人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

山元彩香さん「We are Made of Grass, Soil, and Trees」出版記念トーク&サイン会


フォトふれ 出版記念トークのお知らせ

梅田 蔦屋書店にて、山元彩香さんの写真集出版記念トーク&サイン会が開催されます。
聞き手は、こちらも歴代フォトふれ 片岡俊さん(梅田 蔦屋書店・写真コンシェルジュ)です!



「We are Made of Grass, Soil, and Trees」出版記念トーク&サイン会

山元彩香さん「We are Made of Grass, Soil, and Trees」出版記念トーク&サイン会_b0187229_18452301.jpg


以下リンクより

写真家・山元彩香の初めての本格的な写真集「We are Made of Grass, Soil, and Tree」がT&M Projectsより出版されました。

-

これまで山元は、言語による意思疎通が難しい異国の地に滞在し、現地で出会った少女たちを被写体に撮影を行なってきました。現地で調達した衣装をあてがいながら、言葉にも満たない音のやり取りや、身振り手振りを交えた身体的感覚によるコミュニケーションを通じて制作されるポートレート作品は、被写体らが日頃纏っている衣服や、その人らしさを構成する固有の人物イメージを取り除くことで立ち現れる、普段は覆い隠された彼女たちの無意識の姿を捉えていると言えます。

タイトル「We are Made of Grass, Soil, and Trees(人は土と木と草からできている)」は、山元が以前に読んだアイヌ神話に着想を得ています。作家が訪れた撮影の地では、現代においても自然と人間との距離が近く、「かつての人間が持っている感受性、言葉を持つ前に信じていたものを今の時代にも見出したい」と語る作家の想いは、言語や知識に頼らず身体的感覚の可能性を信じて被写体と向き合う山元の作品制作の軸となっています。

そうした被写体との対峙と交感を繰り返すなか、被写体を鏡として自分自身を写すような感覚の体験を経て、今作における作家の意識は、眼前の現実に在る被写体と自身とをより深く結びつける行動へと拡がりを見せています。対面する相手の名前の意味や見た夢についてなど、その人の本質に迫るヒントを求めて質問を投げかけながら、山元の眼差しは、一度剥ぎ取った仮面の下に現れた器としての普遍的な存在と、その器に蓄積された、仮面を形づくる様々な要素の連関を読み取ろうとするかのようです。
訪れた場所での出会いから、写真になるまでの間、作者と被写体の間で行われるコミュニケーションは言葉を離れ、その時その場での感性のみとなり、濃密なやり取りの結末として一枚の写真が生まれているように思います。

(T&M Projects ホームページより)

-

作者である山元さんには、写真集について、写真集を出版すること(着想・編集者やデザイナーとの関わりも含め)、作品制作について、「We are Made of Grass, Soil, and Tree」についての様々な事柄をお話しいただきます。


****************************
2018年10月28日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
会場:梅田 蔦屋書店 貸し会議室 Ryoma
参加費:前売:1000円(税込)/当日:1200円(税込)
お申込みは下記リンクより





by higashikawa_blog | 2018-10-03 18:49 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31