東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:受賞作家関連( 1323 )

鈴木理策氏 展覧会「グループ展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

タカ・イシイギャラリー 東京にて開催中の展覧会「グループ展」に、鈴木理策氏が出展しております。


グループ展

参加作家:マリオ・ガルシア・トレス、桑山 忠明、村上友晴、オスカー・ムリーリョ、鈴木 理策、マリア・タニグチ、登山 博文、ケリス・ウィン・エヴァンス


****************************
会期: 2019年3月23日(土)- 4月27日(土)
営業時間: 11:00 – 19:00
定休日: 日・月・祝祭日
会場: タカ・イシイギャラリー 東京
106-0032 東京都港区六本木6-5-24 3F


by higashikawa_blog | 2019-03-24 12:55 | 受賞作家関連

池田葉子氏 展覧会「combine and resonate」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Kamakura Galleryにて、池田葉子氏の展覧会が開催中です。


combine and resonate

b0187229_12473532.jpg
©Yoko Ikeda


以下リンクより

この度鎌倉画廊では、近年注目の高まる写真家・池田葉子の新作個展を開催致します。ありふれた日常の風景のなかで、普段は注目もせずに通り過ぎてしまいがちな、しかし実は魅力的なシーンの一端を池田はまるで魔法のように切り取り、写真という平面の世界にこめて提示する作家です。アウトフォーカスや極端に部分的なトリミングにより一見しただけでは何を写しているのか分からないものもありますが、作家の視覚や意識をそのまま取り出したようなそれらの光景は柔らかな光や色、リズム感のある影やかたちと相まって不思議な心地良さを感じさせます。日常で目にするすべてのものがインスピレーションの源であり、かたちや色が光の当たり方や見る角度によって細やかに変わることをカメラを持っていないときでも意識しているという池田は、ぽつんと佇む樹木や木漏れ日、壁や地面の微妙な凹凸や模様、水たまりの反射までも独特の観点のなかに取り込んでゆきます。時に抽象絵画のようにも感じられる作風には、学生時代より抽象表現主義や印象派、ナビ派などの画家たちに興味を広げ、近代・現代絵画への造詣が深いことや、広い視点のなかで細部を絶妙にすくい取る独自のセンスを垣間見るようです。


写真に取り組んですでに20数年のキャリアがありながら、「極めてスローなマイペース」で活動を続けてきたという作家ですが、近年、国内はもとよりアメリカ、ベルギー、オランダなど海外でも精力的に作品を発表するとともに注目を集め、その蓄積が確かなものであることを裏付けています。2016年には国内外を問わず撮影された写真で構成された2冊目の写真集「Monkey Puzzle」(2015年刊行)で第32回東川賞新人作家賞を受賞。昨年は第1回Photo Basel ALPA AWARDにも輝きました。鎌倉画廊では初の発表となる今展では、空間と作品との共鳴にも取り組みながら、青森、長野、東京、スイス、フランス、台湾など国内外で撮影された未発表作品や最新作を含む約25点を展示致します。


「対象に潜む面白さや美しさを引き出し新たな世界を作り出したい(*)」ということが制作の根拠と語る作家は、曖昧な視覚の中でこぼれ落ちてしまう細部を、そして曖昧だからこそ見えてくる別の風景を逃がすことなく捉え、カメラのレンズを通すという行為と機能を用いて新しい景色に変え、作品を生み出し続けてきました。写真を撮ることは「未知のものに出会うための実験」でもあるという池田葉子の作品を通して、未知の風景に出会う旅をギャラリー空間で堪能して頂きたい―――そんな春にぴったりの展覧会です。ぜひご期待下さい。

(*東川賞受賞時のコメントより)



****************************

2019年3月16日–4月27日

休廊: 日曜・月曜・祝日(3/21)

火-土 11:00–18:00

Kamakura Gallery 〒248-0031 神奈川県鎌倉市鎌倉山4-1-11





by higashikawa_blog | 2019-03-24 12:50 | 受賞作家関連

澤田知子氏 展覧会「YOUR MIRROR Portraits from the ICP Collection」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ICPにて開催中の展覧会「YOUR MIRROR Portraits from the ICP Collection」に、澤田知子氏が出展しています。


