東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

石川直樹氏 展覧会「コレクション展Ⅱ LANDSCAPE」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

新潟市美術館にて開催中の展覧会「コレクション展Ⅱ LANDSCAPE」に、石川直樹氏が出展しております。


コレクション展Ⅱ LANDSCAPE

b0187229_14115617.jpg


以下リンクより



出展作家:吉原悠博 石川直樹 阪田清子 大岩オスカール 霜鳥健二 冨井大裕 磯辺行久

 「水と土の芸術祭2018」(通称「水土〔みずつち〕」、714日〜108日)が開催されるのにあわせ、当館の所蔵作品から、これまで同フェスティバルに参加してきた作家の作品を紹介します。

 テーマは「風景(landscape〔英語〕)」。「水土」では、アーティストたちは新潟という場をつぶさに観察し、市内で制作・発表することの意味を深く考え、得た着想を自分なりの手法で表してきました。そこには、作家の数だけの“新潟”という「土地(land)に対する視点(scape*)」が提示されていると言えます。

 風景は、広く古今東西の芸術家に創作のタネを提供し続けてきました。当館のコレクションを見渡してみても、風景を主題に、この100年近くの間に国内外で多様な表現が生み出されてきたことがわかります。今回は特に、「水土」の作家たちが着目した風景の5つのエッセンス―「人と自然」「距離」「経験」「時間」「抽象と具象」―が浮かび上がるような所蔵品を取り合わせてみました。

 作家たちの感度の高い目を借りて周囲を見てみれば、見慣れたはずの環境から、私たちも新しい視点で風景を切り取ることができるようになるかもしれません。

*=英語で、「視界・視野」を表す接尾語。



******************************
2018年08月07日(火)-12月02日(日)
午前9時30分~午後6時(観覧券の販売は午後5時30分まで)
休館:月曜日(ただし8月13日、9月17・24日(祝)は開館)
、9月18日(火)、9月25日(火)~10月9日(火)、10月16日(火)、10月23日(火)~11月2日(金)
観覧料:一般200円(160円)、大学生・高校生150円(110円)、中学生・小学生100円(70円)

()内は団体(20名以上)料金

新潟市美術館 〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 14:15 | 受賞作家関連

糸崎公朗氏 グループ展「グロイスフィッシングクラブ 鯛(たい) 切断芸術運動としてのシミュレーショニズム」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

なかのZEROにて開催されるグループ展「グロイスフィッシングクラブ 鯛(たい) 切断芸術運動としてのシミュレーショニズム」に、糸崎公朗氏が参加いたします。


グロイスフィッシングクラブ鯛(たい)切断芸術運動としてのシミュレーショニズム
b0187229_14045226.jpg


****************************
会期:9/24(月祝)17時〜30(日)17時まで
時間:25(火)〜29(土)は11時〜20時
会場:なかのZERO 〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9番7号
トークイベント:30(日)14時から







[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 14:07 | 受賞作家関連

さがみはら写真賞


フォトシティさがみはらの受賞者が発表されました。


さがみはら写真賞には、歴代受賞作家の露口啓二氏が受賞しました。


b0187229_13311670.jpg
©Keiji Tsuyuguchi


露口啓二

1950年 徳島県生まれ
1999年より 「地名」シリーズの撮影を開始
2002年 「現代日本の写真 Black Out展」に「地名」を出品(日本文化会館・パリ、ローマ)
2004年 「ノンセクト・ラディカル- 現代の写真3.-展」に「地名」を出品(横浜美術館・横浜)
2009年 「ICANOF2009 Blinks of Blots and Blanks」に、「地名」「ミズノチズ」「ON_沙流川」を出品(八戸市美術館・八戸市)
2011年より 「自然史」の制作を開始
2012年 《Natural History(倉石信乃との共作)》を「SNOWSCAPE MOERE-再生する風景-」展に出品
2014年 札幌国際芸術祭にインスタレーション作品「Map of Water」を出品、同時に写真展「自然史—北海道・福島・徳島」を開催(CAI01・札幌)



さがみはら写真新人奨励賞には、本年度の東川賞新人作家賞受賞者 吉野英理香氏が受賞。


b0187229_13325676.jpg
©Erika Yoshino



吉野英理香

1970年 埼玉県本庄市生まれ
1994年 東京綜合写真専門学校卒業

個展

2001年 「Max Is Making Wax」ビューイングルーム四谷 ユミコ チバ アソシエイツ(東京)
2008年 「Eleanor Rigby」横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川)
2011年 「Just Like on the Radio」Port Gallery T(大阪)
2012年 「Digitalis」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京)
2016年 「NEROLI」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京)
2018年 「MARBLE」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京)


グループ展

2001年 「Polypolis: Art from Asian Pacific Megacities」Kunsthaus Hamburg(ハンブルグ)
2002年 「Black Out: Contemporary Japanese Photography」ローマ日本文化会館(ローマ)
その後パリ・東京に巡回
「Eleven & Eleven: Korea Japan Contemporary Art」省谷美術館(ソウル)
2004年 「Nonchalant」4-F Gallery(ロサンゼルス)
2013年 「ジャパニーズ・フォトグラフィー 戦後 – 現在」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/
フィルム(東京)
2014年 グループ展、タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京)
2016年 「Black Sun/Red Moon: Pictures from Japan」Ratio 3(サンフランシスコ)
2017年 「無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14」東京都写真美術館(東京)
2018年 第34回東川町受賞作家作品展(北海道)


パブリック・コレクション

東京都写真美術館


受賞歴

2018年 第34回写真の町東川賞 新人作家賞











[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 13:36 | 受賞作家関連

オノデラユキ氏 展覧会「The Bird Escaped from Camera Where to Go?」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Vanguard Galleryにて、オノデラユキ氏の展覧会が開催中です。



The Bird Escaped from Camera Where to Go?

b0187229_13140277.jpg


以下リンクより

Vanguard Gallery is delighted to announce Japanese artist Yuki Onodera’s solo exhibition, The Bird Escaped from Camera Where to Go?, is opening on September 18th, 2018.

