東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

石川直樹氏 写真集「流星の島」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

SUPER LABOより、石川直樹氏の写真集が出版されました。


流星の島

b0187229_11340961.jpg


以下リンクより

吐噶喇列島は、自分にとって島宇宙への入口だった。海の彼方からやってくる来訪神=まれびとの思想を体現した儀礼を初めて見たのが、吐噶喇の悪石島だった。あのときの経験が、南島の死生観を色濃く残す祭祀を記録し続ける契機となった。
地形的に孤立している島は、海によって隔てられていると同時に、海によって繋がってもいる。宇宙に浮かぶ星々も、そこから星座が形成される一方で、それぞれの星は固有の名を持って一つ一つ輝いている。しかし、島も星も、ぼくがそこに意味を付そうとした瞬間に目の前から消えてしまう。星を、ただ星として撮ること。島で見たあらゆる物事を、そのまま写し留めること。そんなことが本当に可能なのか今もまだわからないのだが、思考の暗い陥穽に落ち込む前に、島に暮らす人々から発せられる光を、一本でも多くのフィルムに焼き付けたい。そうした思いの涯てに、この『流星の島』がある。


*******************************
5,300円+tax
w20.3 x h15 cm
144ページ
107イメージ(カラー)
上製本 一部布装
カラーオフセット印刷
初版
Published in 2018
ISBN 978-4-908512-25-4




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-03 11:35 | 受賞作家関連

瀬戸正人氏 展覧会「Silent Mode 2018 vol.3」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Place Mにて、瀬戸正人氏の展覧会が開催されます。


Silent Mode 2018 vol.3

b0187229_11283301.jpg
©Masato Seto


******************************
2018.5.7-5.13
12:00―19:00/年中無休
Place M 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-03 11:30 | 受賞作家関連

吉野英理香氏 展覧会「MARBLE」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムにて、本年度新人作家賞受賞作家 吉野英理香氏の展覧会が開催中です。


MARBLE

b0187229_11234109.jpg
©Erika Yoshino


以下リンクより

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、4月7日(土)から5月19日(土)まで、吉野英理香個展「MARBLE」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーで3度目の個展となる本展では、2014年から2017年にかけて撮影された作品群より17点を展示いたします。

「 MARBLE(マーブル)」は、「光の中できらめく結晶石」を意味するギリシア語 MARMARONに由来する大理石のことです。
石灰岩が、熱で変成して再結晶した、美しく輝く石。
石の中で、異質なものがフュージョンする。
バニラ色の石の表面上に、いくつもの緩やかな線が描かれ MARBLE模様が生まれます。
私がカメラを向けるのは、日々のなかにあります。
レンズを通した光が結ぶイメージは、虹のかけらのようにフィルムに感光される。
瞬間が永遠になり、かけがえのない時間が、印画紙の上に浮かび上がります。
「 MARBLE 」は、複雑で、魅惑的な時間の象徴です。
私にとって、自由と希望を見出すカギのようでもあります。
美しい響きに魅せられてイメージを想起し、写真で表現してみようと思いました。
ほんの少しでも、ニュアンスを写すことができていれば幸いです。
レンズを通して見た光の結晶。
私の欲望が、白い印画紙の上に緩やかな線を描く。

2017年12月 吉野英理香
『無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol. 14』展覧会カタログ
東京都写真美術館、2017年、p. 18より抜粋



本展で吉野は、写真制作を始めて以来日々弛むことなく向き合ってきた自身の写真表現を、自然のなかで長い歳月をかけて独特な模様を形成する大理石(MARBLE)に重ねています。日常を取り囲む身近なものを被写体とする吉野の写真は、その意味を取り立てて説明することもなく、カメラを携え歩くなかで作家の視線が赴く先を淡々と切り取っていきます。偶然性や必然性に身を任せながら、気になる光景や知らない、分からないものとの出会いを探し、自分が見たという確信を得てシャッターを押す。ある程度の量として纏まった写真をプリントし組み合わせを変えたりしながら、自らが見たかったイメージの断片を集積し、更なる撮影へと向かっていく。そうした朴訥ともいえる撮影と編集作業を繰り返した先に見えてくる吉野の作品世界には、蓄積された時間や記憶、経験が深みをもって凝縮され、作家特有の空気感が漂っています。吉野の原点であるストリートスナップの手法は、モノクロからカラー作品制作へと移行し発表した『ラジオのように』(2011年)以降、現在も一連の作品に緩やかに通底しています。前作『NEROLI』(2016年)で見せた静けさや強さは、本展「MARBLE」において、独自に培われた刻の感覚のなかでより豊かな襞を形成し、鑑賞者をその作品世界へと誘います。



