人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

2019年 09月 01日 ( 5 )

野村恵子氏 トークイベント「野村恵子&冨手麻妙 写真集『別冊月刊 冨手麻妙』発売記念トークイベント&握手・サイン会」


東川賞受賞作家 トークイベントのお知らせ

銀座 蔦屋書にて、野村恵子氏のトークイベントが開催されます。


別冊月刊 冨手麻妙』発売記念トークイベント&握手・サイン会

b0187229_15173778.png


以下リンクより

イベント:【トークイベント&握手・サイン会】野村恵子?冨手麻妙 写真集『別冊月刊 冨手麻妙』発売記念~身体で表現するということ。女優と写真家の写真集作りの現場から。


二人の出会いから、ベトナムに宿も行程も行き当たりばったりで決行した撮影旅行。
二人は何を思って感じて現場で制作していたのか?
「冨手麻妙を体当たりで演じて撮られたかった。」という冨手と「ベトナムの空気に溶け込ませて撮りたかった。」という写真家の本音とリアルなト-クが期待されます。
また、トークイベント後は、以下の内容のサイン会も実施いたします。
【イベント内容】
イベント参加対象書籍『別冊月刊 冨手麻妙』の購入冊数(1~3冊の3種類)によって、トーク終了後に下記特典が受けられます。
1冊券:①野村さんと冨手さんのサイン会&握手会
2冊券:①+②オリジナル写真ポストカードセット
3冊券:①+②+冨手さんと一緒にお手持ちのカメラでツーショット撮影


商品について

園子温監督の「アンチポルノ」で主演、その後も園作品で重用され、様々な作品での体当たりの演技が魅力の冨手。今回は、デビュー10周年という節目に、自身にとって大きな意味のあるものだというヌードの写真集に挑戦した。
同作では、第28回林忠彦賞を受賞したばかりで、研ぎ澄まされた眼差しと優れた色彩感覚が評価されている写真家・野村恵子氏をカメラマンとして起用。ベトナムで行き当たりばったりの旅をしながら、勢いのある2人が体を張って向き合て生まれた、熱を感じさせる写真集となっている。
Netflix「全裸監督」(8月8日より全世界独占配信)で冨手と共演した俳優・リリー・フランキーは、「冨手麻妙の表情や身体には、物語がある。それはかつて、自分の傍らにいたような、そしてもはや、逢うこともできないような。妄想を紡ぐ、儚い物語がある」と、同作にコメントを寄せた。

**お申込みは下記リンクより

*****************************
2019年09月07日(土) 19:00~21:00
会場:銀座 蔦屋書店




by higashikawa_blog | 2019-09-01 15:21 | 受賞作家関連

立木義浩氏 展覧会「まばたき」


ライカギャラリー東京・京都にて、写真甲子園 審査委員長 立木義浩氏の展覧会が開催中です。

まばたき

b0187229_15114635.png
©Yoshihiro Tatsuki


以下リンクより

1959年より写真家としての活動を始めた立木義浩。以来、ファッション、ポートレート、スポーツとジャンルにとらわれることなく数多の作品を発表し、半世紀以上にわたって写真界を牽引してきた。

スナップ撮影に臨むとき、立木はテーマやコンセプトを考えないという。それは、頭でつくりあげたイメージに固執すると、目の前で起こっている美しいものや面白い瞬間に鈍感になってしまうからだ。身体反応を重視し、出会いに素直に驚き、そのときの衝動や直感でシャッターを切る。そして、立ち上がってきた写真を見て、「こんな画が撮れていたのか」と自分自身が驚く。テーマやコンセプトがないからこそ、目に飛び込んでくる瞬間。そうした予期せぬ瞬間との出会いが、スナップのもっとも魅力的で、面白いところだ。

今回の写真展では、立木がライカを手に街を歩き、まばたきするように無心で切り取ったスナップ・ショットを展示する。多くの写真家にとって特別な存在と言えるライカを手にしたとき、立木の目に何が映ったのか。

まばたきは一瞬の永遠。目を閉じた刹那に刻まれる一瞬が永遠になったとき、ありふれた風景が饒舌に語り出す。そして、その写真を前にしたとき、人はこの世がもっと美しく、もっと面白いと気づくに違いない。


***********************************
ライカギャラリー東京 (ライカ銀座店2F)
住所: 東京都中央区銀座6-4-1 Tel. 03-6215-7070
期間: 2019年8月23日(金) - 12月4日(水)

ライカギャラリー京都 (ライカ京都店2F)
住所: 京都市東山区祇園町南側570-120 Tel. 075-532-0320
期間: 2019年8月24日(土) - 12月4日(水)





by higashikawa_blog | 2019-09-01 15:13 | その他お知らせ

対馬アートファンタジア


対馬アートファンタジアに、吉田和生さんと、詫間 のり子さんが参加しています!


