人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:受賞作家関連( 1399 )

篠山紀信氏 展覧会「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Gallery AaMoにて、篠山紀信氏の展覧会が開催されます。


篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show

b0187229_17544158.jpg


以下リンクより

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)は、2019年9月5日(木)~10月27日(日)の期間、『篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN The Last Show』を開催します。

写真家・篠山紀信は、1950年代後半より写真活動をスタートさせ、現在もなお写真界の第一線を走り続け、時代の先端を撮影し続けています。本展では、篠山紀信が撮影してきた、昭和・平成・令和のスターたちの写真を大きく引き伸ばして紹介します。中には幅8メートルを越える巨大作品もあり、「写真の神様が降りてきた」と篠山自らが厳選した作品を、ダイナミックで迫力ある展示空間で堪能できます。さらに、令和になってから発表した作品を含む、初出品の写真も加えた新たな内容で、写真の持つ力や可能性を改めて体感いただける展示となっています。

「篠山紀信展 写真力」は、2012年から7年間にわたり全国32会場を巡回、写真展の常識を塗り替える破格のスケールが全国各地で話題となり、累計約99万人を動員している写真展です。今秋の東京凱旋展は、会期中に累計動員が100万人を達成することが見込まれており、「日本初の100万人を突破する写真展」として、日本写真史における大きな足跡を刻みます。7年の間、進化し続ける篠山とともに新陳代謝を繰り返してきた本展は、今回で最後の実施となります。展覧会シリーズの集大成ともいえる本展で、篠山が紡いできた"写真力"をぜひご体感ください。


*******************************
2019年9月5日(木)~10月27日(日)
10:00~18:00(最終入館は閉館の30分前まで)
観覧料:【一般】1,400円【高校・大学生】900円【小中学生】400円
Gallery AaMo 〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-61




by higashikawa_blog | 2019-08-22 17:56 | 受賞作家関連

展覧会「覚醒する写真たち」今道子+佐藤時啓


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館にて、今道子氏と佐藤時啓氏の展覧会が開催されます。


「覚醒する写真たち」今道子+佐藤時啓

b0187229_17402328.jpg
©Michiko Kon

以下リンクより


 FUJIFILM SQUARE( フジフイルム スクエア)写真歴史博物館では、2019年9月1日(日)から12月27日(金)まで、異色の写真家と呼ばれた二人のアーティスト、今 道子と佐藤時啓の作品展を開催いたします。

 フランスで発明された写真術が日本に渡来したのは1848年のこと。以来、日本では独自の写真文化が形成されてきました。日本の写真表現が熟成するのは1960年から70年代。そして、80年代には写真専門の美術館やギャラリーが設立され、80年代後半になると、現代美術でも写真を使った作品が注目を集めるようになります。この頃に異色の写真家として登場したのが、今 道子と佐藤時啓です。二人は現在も国内外で広く活躍し、美術と写真の両方面から高く評価されています。

 今 道子(1955— )は、創形美術学校で版画を学んだのち写真に転じ、1985年から本格的な作家活動に入りました。野菜や魚、果物といった食物、帽子やハイヒールなどの素材を緻密に組み合わせたオブジェを制作し、自ら撮影して印画紙に焼き付ける独自のスタイルは他に類を見ません。作家のイマジネーションを具現化した特異なオブジェは見る者を刺激し、代表作〈EAT〉に象徴される奇妙で魅惑的な作品は、現在さらなる進化を遂げています。
 佐藤時啓(1957— )は、東京芸術大学美術学部および同大学大学院で彫刻を学んだのち、1980年代後半に彫刻の制作から写真に転じました。作家自身がペンライトや鏡を持ってカメラの前で動き回り、長時間露光でその光の痕跡や空間をとらえた代表作〈光-呼吸〉のシリーズをはじめ、その創作活動は一貫して写真の原理を追究しています。佐藤の好奇心と実験精神に満ちた作品は、現在も新たな技術を取り入れながら進化し続け、とどまるところを知りません。

 二人に共通しているのは、写真以外の美術から写真表現に行き着いたこと、三次元のオブジェや身体的運動を印画紙という二次元に完結させていること、写真芸術として認められるプリント作品を最終形態としていることです。両者の表現は、ともに限りなくアートに近い写真作品でありながら、反比例するように写真の原理や本質に近づいていきます。独自の方法で写真の真髄を精製していく創作行為は、まさに「写真の錬金術」というべきものです。

