人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

鈴木 のぞみさん 展覧会「Words of Light」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

第一生命ギャラリーにて、鈴木 のぞみさんの展覧会が開催中です。


Words of Light

鈴木 のぞみさん 展覧会「Words of Light」_b0187229_13573060.jpg
©鈴木 のぞみさ


以下リンクより

第一生命は、企業メセナ活動の一環として、現代美術の展覧会「VOCA(ヴォーカ)展*」の受賞作品の一部を所蔵し、第一生命ギャラリー/ロビーで公開しております。また、年に数回、VOCA展受賞作家の個展を開催し、作家の方には発表の場を、一般のお客さまには現代アート鑑賞の場を提供しています。
今回は「VOCA展2016」VOCA奨励賞 鈴木 のぞみ(すずき のぞみ)さんの個展を開催します。


■開催概要

鈴木のぞみは光の諸現象により事物に見出すことができる潜像を〈事物の記憶〉であると捉え、写真の原理を通して顕在化を試みてきました。本展のタイトル「Words of Light(光の言葉)」とは、光によって描写された自発的な像が「photography(写真)」と呼ばれるようになる以前に、W・H・フォックス・トルボットが写真とそれを生み出す自然とのあいだの関係を言葉であらわそうと記述した語句のひとつから引用しています。本展では、日常の穴に生じている小穴投影現象(カメラ・オブスクラの原理)を感光材に定着することで可視化した作品群を、初期作品を含めて提示します。「光の言葉」は、私たちに何を語りかけるのでしょうか。



■作家コメント

私たちの暮らしには、さまざまな用途や意匠、生物の営み、あるいは欠損から穴があいている事物が在ります。日常では他の光に紛れていますが、それらの穴に生じるピンホール現象により結ばれている光の像は、いま、ここに確かに存在しています。それはまるで、光が人知れず独白を囁いているようです。本展では、私たちの身のまわりにある「ピンホール」と呼ぶにはやや大きすぎる穴が映し出す光の像をフィルムや印画紙などの感光材に定着することで、そこかしこに溢れている「光の言葉」の可視化を試みます。事物に生じている光の像をさまざまな感光材に受けとめる営みとは、多様な写真言語を通して「光の言葉」を翻訳するような行為なのかもしれません。私はここに提示されたイメージの作者なのではなく、「光の言葉」の媒体者であり、翻訳者であれたらと思います。



■作家プロフィール

鈴木 のぞみ(すずき のぞみ)

1983  埼玉県生まれ 埼玉県在住

2007 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業

2015 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了

2019 平成30年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてイギリスにて研修

2022 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現研究領域博士後期課程修了

【受賞歴】

2016 VOCA展2016 現代美術の展望─新しい平面の作家たち VOCA奨励賞

2015 アートアワードトーキョー丸の内2015 フランス大使館賞

2015 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015 #5 後藤繁雄賞

2015 群馬青年ビエンナーレ2015 ガトーフェスタ ハラダ賞

【個展】
2023 「漣−−日中現代アーティスト‧リレー展 鈴木のぞみ」ARTiX³、東京

2023 「Words of Light」さいたま国際芸術祭 市民プログラム 師岡制作所、埼玉

2023 「アーティスト×横浜市所蔵カメラ・写真コレクション 鈴木のぞみ展」

                 横浜市民ギャラリーあざみ野 ショーケースギャラリー、神奈川

2022 「Latent Images / Latent Sounds」Cafe & Space NANAWATA、埼玉

2022 「LIGHT OF OTHER DAYS」コートヤードHIROO ガロウ、東京

2021 「The Rings of Saturn / Mirror with a Memory」rin art association、群馬

2020 「Unknown Image Series no.8 #2 Light of Other Days-土星の環」void+、東京

2020 「Light of Other Days -‘The Rings of Saturn - An English Pilgrimage’」

                           Flax Art Studios、ベルファスト/イギリス

2018 「Re-collection」信州大学松本キャンパス内旧松本歩兵第五十連隊糧秣庫/awai art center、長野

2017 「Mirrors and Windows」表参道画廊、東京

2017 「Monologue of the Light」rin art association、群馬

2016 「去りにし日々の光」アンスティチュ・フランセ東京 ギャラリー、東京

2012  「透きとおる光、束ねられた光」関井記念館、埼玉  

【グループ展】
2023 「Resonant Scenery / 共振する風景」駒込倉庫、東京

2023 「セレンディピティ 日常のなかの予期せぬ素敵な発見」東京都写真美術館、東京

2023 「平面≠絵画 〜絵画と平面の境界線〜」上野の森美術館ギャラリー、東京

2022 「潜在景色」アーツ前橋、群馬

2022 「メディウムとディメンション:Liminal」柿の木荘、東京

2021 「時 点」rin art association、群馬

2019 「Monologue of the Blank」ex-chamber museum、東京

2019 「あした と きのう の まんなかで」はじまりの美術館、福島

2018 「MOTサテライト2018 秋 うごきだす物語」白河二丁目町会会館/大島倉庫、東京

2018 「CSP5 志向と選択」東京造形大学附属美術館、東京

2017 「記憶の空間」Art & Culture Space Yeoinsuk、群山/韓国

2017  「無垢と経験の写真 日本の新進作家vol.14」東京都写真美術館、東京

2017 「中之条ビエンナーレ 2017」沢渡別邸、群馬

2016 「NEW VISION SAITAMA 5 - 迫り出す身体」埼玉県立近代美術館、埼玉

2016 「WALK ON THE SEA - 海の上を歩く」53美術館、広州/中国

2016 「かがわ・山なみ芸術祭2016」旧枌所小学校音楽室、香川

2015 「複雑なトポグラフィー:庭園」栗林公園、香川

2015 「中之条ビエンナーレ 2015」丸伊製材、群馬

2014 「銀座 collage! Artist in Residence展」中銀カプセルタワービル、東京

2013 「中之条ビエンナーレ 2013」伊参スタジオ体育館、群馬

2011 「空白のひかりに浸す -潜像-光のあとさき」関井記念館、 埼玉

【出版物】
2022 『LIGHT OF OTHER DAYS』 rin art association

【パブリックコレクション】
アーツ前橋 群馬

東京都写真美術館 東京

第一生命保険株式会社 東京

ガトーフェスタ ハラダ 群馬




*******************************

2024年1月17日(水)~2月7日(水)

12:00~17:00

休館:土・日・祝

第一生命ギャラリー

東京都千代田区有楽町1-13-1 第一生命日比谷ファースト1階





by higashikawa_blog | 2024-01-20 13:59 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー