人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展 ルーク・オザワ写真展

ルーク・オザワ写真展 「JETLINER ZERO GLORIOUS-神業- in ASAHIKAWA」


会期:2019年4月26日(金)-6月12日(水)
時間:10:00~17:00 会期中無休、※最終日は15:00まで
料金:町内100 円、町外200 円

b0187229_21481365.jpg

東川町文化ギャラリーでは、航空写真家 ルーク・オザワ氏による 写真展を開催します。

ルーク・オザワ氏が航空機と46年間向き合って撮影した作品の中から、

自身が企画・構成した作品約150点を展示します。


【関連イベント】

写真展の開催にあわせ、ルーク氏ご本人によるトークショーを行います。

開催日時:2019年5月12日(日)14:00〜       

※予約不要・入館料のみでご参加いただけます。

開催場所:東川町文化ギャラリー

b0187229_21474666.jpg
b0187229_21474768.jpg
b0187229_21474860.jpg


【ルーク・オザワ氏プロフィール】

1959年2月 東京生まれ。ヒコーキと向き合い46年、風景とヒコーキを

シンクロさせた絵づくりに定評がある。日本や世界の空で一瞬の光と色を

追い求めている。ラジオ、テレビ、トークイベントなど幅広く活躍。

生涯飛行搭乗回数2000回を超えた。これまで手掛けたカレンダーは

ANAを始め270作になる。2016年全国カレンダー展では

文部科学大臣賞受賞。写真集JETLINERシリーズなど著書多数。

昨年4月13日から5月26日まで品川キヤノンギャラリーSで

行われた個展では15200人が来場し過去最高記録を樹立した。


★東川町文化ギャラリーはゴールデンウィーク中も通常通り開館しています。


by higashikawa_blog | 2019-04-25 21:50 | 東川町

横山大介さん トークイベント「湖と海から見えるもの」


フォトふれ トークイベントのお知らせ

minamoにて、横山大介さんのトークイベントが開催されます。


湖と海から見えるもの

b0187229_11544351.jpg
b0187229_11545753.jpg



横山大介さんが、今年の夏から秋にかけて札幌、大阪、高松の3ヶ所を巡る予定の映像上映&展示会「timelake」に参加します。

プレプレイベントとして、4/28(日)に高松でトークイベント開催。2012年から撮影を続けている豊島の作品を中心にお話しする予定です。



*************************

開催:4月28日(日)

19:00-20:30

minamo 〒760-0050 香川県高松市亀井町11-10 4階






by higashikawa_blog | 2019-04-21 12:00 | フォトフレンド

中藤毅彦氏 展覧会「Black ice Hokkaido」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

in)(between art gallryにて、中藤毅彦氏の展覧会が開催中です。


Black ice Hokkaido

b0187229_11373623.png


以下リンクより

in)(between record vol 40
Takehiko Nakafuji 中藤毅彦
Black Ice – Hokkaido
du 18 avril au 18 mai
Vernissage – Jeudi 18 avril 2019 de 18h à 22h en présence de l'artiste
From April 18 to May 18 2019 – Wednesday to Saturday 15:30h-19h
Opening – Thursday April 18 2019 – in the presence of the Artist

Pour sa troisième exposition personnelle à la galerie in)(between, Takehiko présente une sélection d'une soixantaine de tirages gélatino-argentiques d'époque - des photographies prises il y a environ 25 ans

For his third solo exhibition at in)(between, he presents a selection of about sixty vintage gelatin-silver prints - photographs taken about 25 years ago


****************************
From April 18 to May 18 2019
Wednesday to Saturday
15:30h-19h
39 rue Chapon 75003 Paris






by higashikawa_blog | 2019-04-21 11:44 | 受賞作家関連

展覧会「FUJIFILM SQUARE企画写真展 GELATIN SILVER SESSION」




東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

フジフイルム スクエアにて開催される展覧会「FUJIFILM SQUARE企画写真展 GELATIN SILVER SESSION」に、下記受賞作家が出展いたします。
操上和美氏、百々俊二氏、中藤毅彦氏、広川泰士氏。

FUJIFILM SQUARE企画写真展 GELATIN SILVER SESSION


b0187229_11292482.jpg


以下リンクより


ゼラチンシルバーセッションは13年目を迎え、 第10回のGSS展が4月26日(金)からAXISギャラリー(東京都港区)にて開催されます。フジフイルム スクエアでは、これを記念しさらに2つの写真展を同時開催します。
第10回ゼラチンシルバーセッション展の詳細はこちら

展示1「藤井 保 広川泰士 平間 至 瀧本幹也 -すべてはここからはじまった-」
2006年に本活動をスタートさせた藤井 保、広川泰士、平間 至、瀧本幹也4人の写真家が「お互いのネガを交換してそれぞれの解釈でプリントを仕上げる」試みを行った第1回 GSS展の貴重な作品と、4人の代表的な作品をレビューする写真展。


展示2「FUJIFILM ACROS × 39 Photographers」
GSS賛同写真家のうち39人が、モノクロフィルム FUJIFILM ネオパン100 ACROSを使って直近に撮りおろした最新作を展示。


参加写真家:
池田裕一、井津由美子、稲垣徳文、井上佐由紀、薄井一議、Bruce Osborn、片桐飛鳥、勝倉崚太、叶野千晶、草野庸子、操上和美、小瀧達郎、小林 昭、小林紀晴、小林伸一郎、小林真梨子、嶋田篤人、菅原一剛、瀬尾浩司、田尾沙織、瀧本幹也、百々 新、百々俊二、百々 武、中野正貴、中藤毅彦、中道 淳、ハービー・山口、蓮井幹生、平間 至、広川泰士、広川智基、藤井 保、藤塚光政、水越 武、村越としや、森本 美絵、山内 悠、若木信吾


トークイベント「ゼラチンシルバーセッション 10回の軌跡」
日時:2019年4月27日(土)14:30〜16:00
場所:フジフイルム スクエア2F 特設会場
登壇:藤井 保、広川泰士、平間 至、瀧本幹也、幅 允孝(ブックディレクター)敬称略
定員:150名
参加費:無料
お申込み期間:3月20日(水)から定員になり次第締切。満席の場合当日受付は致しません。
お申込み方法:フジフイルム スクエア ホームページ、館内もしくは電話にて TEL 03-6271-3350(10:00〜18:00)



*****************************
2019年04月26日(金)-2019年05月09日(木)
10:00〜19:00(最終日は14:00まで、入場は閉館10分前まで)
会期中無休 入場無料
フジフイルム スクエア 東京都港区赤坂9-7-3


by higashikawa_blog | 2019-04-21 11:31 | 受賞作家関連

須田一政氏 展覧会「煙突のある風景」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

Place Mにて、須田一政氏の展覧会が開催されます。


煙突のある風景

b0187229_11160626.jpg
©Issei Suda

下記リンクより

写真集「煙突のある風景」
発行:Place M
発売:2019年4月29日
判型:220x285mm ハードカバー110ページ
モノクロダブルトーン写真点数52点
印刷:株式会社山田写真製版所
製本:株式会社渋谷文泉閣
ISBN:978-4-905360-26-1
予定価格:税抜5,800円特装本プリント付き2種各30部2019年5月2日(木)トークイベント 大西みつぐ × 瀬戸正人 会場 Place M
開場 17:30
開演 18:00
参加費 1,000円
定員 50名(要予約)


******************************
2019.4.29-5.5
12:00―19:00/年中無休 
Place M 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F




by higashikawa_blog | 2019-04-21 11:18 | 受賞作家関連

<フォトフェスタふれんず>サポートスタッフ募集

第35回東川町国際写真フェスティバル
東川町フォトフェスタ2019 <フォトフェスタふれんず>サポートスタッフ募集

フォトフェスタ2019の写真の町東川賞展示作業から当日のイベント進行を裏方として支えていただく「フォトフェスタふれんず」を全国から募集します。 このイベントは期間中国内外から第一線で活躍する写真界関係者が東川町に集まるもので、写真や展示の勉強、そして多くの仲間と感動を分かち合える場として皆様に積極的に参加していただければと思っております。ご応募お待ちしております。

■募集概要 [対象] 18歳以上   
[定員] 15名 [期間] 7月26日(金)~8月5日(月)    
*集合:7月26日(金)9:50(10:00開会式)東川町文化ギャラリー
※26日の送迎はできませんので極力前泊をご利用ください。    

