人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

長倉洋海氏 写真展『アマゾンへ アユトン・クレナックとともに』


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ブラジルのInstituto Tomie Ohtake(大竹富江研究所)にて、長倉洋海氏の写真展が開催中です。


アマゾンへ アユトン・クレナックとともに

長倉洋海氏 写真展『アマゾンへ アユトン・クレナックとともに』_b0187229_13551501.png
©長倉洋海

 以下リンクより

ブラジル・サンパウロでの長倉洋海写真展『アマゾンへ アユトン・クレナックとともに』(原題:Hiromi Nagakura até a Amazônia com Ailton Krenak)がいよいよ開催となります。

期間は、サンパウロにて約3ヶ月程開催の後、リオデジャネイロ他3都市を巡回予定。
初日はアユトン・クレナックをはじめ、ブラジル先住民族の方々とともにオープニングイベントが開催されます。
クリックで拡大
1998年に出版された長倉の著書『鳥のように 川のように』。(詳細はBOOKSを参照ください)
アユトン・クレナックとのアマゾンの旅は、自然や大地と語り合う人々の生きる姿を通して、今現在こそ私たちが真摯に受け止めなければならないメッセージに溢れています。

世界はたくさんの問題、争いを抱え、そして、地球そのものも今まさに危機に直面していると言えます。

地球は人間がいなくなっても困りません。
地球がなくなって困るのは人間であるということ=「人間のための地球ではない」という意識は、まさに先住民がこれまでずっとしてきた「生き方」。
SDGsという言葉以前からそのことを精神的に大切にし実践してきた人々こそが、最も危機に直面している現状があります。

ブラジルまではなかなか行くことが叶わないと思いますが、この機会にぜひ再び、長倉とアユトンの旅に思いを馳せていただければと思います。

『世界の終わりを先延ばしするためのアイデア』 アユトンの2022.4月日本版発刊の著作です。ぜひご一読ください。


*******************************

【会期】2023年10月24日~ 約3ヶ月間 ※以降リオデジャネイロ他3都市を巡回

【会場】Instituto Tomie Ohtake(大竹富江研究所) ブラジル・サンパウロ市





by higashikawa_blog | 2023-10-29 13:57 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30