YOUR MIRROR Portraits from the ICP Collection

b0187229_12424792.png


NEW YORK, NY (FEBRUARY 2019) — The International Center of Photography (ICP) proudly presents its Winter/Spring 2019 exhibitions: For Freedoms: Where Do We Go From Here?and Your Mirror: Portraits from the ICP Collection. Both open February 8 and will be on view through April 28, 2019.In the wake of the 2018 midterm elections, ICP’s new exhibition For Freedoms: Where Do We Go From Here?explores the role of art and visual representation in American civic life through the work of the For Freedoms collective. The exhibition features work from their 50 State Initiative—composed of a network of over 300 artists and 200 institutional partners—which featured concurrent exhibitions, art installations, and public programs as well as a nationwide artist-designed billboard campaign in all 50 states including DC and Puerto Rico, in the lead up to the midterm elections. Also central to the 50 State Initiative is the collective’s series of photographs that re-envision American artist Norman Rockwell’s Four Freedoms paintings—depicting freedom of speech, freedom of worship, freedom from want, and freedom from fear, as articulated by Franklin D. Roosevelt’s 1941 State of the Union address—which will be on the view for the first time. For Freedoms’ stylized scenes of the everyday reference Rockwell’s iconic style while bringing new, more inclusive representations of the country to the discussion of our core values. Members of For Freedoms will be in residence at the ICP Museum, which will serve as the collective’s headquarters for the duration of the exhibition.“The ICP Museum show marks the first time that audiences will be able to view the 50 State Initiative and Four Freedoms images displayed side-by-side as a full series,” says Mark Lubell, Executive Director of the International Center of Photography. “We’re pleased that the ICP Museum will serve as an active space in which members of For Freedoms, nonprofits, and the public are invited to discuss the importance of civic engagement and to develop educational programming based on the project.”The second exhibition—Your Mirror: Portraits from the ICP Collection—surveys the nuanced ways people present themselves for the camera, how and by whom they are represented, and who is deemed worthy
of commemoration. Featuring a range of images including studio portraits, snapshots, and documentary photographs—all drawn from the ICP Collection—this exhibit features a daguerreotype of a bedridden woman by Southworth & Hawes, a cart-de-visite featuring Sojourner Truth holding her knitting, Samuel Fosso’s performative self-portraits, as well as an FBI wanted poster. “We live in a hyper-photographic culture, where we are creating and capturing images of ourselves and others at a rapid pace,” says Erin Barnett, ICP’s director of exhibitions and collections. “With Your Mirror, which explores the historic context of portraiture, we aim to gain understanding of the ways in which people made—or didn’t make—decisions about how they were presented for the camera and for society. There couldn’t be a more important time to examine the ways in which photography shapes our ideas about others and ourselves.”“ICP was found by Cornell Capa in 1974 to preserve the legacy of ‘concerned photography’—images created as a means of action and social change. ICP’s mission endures even as the medium and practices of imagemaking have evolved,” says Lubell. “Thought-provoking and engaging shows like Your Mirror and For Freedoms help us look at and learn from the past—but set our eyes on the future. There’s no more fitting way to close out our time at 250 Bowery and set the stage for the reunification of our Museum and School at Essex Crossing in fall 2019.”For Freedoms: Where Do We Go From Here? is organized by Ava Hess, exhibitions department manager, in collaboration with For Freedoms. Your Mirror: Portraits from the ICP Collection is curated by Erin Barnett, director of exhibitions and collections, and Claartje van Dijk, assistant curator, collections.Your Mirror: Portraits from the ICP Collection has been made possible by the generous support of ICP’s Exhibitions and Acquisitions Committees and First Republic Bank.For Freedoms: Where Do We Go From Here? has been made possible by the generous support of the ICP Exhibitions Committee.Exhibitions at ICP are supported, in part, by the New York City Department of Cultural Affairs in partnership with the City Council. Additional exhibition support is provided by The Andre & Elizabeth Kertesz Foundation and the Joseph and Joan Cullman Foundation for the Arts, Inc.


****************************
February 8–April 28, 2019
ICP Museum 250 Bowery, New York, NY




by higashikawa_blog | 2019-03-24 12:44 | 受賞作家関連

川内倫子氏 展覧会「CAMKコレクション展 ―小さな物語―」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

熊本市現代美術館にて開催中の展覧会「CAMKコレクション展 ―小さな物語―」に、川内倫子氏が出展しております。


CAMKコレクション展 ―小さな物語―

b0187229_12231269.jpg


以下リンクより

「小さな物語」をテーマに、初春のコレクション展示を開催します。今回の出展作品は、川内倫子の《川が私を受け入れてくれた》(2016)と山本太郎の《熊本ものがたりの屏風子供の思い出銀揉紙屏風》2017の二点。いずれも近年の新収蔵作品であり、本展が収蔵後初めての公開の機会となります。前者は、当館で開催した同名の川内の個展の際にコミッションワークとして制作された写真シリーズで、熊本の思い出の場所を一般募集し、寄せられたエピソードに共感しながら作家が現地を訪れ撮影したもの。撮影地のほとんどはなんでもない場所ですが、そこは誰かにとって忘れがたい記憶が秘められた特別な場所もあります。ときにはこれらの作品が、観る者の記憶をよみがえらせることもあるかもしれません。また後者は、江戸時代に流行した「図屏風」の形式を借りて、山本が熊本の人々の思い出の品々を描いた作品。市民から寄せられたモチーフと思い出を題材にしており、屏風自体熊本地震後店をたたむこととなった地元の表具材料店から提供されたものです。ここに描かれた品々とそれにまつわる物語は、熊本に生きる市井の人々の各人各様の暮らしや思い次の時代にも伝えていくことでしょう。4月には熊本地震から3の節目迎えます地震は熊本に大きな傷跡を残しましたが、同時に我々がありふれた日々のかけがえのなさを実感する機会ともなりました。熊本を舞台にした小さな物語の数々をもとに生まれてきた本展の両作品はいま改めて日常の輝きに目を向けさせてくれます