The works of Yuki Onodera have long been companied with comments such as “unbelievable”, “fantastic”, and even “obscure”. Her works have never focused on things which bear explicit reference visibly, but contain her personal experiences subtly.

In Study for Image à la sauvette, the squeezed and crushed pet bottles has remained their nature as containers in the series of seemingly contingent reshaping process. Instead of “a photography artistic work”, it seems more appropriate to characterize it as a “photographic record of a work”. The painted pale green pigment bursting out of the bottle has re-enhanced the uncertainty and contingency of the pet bottle’s transformation as a personal experience. In How to make a Pearl, Onodera recalled people’s recognition of the existence of camera between the photographer and subjects by inserting a glass marble between her lenses, while we are made aware of subconscious acts that we normally would not mind. The enlarged grains, created chemically during development process, powerfully lifted the people out of the surrounding darkness in the sharp relief and echos the lofting while “pearl” up above. The artist further pursued her artistic practice in the manner of a craftsman through Muybridges Twist series: these giant photographies of twisted bodies becomes materials to be cut, enlarged and rearranged deliberately and made into a collage. As the 19th century British photographer Eadweard Muybridge made history with his series of images that break down motion, Onodera tries to record the unconscious moves of her “Twist dancer” by choreographing the figure with rearranged photographed materials and collage. Her latest work Architectural Bodies and Events has continued her creative practice in Muybridges Twist, which employed collage, painting and large scale gelatin silver prints. She photographed portraits of a vast selection of architectures from different cultural, historical and geographical backgrounds, dismembered them into cutouts, rearranged parts of these architectures as body parts and regrouped them in order to build a surrealistic fantasy landscape. It is surprising that the end result of such recreation can reach an unexpected level of harmony, where we are amazed by the blending consistency among these architectural bodies.

Through processing, twisting and reforming, Yuki Onodera defamiliarizes ordinary images thus highlights features of image language itself. The subtle personal experience she expresses through her works, as if a bird, has escaped from the cage made by cameras, in which photography is the only specified media can be employed, yet where to go?



****************************

Duration: September 18th – October 26th, 2018

Address: Vanguard Gallery, Rm204, Bldg 4A, 50 Moganshan Rd, Shanghai

Tel:+86 21 52522551

www.vanguardgallery.com





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 13:15 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「植田正治回顧展」



東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

三影堂撮影芸術中心にて、植田正治氏の展覧会が始まりました。


植田正治回顧展

b0187229_13035165.png


以下リンクより

砂丘を舞台に数多くの傑作写真を生み出し、日本のみならず世界の写真史上に独自の足跡を残した植田正治(1913-2000)。この時代、日本の写真の潮流であったリアリズム写真運動に与することなく、終生、生まれ故郷の山陰にとどまって「写真する」歓びを追求し続けた写真家が生み出したモダニズムあふれる作品は、海外でもUeda-cho(植田調)と称され、国外も高い評価を受けています。
青年期に西洋アヴァンギャルドの洗礼を受けた植田正治は、地元で写真館を営む一方、制約なしに自己の表現を追求するアマチュア精神を貫きました。自宅近くの砂浜に家族や身近な人々をあたかもチェスの駒のように配して撮影した〈演出写真〉の緊密な構図はもとより、70歳から取り組んだシリーズ「砂丘モード」に代表されるファッション写真や商業写真など、脈々と築き上げた写真世界は、時代も世代も超えた支持を集め続けています。植田がもっとも好んだ被写体は、生まれ育った山陰の風景や事物でしたが、その写真は風土性や時代を超える普遍性をたたえており、見る者に新鮮な驚きと深い感動を呼び起こしてやみません。

中国で初めての大規模な回顧展となる本展では、植田正治の代名詞ともいえる砂丘を舞台にした作品から、再評価の契機となったファッション写真まで、初期から晩年にいたる代表作144点を展示し、その表現世界に迫ります。



******************************


会 場 :三影堂撮影芸術中心
     (Three Shadows Photography Art Center)
     155A Caochangdi, Chaoyang District, Beijing, China
     URL: https://www.threeshadows.cn/
会 期 :2018年9月23日(日)~ 11月25日(日)
開館時間:10:00~18:00
入場料 :一般 60元、ネット予約50元、学生・教師35元
      ※12歳以下、また70歳以上は無料。団体の場合は一人30元
休館日 :毎週月曜日
主 催 :三影堂撮影芸術中心
協 力 :
植田正治事務所
助 成 :
国際交流基金
キュレーター:佐藤正子(コンタクト)






[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-09-24 13:05 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30