東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:フォトフレンド( 382 )

<PFF:フォトフェスタふれんず>サポートスタッフ募集

34回東川町国際写真フェスティバル

東川町フォトフェスタ2018

PFF:フォトフェスタふれんず>サポートスタッフ募集


フォトフェスタ2018の写真の町東川賞展示作業から当日のイベント進行を裏方として支えていただく「フォトフェスタふれんず」を全国から募集します。

このイベントは期間中、国内外から第一線で活躍する写真界関係者が東川町に集まるもので、写真や展示の勉強、そして多くの仲間との出会いの場として皆様に活用していただければと思っております。ご応募お待ちしております。


■募集概要

[対象]18歳以上

[定員]15名

[期間]7月27日(金)~8月6日(月)

   *集合:7月27日(金)9:50(10:00開会式)

       ○場所:東川町文化ギャラリー

27日の送迎はできませんので極力前泊をご利用ください。

   *解散:8月6日(月)の午後~

       ○場所:東川町文化ギャラリー

[応募方法] 申し込み用紙に記入の上郵送、メールまたはFAXでお申し込みください。


[応募期間] 4月23日(月)~5月18日(金)(応募多数の場合は抽選)

*採否については直接本人に連絡します。

[備考]

◎東川町までの往復旅費は自己負担となります。

7/27昼~8/6朝の宿泊・食事は東川町写真の町実行委員会が負担します。

(希望者は前後泊可能)

◎全期間を通してスタッフとして活動できる方。※途中参加、途中帰省はできません。

◎美術館展示水準の作業をしていただきますので、責任感があり、やる気のある方を募集いたします。


■作業内容

最初に展示についてのワークショップを行い、その実習の成果として、各展覧などが完成していきます。実習終了後は、東川町長並びに東川賞審査員連名で修了証書が送られます。

○東川賞受賞作品のマッティングから展示まで

○展覧会場、授賞式会場など各会場づくり

○授賞式ほか行事やワークショップの準備

○各行事、イベントの進行スタッフ

○各行事、イベントの写真&動画記録、など


〈お申込み・お問い合わせ先〉

東川町写真の町実行委員会事務局(PFF係)

071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8

東川町写真の町課写真の町推進室/写真の町東川町文化ギャラリー(担当:阪部、関口)

TEL:0166‐82‐2111(内線591・592)FAX:0166‐82‐4704

E-mail photo@town.higashikawa.lg.jp


*概要:http://photo-town.jp/higashikawa-prize-exhibition/photo-friend/index.html
*申し込み(pdf):http://photo-town.jp/pdf/photofre2018.pdf
*申し込み(word):http://photo-town.jp/pdf/photofre2018.doc




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-23 10:51 | フォトフレンド

クロダミサトさん 展覧会「京都極彩秘宝館 2018」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

Wlight商會 三条店にて開催中の展覧会「京都極彩秘宝館 2018」に、クロダミサトさんが出展しています。


京都極彩秘宝館 2018

b0187229_13463402.jpg


以下リンクより

長らく皆様のご愛顧で続けておりました極彩秘宝館ですが、今年はタイトルを「京都極彩秘宝館」として再出発させて頂くこととなりました。
2018年のテーマは「Ejaculation」とし、出品作家も大幅増量の20名でお送りさせて頂きます。
2週間の展示期間と二日のイベントを予定しておりますので皆様、寺町界隈に来られた際には是非足をお運び頂けますと幸いです。


出展作家
鈴鹿芳康
YONNN
杳 芽具見
山下一夫
フクサコアヤコ
中村 きょう
中島洸一
坪口晄弋
武甕 育子
高橋貴絵
高田一樹
鈴木雅也
坂井美桜
才田翔
KOSHO
クロダミサト
久保田狐庵
小野山琴美
長村マリン
内海淡水
※順不同、敬称略



****************************
京都極彩秘宝館 2018
4/17(火)〜29(日)※月曜定休
12:00〜20:00(最終日のみ17時まで)
Wlight商會 三条店
京都市中京区寺町三条下ル一筋目東入ル1•2階
入場無料




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-19 13:47 | フォトフレンド

詫間のり子さん 展覧会「はるうらら」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

TO OV cafe/galleryにて開催される展覧会「はるうらら」に、詫間のり子さんが出展いたします。


はるうらら

b0187229_14312029.jpg


以下リンクより

春がテーマの作品展。

今回のサブテーマは『ピンク』。

それぞれのピンクをお楽しみください。


出品作家

相川みつぐ 

五十嵐阿実 

大西洋 

木野哲也

佐藤梨沙

daipo

高幹雄

詫間のり子 

武田浩志

中村恵

ホリナルミ

松浦進

森迫暁夫

吉田卓矢

吉田みなみ



*****************************

2018年4月17日(火)‐4月29日(日)※会期中無休

open-close

月~土 10:30-21:30

日曜日 10:30-20:00

4/27(金)は18:00‐21:00の間、Sapporo Art Laboのためイベントにご参加の方以外ご覧いただけません。


TO OV cafe/gallery 

ト・オン・カフェ/ギャラリー

札幌市中央区南9条西3丁目2-1マジソンハイツ1階

(地下鉄南北線「中島公園駅」より徒歩1.5分)