***********************
2019.2.14(木)~ 2019.4.21(
午前10時から午後8時(展覧会入場は午後7時30分まで)
休館:毎週火曜日 ※火曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
熊本市現代美術館 〒860-0845 熊本市中央区上通町2番3号





by higashikawa_blog | 2019-03-24 12:27 | 受賞作家関連

瀬戸正人氏 展覧会「Silent Mode 2019」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Place Mにて、瀬戸正人氏の展覧会が開催されます。


Silent Mode 2019

b0187229_12033005.jpg
©Masato Seto


*****************************
2019.3.25-3.31
12:00―19:00/年中無休
Place M 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F




by higashikawa_blog | 2019-03-24 12:04 | 受賞作家関連

志賀理江子氏 展覧会「Count the Waves – 見えないものをつなぐ」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

東京藝術大学大学美術館陳列館にて始まった展覧会「Count the Waves – 見えないものをつなぐ」に、志賀理江子氏が出展しております。


Count the Waves – 見えないものをつなぐ

b0187229_18245418.jpg


以下リンクより

長谷川祐子教授による「アートプロデュース演習」授業の一環として、本研究科アートプロデュース専攻キュレーション領域の修士課程学生5名による共同キュレーションの特別展が、3月21日より4月7日まで、東京藝術大学大学美術館陳列館にて開催されます。本展は「Count the Waves – 見えないものをつなぐ」と題し、「不可視性」をテーマに国内外のアーティストおよびデザイナー14名を紹介します。また、3月20日(水)19:30より、上野キャンパス美術学部内大浦食堂にてオープニング・レセプションも開催します(DJイベント有り)。いずれも、予約不要、入場無料です。お誘い合わせの上、是非ご参加ください。


***************************
会期:2019.03.21(木.祝)〜2019.04.07(日)
休館日:月曜日
開館時間:午前10時 〜 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
観覧料:無料
会場:東京藝術大学大学美術館陳列館
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8




by higashikawa_blog | 2019-03-21 18:26 | 受賞作家関連

展覧会「街道31週年記念展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ギャラリー街道にて開催される展覧会「街道31週年記念展」に、尾仲浩二氏、山田博之氏が出展いたします。


街道31週年記念展

b0187229_18193644.png


******************************
2019年 3月22日〜31日
3月22日(金)23日(土)24日(日)、29日(金)30日(土)31日(日) 金/17:00~20:00 
※金曜日は夕方オープンです。ご注意下さい。
土・日/13:00〜19:00
ギャラリー街道 164-0001 東京都中野区中野5丁目14-5 ハウスポートB1F






by higashikawa_blog | 2019-03-21 18:23 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「植田正治回顧展」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Xie Zilong Photography Museumにて、植田正治氏の展覧会が始まりました。


植田正治回顧展

b0187229_18183661.jpg
©Shoji Ueda


以下リンクより

砂丘を舞台に数多くの傑作写真を生み出し、日本のみならず世界の写真史上に独自の足跡を残した植田正治(1913-2000)。この時代、日本の写真の潮流であったリアリズム写真運動に与することなく、終生、生まれ故郷の山陰にとどまって「写真する」歓びを追求し続けた写真家が生み出したモダニズムあふれる作品は、海外でもUeda-cho(植田調)と称され、国外も高い評価を受けています。
青年期に西洋アヴァンギャルドの洗礼を受けた植田正治は、地元で写真館を営む一方、制約なしに自己の表現を追求するアマチュア精神を貫きました。自宅近くの砂浜に家族や身近な人々をあたかもチェスの駒のように配して撮影した〈演出写真〉の緊密な構図はもとより、70歳から取り組んだシリーズ「砂丘モード」に代表されるファッション写真や商業写真など、脈々と築き上げた写真世界は、時代も世代も超えた支持を集め続けています。植田がもっとも好んだ被写体は、生まれ育った山陰の風景や事物でしたが、その写真は風土性や時代を超える普遍性をたたえており、見る者に新鮮な驚きと深い感動を呼び起こしてやみません。

中国で初めての大規模な回顧展となる本展では、植田正治の代名詞ともいえる砂丘を舞台にした作品から、再評価の契機となったファッション写真まで、初期から晩年にいたる代表作144点を展示し、その表現世界に迫ります。



****************************

2019年3月16日(土)~6月16日(土)
10:00~17:30
長沙市・谢子龙影像艺术中心
Xie Zilong Photography Museum

No. 387, Section 1, Xiaoxiang South Road,
Yanghu Street, Yuelu District, Changsha City,
Hunan Province
URL: http://www.x-museum.com/






by higashikawa_blog | 2019-03-17 18:21 | 受賞作家関連

広川泰士氏 展覧会「Landscapes」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

ワコウ・ワークス・オブ・アートにて開催中の展覧会「Landscapes」に、広川泰士氏が出展しております。



Landscapes

b0187229_18095066.png


以下リンクより

福島県のいわき市と広野町を撮影した平川典俊の新作や、ミリアム・カーンがチェルノブイリ原発事故後の1986年に描いた水彩画、広川泰士が日本各地の原子力発電所を見つめて撮影した作品などを中心に、コレクション作品を交えて展示いたします。


****************************

2019年3月9日(土) - 4月6日(土)

11:00-19:00

日月祝・休廊

ワコウ・ワークス・オブ・アート

〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F





by higashikawa_blog | 2019-03-17 18:11 | 受賞作家関連

松江泰治氏 展覧会「アマナ コレクション展 03」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

IMA galleryにて、開催される展覧会「アマナ コレクション展 03」に、松江泰治氏が出展いたします。


アマナ コレクション展 03

b0187229_18043550.jpg
©Taiji Matsue


以下リンクより

まず眼差しを向けると、今回展示する3人の写真家たちの作品はかたちが似かよったひと気のない風景に映ります。徐々に構図に視線を進めると、それぞれの作品は慎重に考え抜かれた独自の手法で撮影されていることを感じます。そして展示空間全体を見渡すと、写真家は自身の思考をかたちづくり、観客がそれを体験する方法として、写真プリントという媒体を利用していることにも気付くのです。ですが今回の展覧会では、そのような共通点ではなく、撮影手法の違いを通じて、3人の写真家の固有性を明らかにしてみたいと思います。

松江泰治の作品では、世界中のさまざま土地が、被写体に影が生じない順光での撮影や地平線がない構図など、一貫した制作手法によって撮影されています。撮影場所の判別は一見つきませんが、作品タイトルに地名や都市コードが用いられていることに気が付くと、旧知の場所が新たな風景となり交差します。今回並べて展示する2点の作品は、マクロとミクロが呼応する、視線そのものを示しているかのようです。松江は形態が持つ表層性に徹底することで作品の地理的特定を排除していますが、笹岡啓子の作品では場所と時間が明確に提示されています。岩手、宮城、福島で撮影された作品は、3.11の震災と時間的にも距離的にも関連付けられ、今回展示40点の作品も震災後の時間の流れに沿って展示されています。そして津田直が中国、モロッコ、モンゴル北部の過疎地で撮影した作品では、津田が「風の河」と呼ぶ目に見えない透明な帯によって、それぞれの土地は遠く離れながらも繋がっています。通り抜ける風は霧のすがたで画面に暗示され、その流れに導かれるかのようにふたつの風景が重なりあいます。

これらの作品を通じて、水平線というものを抽象化してみましょう。水平線とは、目に見えながらも誰もがそこに行きつくことができない本質のない存在ですが、それゆえに、私たちは自らの視線と知覚に限界があると気付くのです。そしてまた水平線は、私とその周りの環境との間の距離や関係性をかたちづくる存在でもあります。それぞれの作家が構図の中でどのように水平線を捉えているか、そこから作品のひとつの解釈が生まれてくるでしょう。これらの作品には、カメラ的な意味での決定的瞬間は残されていませんが、すべての露光には作家が伝えようとするものの切実さが刻まれています。今回の3人の写真家たちは、撮影場所を無作為に決めていません。つまり、自らの決意をもとに被写体を選択しながらも、主観を超える新たな風景に出会い、写真としてそれらを表現しているのです。

変わりゆく世界のなかで私たちは世界にどのように向き合い、それを写真はどう捉えてゆくのか、これはthe amana collectionの収蔵作品に繰り返し見られるモチーフです。見るということと写真 – 観察力や技術の進化とともに私たちの知覚は個々に変容してゆきます。そうして、私と世界を繋ぐ新たな現実感もつぎつぎと生まれ続けてゆくのです。



*****************************

会 期 : 2019年3月18日(月) ~ 4月26日(金)
時 間 : 11:00~19:00 (日曜・祝日休)
会 場 : IMA gallery (住所:〒140-0002 品川区東品川2-2-43 T33ビル1F)





by higashikawa_blog | 2019-03-17 18:05 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31