*解散:8月5日(月)の正午ごろ 東川町文化ギャラリー

[応募方法] 申し込み用紙に記入の上郵送、メールまたはFAXでお申し込みください。
*下記リンクよりご応募ください。

[応募期間] 4月22日(月)~5月17日(金)(応募多数の場合は抽選)
*採否については直接本人に連絡します。
[備考] ◎東川町までの往復旅費は自己負担となります。
   ◎7/26昼~8/5朝の宿泊・食事は東川町写真の町実行委員会が負担します。 (希望者は前後泊可能)
   ◎全期間を通してスタッフとして活動できる方。※途中参加、途中帰省はできません。

■作業内容 最初に展示についてのワークショップを行い、その実習の成果として、各展覧などが完成していきます。実習終了後は、修了証書が贈られます。
○東川賞受賞作品のマッティングから展示まで
○展覧会場、授賞式会場など各会場づくり
○授賞式ほか行事やワークショップの準備
○各行事、イベントの進行スタッフ
○各行事、イベントの写真&動画記録、など

※作業状況によって連日深夜になるなど大変激務になりますので、ご承知のうえお申込みください。
※作家の作品にキズや汚れをつけないよう扱っていただきますので、かなり神経を使う作業となります。
※美術館レベルの作業をしていただきますので、責任感・やる気のある方を募集いたします。

*下記リンクよりご応募ください。


〈お申込み・お問い合わせ先〉 東川町写真の町実行委員会事務局
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
東川町写真の町課写真の町推進室/写真の町東川町文化ギャラリー(担当:阪部、高木)
TEL:0166‐82‐2111(内線591・592)
FAX:0166‐82‐4704
E-mail photo@town.higashikawa.hokkaido.jp





by higashikawa_blog | 2019-04-19 21:17 | フォトフレンド

AnnaOrłowska氏 展覧会「The Tale of Plain Books」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

72Galleryにて開催中の 展覧会「The Tale of Plain Books」に、AnnaOrłowska氏が出展しております。


The Tale of Plain Books

b0187229_16520292.png


以下リンクより

今展覧会ではポーランドの写真フェスティバル「TIFF Festival」より、ポーランドの写真集の展示を行います。一見するとポーランドの普通の本についてのストーリーですが、ヨーロッパで最も鮮やかで急速に変化するフォトブックシーンの1つを展示します。そして、プレゼンテーションでは、ポーランドで近年発行されている最も重要な写真出版物である24冊の本をご紹介します。

また、展覧会の一部には、受賞歴のある若い世代のアーティスト、アガタ・グジボフスカ(Agata Grzybowska)、アンナ・オルオーヴスカ(AnnaOrłowska)、ルーカス・ルスツニカ(ŁukaszRusznica)の古典的なスライドプロジェクターでのスライドショーでも作品を上映します。中でも、アンナ・オルオーヴスカは2017年に第33回東川国際写真祭の受賞をしております。




【トークイベント】
 来日作家2名に作品についてお聞きします。
 作家:アンナ・オルオーヴスカ(AnnaOrłowska)、ルーカス・ルスツニカ(ŁukaszRusznica)
 聞き手:後藤由美 (インディペンデントキュレーター)
 日時:4月27日(土) 15:00-16:30
 参加費:1,000円
 定員:25名 72Gallery内
※トークイベントの時間帯は予約者のみ入場可能、予めご了承下さい。

*お申込みは下記リンクより



**********************************

期間:2019年 4月17日~28日(月・火曜日 休館)
開館時間:12:00-19:00(最終日 17:00まで)
場所:72Gallery
場所:東京都中央区京橋 3-6-6 エクスアートビル1F
※4月27日(土) トークイベント時間帯は予約者のみ入場可能、予めご了承下さい。





by higashikawa_blog | 2019-04-18 16:53

堀井 ヒロツグさん 展覧会「見えない川」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

「KG+ SELECT 12 Artists」に、堀井 ヒロツグさんが出展いたします。


見えない川

b0187229_06584041.jpg
© Hirotsugu Horii

以下リンクより

タイトルの「見えない川」とは、人の心の営みによって形づくられる、観念的なレイヤーのことだと作家はいう。そのレイヤーは、感情の応酬に伴って移動する粒子の流れのようなものであり、身体とはそれらの粒子にとっての循環経路である。一人の人間から幾重にも伸びていくその流れは、隔てられていながら隣り合っている「私」と「他者」を結びつける「目に見えない川」のようだ。本作のそのようなイメージは、被写体の人物たちとの10年にわたる時間の移ろいの中で想起されたという。身体に蓄積された記憶の痕跡を浮かび上がらせるとともに、彼らの生の輪郭が変化し境界を越えていくさまを捉えようとしている。


***************************
2019年4月12日(金)ー5月12日(日)
元・淳風小学校 〒600-8357 京都市下京区大宮花屋町上柿本609-1




by higashikawa_blog | 2019-04-12 07:00 | フォトフレンド

ルーク・オザワ写真展「JETLINER ZERO GLORIOUS -神業- in ASAHIKAWA」開催のお知らせ!

b0187229_09374893.jpg

b0187229_09433592.jpg


本展は、航空写真家 ルーク・オザワ氏による写真展です。

ルーク・オザワ氏が航空機と46年間向き合って撮影した作品の中から、自身が企画・構成した作品約150点を展示します。


開催日程:2019年4月26日(金)〜6月12日(水)

開催場所:東川町文化ギャラリー

北海道上川郡東川町東町1-19-8

開館時間:10:0017:00 / 最終日は15:00まで

     会期中無休

入 館 料:町内100円・町外200円(中学生以下無料)


【関連イベント】

写真展の開催にあわせ、ルーク氏ご本人によるトークショーを行います。

開催日時:2019年5月12日(日)14:00〜 

※予約不要・入館料のみでご参加いただけます。

開催場所:東川町文化ギャラリー


【ルーク・オザワ氏プロフィール】

1959年2月 東京生まれ。ヒコーキと向き合い46年、風景とヒコーキをシンクロさせた絵づくりに定評がある。日本や世界の空で一瞬の光と色を追い求めている。ラジオ、テレビ、トークイベントなど幅広く活躍。生涯飛行搭乗回数2000回を超えた。これまで手掛けたカレンダーはANAを始め270作になる。2016年全国カレンダー展では文部科学大臣賞受賞。写真集JETLINERシリーズなど著書多数。昨年4月13日から5月26日まで品川キヤノンギャラリーSで行われた個展では15200人が来場し過去最高記録を樹立した。



★東川町文化ギャラリーはゴールデンウィーク中も通常通り開館しています。



by higashikawa_blog | 2019-04-11 09:46 | 東川町

篠山紀信氏 展覧会「KABUKI 藤十郎と仁左衛門」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

美術館「えき」KYOTOにて篠山紀信氏の展覧会が開催されます。


KABUKI 藤十郎と仁左衛門
b0187229_12013608.png
©Kishin Shinoyama


以下リンクより

歌舞伎と写真の神様が降りてきた。篠山紀信は現代の浮世絵師。
1960年代から活躍し、日本を代表する写真家・篠山紀信。2017年には、40年以上にわたり撮り続けた自らの歌舞伎写真の集大成『KABUKI by KISHIN』(光村推古書院刊)を発表し、国内外で高い評価を得ました。
今回の、美術館「えき」KYOTOでの個展では、京都に縁ある歌舞伎界の二大巨頭、四代目 坂田藤十郎と十五代目 片岡仁左衛門の舞台を、迫力あるカメラワークで捉えた写真を展示いたします。名歌舞伎俳優が演じる舞台に、歌舞伎の神と写真の神が降臨した刹那を活け撮りにした奇跡の一瞬。緊迫感のある張りつめた写真の数々。篠山紀信が撮り続ける「歌舞伎の美」をぜひご堪能ください。
※出展数は約40点の予定。坂田藤十郎、片岡仁左衛門の写真を中心に展示。中村鴈治郎、中村扇雀、中村壱太郎、中村虎之介、 片岡我當、片岡孝太郎、片岡千之助の写真も展示いたします。
※本展は、KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2019 アソシエイテッド・プログラムとして開催します。


********************************

2019年4月12日(金)~5月6日(月・振替休日)会期中無休

10:00—20:00

観覧料:一般=¥900(¥700)
高・大学生=¥700(¥500)※要学生証提示
小・中学生=¥500(¥300)

美術館「えき」KYOTO 〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 ジェイアール京都伊勢丹7階隣接





by higashikawa_blog | 2019-04-07 12:05 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30