 本展は、第1部では今 道子、第2部では佐藤時啓を特集し、それぞれ初期から現在までの作品を集約して展示します。唯一無二の方法で写真を追究し続ける“写真の錬金術師” 、今 道子と佐藤時啓。デジタル写真が圧倒的な位置を占め、写真表現がますます複雑化、多様化している今日、二人の写真作品から「写真とは何か」を再考する試みです。



Part 1

今道子「蘇生するものたち」 2019年9月1日(日) - 10月29日(火)

【ギャラリートーク】
2019年9月28日(土)  14:00~ / 16:00~
2019年10月19日(土)  14:00~ / 16:00~
各回ともに約30分の予定です。
*参加無料・申込不要

Part 2

佐藤時啓「呼吸する光たち」 2019年10月30日(水) - 12月27日(金)

【ギャラリートーク】
2019年11月16日(土)  14:00~ / 16:00~
2019年12月14日(土)  14:00~ / 16:00~
各回ともに約30分の予定です。
*参加無料・申込不要


********************************
10:00~19:00 (入館は18:50まで) 会期中無休

会場:フジフイルム スクエア 写真歴史博物館



by higashikawa_blog | 2019-08-22 17:46 | 受賞作家関連

展覧会「写真の時間」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

東京都写真美術館にて開催中の展覧会「写真の時間」に、下記歴代受賞作家が出展しております。
川内倫子氏、佐藤時啓氏、杉本博司氏、奈良原一高氏、畠山直哉氏。


写真の時間

b0187229_17353903.jpg


以下リンクより

TOPコレクションは東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「イメージを読む」。作品という視覚的なイメージとその読み解き方を考えます。本展は35,000点を超える当館コレクションから選び抜かれた個々の作品や、複数点からなるシリーズ作品が語りかけてくる物語に着目します。作品の背後にある意味やイメージを結びつける関連性を浮き上がらせることで、さらに写真というメディア自体が内包している普遍的な物語に目を向けることで、「イメージを読む」という豊かな鑑賞体験へと観客の皆様を誘います。
「写真の時間」展では、写真が持つ時間性と、それによって呼び起こされる物語的要素に焦点を当ててご紹介するものです。写真とは、一瞬の時間を切り取ったものと捉えられるかもしれません。しかしながら、例えば私たちがある写真を目にする際、そのイメージは記憶の奥深くにまで働きかけ、現在だけでなく、過去や未来、はたまた音や匂いといった視覚以外の感覚をも喚起することもあるでしょう。そのようにして、私たちは写真に時間の流れや物語を感じとるのです。 この展覧会では、写真と時間、そしてそこに横たわる物語との関係性を、「制作の時間」、「イメージの時間」、「鑑賞の時間」という3つのキーワードによって探ります。「写真の時間」を、どうぞお楽しみください。

出品作家
伊藤義彦、川内倫子、佐藤時啓、杉本博司、田口和奈、土田ヒロミ、奈良原一高、畠山直哉、濱谷 浩、緑川洋一、森山大道、米田知子、ウジェーヌ・アジェ、ロバート・キャパ、ハリー・キャラハン、ウィリアム・クライン、シンディ・シャーマン、W.ユージン・スミス、シャルル・マルヴィル、ジョナス・メカス、エドワード・ルシェをはじめ、約30名

出品点数
110点

第1章 制作の時間
写真の歴史の始まりである初期写真をはじめ、長時間露光、ブレといったカメラの特性を生かした技法を用いた作品など、制作過程において時間と深い関係性のある作品を紹介します。

第2章 イメージの時間
作家たちはときに「時間」という目には見えない対象と向き合い、時間の厚みを感じさせる作品を生み出してきました。写真ならではの豊かな表現を紹介します。

第3章 鑑賞の時間
私たちは展示室で移動したり、立ち止まったりしながら作品を鑑賞します。ここでは、鑑賞という体験の時間に焦点を当てます。鑑賞する時間とイメージの時間は交錯し、私たちの想像力を刺激します。そのような鑑賞の経験と可能性を、現代作家の作品を中心に取り上げます。


*****************************

期 間:2019年8月10日(土) ~ 11月4日(月・振休)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)

料 金:一般 500円/学生 400円/中高生・65歳以上 250円

場 所:東京都写真美術館





by higashikawa_blog | 2019-08-22 17:36 | 受賞作家関連

石塚元太良氏 展覧会「Syncopation シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ポーラ美術館にて開催中の展覧会「Syncopation シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」に、石塚元太良氏が出展しております。


Syncopation シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート

b0187229_17193345.png


以下リンクより

本展覧会は、ポーラ美術館の絵画、彫刻、東洋陶磁など多岐にわたるコレクションを、現代美術の第一線で活躍する作家たちの作品とともにご紹介するものです。2002年の開館以来、現代美術の作家たちに焦点をあてる本格的な企画展は、今回の展覧会が初となります。これまで、モネやピカソといったコレクションの中核をなす作家をはじめ、巨匠たちの作品とともに歩んできたポーラ美術館は、同時代の表現へと展望を拡げ、新たな一歩を踏み出します。

展覧会タイトルである「シンコペーション」(切分法)とは、音楽において、リズムを意図的にずらし、楽曲に表情や緊張感をあたえる手法です。空間全体に広がるインスタレーション、音、映像、野外展示、写真、絵画など、現代の作家たちによる多様な表現は、時代や国境を越えて過去の巨匠たちの作品に今日的な光を当て、現代を生きる私たちの感覚を揺さぶる、さまざまなリズムをもたらします。

大自然の懐に抱かれたポーラ美術館は「自然と美術の共生」を謳(うた)い、本来は密接であった両者の繋がりを取り戻すことを目指してきました。美術における過去と現在の表現もまた、断絶するものではなく、絶えず新たな関係を紡いでゆくべきものでしょう。コレクションの数々が内包する時間とリズムが、現代の表現と出会い、箱根の豊かな自然のなかで新たな響きをうみだします。



参加作家
オリバー・ビア アブデルカデル・バンシャンマ カンディダ・ヘーファー 石塚元太良 磯谷博史 アリシア・クワデ セレスト・ブルシエ=ムジュノ スーザン・フィリップス プリンツ・ゴラム ヴォルフガング・ティルマンス




*****************************
2019年8月10日(土)~12月1日(日)
会場:神奈川県 箱根 ポーラ美術館
時間:9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
料金:大人1,800円 65歳以上1,600円 大学・高校生1,300円 中学・小学生700円
※中学生以下は土曜無料



by higashikawa_blog | 2019-08-19 17:22 | 受賞作家関連

森村泰昌氏 展覧会「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

大阪文化館・天保山にて開催中の展覧会「THE ドラえもん展 OSAKA 2019」に、森村泰昌氏が出展しております。


THE ドラえもん展 OSAKA 2019

b0187229_16341717.png



以下リンクより

ドラえもん×現代アート!
「あなたのドラえもんをつくってください。」

2019年、OSAKAで、アートがドラえもんと夢を見る。

1970年の誕生以来、ドラえもんは、日本中にたくさんの夢を届けてくれました。
いま世界を舞台に活躍するアーティストたちの中にも、ドラえもんと出会い、
夢を膨らませてきた方々がたくさんいます。

日本を代表するアーティスト28組と「ドラえもん」が出会う特別展。
誰も見たことのない「ドラえもん」、
世界にひとつだけの新しい「ドラえもん」をつくりあげました。
いずれも、ジャンルを超えた独創性豊かな現代アートであるとともに、
「ドラえもん」への想い溢れる作品となっております。


********************************
開催日程:2019年7月12日(金)~9月23日(月・祝) 74日間 ※会期中無休
会場:大阪文化館・天保山(海遊館となり)
(〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1丁目5-10)
https://www.osaka-c-t.jp/
開館時間 10:00〜17:00 ※入館は閉館の30分前まで
入館料(税込)一般1,500円(前売1,300円)/中・高校生 1,200円(前売1,000円)
4歳~小学生以下800円(前売600円)


by higashikawa_blog | 2019-08-19 16:36 | 受賞作家関連

広川泰士氏 展覧会「BABEL ordinary landscapes」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

tokyoarts galleryにて、広川泰士氏の展覧会が開催されます。


BABEL ordinary landscapes

b0187229_16280185.png


以下リンクより

この度、tokyoarts galleryと新宿パークタワー1Fギャラリー・1にて、広川泰士写真展BABEL ordinary landscapesを同時開催致します。

 人は有史以前から創造し、自ら破壊し、また自然によって破壊される事を繰り返し生きて来ました。200万年前ヒト属に属する猿人ホモ・ハビリスが石器を使い始め、石の道具が人工の歯、牙、角として機能する事により格段の破壊、殺傷力を得る事になり、更に原人ホモ・エレクトスが50万年前の氷河期に火を手に入れ、人類は急速に他の動物達に差をつけ発達しました。以来近代の産業革命により急加速で発展して来た事は周知の事実です。しかし地球環境の大きな流れの内で見た時、もしや人類はいつの間にか道に迷ってしまったのではないかと思う事があります、地球の歴史を1年の出来事に換算した「地球カレンダー」によると、46億年前に太陽系が形成され、原始地球が誕生した頃を1月1日、1億8千600万年生息していた恐竜の登場が12月13日、20万年前の新人類ホモ.サピエンス誕生が12月31日23時37分、地球の新参者は手に負えないもの迄手にして急いで何処へ向かおうとしているのでしょうか。「地球カレンダー」の続きには翌年1月1日10時0分30秒(数千年後)環境破壊と氷河期の到来により人類滅亡とありますが、果たして?私は未来は創る事が出来ると信じています。

*人類の歴史には諸説あり、猿人から進化していない説もある事を、記しておきます。

広川泰士



********************************

2019年 8/29(Thu.)-9/4(Wed.)

12:00-20:00

tokyoarts gallery 〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-8






by higashikawa_blog | 2019-08-19 16:30 | 受賞作家関連

リボーンアート・フェスティバル


東川賞受賞作家 フェスティバル参加のお知らせ

宮城県にて開催中のリボーンアート・フェスティバルに、野口里佳氏、志賀理江子氏が参加しております。
また、歴代フォトフレ 石川竜一さんも参加しています。


リボーンアート・フェスティバル

b0187229_15074601.jpg


以下リンクより

リボーンアート・フェスティバルは、
宮城県の牡鹿(おしか)半島と石巻市街地を主な舞台とした、
「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできるお祭りです。
2回目となる2019年は、網地島を含む7つのエリアで7組のキュレーターが
多様な作家たちと『いのちのてざわり』に思いを馳せながら、作品をつくります。
今、生まれ変わろうとしているこの場所だからこそ、
他では出会うことのない価値観や人に出会うことができる。
今まで出会うことのなかった自分にさえ、出会うことができるかもしれません。


Reborn-Art =人が生きる術
『Art』とは 『人が生きる術』 、すべてを指す『Ars』ということば(ラテン語)がもとになっています。私たちは東日本大震災以後はっきりと、自分たちのまわりからほんとうの『人が生きる術』が失われかかっていることを、認識するようになりました。今もっとも必要なことは、この『人が生きる術』を蘇らせ取り戻すことにあると考えた私たちは、自分たちのめざすものを『Reborn-Art』と名付け、食や住や経済などの『生活の技』、アートや音楽やデザインの『美の技』、地域の伝統の『叡智の技』などとして、さまざまな領域における『Reborn-Art』を発見 / 再発見しようとしています。お祭りの中心地となる牡鹿半島には、人の手の加えられていない自然が多く残されています。そこには津波の傷跡とともに、人の営みと豊かな海と山と森があり、そのまんなかに『Reborn-Art』のお祭りが出現します。ここを訪れる皆さんが、地域の人々やアーティストやスタッフと一緒になってお祭りをつくりだすとき、ほんとうの意味で地域が前に向かって進んでいくためのエネルギーが生まれてくるはずです。


*********************************
会期
2019年8月3日(土)- 2019年9月29日(日)
※水曜休祭予定(8月14日およびイベント開催日は除く。詳細は後日発表)
※網地島エリアは8月20日より開催


鑑賞時間
【平日】10:00~16:00(15:30最終受付)
【土日祝・8月13日〜16日】10:00〜17:00(16:30最終受付)
※施設、作品によって異なる場合もありますので各作家のページにてご確認ください

会場
牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾
(宮城県石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町)





by higashikawa_blog | 2019-08-19 15:10 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「いのちといのち——やまなみ工房のいとなみ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

HOTEL ANTEROOM KYOTO (GALLERY 9.5)にて、川内倫子氏の展覧会が開催中です。


いのちといのち——やまなみ工房のいとなみ

b0187229_11382070.jpg
©Rinko Kawauchi


以下リンクより

いのちといのち の あわいに満ちる
おだやかな空気と時間。

ホテル内ギャラリーでは、8月16日(金)から8月26日(月)まで、写真家・川内倫子氏による個展「いのちといのち——やまなみ工房のいとなみ」を開催致します。

写真家・川内倫子氏が障害者福祉施設〈やまなみ工房〉を訪ね、日々のいとなみを記録した約一年間が、冊子『ラ コリーナ』14号(たねやグループ発行)としてまとめられました。収録された全点と本展のために新たに撮影された映像、やまなみ工房の作品もあわせて展示します。

