東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

立木義浩氏 展覧会「舌出し天使」


BOOKMARCにて、写真甲子園 審査委員長の立木義浩氏の展覧会が開催されます。


舌出し天使

b0187229_12221617.png
©Yoshihiro Ttsuki


以下リンクより

ファッション、ポートレート、スポーツ、スナップ、風景などさまざまなジャンルで戦後活躍した日本を代表する写真家・立木義浩。1965年に発表されたデビュー作「舌出し天使」の写真集出版記念展が、神宮前・BOOKMARCで11月17日(土)から開催される。

「舌出し天使」は、1965年4月号『カメラ毎日』に巻頭56ページにわたって発表され、大きな話題を呼んだ。一人の女性の日常に寄り添い、ドキュメントとユーモアが同居する写真は大変センセーショナルだった。立木は当時27歳、本作で日本写真家批評家協会新人賞を受賞している。

それから50年以上の歳月を経て、写真集として蘇った『舌出し天使』。当時発表された作品に、未収録のカットを加えて構成されている。

本展では、1960年代の時代の空気のみならず、いまも決して色あせることのない新鮮な魅力、はじけるような躍動感を秘めた作品を楽しむことができる。会期前日の11月16日(金)にはオープニングレセプションとサイン会が行われる。



****************************
2018年11⽉17⽇(⼟)~11⽉25⽇(⽇)
12:00~19:00
BOOKMARC 東京都渋谷区神宮前4-26-14




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-11-11 12:27 | その他お知らせ

尾仲浩二氏 展覧会「Shinjuku 80’s CAMP」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

in)(between galleryにて、尾仲浩二氏の展覧会が開催中です。


Shinjuku 80’s CAMP

b0187229_13135913.png


in)(between record vol 37.


Exposition du 8 novembre au 1 décembre (sous réserve) ou 22 décembre

Vernissage en présence de l'artiste ++++ Signatures Livres photo « Japanese night vol. 6 »

Samedi 10 novembre 2018 - de 19h30 à 22h


Koji Onaka - figure incontournable de la scène photographique japonaise, pour sa troisième exposition personnelle à la galerie in)(between Koji présente ses souvenirs photographiques plus intimes des années 80, alors qu'il était membre du CAMP, il partageait ces années avec Daido Moriyama, Takuma Nakahira, Masahisa Fukase, Hiroyasu Nakai, Susumu Fujita et bien d'autres.

Cette exposition regroupe ses souvenirs de jeunesse à Shinjuku - une outtake de souvenirs inédits - il a vécu à Shinjuku de 1982 à 1994. Sa vie se résumait à Shinjuku, CAMP, amis, Golden-gai, jobs à temps partiel, un petit appartement et KAIDO.

- Dans les rues de "Shinjuku à cette époque", il y avait 2 personnes, Koji kun; funky-groovy et fringant et Onaka kun; découragé par l'angoisse existentielle. – Daido Moriyama

あの頃の新宿の路上には、颯爽とした浩二君 と、鬱然たる 尾仲君 の 二人が立っていた。


Pour in)(between record vol 37 Koji vient à Paris avec deux livres, "memories of younger days in Shinjuku - Souvenirs de la jeunesse à Shinjuku", un nouveau livre avec des photos inédits. Et la deuxième édition de Extra Hard, ses œuvres lors du CAMP.

memories of younger days in Shinjuku

Couverture rigide, N & B 96 pages, 1ère édition 600

Ce livre est mes souvenirs de Shinjuku, - CAMP, ses rues, mes amis, ses bars, ses galeries, ma chambre et KAIDO - "my memories of younger days in Shinjuku" Koji Onaka

Koji Onaka a commencé sa carrière en 1982 en tant qu’indépendant et très tôt affirmé son style photographique. Sa passion pour la photographie naît de sa découverte des images de la série Tales of Tono de Daido Moriyama. Stupéfait par la singularité de son regard et par le sentiment de nostalgie qui émane des tirages contrastés, il quitte sa ville natale de Nogata pour rejoindre le Tokyo Photography College où le maître enseigne. Son désir d’entrer en contact avec Moriyama le pousse à faire ses marques dans le monde de la photographie et à rejoindre la galerie CAMP. Ses images en noir et blanc nuancés de gris fumés, puis en couleur ont fait l’objet de très nombreuses expositions personnelles et collectives ainsi que de publications au Japon et en Europe.