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-15 14:33 | フォトフレンド

杉浦修治さん 展覧会「JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION (KG+)」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

KYOTOGRAPHIE KG+ 2018に、杉浦修治さんが出展しています。


JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION (KG+)


以下リンクより


この度、ホテルアンテルーム京都では、2018年4月14日(土)から5月13日(日)まで、KYOTOGRAPHIE KG+ 2018特別展として”JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION”を開催致します。

KG+とは、これから活躍が期待される写真家やキュレーターの発掘と支援を目的に、2013年よりスタートしたアートフェスティバルです。KG+は、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭と連携し、同時期に開催することで国際的に活躍する写真家やアーティスト、国内外のキュレーター、ギャラリストとの出会いの場と国際的な情報発信の機会を提供します。

JAPAN PHOTO AWARDとは、世界に向けて日本の新しい才能を発信することを目的に2013年に設立されたアワードです。審査員は、世界の第一線で活躍するエディター、キュレーターを招聘し、世界を志す熱意有る方たちに挑戦の機会を提供します。本アワードの受賞者達は、ギャラリーへの所属、写真集の出版、美術館での展示等、着実に実績を残し活躍の場を世界に広げています。

本展では2017年度の受賞作品を始め、新しい才能をリーズナブルな価格で提供するNEW JAPAN PHOTO KG+ EDITIONを同時開催いたします。

是非、この機会に新しい日本の才能をご高覧いただければ幸いです。


参加作家

【JAPAN PHOTO AWARD EXHIBITION】

松田 匡代 / 石川 幸史 / 中村 健太 / 大坪 晶 / 鈴川 洋平


【NEW JAPAN PHOTO EXHIBITION】

堂園 博之 / 片上 久也 / 平野淳子 / 昆 憲英 / 安川啓太 / 森 健太朗 / 山城 功也 / 野口 舞
中嶋 真也 / 河田 美奈枝 / 明 直樹 / 谷浦 龍一 / 江川 翔 / 大橋翔 / 清田 翔也 / 中村 周平
杉浦 修治 / 松根 大樹 / わたなべ としふみ / 此谷内 遙介 / 池ヶ谷 侑 etc…



**********************************

会期:2018年4月14日(土)~5月13日(日)
11am – 21pm(会期中無休・入場無料)
レセプション:4/14(土)17pm – 19pm
会場:HOTEL ANTEROOM KYOTO
住所:〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7(担当:上田/須山)
問い合わせ:JAPAN PHOTO AWARD 事務局
info@japanphotoaward.com




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-04-15 14:12 | フォトフレンド

田代つかささん 展覧会「第16回 のち展」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

朝霞市産業文化センターにて開催中の展覧会「第16回 のち展」に、田代つかささんが出展しています。


第16回 のち展

b0187229_14445422.jpg


以下リンクより

のち展とは、新座総合技術高校工業デザイン科・デザイン科の卒業生が

有志で行う卒業「後」の展覧会です。

今年は16回目となりました。

デザインだけでなく、様々な分野の作品が集まる展示になっております。

皆様のご来場をお待ちしております。



***************************

日程:2018/3/24[土]13:00〜21:00 
   2018/3/25[日]10:00〜18:00

会場:朝霞市産業文化センター 1階ギャラリー
   埼玉県朝霞市大字浜崎669-1
   東武東上線朝霞台駅・JR武蔵野線北朝霞駅下車徒歩約5分
   市内循環バスわくわく号膝折・溝沼線、根岸台線
   産業文化センター入口下車徒歩約1分




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-24 14:45 | フォトフレンド

エレナ・トゥタッチコワさん 展覧会「With Ice, Comes New Sun」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ウナベツ岳メーメーベーカリーにて、エレナ・トゥタッチコワさんの展覧会が開催中です。


