東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2018年 04月 19日 ( 9 )

野村恵子氏 展覧会「My first encounter in Lisbon.」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

名古屋フォト・プロムナード1にて、野村恵子氏の展覧会が開催されます。


My first encounter in Lisbon.

b0187229_14303290.jpg
©Keiko Nomura



******************************
2018年 4月21日(土)~5月18日(金)
10:30~18:30
定休:日曜日、祝日、5月3日~6日、8月11日~14日、年末年始(12月30日~2019年1月4日)
名古屋フォト・プロムナード 
 〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1-13-3 NHK名古屋放送センタービル2階





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:35 | 受賞作家関連

荒木経惟氏 展覧会「アラキネマ―青ノ時代、去年ノ夏」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

NADiff Galleryにて、荒木経惟氏の展覧会が開催中です。


アラキネマ―青ノ時代、去年ノ夏

b0187229_14234455.jpg
©Nobuyoshi Araki


以下リンクより

写真家・荒木経惟は80年代中期から約25年間、映像作品「アラキネマ」を制作し、ライブ上映という形式で各所で発表を続けてきました。
この度行う上映会では、1980〜90年代に雑誌『写真時代』に掲載された作品で作られたアラキネマの「青ノ時代」、2005年の撮り下ろしで構成する「去年ノ夏」の2作品をギャラリーで上映し、荒木の実験精神と映像手法を展観します。

書籍情報
『BLUE PERIOD / LAST SUMMER : ARAKINEMA 青ノ時代/去年ノ夏:アラキネマ』

発行元:Session Press、Dashwood Books
仕 様:260mm × 178.3mm、216ページ
価 格:12,000円+税



***************************

月曜日定休 ※月曜が祝日の場合は翌日
NADiff Gallery 150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:25 | 受賞作家関連

展覧会「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

TOOV cafe/galleryにて開催される展覧会「飛生に集まるアーティストたちの展覧会」に、石川直樹氏が出展いたします。
また、フォトふれ 詫間のり子さんも参加いたします。


飛生に集まるアーティストたちの展覧会

b0187229_14171464.jpg

以下リンクより

白老町の旧飛生小学校を拠点に1986年から活動を続ける飛生アートコミュニティー。そこで開催される「飛生芸術祭」は今年10周年を迎 えます。その前夜祭(オープニングイベント)の「TOBIU CAMP」には全国各地からの来場者が多く訪れます。また、自然と人との共存をテ ーマに、関わる人それぞれの特技を活かす「飛生の森づくりプロジェクト」も8年目を迎えました。その一方で、活動の拠点となる旧木造 校舎や、滞在制作をする為の教員住宅などの施設は老朽化が進むなどの問題と直面しています。これからも活動を継続していくためには最 低限の補修や設備の整備などが必要となり、その為の資金を必要としています。飛生に集まるアーティストを中心とした作品展示を行い、 その販売の収益を補修や設備の整備の費用として活用させて頂く企画です。


また、期間内に奈良美智さんと北海道内をまわり飛生の活動を 知ってもらうキャラバントークツアーも予定しております。



【参加アーティスト】

相川みつぐ 淺井裕介 ASAKO YOSHIKAWA 石川大峰 石川直樹 越後光詞 大友良英 OKI勝見渥 カワジリ・リョウイチ 橘内美貴子 木野哲也 國松明日香 国松希根太 国松紗智子 小助川裕康 Gotch 佐藤史恵 陣内雄 高張直樹 瀧原祥 詫間のり子 田中照比古 富樫幹 飛兎カフェ 内藤千尋 永田まさゆき 中村大史 奈良美智 野本正博 羊屋白玉 ヒデミニシダ 日比野克彦 富士翔太朗 水野練平 森迫暁夫 GRAFFTEN outwoods vue. 小助川美雪



*****************************

会期:2018年5月3日(木・祝)~13日(日)※期間中無休

時間:月~土曜日 10:30~21:30 / 日曜日 10:30~20:00

会場:TOOV cafe/gallery

(064-0809 北海道札幌市中央区南9条西3丁目2-1 マジソンハイツ1階)





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:18 | 受賞作家関連

柴田敏雄氏 展覧会「before Millennium」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

gallery ART UNLIMITEDにて、柴田敏雄氏の展覧会が開催中です。


before Millennium
b0187229_14054661.jpg
©Toshio Shibata


以下リンクより

デジタルの急激な浸透で銀塩写真の環境が激変している今、銀塩写真プリントはより貴重なものとなりつつあります。柴田は2000年代に入って徐々にカラー写真に移行しましたが、それ以前はモノクロームの銀塩写真で制作していました。4×5や8×10などの大型カメラで撮影し、暗室で自ら大きく引き伸ばしたプリントは銀塩写真の醍醐味そのものです。 本展では柴田敏雄の40x50インチのオリジナルプリント6点を含む約10点のモノクローム作品を展示します


******************************

4月13日(金)ー 5月26日(土)

OPEN:13:00―19:00

休廊日:日・火・祝日 ※4/29(日・祝)ー 5/6(日)は連休

gallery ART UNLIMITED 〒107-0062 東京都港区南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F








[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:08 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「はじまりのひ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

POSTにて、川内倫子氏の展覧会が開催されます。


はじまりのひ


b0187229_14022656.jpg
©Rinko Kawauchi


以下リンクより

この度POSTでは、川内倫子による写真絵本『はじまりのひ』の刊行を記念して展覧会を開催いたします。

本書に収録されている作品は、主に出産という大きな出来事を経験した前後に撮影されています。
その経験はおのずと、写真家の視点を日々の暮らしのなかで出会う風景や小さな生き物たちへと導いていきました。

子どもを授かったことで生まれた気づきが、
川内のみずみずしい感性を通して、写真と短いテキストとで織りなされる写真絵本となってあらわれます。

のちがひとつ生まれることと、いのちがひとつ終わることは、どこかでつながっていて、
生きている時間には、大切なものに出会うことも、失うこともあるということ。
でも、それらすべては新しく何かがはじまっていく、 次の「はじまりのひ」でもあるのです。

身近な出来事を被写体にしている点は、奇しくも彼女の初期作品「うたたね」に通じるところでもあります。
初個展から
20年ほどの歳月を経た節目の年に、妊娠・出産を経て初期作品の世界に還ってゆく。
写真家自らの言葉を借りるならば、ここでようやく「一巡した」のかもしれません。

この写真絵本は、これから自らの世界を切り拓いてゆく子どもたちに触れてほしい一冊でありながら、
同時におとなたちにとっても共感を呼び、写真集としても存分に楽しめるものとなることでしょう。
まるで、新しい一歩を踏み出そうとするすべてのひとに贈られるはなむけのエールのようです。



<トークイベント>
日時:2018429(日祝) 17:00-18:30(16:30開場)
登壇者伊藤康「母の友」編集長、川内倫子
参加費
:1,000ワンドリンク付)
※トークイベントは展覧会の会場にて開催するため、開催時には展示をご高覧いただくことができかねます。あらかじめご了承くださいませ。


*********************************

会期:2018427()-513()
会場:POST 150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-10-3
時間:12:00 - 20:00
定休日毎週月曜日
オープニングレセプション
:2018427() 19:00-21:00






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:04 | 受賞作家関連

北島敬三氏 展覧会「UNTITLED RECORDS Vol. 14」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

photographers’ galleryにて、北島敬三氏の展覧会が開催されます。


UNTITLED RECORDS Vol. 14

b0187229_13571074.png
©Keizo Kitajima


以下リンクより

本展は、連続写真展「UNTITLED RECORDS」の14回目の展示となります。
UNTITLED RECORDSについて  北島敬三
1991年のソ連の崩壊以降、とくに、ネオリベラリズムの台頭と加速する自由主義経済のグローバル化、コンピューターネットワークとサプライチェーンの拡充、ショック・ドクトリンよる市場開放、終わりの見えない宗教戦争や民族紛争、ポピュリズムと極右政党への支持の拡大、とりわけ国内においては2011年の東日本大震災と福島の原発事故など、私たちは「目の前の現実が、突然別なものに姿を変えてしまうような経験」を何度もくり返してきた。
私は、甚大被害を受けた三陸の浦々を撮影しながら、目の前の現実と、各種メディアから侵入してくるイメージとを区別することが、きわめて困難であることをあらためて強く実感した。福島で無人の街や村を撮影しながら、被曝については線量計を頼りに警戒するしかできないことに恐怖した。

私たちはすでに、当事者/非当事者、日常/非日常、現実/虚構といった二項対立的な思考や、遠近法的な観察者の視点がきわめて危うい時代にいるのではないだろうか。私は、自分が撮った写真を何度も読み直し、何度でも読み変えながら撮影していこうと考えている。「UNTITLED RECORDS」は、それを具体的に実践していくための場としてある。*連続写真展は年4回のペースで全20回が予定されています。
*撮影地は三陸、福島の被災地を含め、北海道から沖縄まで全国各地におよびます。
*同時並行で、連続写真集 『UNTITLED RECORDS』 も刊行されます。
◎Vol. 13展示内容/大型カラー作品と下記、小写真集を展示。撮影地は沖縄、岩手、宮城、福島。