対馬アートファンタジア

b0187229_15004858.jpg


以下リンクより

馬アートファンタジアは、価値観の異なる人たちがそれぞれの固有性を超えて出会う場所であった対馬において、対馬の人たちと日本、韓国をはじめとする各国のアーティストたちが協働で開催する芸術祭であり、国境の地・対馬において、脈々と承継されてきた文化交流を、現代アートを介してリバイバルしようするものです。中世以前の対馬には、海を渡り世界と活発に交流する「海民性」を備えた人々が暮らしていました。彼らは国家に縛られることなく、個人として海を行き交い対馬を形成してきたと言えます。本プロジェクトは、その対馬という地勢のアイデンティティを生かし、様々な国のアーティストが参加することで展開してきました。対馬を訪れ、アーティストと対馬の出会いにより生まれた異彩を放つ芸術作品と、対馬の豊かで濃密な自然・文化・歴史を是非ご体感ください。みなさまのご来場をお待ちしております。

参加アーティスト
イ・ジンソン・伊東敏光・入江早耶・ウンディネ ゾマー・うらあやか・キム・ドキ ・キム・ジナ・黒田大スケ ・キム・ドヒ ・張小船(Boat Zhang Xiaochuan)・キム・ジナ・七搦綾乃・潘逸舟・西松秀祐・ハ・ミンジ・丸橋光生・フィオナ・チェン ・三原聡一郎・港千尋 ・山本糾・ユン・ジュンヨン・吉田和生・キム・ボギョン ・迎英里子・詫間のり子(順不同)

**********************************
会 期: 2019年8月31日(土)~9月29日(日)

時 間: 平日11:00~16:30 土日祝10:00~17:00 ※開場時間、休館日が異なる会場もあります。会場ページをご覧ください。

休館日: 火曜日

入場料: 無料






by higashikawa_blog | 2019-09-01 15:02 | フォトフレンド

オノデラユキ氏 展覧会「ポップの系譜」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

静岡県立美術館にて開催中の展覧会「ポップの系譜」に、オノデラユキ氏が出展しております。


ポップの系譜

b0187229_14484024.jpg

以下リンクより

テクノロジーやマス・メディアが融合する都市を舞台に、抽象美術の産物として現れたポップ・アート。1950年代にイギリスで芽生え、1960年代のアメリカで爆発的な展開をみせた後、ヨーロッパ、日本などで特異に花開きました。映画や広告、SF小説やポピュラー音楽、漫画などのサブ・カルチャーを熱狂的に支持し、大衆文化に肯定的な態度で接点を求めようとした1960年代のポップ・アートにみられる消費者志向のイメージは、インターネットや携帯電話が普及する高度情報化社会の現代においても制作者と鑑賞者とのコミュニケーションの手段として関係の多様化、複雑化を見せながら、いっそう有効であり続けています。この展覧会では、1960年代以降、現代までのポップ的指向を持つ作品をピックアップし、その系譜を辿りながら、現代におけるポップについて考察します。


*******************************
2019年08月02日(金)〜2019年10月06日(日)
10:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
休館:毎週月曜日
観覧料:当日券一般:300円/大学生以下・70歳以上:無料
団体券一般:200円/大学生以下・70歳以上:無料
静岡県立美術館 〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2




by higashikawa_blog | 2019-09-01 14:53 | 受賞作家関連

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展情報です。


・令和元年度北海道高等学校文化連盟上川支部展

・写真甲子園2019本戦作品展

・第5回高校生国際交流写真フェスティバル作品展


会期:2019年8月31日(土)-9月5日(木)

    ※写真甲子園2019本戦作品展・第5回高校生国際交流写真フェスティバル作品展は

     8/31(土)−10/16(水)の期間開催。※9/6( 金)~9/10( 火) 休館


時間:10:00~17:00 ※9/6(金)~9/10(火) 休館、9/5(木)・10/16(水)は15:00まで
料金:町内100 円、町外200 円
会場:東川町文化ギャラリー
   北海道上川郡東川町東町1-19-8 TEL:0166-82-4700
         https://photo-town.jp/gallery



令和元年度北海道高等学校文化連盟上川支部展


写真甲子園2019本戦作品展


第5回高校生国際交流写真フェスティバル作品展


【次回展予告】

9/11( 水)~10/16( 水)

広田尚敬写真展

9/28( 土)~10/16( 水)

夏休み写真絵日記展



みなさまのご来館お待ちしております。


by higashikawa_blog | 2019-09-01 13:59 | 東川町
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30