人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

初沢亜利氏 展覧会「匿名化する東京」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Roonee 247 Fine Artsにて、初沢亜利氏の展覧会が開催されます。


匿名化する東京

初沢亜利氏 展覧会「匿名化する東京」_b0187229_09210087.jpg
©初沢亜利


以下リンクより

2020年始めから2021年末までコロナ禍に見舞われた東京を歩き回り、撮影を続けた。

写真展タイトルに即して撮影した訳ではなく、月日の中でふと湧いて出た印象だった。コロナ禍以前からマスクの使用率は上がっていたが、2022年以降、マスクを着用していないと不安に駆られる人が増えることだろう。「世間の目だけが行動規範となり得る」と戦前から指摘され続けた日本人論を、我々はコロナ禍で見事に体現してみせた。同調圧力批判を口にはしながら、誰もが圧力の内側に留まった。

さて、マスクをしても尚、顔を隠しスマホで自撮りをする少女たちは、先端を行っているのだろうか?写真は現在を歴史に置き換える作業だが、コロナ禍東京の自画像がどのように未来を予見するか、撮影者にとっても興味深い。

:::::

2022年の1本目の展覧会は、初沢亜利さんです。

2021年もコロナ禍の東京を一般的な報道とは一味違う視点で、ペロリとめくって見せてくれた初沢氏。

さらに東京を歩き続けた彼の見せる本展で、我々が見るものは?

新たな年とどう向き合うか?

2021年12月に新刊写真集も刊行され、会場でも紹介いたします。

:::::

初沢亜利プロフィール
1973年フランス・パリ生まれ。上智大学文学部社会学科卒業。
第13期写真ワークショップ・コルプス修了。
イイノ広尾スタジオを経てフリーランスとして活動を始める。
日本写真協会新人賞、東川賞新人作家賞、さがみはら賞新人奨励賞受賞。

写真集
「Baghdad2003」(碧天舎)
「TrueFeelings-爪痕の真情-」(三栄書房)
「隣人、38度線の北」(徳間書店)
「沖縄のことを教えてください」(赤々舎)
「隣人、それから。38度線の北」(徳間書店)
「東京、コロナ禍。」(柏書房)


**************************

会期:2022.01.11(TUE)- 2022.01.30(SUN)

12:00-19:00(最終日 16:00 月曜休廊)

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F





by higashikawa_blog | 2022-01-08 09:22 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30