人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

佐藤時啓氏 展覧会「八戸マジックランタン」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

八戸市美術館にて、佐藤時啓氏の展覧会が開催中です。


八戸マジックランタン

佐藤時啓氏 展覧会「八戸マジックランタン」_b0187229_08561828.png
©佐藤時啓


以下リンクより

八戸市美術館では、写真家・美術家の佐藤時啓による個展を開催します。
本展覧会は、6年に及ぶ制作期間を経て撮影された、八戸を舞台とした作品を中心に構成されています。「Magic Lantern」シリーズは、ろうそくやランプの光とレンズを利用して、ガラスに描かれた絵を投影する装置「マジックランタン(幻燈機)」から着想を得て制作されました。これまでの長時間露光による撮影手法を踏襲しつつも、祭りや漁港、名勝地などの風景を重ね合わせた新たな手法により、地域に潜在する歴史や文化的意識を想起させる作品群です。さらに、前方の景色を手元に映し出す光学装置の構造を用いた「Camera Lucida」シリーズ、シャッターを1時間開けたまま撮影した「An Hour Exposure」シリーズが加わります。また、カメラの原理「カメラオブスクラ」を荷台に乗せた、佐藤の制作による「リヤカーメラ」を体験するプロジェクトなども実施します。そのほか、八戸市民による、八戸の風景をテーマとした写真展も同時に開催します。


佐藤 時啓
1957年山形県酒田市生まれ。美術家・写真家。1981年東京藝術大学 美術学部彫刻科卒業、1983年同大学大学院美術研究科修士課程修了。 1993年メルセデスベンツ“ アートスコープ” グランプリ受賞、2015年第65回芸術選奨文部科学大臣賞受賞、第31回東川賞国内作家賞受賞。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。
「第6回ハバナ・ビエンナーレ」(1997)「 第9回バングラデシュビエンナーレ」(1999)ほか、多くのグループ展や国際展に参加するほか、「Leslie Tonkonow Gallery」(2019)「HAINES Gallery」(2010)、「Piet Hein Eek」(2019)、「Micheko Gallery」(2021)などの画廊や、「酒田市美術館」(1999)、「シカゴ美術館」(2005)、「Frist Center for the Visual Arts」(2010)、「東京都写真美術館」(2014)、「鶴岡アートフォーラム」(2015)などの美術館にて個展開催。


***************************
2022年10月29日(土)~2023年1月9日(月)
10:00〜19:00(入場は18:30まで)/12月28日~1月4日は10:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:一般800円(650円) 大学生・専門学校生400円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金
八戸市美術館
〒031-0031 青森県八戸市大字番町10-4



by higashikawa_blog | 2022-11-08 08:59
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28