人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

深瀬昌久氏 展覧会「総天然色的遊戯」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

FUJIFILM SQUAREにて、深瀬昌久氏の展覧会が開催されます。


総天然色的遊戯

深瀬昌久氏 展覧会「総天然色的遊戯」_b0187229_15455441.png
©Masahisa Fukase


以下リンクより


1992年に起きた不慮の転落事故によって重度の障害を負い、二度と復帰することなく、2012年に他界した深瀬昌久。身近な関心事を通じて「私性」や「遊戯」を追い求めた彼の写真作品は、近年国際的に大きな注目を浴びている。
本展覧会「総天然色的遊戯」は、KYOTOGRAPHIE 2018のメインプログラムのひとつとして開催された深瀬昌久の国内初回顧展「遊戯」を、「カラー写真」というコンセプトの下に再構築するものだ。1960年代から精力的にカラー作品を発表してきた深瀬は、1980年代より「総天然色」という視点から独自のカラーの在り方を追求した。本展で初公開されるポラロイドフィルムを印画紙の代わりに採用した「総天然色的街景」(1985年)や、モノクロプリントを着色した「私景」「ヒビ」などの晩年の作品群など、キャリア初期から晩年にかけて制作されたカラー作品群を本展で辿ることによって、これまで語られることがなかった深瀬の新たな境地を確かめることができるだろう。


トークイベント
  • トモ・コスガ (深瀬昌久アーカイブス)
  • 10月 27日(土) 16:30 〜 17:30
  • 会場: FUJIFILM SQUARE
  • 事前予約制(各回・先着 150 名)
    9月 25日(火) 13:00 より予約申込の受付を開始
    (フジフイルム スクエア館内でもお申込みができます)

深瀬昌久はこれまで代表作「鴉」や「家族」、「サスケ」といったモノクロ作品によって知られてきましたが、その一方でカラー作品も多く手がけていたことはこれまであまり知られてきませんでした。しかもそれは一般的なCプリントとしてだけでなく、撮影時の多重露光やポジフィルムの重ね合わせによるモンタージュを試みることもあれば、時にはポラロイドフィルムを印画紙代わりに用い、また晩年にはモノクロプリントに色鮮やかなドローイングや着色することによってカラー作品を作り上げる等、実に様々な実験的挑戦が実践された場面こそ、カラー写真だったのです。
深瀬はモノクロとカラーをどのように使い分けていたのか。カラーに対する拘りとは——?
深瀬昌久アーカイブスの創設者兼ディレクターであり、深瀬のキャリア40年間を416ページの大冊に編んだ作品集「MASAHISA FUKASE」の監修・本文執筆を担当したトモ・コスガがこれらの謎に迫りながら、本展「総天然色的遊戯」を解説します。


****************************

10/26(金) - 11/8(木)
10:00 - 19:00 | 無休
FUJIFILM SQUARE
最終日は14:00まで
入場は閉館10分前まで






by higashikawa_blog | 2018-10-24 15:50 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28