東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

鈴木のぞみさん 展覧会「CSP5 志向と選択」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

東京造形大学付属美術館にて開催中の展覧会「CSP5 志向と選択」に、鈴木のぞみさんが出展しています。


CSP5 志向と選択


b0187229_17391557.jpg

以下リンクより


「志向と選択」
CSP(Creative Spiral Project)は、東京造形大学美術学科教員が主体となり、東京造形大学卒業の芸術家の発表支援と活動記録の蓄積を通じて、新たな芸術表現の育成と社会還元を行うことを目的としたプロジェクトです。2013 年から始まった CSP の第 5 回展は「CSP5 志向と選択」です。

現代社会は多くのモノやコトに埋もれています。さらに近年、インターネットやスマートフォンの 普及によって伝達手段や接触回数が増えたことで、より多くの情報が瞬時に流れるようになり、個と社会の関係やコミュニティにも影響を与えるようになってきました。世界中で同時多発的に発生 している多くのデジタル化された情報は、加工と反復を繰り返し、質と量を変えながら社会を流動 しています。このような遠隔的で実体感のない情報を、人はどれだけリアリティを持って受容して いるのでしょうか。不確かな情報が目の前に押し寄せている現在においては、われわれにとって「選択する」ことがカギとなっているように思います。そして選ぶためには、「志向」つまり精神が物事を目指す根源が重要になってくるのだと考えます。

今回参加する鈴木のぞみ、五月女哲平、髙田安規子・政子、樋口明宏らの作品からは、この情報過 多の社会の中で多くの事象や事物と共存した強固なリアリティが感じ取れます。彼らの作品に内存する「絵画」や「彫刻」は、作家が思考を表すための手段の一つではなく、彼らの個としての価値 観、環境、経験、記憶が幾重にも重なり、複雑に絡み合った思考の奥底にある表現媒体の中核から 発生するものなのだと考えます。その中核を抽出し、現代社会の中で彼らの「選択する」ための揺 らぎのない「志向」のありかたに触れることで、作家としてのリアリティを確認できるのではない でしょうか。本企画において、作家それぞれの日常と変化する社会の境界で、救心と拡張の反復から得た感覚を「志向」と「選択」という視点から考えます。社会との対話の痕跡とも言える作品か ら、彼らの見えない意思の全容に接近したいと思います。


***************************
会期:2018 年 9 月 13 日(木)~10 月 9 日(火)
休館日:日曜・祝日・9 月 20 日・9 月 26 日
※9 月 17 日(月・祝)、9 月 24 日(月・祝)は開館
開館時間:10:00-16:30(入館は 16:00 まで)
入館無料
東京造形大学付属美術館 〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-09-14 17:42 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30