En marge de son travail personnel, Koji Onaka soutient les jeunes photographes japonais comme l’ont fait pour lui les artistes de la galerie CAMP à ses débuts. Responsable de la galerie Kaido puis du magazine photo du même nom, il dirige également la maison d’édition Matatabi.



****************************

From 8-Nov to Dec-1 2018

in)(between

39 Rue Chapon

75003 Paris

France





[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-11-09 13:21 | 受賞作家関連

黒田菜月さん 展覧会「みえるもの みえないもの」



フォトふれ 展覧会のお知らせ

ギャラリーかれんにて開催中の展覧会「みえるもの みえないもの」に、黒田菜月さんが出展しています。


みえるもの みえないもの

b0187229_12580754.jpg


以下リンクより

今年のかれん秋の企画展は、かれんでアート活動に参加しているメンバーの作品と、写真家の写真作品、また、視覚障がいのある方が撮影した写真作品を展示します。

 写真家の尾﨑さんは、7年前から「視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室」を開催しています。都内やその近郊の公園で撮影会を行い、そこで撮った写真を特殊な印刷方法を使い、凸凹のある画面になるようにプリントして撮影者の方にお渡ししています。その活動の中で「見えない世界よりも、もっと見える世界を知りたい」や「視覚障がいのある方の話を聞きたい」という意見が参加者からあったそうです。

 今回のタイトル「みえるもの みえないもの」はそういった声をきっかけに、自分たちを取り巻くについてもう一度考えてみようと生まれました。それぞれの作品を通して「みえるもの みえないもの」について、みなさんも一緒に探ってみませんか。



※11/17日(土) 12:00~17:00
「視覚障害者と一緒に楽しむ写真教室」10:00~12:00
「 トークイベント」13:00〜15:00


■出品作家:青木芳江、荒井麻理子、井桁由美子、磯部涼、市川裕子、稲垣真理子、宇都口竜太、大久保潤、尾﨑大輔、太田弘、大場かずみ、加藤瑠衣、金井清香、川戸由紀、北島大輝、紀成道、玖村佳恵、黑田菜月、齋藤陽道、斎藤実来、佐久間里美、品川太成、清水裕貴、進藤環、鈴木孝一、竹植耕平、寺田美奈、長岡彩、成富幸、西尾憲一、西岡めぐみ、飛岡悠太、平子知美、渕上さおり、牧島美帆、水脇理恵、百田佳恵、盛山麻奈美、八城勢津子、山崎雄策



******************************

■会期:2018年11月6日(火)~17日(土)
    休廊 11/11日(日)
■時間:10:30~17:30
    11/10日(土) 12:00~16:00
■会場:ギャラリーかれん

   横浜市港北区大倉山1-11-4




[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-11-09 13:03 | フォトフレンド

赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2018 グランプリ みくになえ 写真展 開催のお知らせ

第34回東川町国際フォトフェスティバル
赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2018にてグランプリを受賞された
みくに なえ さんの写真展が、72 Gallery にて開催されます。

b0187229_22341786.jpg


第34回東川町国際フォトフェスティバル
赤レンガ公開ポートフォリオオーディション2018グランプリ

みくになえ Photo Exhibition
「glare」

会期:2018年11月14日(水)ー11月25日(日)
   12時〜19時(最終日は17時まで)
   月・火 休館
会場:TOYKO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY 72Gallery

○トークイベント
2018年11月17日(土) 18時〜
みくになえさんと赤レンガポートフォリオオーディション審査員によるトークが行われます。



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-11-08 22:40

東川ストリートギャラリー2018グランプリ 小西正敏写真展のおしらせ

第34回東川国際フォトフェスティバル
東川ストリートギャラリー2018にてグランプリを受賞された小西 正敏さんの写真展が
東川町文化ギャラリーにて開催されます。



b0187229_22055025.jpg
b0187229_22064486.jpg
第34回東川国際フォトフェスティバル
東川ストリートギャラリー2018グランプリ

小西 正敏 写真展
「North Life」

会期:2018年11月28日(水)ー12月12日(水)
   10時〜17時(最終日は15時まで)
会場:東川町文化ギャラリー



[PR]
# by higashikawa_blog | 2018-11-08 22:18
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30