人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

展覧会「梅田哲也展 wait this is my favorite part 待ってここ好きなとこなんだ」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

ワタリウム美術館にて開催中の展覧会「梅田哲也展 wait this is my favorite part 待ってここ好きなとこなんだ」に、 天野祐子さんが出展しております。


梅田哲也展 wait this is my favorite part 待ってここ好きなとこなんだ

展覧会「梅田哲也展 wait this is my favorite part 待ってここ好きなとこなんだ」_b0187229_14335282.jpg


以下リンクより

概要
この度ワタリウム美術館では初となるパフォーマンス公演のような展覧会を開催します。1公演6名のツアー型の展覧会です。

梅田哲也はこれまで、回遊型の個展『O才』(2014)から続く一連の作品や、船で夜の水路を巡る『入船(ニューふね)』(2015〜)など、様々な場所でツアー形式の作品を発表してきました。ワタリウム美術館では初となる個展 『wait this is my favorite part / 待ってここ好きなとこなんだ』は、 1990年9月にプライベート・ミュージアムとして開館した ワタリウム美術館そのものを主役としたツアー型の展覧会です。
展示作品はワタリウム美術館の建築的な側面に焦点を当てて制作され、ツアーの一環で、これまで展示室として使用されていなかった部屋が初めて公開されます。

また、この展覧会は ワタリウム美術館を劇場として開催される舞台公演でもあります。鑑賞者はツアーの進行中ところどころで登場するキャストの行動に誘導されながら、施設内の展示室やバックヤードを巡り、日常の風景を異化させる仕掛けに遭遇します。少人数ごとに時間差で出発する約50分間のツアーは、美術館の建設以前や建物に刻まれた行動の痕跡を辿りながら、鑑賞行為のタイムラインと立体的に交差します。


「 頭の中に地図を描くことで、自身の存在が強烈な実感を伴う瞬間があります。たとえばそれは岬の先端に立って、地図上のトンガリに立った自分を想像するようなこと。視線が身体から飛び出して上空から小さな自分を俯瞰しているような感覚。時間や歴史においても同じで、今いる場所にかつて何があったのか、何がおこなわれたかを想像することは、存在を確かなものにしてくれます。これはきっと時間の地図を描くようなことです。

いわゆるホワイトキューブとは異なる独特な展示空間はどのようにして生まれたのでしょうか。美術館がある三角形の土地は、1964年のオリンピックのために建設された道路が住宅密集地を切り裂いたことから発生しました。その直後、和多利一家はこの地へ引っ越してきます。1972年、現在ワタリウム美術館を運営している姉の恵津子が高校生、弟の浩一が中学生になった頃、母の志津子が自宅に現代アートのギャラリーをオープンしました。これがワタリウム美術館の前身であるギャルリー・ワタリです。

自宅の改装から始まった小さなスペースは、世界のアートの中継点として活躍する美術館となっていきました。これまでに100を超える展覧会を開催し、最も多く開催されたシリーズ展覧会のタイトルは「アイ・ラブ・アート」です。
和多利一家の、自分が生きてきた場所で大好きなものを知ってほしいという根源的な動機に触れて、自分もこの美術館のなかで自分なりの好きを探そうと思いました。そして、来館する人たちにもそれぞれのお気に入りを見つけてもらおう。 これはそういう展覧会です。 」



*****************************
1期:2023年12月1日[金]→ 2024年1月14日[日]
2期:2024年1月16日[火]→ 2024年1月28日[日]
休館:月曜日(1/8は開館)、12/31〜1/3
13:00〜19:00 (毎20分ごとにスタート、所要時間:約50分、最終入館:18:00)
*事前予約制
観覧料:一般:2,800円
U25 /O65:2,000円(当日、証明できるものをご持参ください)
小学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその同伴者1名:無料
ツアー・フリーパス:5,000円(会期中何度でもご覧いただけます)
※ 無料の方、ツアー・フリーパスをご購入の方、ご参加すべての方のご予約が必要です。
※ 当日の参加申込は、空きがある回に限り、開始30分前よりワタリウム美術館1F受付にて承ります。
定員:各回6名

共催 ワタリウム美術館 / オオタファインアーツ / Twelve.Inc
助成 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】
キャスト 坂井遥香/ レオ・ロズダル・アブダル・篠崎 / くるみ / 長沼航 / ヒカル・ワタリ / 仁田晶凱 / きい柚 (シフト制)
写真 天野祐子
印刷 辰巳量平
制作サポート 岩中可南子
設計サポート 小金丸信光
設営サポート 深野元太郎、井上修志、新美太基
施工アドバイザー 株式会社加藤架設
グラフィックデザイン 尾中俊介(Calamari Inc.)
会場 ワタリウム美術館 + 空地




by higashikawa_blog | 2024-01-18 14:36 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー