人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

やなぎみわ氏 展覧会「神話機械」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

高松市美術館にて、やなぎみわ氏の展覧会が開催されます。


やなぎみわ展 神話機械


やなぎみわ氏 展覧会「神話機械」_b0187229_16440846.jpg



以下リンクより

1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~)の、最新作を含めた10年ぶりの個展「やなぎみわ展 神話機械」を開催いたします。

 《エレベーター・ガール》で最初に注目を浴びたやなぎは、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった一連の写真作品で高い評価を受け、2009年には「第53回ヴェネチア・ビエンナーレ」日本館代表となりました。こうした世界的に注目を集める中、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇は大きな感動を与えました。

 本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介いたします。これは『古事記』に登場するイザナギとイザナミの物語に由来するもので、生と死の国の境に植えられていた桃の木をモチーフに、人間の運命について思考の深める新たなシリーズです。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界が生み出されます。

 美術と舞台を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待ち望まれた10年ぶりの本個展は、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫りながら、全国5会場(高松、前橋、福島、神奈川、静岡)をめぐります。



********************************

2019年2月2日(土曜日)~3月24日(日曜日)

午前9時30分~午後7時(但し日曜日は午後5時閉館/入室は閉館30分前まで)

休館:月曜日 ※但し、2月11日(月曜日・祝日) 開館、翌12日(火曜日) 休館

観覧料:【一般】1,000円(800円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金

高松市美術館 〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4





by higashikawa_blog | 2019-02-01 16:46 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー