人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

エレナ・トゥタッチコワさん 個展「ウォーク・イン・プログレス」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

KOUSAGISHA GALLERYにて、エレナ・トゥタッチコワさんの個展が開催されます。


ウォーク・イン・プログレス

エレナ・トゥタッチコワさん 個展「ウォーク・イン・プログレス」_b0187229_14550624.jpg


以下リンクより

5月20日(水)より エレナ·トゥタッチコワさんの展覧会が 始まります。
どうぞよろしくお願い致します◎
・・・
トゥタッチコワは現在取り組んでいる歩行や作品制作のプロセスをそのまま展示空間の中へ展開し、普段のスタジオでの制作のように日々少しずつ変化させていきます。展覧会の中心となる新作ドローイングのほか、過去の映像作品などもご覧になっていただけます。
・・・
※今回の展覧会も コロナ影響の為 展示の観覧は予約制となります。⭐︎土日の作家在廊日は 予約不要です。
⭐︎ご予約は 〔●お名前●来られる日時〕を記載の上、kousagisha@gmail.com まで御連絡下さいませ。
尚、電話での受付はしておりませんので お気を付け下さい。


『歩くことは、開かれた外部の世界での身体経験で、想像する経験である。歩く人の中には世界認識が常に再構築され続けるのだが、同時に歩く場所の意味も変わっていく。日々の当たり前の、無目的でも確かな歩くという作業を通して、人間は世界に対して自分の態度を表しているだろう。そしてそれを言葉や音、料理や絵画など、様々な形で表現する。私にとって作品制作は必ず歩くことから始まり、またその途中にある。歩き、考え、知り、想像し、生活や制作に繋げていくことは、日々のアートではないか。こうして、日々の作業を通して表現する、つまり何かを与えることで、生きるための生命力を世界から得るという、生命力の循環が生まれるのだろう。
今回の展覧会は、いつもと変わらないリズムで、歩きながら、作りながら、毎日少しずつ変化させて行く。
家からギャラリーまでの道のりもスタジオになり、またスタジオとなるギャラリーに着くと、歩いた道をもう一度辿る。手を動かして、線を引いていく。これは私と世界とを繋ぐ地図作りである。
たとえ世の中は移動が制限されても、歩いてきた道はみんな、私の頭の中、体の中に生きている。その経験を持って、思考し、想像することは無限であり自由なのである。日々の当たり前の作業をコツコツと続けて、未来と繋がり、歩き続ける。』
エレナ・トゥタッチコワ


**************************
会場 | kousagisha gallery 光兎舎ギャラリー (京都市左京区浄土寺上馬場町113 木のビル1階)
日程 | 2020年5月20日 (水) ~ 6月7日 (日)
open | 12:00-19:00
closed | 月·火
作家在廊日 | 毎週土日在廊予定 ※ 展覧会の観覧は予約制とさせていただきます。ご予約は kousagisha@gmail.com まで 〔●お名前●来られる日時〕を記載の上、ご連絡下さい。(*作家在廊日は予約不要です。※電話での受付は しておりませんので お気を付け下さい)




by higashikawa_blog | 2020-05-20 14:57 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28