是非、ご高覧くださいませ。


【展覧会詳細】
川内倫子 写真展「いのちといのち——やまなみ工房のいとなみ」
会期:2019/8/16(金)~8/26(月)
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO (GALLERY 9.5)
住所:京都市南区東九条明田町7番
TEL. 075-681-5656
協力:たねやグループ+RISSI Inc.+信陽堂








by higashikawa_blog | 2019-08-14 11:40 | 受賞作家関連

野村佐紀子氏 展覧会「火口のふたり」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Bギャラリーのて、野村佐紀子氏の展覧会が開催中です。


火口のふたり

b0187229_11294521.jpg


以下リンクより

Bギャラリーでは2年ぶり6回目となる、写真家・野村佐紀子の写真展を開催します。本展では、8月23日(金)より全国公開される映画『火口のふたり』で写真を担当した野村佐紀子が映画制作中に撮影した作品をはじめ、これまで撮りためてきた膨大な数の写真の中から厳選した、新作を含む作品を展示、販売します。さらに、原作を手がけた直木賞作家の白石一文と野村佐紀子との共著として刊行される、「あの頃の『火口のふたり』」(河出書房新社)の先行発売も行います。

野村佐紀子の最新展にどうぞご期待ください。



トークイベント
日時:8月31日(土)15:00〜16:00
会場:Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)
予約定員制:先着30名様 ※ご予約はBギャラリーまで(Tel:03-5368-7309
ゲスト:荒井晴彦(脚本家・映画監督)

*********************************
2019年8月10日(土)~ 9月8日(日)
11:00〜20:00 (会期中無休)
Bギャラリー(ビームス ジャパン 5F)〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6




by higashikawa_blog | 2019-08-14 11:34 | 受賞作家関連

野村恵子氏 トークイベント「写真集『別冊月刊 冨手麻妙』発売記念~身体で表現するということ。女優と写真家の写真集作りの現場から。」


東川賞受賞作家 トークイベントのお知らせ

銀座 蔦屋書店にて、野村恵子氏のトークイベントが開催されます。


写真集『別冊月刊 冨手麻妙』発売記念~身体で表現するということ。女優と写真家の写真集作りの現場から。

b0187229_11224591.png


以下リンクより

二人の出会いから、ベトナムに宿も行程も行き当たりばったりで決行した撮影旅行。
二人は何を思って感じて現場で制作していたのか?
「冨手麻妙を体当たりで演じて撮られたかった。」という冨手と「ベトナムの空気に溶け込ませて撮りたかった。」という写真家の本音とリアルなト-クが期待されます。
また、トークイベント後は、以下の内容のサイン会も実施いたします。
【イベント内容】
イベント参加対象書籍『別冊月刊 冨手麻妙』の購入冊数(1~3冊の3種類)によって、トーク終了後に下記特典が受けられます。
1冊券:①野村さんと冨手さんのサイン会&握手会
2冊券:①+②オリジナル写真ポストカードセット
3冊券:①+②+冨手さんと一緒にお手持ちのカメラでツーショット撮影


【参加条件】
銀座 蔦屋書店にて下記の商品をご購入いただいた方にご参加いただけます。
・1冊券(イベント参加対象書籍 写真集『別冊月刊 冨手麻妙』×1冊):2,700円/税込
・2冊券(イベント参加対象書籍 写真集『別冊月刊 冨手麻妙』×2冊):5,400円/税込
・3冊券(イベント参加対象書籍 写真集『別冊月刊 冨手麻妙』×3冊):8,100円/税込
【申込方法】
オンラインショップ
※オンラインショップでの受付は2019年9月6日(金)午前9時の受注分までとさせていただきます。
【注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*今回の座席順はお申し込み順の整理券番号のお席をご案内いたします。開場前にお並び頂くことができかねますのでご注意ください。整理券番号は当日会場入場時にスタッフよりお伝えいたします。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*イベント中の録音・録画はお断りしております。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

*************************************
2019年09月07日(土)
19:00~21:00
定員:60名
会場:銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE
 〒104-0061 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F



by higashikawa_blog | 2019-08-14 11:25 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31