With Ice, Comes New Sun

b0187229_14390957.jpg
©エレナ・トゥタッチコワ


以下リンクより

毎年この土地にやってくる流氷。「流れる氷」、英語でいうと「drift ice」、その名前から想像するのは、どこか遠くの場所から海流と風に乗ってそのままの姿で流れてくる、たくさんの小さな島のような氷の板。凄まじい力を持つ、人間や鹿が乗っても割れないほど固く厚い存在であるのは事実なのだが、最初からそのような姿ではない。氷の泥から始まり、時間をかけて、国境を超えて、何キロもの距離を辿って、その間の全距離の海の宝物を吸収して、やがてこの知床半島の付け根に当たる斜里町へと、私たちの知っている姿になってやってくる。そして春になると、そのまま、オホーツク海に溶けて、沢山の栄養分を残して消えていく。このような流氷は、人間の概念で言ってみれば、もっとも自由な精神を持つ自然現象ではないか。さらにそれは、人間にとても似ているのではないか。遠くからやってきたものだが、この土地に住む動物や人間、自然のサイクルにとって欠かせないものになっている。人間は動物と同じように、移動しながら場所を探し、辿り着いた場所と向き合いながら住み、やがて消えていくが、流氷のように、栄養分と精神と遺伝子を残し、その場所の歴史や文化を作る。毎年、流氷の変化とともに、自然と人間が次の季節に向かって、日に日に変わって行くことを眺めると、この土地の持つ生命力に感心し、希望 と喜びを感じる。
(エレナ・トゥタッチコワ)



開催に当たり
この度は、エレナ・トゥタッチコワによる、今年の流氷の季節に制作した、新しい映像作品の上映を「メーメーベーカリー」にて開催します。「アーティスト・イン・シリエトク」の協力をもとに企画した、昨年に続くトゥタッチコワによる展覧会シリーズです。
エレナは、2014 年の夏以降、知床へ何度も通い制作を続け、多くの斜里町民、知床自然センター、斜里町児童館などの協力のもと、展覧会やワークショップを開催し、歩くツアーなども行ってきました。斜里町峰浜地区にある「ウナベツ岳メーメーベーカリー」は、エレナ にとって、知床でのフィールドワークと滞在制作のベースキャンプとなった場所です。「メーメーベーカリーは、かつて開拓民の村があった 場所の近くの、山の麓にある道路の一番高台に建っている。山もオホー ツク海も見えるこの古い北海道の家は、私にとって知床の全ての道の起点となる場所なのだ」とエレナは述べています。 残念なことに本展覧会は、この会場では最後の展覧会となります。4月以降、メーメーベーカリーは一旦閉店し新たな場所を探す旅に出発します。「メーメーベーカリー」は、峰浜を含め斜里町内に住む多くの人 ― 移り住んできた人、斜里に生まれた人 ― にとって愛され続けてきた場 所であり、みんなの心のベースキャンプだったのではないでしょうか。この展覧会は、人間として移動や移住すること、住む場所と自然と向き合うことについて、一人一人考える場となれば幸いです。「ウナベツ岳メーメーベーカリー」がまた新たな素晴らしい場所に出会うことを願って。
.
主 催:アーティスト・イン・シリエトク、 ウナベツ岳メーメーベーカリー
問合せ:シリエトクノート編集部 (中山 090-7516-6786) http://siretoknote.main.jp
.
*******************************
2018.3.23 fri - 25 sun / 3.30 fri - 4.1 sun
ウナベツ岳メーメーベーカリー
北海道斜里郡斜里町峰浜233
午前11時~午後5時



[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-24 14:40 | フォトフレンド

石川竜一さん 展覧会「About the photographs, About us, Asia」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

3月28日よりアンダースローにて、石川竜一さんの展覧会が開催されます。


About the photographs, About us, Asia

b0187229_11090087.png



以下リンクより


劇団「地点」と出版社「赤々舎」は、李岳凌(リー・ユエリン、台湾)、石川竜一(日本)、Seung Woo Back(ベク・スンウ、韓国)という東アジアを拠点に国際的に活動する写真家達による展覧会シリーズを「About the photographs, About us, Asia」と題し、2018年3月〜6月までの間に連続企画展として開催いたします。
三つの展覧会共通の会場となる「アンダースロー」は、ライブハウスを劇場としてリノベーションした地下空間。少し長い階段を降りると、思いもよらなかった異空間が広がります。
普段は演劇のための空間として観客が集う場所に、写真家による視点が、私たちの時代が、どのように立ち現れるのか。
会場では赤々舎の関連写真集もご覧いただけます。
お飲物片手に、ゆっくりお過ごしください。

特設サイト https://www.chiten-akaaka.com


Vol.1 李岳凌
Yehlin Lee "Raw Soul"
2018 3/14(wed)〜3/26(mon)


Vol.2 石川竜一
Ryuichi Ishikawa"home work"
2018 3/28(wed)〜4/12(thu)

Vol.3 ベク・スンウ
Seung Woo Back "(タイトル未定)"
2018 5/24(thu)〜6/24(sun)


