人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2019年 02月 05日 ( 5 )

展覧会「 Toluca Éditions 12 TITLES」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

The Massにて開催される展覧会「 Toluca Éditions 12 TITLES」に、荒木経惟氏が出展いたします。


Toluca Éditions「12 TITLES

b0187229_18360615.png


以下リンクより

Toluca Éditions(トルーカ・エディションズ)は、アレクシス・ファブリーとオリヴィエ・アンドレオッティによって2003年に設立された、パリを拠点とするユニークな出版社。フォトグラファー、ライター、デザイナーとのコラボレーションにより制作されるカスタム・メードの外装は、20世紀初頭に生み出された「アーティスト・ブック」という新しい芸術形式を用いた、ハイブリッドなアート・オブジェとなっている。

本展「12 TITLES」では、現在vol.42まで出版される「アーティスト・ブック」から、トーマス・ルフや荒木経惟、森山大道作品など、厳選した12作品を展示。また会場では作品販売が行われるほか、2月8日(金)19:00~21:00にはオープニングレセプションが開催される。



***************************

2019年2月9日(土)~3月10日(日)

12:00~19:00

休廊:火水曜

The Mass 東京都渋谷区神宮前5-11-1







by higashikawa_blog | 2019-02-05 18:37 | 受賞作家関連

石川直樹氏 出版「この星の光の地図を写す」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

リトルモアブックスより、石川直樹氏の写真集が出版されました。


この星の光の地図を写す

b0187229_18233848.jpg


以下リンクより

写真家・石川直樹、20年の旅の軌跡をおさめた大冊、ついに完成。

海抜0mから標高8848mまで――。
北極、南極、エベレストをはじめとする世界の高峰、北海道・知床・樺太/サハリン、沖縄から南太平洋・ポリネシアの島々……
人と自然のあらゆる辺境を旅し、きらめく命の点滅を見つめてきた写真家・石川直樹。

「彼のように世界を見た者は、他に誰もいなかったのだ。」
これまでとは異なる視座からこの星=地球と向き合う。
ここではない場所にある人の営みに想いを馳せる。
石川直樹のまなざしを通じて世界を見ると、この星のうえに無数にある光のあたる場所、それぞれの命がもつ世界の中心点が見えてくる。

前人未到の記録であり、記憶のぬくもり。
いま、この星の新たな地図が浮かびあがる――。


[目次]
FIRST JOURRNEY はじまりの旅
POLAR 北極と南極
NEW DIMENSION 壁画へ
VERNACULAR 風土建築
THE VOID+CORONA 渡海の軌跡
Mt.Fuji 富士山にのぼる
THE HIMALAYAS+K2 ヒマラヤ遠征
ARCHIPELAGO 多島海
My gear ぼくの道具

[寄稿]
大竹昭子 管啓次郎 藤田貴大 黒河内真衣子 武田砂鉄 竹久侑


著者:石川直樹

ブックデザイン:KIGI

定価:本体価格5500円+税
ISBN 〈北極カバー〉978-4-89815-499-1 / 〈南極カバー〉978-4-89815-500-4

2019年発行
仕様[A4タテ変型/368ページ(束幅35mm)/上製]

  • 定価5,940円(税込)





by higashikawa_blog | 2019-02-05 18:26 | 受賞作家関連

小田倉璃菜さん 展覧会「身に纏う音と写真」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

GALLELY NIWにて開催される展覧会「身に纏う音と写真」に、小田倉璃菜さんが参加いたします。


身に纏う音と写真

b0187229_18185473.jpg


*******************************
期間:2019年2月22日(金)-2月26日(火)
時間:11:00-19:00 最終日は18:00まで
場所:GALLELY NIW
東京都文京区関口1-44-8
江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分




by higashikawa_blog | 2019-02-05 18:20 | フォトフレンド

阪東美音さん 展覧会「What is Music?」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

studio coote galleryにて開催される展覧会「What is Music?」に、阪東美音さんが出展します。


What is Music?

b0187229_18042088.jpg


*****************************
2019.2.26-3.3
12:00-19:00(最終日 15:30まで)
studio coote gallery 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1丁目5




by higashikawa_blog | 2019-02-05 18:08 | フォトフレンド

北島敬三氏 展覧会「EUROPEAN DIARY 1983-1984」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Little Big Man galleryにて、北島敬三氏の展覧会が開催中です。


EUROPEAN DIARY 1983-1984

b0187229_17555910.png


以下リンクより

Save for some, nearly all the photographs we see here have not been published or publicly exhibited prior to this exhibition. It is not rare for pictures to remain unnoticed for a long time because innumerable photos are often kept in our digital devices without ever being seen again. Keizo Kitajima travelled to Eastern Europe in 1983 to take these pictures as a photographer and not as a tourist, yet for these to have remained unseen despite his initial intention to exhibit them, involves a specific if strange operation which bears directly on the question " when does one become a photographer?" This exhibition, in fact, provides an answer: only after 35 years did Kitajima become a photographer of these sites.

In other words, 30 years or so were necessary for these photographs to become publishable. The gap of years generates the distance absent when he took the photos. These images are just as distant to him now as they are to us. He was physically present in Berlin, Warsaw, and Prague when he took these pictures from 1983 to 1984. This distance in time prevents anyone from possessing these views as their own, including Kitajima. The photographer who might claim that these were taken just yesterday cannot possibly exist because of the amount of time that has lapsed. Kitajima spent 35 years to tease out this gap between the mechanical and personal gaze. We should read his career as a constant struggle with this gap. His early activities, including the “Photo Express Tokyo” magazine where he published snapshots using flash to increase contrast, was meant to get away from those viewers whose emphasis on the "having seen" and “being there” obscured the mechanical gaze. This flight underwrites his trips to Okinawa and New York, as well as the ones he took to Eastern Europe and the Soviet Union on the verge of collapse.

About Keizo Kitajima

Keizo Kitajima was born in 1954 in Suzaka (Nagano Prefecture), Japan. He began photography at an early age; his discovery of the precursory works of Nobuyoshi Araki and Daidō Moriyama marked his teenage years. He was an original member of the Workshop Photo School. Like Moriyama, Kitajima developed an interest in the creative potential of photography’s reproducibility, but he took the notion of transformation in a very different direction, focusing on the layers of reproduction in his own work rather than the degeneration of cultural media. Kitajima’s photography is haunted by an obsession: identity, or rather the opposite; what Kitajima himself calls un-identity. .



******************************
JANUARY 26 – MARCH 6
Little Big Man Gallery, 1427 E. 4th St., Los Angeles.
Thursday - Saturday
12 - 6pm
(917) 361-5039
littlebigmangallery.com




by higashikawa_blog | 2019-02-05 17:58 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28