人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

「すみだ向島EXPO2022」


すみだ向島EXPO2022に、北野謙氏が参加しております。


すみだ向島EXPO2022

「すみだ向島EXPO2022」_b0187229_11164282.png


以下リンクより

すみだ向島EXPO実行委員会は、2022年10月1日(土)から31日(月)の一か月間、変わりゆく東京下町を舞台に繰り広げる街なか博覧会「すみだ向島 EXPO2022」を開催いたします。コロナ禍で人と人との距離感に意識が向く中で、長屋文化が築いたご近所付き合いの魅力に焦点を当て、今年のテーマを「まあい、いま、まわる」に決定しました。来場者と出展者、街の人々が混ざり合い、一様には表せない距離感(=まあい)を体感できるよう、さまざまなしくみをご用意します。一度訪れたら終わりではなく、街と関係性を持ちながら“ずっといられる”博覧会をつくります。

すみだ向島EXPOは「東京にふるさとをつくる」。そんな思いを込めて運営する街なか博覧会です。2020年から東京都墨田区北部(向島地域)の京島・八広・文花エリアを中心に毎年開催してきました。
東京でもっとも多く戦前の長屋が残るこの街には、人間らしさのある温かな文化が今も息づいています。一方で、そんな「これからの社会に引き継ぎたい暮らし」が消えようとしていることへ危機感を持つ人たちもいます。

だからこそすみだ向島EXPOは、ものすごい速さで変化していくこの街のあり方を問い直し、「みらいの選択肢」を増やす1か月間です。数多く残る長屋、細い路地、ものづくりの工場、個性ある個人商店、開発の過程で出現した空き地。これらを舞台にした、ユニークな表現に遭遇しにきてください。あなたにとってあたらしい東京が、ここにあるかもしれません。


いつかのまあい
■京島駅芸術祭(ヒロセガイ/村尾かずこ/北野謙/市川平/さわひらき/飯川雄大/クサムラマッドラット/久保寛子/サイドコア)
京島駅は大きな古民家の看板の文字をイタズラして人が集まる仕掛けとして名付けました。この古民家はEXPOが発端で3年間、住みながら僕の人生を文脈にアーティストや仲間達で発展を続けています。京島と言う東京の下町で日々、希望を持って生まれて夢を持って終わるような公開プロジェクトです。


****************************

開催期間:2022年10月1日(土)〜10月31日(月)
定休日:火・水曜
開催エリア:東京都墨田区京島・八広・文花 ほか

総合受付:京島駅(〒131-0046 東京都墨田区京島3丁目50–12)





by higashikawa_blog | 2022-10-04 11:18 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28