******************************

2018/04/24 - 2018/05/20

12:00 - 20:00 会期中無休

photographers’ gallery

 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-16-11-401サンフタミビル4F



[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 14:00 | 受賞作家関連

今森光彦氏 展覧会「里山 琵琶湖水系を旅する」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

リコーイメージングスクエア大阪にて、今森光彦氏の展覧会が開催されます。


里山 琵琶湖水系を旅する

b0187229_13524429.jpg
©Mitsuhiko Imamori

以下リンクより

森、雑木林、田んぼ、湖、そこで出会う数々の生命たち。琵琶湖水系をたどりながら豊かな里山を観望する。

作品コメント

人と自然が共存する空間を里山と名付け、40年以上撮影を続けています。フィールドは、琵琶湖とその周辺の農業環境。ここは、生まれ育った土地なので、体の中に文化も自然も染み付いていて私にとって安らぎのような時間が流れています。
学生の時にはじめてここの棚田に出会った時のことを鮮明に覚えています。インドネシアの長旅から帰ってきたばかりで、豊潤な香りがする豊かな田園が、遠くに行かなくても目の前にあることを知って感動しました。里山では、四季折々の風景のなかに人の暮らしがあり、数多くの生物が暮らしています。一昔前なら当たり前の事だったのかもしれませんが、私はそこに新しさを感じるのです。
「里山は、未来の風景」、壊れてしまった自然は、将来、再び里山のような風景に戻ると信じています。生命の循環を追う”琵琶湖水系の旅”は、これからもつづきそうです。

今森光彦



*******************************
2018年4月25日(水)~2018年5月14日(月)
10:30~18:30(最終日16:00終了)
火曜日定休
リコーイメージングスクエア大阪 ギャラリー
 〒540-6591 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル1階



[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 13:54 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 展覧会「京都極彩秘宝館 2018」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

Wlight商會 三条店にて開催中の展覧会「京都極彩秘宝館 2018」に、クロダミサトさんが出展しています。


京都極彩秘宝館 2018

b0187229_13463402.jpg


以下リンクより

長らく皆様のご愛顧で続けておりました極彩秘宝館ですが、今年はタイトルを「京都極彩秘宝館」として再出発させて頂くこととなりました。
2018年のテーマは「Ejaculation」とし、出品作家も大幅増量の20名でお送りさせて頂きます。
2週間の展示期間と二日のイベントを予定しておりますので皆様、寺町界隈に来られた際には是非足をお運び頂けますと幸いです。


出展作家
鈴鹿芳康
YONNN
杳 芽具見
山下一夫
フクサコアヤコ
中村 きょう
中島洸一
坪口晄弋
武甕 育子
高橋貴絵
高田一樹
鈴木雅也
坂井美桜
才田翔
KOSHO
クロダミサト
久保田狐庵
小野山琴美
長村マリン
内海淡水
※順不同、敬称略



****************************
京都極彩秘宝館 2018
4/17(火)〜29(日)※月曜定休
12:00〜20:00(最終日のみ17時まで)
Wlight商會 三条店
京都市中京区寺町三条下ル一筋目東入ル1•2階
入場無料




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 13:47 | フォトフレンド

尾仲浩二氏 展覧会「Slow Boat」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

无像空间にて、尾仲浩二氏の展覧会が開催されます。


Slow Boat

b0187229_13262444.jpg


以下リンクより

Koji Onaka Solo Exhibition “Slow Boat”

Opening: 16:00,21st , April, 2018
Duration: 21st , April, 2018 ~ 20 , May , 2018
Venues: Imageless Space
Location: No. 4 Hubin Rd, Binhu District, Wuxi, China
Artist: Koji Onaka

Imageless Space is honored to launch the photo exhibition of Japanese photographer Koji Onaka – the Slow Boat. During the exhibition, 45 masterpieces of the Slow Boat series, which are the most representative works of Koji Onaka, will be presented.

The series of Slow Boat, which were the records of Koji Onaka’s travel around Japan , were taken by Koji Onaka from 1983 to 1999. This period was the crucial turning point in the art career of Koji Onaka. After that, the focus of Koji Onaka turned to color photography. As for this photographic experience, Koji Onaka has his own poetic expression that he wishes his life and photography to be as leisurely and carefree as a small boat.

The 45 black-and-white photographs in this exhibition are all hand made by Koji Onaka himself and embodies the unique understanding of black and white photography, also including the gelatin-silver process and his brilliant dark room technique. It is the second cooperation for Imagelesss with Mr. Koji Onaka, since he authorized Imageless to publish the third edition of the monograph Slow Boat.

Imageless Studio is located in Wuxi China, devoted to Photography and Independent publication. This time we held the solo exhibition for Koji Onaka, that shows we are enhancing international artistic energy, and promoting contribution of international art communication.

About Koji Onaka

Koji Onaka, born in Fukuoka in 1960, has been apprentice to Daido Moriyama, and as a member of Camp gallery, which was founded by Daido Moriyama. He held the Kaido gallery now. Both of his B&W work and color work have been recognized and appreciated all over the world. So far, he has published over 20 photographic books, and the Slow Boat is his fifth monograph, which was republished twice.



****************************

2018年4月21日〜2018年5月20日

无像空间 无锡市滨湖区,湖滨路4号,智慧无锡B-107





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 13:28 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31