんか?

それぞれ確固たる個性を持ちながらも、似たような文化感や価値観を持ち合わせているので、まるで山の裾野が広がっていくように、新しい文化圏を作っていけると信じています。

活動のテーマは 「住む」「食べる」「装う」「働く」「整える」「観る・聴く」「旅する」「集う」「伝える」「動く」「表現する」「読む」 など多岐にわたります。

もちろん人によっては「これは好きだけど、これには興味ない…」と思われるかもしれませんが、「自分はこれ」と決めつけすぎて視野が狭くなったり、情報や生き方が偏ってしまうこともあります。少しづつ自分とは違う価値観を受け入れ、多様性を身につけることも、これからの時代を楽しむために必要なのではないでしょうか。

『SUSONO』は、大きくは同じ方向性を向いている、でも多様性を受け入れより人生の幅を広げてくれる、そんな理想のカタチを実現させました。また、特定の個人が主体ということではなく、運営メンバー、賛同くださる仲間たちみんなが主体となった場、ひとりひとりがコミュニティを彩っていくことを理想とし、活動していきます。

「わたしたちの"居場所"はココだったんだ」
「新しい"仲間"はココにいたのか」
「ここから新しい"文化圏"が生まれていくんですね」

そう思っていただける『SUSONO』をつくっていきますので、みなさんお気軽にご参加ください!



*********************************
2018年7月25日(水)19:30〜21:45(受付:19:00~)
会場:ココラブル 東京都渋谷区渋谷2丁目3−6 SGSSSビル 5F
定員:60名
お申込みは下記リンクより



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-07-10 14:51 | 受賞作家関連

百々俊二氏 展覧会「地平」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

CASE TOKYOにて開催中の展覧会「地平」に、受賞作家 百々俊二氏が出展しています。
また、元フォトふれ 浦芝眞史さんも展覧会に参加しています。

地平

b0187229_14293189.png

以下リンクより


CASE TOKYOでは6月30日から8月3日まで、『地平』の復刊にあわせ「地平」展を開催いたします。
『地平』は1972年4月に創刊以降、第10号まで5年間にわたり刊行された写真同人誌です。当時、大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校・大阪)の教員を務めていた百々俊二を中心に、博多を拠点に写真活動をしていた20~24歳の学生・教員仲間とともに制作、刊行されました。激動の社会情勢を背景に、日本における写真表現が大きく揺れ動いた時代。メンバーのひとり黒沼康一は、『地平』が発信するメッセージを次のような言葉で表しています。

カメラはぼくらの武器だ。自己表現に終止する回路を断て。写真は閉塞した感性を脅す凶器のようなものです。見たいのはきみの写真でなく、きみの写真が開示する世界なのです。

今は亡き黒沼の残したアジテーションは時代を超え、今を生きる写真家たちをも共感させ挑発しました。そうして、1977年9月に休刊以降、41年の時を経て『地平』の復刊が決定。百々を含め、20~70代の各世代の写真家7名が集まり、「大阪」をキーワードに2ヶ月間の撮影を決行しました。メンバーには、百々俊二、阿部淳、野口靖子、山田省吾、松岡小智、赤鹿麻耶、浦芝眞史。各世代、各写真家の写真表現のアプローチが何を生み出すか。会場では、写真集に未収録の作品も展示いたします。


Artist

百々俊二 Shunji DODO

阿部淳 Jun ABE

野口靖子 Yasuko NOGUCHI

山田省吾 Shogo YAMADA

松岡小智 Kosato MATSUOKA

赤鹿麻耶 Maya AKASHIKA

浦芝眞史 Masashi URASHIBA



***************************
6月30日(土) — 8月4日(土)
開廊時間:火〜土/11:00-19:00
休廊日:月・日・祝祭日
CASE TOKYO 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-3 渋谷アイビスビルB1





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-07-08 14:31 | 受賞作家関連

池田葉子氏 受賞「第1回ALPA AWARD」


東川賞受賞作家 池田葉子氏が、第1回ALPA AWARDを受賞しました!

b0187229_14233551.jpg
©Yoko Ikeda


以下リンクより

YOKO IKEDA IS HONOURED WITH THE "ALPA AWARD 2018"

池田葉子さんがPhoto Baselにおいて、スイスのカメラメーカー・ALPA主催の第1回ALPA AWARD を受賞しました。

先般、Photo Baselの記事で池田葉子さんの作品が大きく報道され、話題となっていました。今後は益々国際的に活躍が期待されます。



06.2018 - ALPA und photo basel freuen sich, die japanische Fotografin Yoko Ikeda als erste Preisträgerin des "ALPA Award" bekannt zu geben. In Zusammenarbeit mit einem Zürcher Privatsammler verleihen ALPA und Photo Basel einen Preis für den herausragendsten Künstler der photo basel, den ALPA AWARD 2018. Dieses Jahr wird der ALPA AWARD zum ersten Mal verliehen, ist aber als wiederkehrender Bestandteil der photo basel gedacht. Yoko Ikeda, die Gewinnerin des ALPA AWARD, wurde gestern bei photo basel bekannt gegeben und eine Arbeit wird von der Galerie, die den Künstler vertritt, vom privaten Sammler erworben. Zusätzlich überreicht ALPA® der Gewinnerin einen Geldpreis oder ein ALPA® Kamerasystem.







[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-07-08 14:26 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31