********************************
会期:
・2018年3月14日(水)〜26日(日)vol.1 リー・ユエリン「Raw Soul」
・2018年3月28日(水)〜4月12日(木)vol.2 石川竜一「home work」
・2018年5月24日(木)〜6月24日(日)vol.3 ベク・スンウ「(タイトル未定)」)

時間:13:00〜20:00(各展初日のみ18:00〜)
会期中無休 料金:一般(800円) 学生(500円)
いずれも1drink 付
シリーズ共通チケット(通常一般2,400円のところ 2,000円) *会期中会場にて販売


会場:アンダースロー
京都市左京区北白川久保田町21 地下
TEL. 080-6189-9226




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-21 11:13 | フォトフレンド

宮出実希さん 個展「空中の馬」



フォトふれ 個展のお知らせ。

北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設HUGにて、宮出実希さんの個展が開催中です。


空中の馬

b0187229_10455592.jpg


以下リンクより

教育大学教育学研究科美術教育専修・映像研究室所属の学生による個展開催
映像を用いて記憶と現実の間隙を可視化する制作を行う。

本展では映像を用いたインスタレーション作品を展示いたします。


******************************
会 期:2018年3月14日(水)~3月24日(日)
時 間:12:00~20:00(火曜定休)
会 場:北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設HUG
     (札幌市中央区北1条東2丁目4番地)
      入場無料






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-17 10:47 | フォトフレンド

イベント「竹之内祐幸『The Fourth Wall』発売記念 トーク&サイン会」


イベント「竹之内祐幸『The Fourth Wall』発売記念 トーク&サイン会」にて、梅田 蔦屋書店・片岡 俊さん(歴代フォトふれ)がモデレーターとして参加いたします。


竹之内祐幸『The Fourth Wall』発売記念 トーク&サイン会


b0187229_18381288.png

以下リンクより

2017年は3度の展覧会の開催に、2冊の写真集を出版するなど、精力的に活動をしている写真家・竹之内祐幸。

竹之内氏は身の回りの何気ない日常、花などの自然、小動物などに真っ直ぐな視線を向けて写真を撮影してきました。
多様性とは何か、不自然さとは何かを問いかけ、物事の奥に潜む本質を露わにしようとしています。

大阪での初めてのトークでは、写真展・写真集制作について、今後の写真家としての活動についてもお話していただきます。

これから作品展や写真集を手がける人たちにとっても大いに参考になるかもしれません。ぜひ足をお運びください。


*****************************
2018年03月17日(土)
14:00~16:00(開場13:30)
会場:梅田 蔦屋書店 会議室Shimei
参加費:1,000円(税込)
定員:20名
お申込みは下記リンクより




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-14 18:40 | フォトフレンド

鈴木のぞみさん「アーツさいたま・きたまちフェスタ」出展


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

アーツさいたま・きたまちフェスタに、鈴木のぞみさんが出展いたします。


アーツさいたま・きたまちフェスタ

b0187229_18155310.jpg


以下リンクより

 “アーツさいたま・きたまちフェスタ”は、NPO法人コンテンポラリーアートジャパン(CAJ)と、ノーザンハートきたまち発展会で実行委員会を組織し、さいたま市北区・きたまちエリア(プラザノース周辺地域)において、賑わいと創造力の活性を促す現代アートフェスティバルです。“現代アート”と聞くと、とかく難解なイメージがつきまといますが、作品が何を意味するかを考える前に、先ずは何かを感じてもらえればと思っています。アートは、頭で考えるよりも直感してもらうことが何より大切だからです。
 もし、その後で気になることがあったら会場に居る作家に尋ねてみてください。期間中はトークイベントやギャラリーツアーなども催しますし、ワークショップでは出品作品を用いて不思議な体験もできます。このフェスティバルでは、参加者一人ひとりにアートを体感する喜びと創造の芽が宿ることを期待しています。どうかこの機会に、私たちがつくり出す非日常世界へ一歩足を踏み込んでみてください。日常が少しだけ楽しくなるかもしれません。

展覧会参加予定作家: 飯島浩二、加藤翼、久木田茜、小鷹拓郎、鈴木のぞみ、田神光季、タムラサトル、成田輝、二藤建人、茂木美里、YOTTA(ゲスト)


*****************************

2018年3月17日(土) ~21日(祝/水)

・17日(土)17:00-20:00
・18日(日)10:00-18:00
・19日(月)10:00-18:00
・20日(火)10:00-18:00
・21日(祝/水)10:00-18:00

会場:

プラザノース(メイン会場) ノースギャラリー5、6、7、8、交流スタジオ
大宮北ハウジングステージ インフォメーションセンター
ステラタウン2Fセンターコート
ステラタウン屋外大階段下(17日、18日のみ)








[PR]
by higashikawa_blog | 2018-03-14 18:18 | フォトフレンド
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30