本展の開催に合わせ、作品集を刊行いたします。
【作品集詳細】
吉野英理香『MARBLE』
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊(2018年)
販売価格: ¥3,000-(税抜)
ソフト・カバー、40頁、掲載図版24点、H21 x W27.2 cm
金子隆一によるテキスト収録(英語・日本語)



****************************
会期: 2018年4月7日(土) – 5月19日(土)
営業時間: 11:00 – 19:00
定休日: 日・月・祝祭日
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
 106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル 2F



[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-03 11:26 | 受賞作家関連

クロダミサトさん 展覧会「春」


フォトふれ 展覧会のお知らせ。

ギャラリー ヨクトにて、クロダミサトさんの展覧会が始まりました。




b0187229_11185449.jpg
©Misato Kuroda


以下リンクより

クロダミサトの作品展を開催します。

クロダミサトは2009年に写真新世紀でグランプリを受賞後、『沙和子』『無償の愛』『美しく嫉妬する』等の作品を発表してきました。主に女性や男性のヌードをモチーフにし、“性”や“女性”のあり方、また“人の感情”をテーマに制作を行っています。

昨年末に自宅が火災の被害にあった彼女の今後の展開を期待することを含め、個展タイトルには「春」を付けました。


*******************************
5月3日(木)〜20日(日)木〜日開廊
木金10:00〜17:00・土日12:00〜19:00
ギャラリー ヨクト 東京都新宿区四谷4-10ユニヴェールビル102





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-03 11:21 | フォトフレンド

須田 一政氏 展覧会「日常の断片」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ギャラリー素形にて、須田 一政氏の展覧会が開催中です。


日常の断片

b0187229_11380989.jpg
©Issei Suda



以下リンクより

須田一政写真展『日常の断片』を開催いたします。今展示は、須田一政の代表作である『風姿花伝』以降の1980年代に、ポジフィルムで撮影されたカラー作品を中心に展示いたします。日常の中に潜む異形や異界を鮮烈な色彩で切り取ったシリーズ『日常の断片』に加え、新聞記事などで見つけた事件の現場を数年後に訪れ、ピンホールポラロイドカメラで撮影したシリーズ『SPOT』も展示いたします。両シリーズに共通するキーワード“日常”を軸に、日常と非日常の連続性を対比させながら展開。一貫して日常や路上を撮影し続けている、日本を代表する写真家 須田一政の貴重なカラー作品による展覧会です。展覧会にあわせて写真集『日常の断片』(青幻舎)も出版されます。



****************************

2018.4.14 SAT. - 5.13 SUN.

定休日4.23 MON.

ギャラリー素形 〒604-0021 京都市中京区室町通二条下ル蛸薬師町271-1






[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 11:41 | 受賞作家関連

畠山直哉氏 展覧会「Excavating the Future City」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

ミネアポリス美術館にて、畠山直哉氏の展覧会が開催中です。


Excavating the Future City

b0187229_11332403.jpg
©Naoya Hatakeyama


Whether photographing limestone quarried by explosive blasts, the evolution of a city from a bird’s-eye-view, or recovery and reconstruction efforts of the artist’s tsunami-swept hometown in northeastern Japan, Naoya Hatakeyama’s photographic explorations have consistently traced the ways that human intervention alters nature and transforms it into the built environment. Each keenly composed image captures phases of creation, change, and destruction over time in Japan’s contemporary topographies. By documenting the lifecycles of these built and natural environments, Hatakeyama (Japanese, b. 1958) creates not just records of their past and present, but provides the possibility of imagining and projecting their future.

The artist’s first thematic exhibition organized by a U.S. museum features approximately 90 works created over the last 30 years.



*****************************

会期: 2018年3月4日 – 7月22日
会場: ミネアポリス美術館





[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 11:35 | 受賞作家関連

澤田知子氏 展覧会「Vigilance, Struggle, Pride: Through Her Eyes」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

Kunstraum Bethanienにて開催される展覧会「Vigilance, Struggle, Pride: Through Her Eyes」に、澤田知子氏が出展いたします。



Vigilance, Struggle, Pride: Through Her Eyes

b0187229_11240927.png

VIGILANCE, STRUGGLE, PRIDE: THROUGH HER EYES presents thirteen women artists whose carefully selected works reflect, question and problematize different cultural expressions and issues related to identity, family and home, sexuality and gender-sex roles, representation of women and politics of the female gaze. Their experiences and research pose questions that enable different intellectual and emotional responses to the existing challenges and issues of today’s society. Different in approach, the works reflect the representation of different cultural expressions, tackling issues such as the construction of identity, family and home, sexuality and gender-sex roles, representation of women, politics of the female gaze and self-perception, labor and social rights as well as victimization of women and children, accepting the inability to fully understand and engage with a given situation, but also inspiring change and creating alternative spaces that welcome equal opportunities, narratives and outcomes. The artists Nina Mangalanayagam, Ahlam Shibli und April Gertler will be present during opening.

Aware of the lack of documentation of her community, Zanele Muholi started working on a series of portraits, aiming, in a way, to rewrite the black queer and trans visual history of South Africa. Brave Beauties represents transwomen and gender non-binary individuals with a celebratory view on the body and politics of expression. Ahlam Shibli has always been intrigued by the topic of home. Her work Death demonstrates the limited ways of making meaning from the representation of those that are absent, namely, people who lost their lives as a result of the Israeli-Palestinian conflict. In her video installation We call Her Pulle, Nina Mangalanayagam portrays her intimate relationship with her aunt Pulle. They are two women of two different generations who do not share the language, culture or experience, and she wants to show how difficult it is to understand someone else’s trauma after they had experienced war.

Hannah Starkey’s photographs explore the physical and psychic connections of the individual and her everyday urban surroundings to voyeuristic intrusion. Through her collection of found photographs, collages and drawings. April Gertler examines the juxtapositions and abstractions of various feminist perspectives, which, when combined, give rise to new visions. Embracing the impossibility of fully understanding cultural expressions different from her own, Lua Ribeira seemingly dissolves the idea of femininity and sexuality by recreating scenes of performances, rituals and self-expression of Jamaican dancers. Through myths and delusions, Laia Abril’s research work shows that menstruation is one of the most suppressed issues in the context of human rights, which encompasses education, the economy, the environment, and public health.

Amak Mahmoodian wonders about the real identity and image of the Iranian woman as she collects photographs and fingerprints from birth certificates in order to reveal even the smallest part that makes them special and tells a story about them. Identity and equality are also central to the work of Tomoko Sawada, who through 300 portraits transforms herself into what she could or could not be: various Asian nationalities. Tasneem Alsultan thematises the disconnection between religion and local customs. Following the stories of widows, happy marriages and personal experience, she reveals the fates of Saudi Arabian women, which she inscribes in her diary.

Sandra Vitaljić discusses the victimization of women and the female body, showing us fatal bodily injuries. A sad and incredible story from Nina Berman’s recently published book An Autobiography of Miss Wish introduces us to a 25 years old story of a woman’s turbulent and tortured life. Lacking the space for expressing needs and experiences, Nydia Blas thematises the ways in which society ignores, marginalizes and evaluates individuals beyond the existing, well-defined borders. The artist resorts to creating a physical and allegorical space, exposing the constructs of sexuality, sex and gender.


Opening programme on Thursday May 3rd from 6 pm:
+ Artist Talk with Nina Mangalanayagam, 6 pm (held in English)
+ Guided Curator’s Tour with Marina Paulenka, 8 pm (held in English)

Special events:

Panel discussion: Thursday, May 17, 7 pm (held in English)
»Your body is a battleground!? Feminist positions in art: Body, Sex, Gender and heteronormativity from 1968 to the digital age«



May 4 — 17, 2018
Opening Reception: Thursday, May 3, 6 pm
+ Framework program: please see above

Facebook Event

Save to your iCal

Mariannenplatz 2, 10997 Berlin
[Kreuzberg | Friedrichshain-Kreuzberg]

Opening hours: Daily 12 – 8 pm

Admission free


[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 11:26 | 受賞作家関連

初沢亜利氏 写真集「隣人、それから。38度線の北」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ。

徳間書店より、初沢亜利氏の写真集が出版されます。


隣人、それから。38度線の北

b0187229_11031485.jpg


以下リンクより

北朝鮮の都市部や地方で普通に暮らす人々を撮った前作から5年。核実験、金正男暗殺と史上最悪の緊張から一転、北朝鮮と韓国は4月末に南北首脳会談、その先には米朝会談と宥和ムードが高まる大変化の時代に、写真家は再び訪朝を繰り返した。眼前には急増した交通量、富裕層の台頭など経済制裁の効力を疑う景色。男女は堂々と逢引し、同性同士も手を繋ぐなど一般市民にも穏やかな空気があった。報道では見えない日常からあの国を考える、必読の一冊。

******************************
  • 価格:¥3240
  • 大型本: 176ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2018/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198646252
  • ISBN-13: 978-4198646257
  • 発売日: 2018/5/16




[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 11:05 | 受賞作家関連

オサム・ジェームス・中川氏 展覧会「廻―Kai―シリーズ」(会期延長)


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ。

sepiaEYE Galleryにて開催中のオサム・ジェームス・中川氏の展覧会が6月2日まで会期延長されました。


廻―Kai―シリーズ

b0187229_18122375.jpg
©オサム・ジェームス・中川


以下リンクより

「廻―Kai―シリーズ」は、父の死・娘の誕生をきっかけに、1998年から撮りつづけている極めてパーソナルな写真です。今回この廻―Kai―シリーズ20年の節目も兼ね、個展を開催いたします。

オープニングでは昨年10月に出版した、A Shared Elegy: [Emmet Gowin・Elijah Gowin・Takayuki Ogawa ・James Nakagawa]のブックサインも予定しております。


Kai: 
一家族の間に生じる個と個の繋がりを可視化した作品です。


15年前、父親が癌を煩い、初めて家族の死と向き合わなければならなった頃、妻の妊娠がわかり、初めて家族の生と向き合うことになりました。
私のこれまでの人生にはない違った調子の変化に対し、よりどころのない自分は、「写真」を通して感情を落ち着かせ、自分を巡る生と死と向かい合うことにしました。

娘が育っていく様を観ていくうちに私は、自己、親、子を繋いでいるものは何か、その絆の意味を問うようになります。絶えず流れる時間の中、この世代の一めぐりを通して、時間とは廻り廻る環、始まりと終わりを同時に起こさせる環の廻りだと、分かってきました。その後、娘は思春期を迎え、母のからだと心は日々におとろえ、亡くなった父のもとへと向かう母と、見送る私たち家族を繋ぎ合わせる思いで、再びカメラを向けました。

誰もが母の胎内から生まれ、やがて死ぬ。Kai:廻 は非常に個人的な写真ですが、

人は、それぞれの形で思い出を育んでいるということ。

その記憶には答えはなく、それぞれが育む個と個の繋がり。始まりもなく、終わりもない。この作品は、今、この瞬間も続いています。



*****************************

日時:2018年3月30日(金) – 6月2日(土)

   水ー土 11:00 – 18:00

会場:セピアアイ・ギャラリー、ニューヨーク







[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 10:53 | 受賞作家関連

第34回写真の町東川賞受賞者発表


第34回写真の町東川賞受賞者発表

b0187229_01304094.jpg
海外作家賞
マリアン・ぺナー・バンクロフト Marian Penner Bancroft
唐傘茸(学名Macrolepiota procera)
英国・サフォークの道路(A1095)脇で発見;世界中の温帯に自生する。1772年、イタリア・チロル地方の博物学者ジョヴァンニ・アントニオ・スコポリがヨーロッパで初めて記述している。(4×)
from the series “Radial Systems” 2017
(Originals 30”x30” chromogenic prints)


b0187229_01353283.jpg
国内作家賞
潮田登久子 USHIODA Tokuko
たくさん過ぎるしおりでブロッコリーのようになった『小学国語辞典』を撮影しました。
京都の小学校
2008年


b0187229_01372261.jpg
新人作家賞
吉野英理香 YOSHINO Erika
Untitled, 2013
NEROLI
Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film
Chromogenic Print



b0187229_01385180.jpg
特別作家賞
大橋英児 OHASHI Eiji
北海道札幌市豊平区
2016年12月
(Roadside Lights シリーズより)



b0187229_01511700.jpg
b0187229_01513894.jpg
飛彈野数右衛門賞
富岡畦草 TOMIOKA Keiso

〈数寄屋橋交差点 定点撮影〉

数寄屋橋交差点の日劇 1959年(上)
高層化の進む数寄屋橋交差点 2017年(下)




海外作家賞 マリアン・ぺナー・バンクロフト(カナダ)
国内作家賞 潮田登久子
新人作家賞 吉野英理香
特別作家賞 大橋英児
飛彈野数右衛門賞 富岡畦草



<審査委員>
上野 修
[うえの・おさむ]写真評論家
北野 謙
[きたの·けん]写真家
楠本亜紀
[くすもと·あき]写真評論家·キュレーター
柴崎友香
[しばさき・ともか]小説家
中村征夫
[なかむら·いくお]写真家
丹羽晴美
[にわ·はるみ]学芸員・写真論
原 耕一
[はら・こういち]アートディレクター
光田由里
[みつだ・ゆり]美術評論家


<受賞作家作品展>
会期:2018年8月4日(土)~8月29日(水) 会期中無休
時間:10:00~17:30(8月4日は15:00~21:00、最終日8月29日は10:00〜15:00)
会場:東川町文化ギャラリー
料金:町内100円、町外200円(8月4日、8月5日は無料開放)

*詳しくは東川町国際写真フェスティバルホームページをご覧下さい。
http://photo-town.jp/higashikawa-prize-exhibition/index.html

<お問い合わせ>
東川町写真の町実行委員会
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号 東川町文化ギャラリー
写真の町課・写真の町推進室(担当:矢ノ目・吉里)
TEL.0166-82-2111/FAX.0166-82-4704
http://photo-town.jp/index.html








[PR]
by higashikawa_blog | 2018-05-01 10:00 | 東川賞
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31