人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

鬼海弘雄氏 展覧会「王たちの肖像」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

本年度の東川賞 飛彈野数右衛門賞受賞者 鬼海弘雄氏の展覧会が、JCII フォトサロンにて開催されます。


王たちの肖像

鬼海弘雄氏 展覧会「王たちの肖像」_b0187229_12170898.jpg
©KIKAI Hiroh


以下リンクより

 JCIIフォトサロンでは、来る2020年6月30日(火)~8月2日(日)まで、鬼海弘雄作品展「王たちの肖像」を開催します。

 鬼海弘雄氏は、法政大学文学部哲学科で哲学者の福田定良先生に師事し、卒業後、肉体を酷使するトラック運転手や造船所工員の仕事をするうちに写真に出会いました。遠洋マグロ船員で見習い漁師として航海を終えた後、写真プリント技術習得のために暗室マンとなり、その後フリーのカメラマンとなりました。浅草寺境内でのポートレイト、巡ったインドや東アジア、そして、東京の街を独自の視点で写して写真集などで発表し、国内外の高い評価を受けています。

 本展では、鬼海氏が1973年より撮りはじめて1987年の写真集『王たちの肖像 浅草寺境内』で発表した作品を中心に、約40点(すべてモノクロ)を展示いたします。

 鬼海氏が暗室作業の休日に久しぶりに訪れた浅草は少し寂れていて、集う人たちには飾らぬ佇まいが感じられたと言います。1日に一人か二人の気になる人に声をかけ、境内の朱塗りの壁を背景に正面からポートレイトを撮影しました。大工、鳶、金貸し、紫のマフラーをした女など、とらえた被写体各々の個性の中に人生が浮かび上がり、生きることの深淵を語りかけてくるようです。「今の世の中よりも人間的な「見えない国」の存在」(福田定良「エッケ・ホモという言葉について」『王たちの肖像』)を感じさせる気配を持つ彼らは「それぞれの国」の王であり、その気配に感応して写真に表した作者もまた、一方の王であると言えましょう。

 40年以上の長い間、同じ場所で出会う人物を敬意と共感をもって撮り続けてきたポートレイトは、一点毎があたかも一編の映画のようで、深い読みとりをうながす傑作ばかりです。


********************************
2020年6月30日(火)~8月2日(日)
10:00~17:00
休館:毎週月曜日(祝・祭日の場合は開館)
JCII フォトサロン 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル




by higashikawa_blog | 2020-06-22 12:19 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28