人気ブログランキング |

東川町国際写真フェスティバル Offcial blog

fotofes09.exblog.jp ブログトップ

<   2020年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

フジモリメグミさん 展覧会「ourea」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

半山Galleryにて、フジモリメグミさんの展覧会が始まりました。


ourea

フジモリメグミさん 展覧会「ourea」_b0187229_12010280.png
©Megumi Fujimori


以下リンクより

「日常というものは奇跡なのかもしれない」という思いは、3.11以降、よりつよくなった。

だれかに会って、風景に出会って、撮ることができた。それは当たり前のことではなく、とても劇的なことなのだ。

そんな日常のはかなさは、清らかで美しく、神聖で愛おしい、子供の頃の記憶と重なる。

日常に居ることができるから出会うことのできる、「当たり前」を大切にすることからはじめたいと思い、このシリーズを制作している。

フジモリメグミ

http://fujimorimegumi.com

1986年東京都生まれ

2008年日本写真芸術専門学校フォトフィールドワークコース卒業

2011年 'petit GEISAI#15 準グランプリ受賞

2013年より清澄白河・TAP Galleryに所属し、展示会やzineを主体に作品を発表

2011年からライフワークとして今シリーズの制作を開始

主な展示会に2011年geisai#15受賞者展(Hidari Zingaro/東京都中野区)、

2013年「cynthia」「thethis」「rhea」

2014年「gaia」「moira」「hebe」(以上TAP Gallery/東京都江東区)、「ares」(東川町国際写真展旧秋山邸アートプロジェクト)

2015年「nyx」「iris」「kirke」(TAP Gallery/東京都江東区)、「anima」(PARK SHOP&GALLERY)、「phamilia」(ポパイカメラ自由が丘)、「hera」(新宿・大阪Nikon Salon)

2016年「kronos」「horai」「notos」

2017年「triton」「demeter」「metis」

2018年「aion」「anemoi」(TAP Gallery/東京都江東区)、「kairos」(銀座/大阪ニコンサロン)、他

2019年「aroundscape#1」「aroundscape#2」「aroundscape#3」

2020年「aroundscape」エプソンスクエア丸の内 エプサイトにて開催予定



******************************

3月24日-4月5日 12:00-19:00

最終日:12:00-17:30

半山Gallery 196-0003東京都世田谷区松原1-51-3 エトワール 3F





by higashikawa_blog | 2020-03-24 12:02 | フォトフレンド

鈴木理策氏 グループ展のお知らせ


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

タカ・イシイギャラリー 東京にて開催中のグループ展に、鈴木理策氏が出展しております。

鈴木理策氏 グループ展のお知らせ_b0187229_15295208.jpg

グループ展 展示風景 タカ・イシイギャラリー 東京 2020年3月17日-4月18日


*****************************
会期: 2020年3月17日(火)- 4月18日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー 東京
参加作家:ジャデ・ファドジュティミ、法貴信也小平雅尋村瀬恭子鈴木理策

*新型コロナウイルスの国内感染拡大を受けて、展覧会会期中の営業時間を12:0019:00に変更いたします。








by higashikawa_blog | 2020-03-19 15:31 | 受賞作家関連

石川直樹氏 写真集「Kagoshima Archipelago」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

FCRより、石川直樹氏の写真集が出版されました。


Kagoshima Archipelago

石川直樹氏 写真集「Kagoshima Archipelago」_b0187229_15250983.jpg


以下リンクより

世界をフィールドに活動し、人類学や民俗学の視点を取り入れた作品を発表し続ける、写真家・石川直樹。本作『Kagoshima Archipelago』は鹿児島の島々を写真によって見つめ直そうとした作品集。2019年に開催された「島は、山。」Island≒mountain展に合わせて刊行された。同じ鹿児島県でありながら、異なる方言や文化をもつそれぞれの島たち。そんな多島海としての鹿児島の風土が余すことなく収められている一冊。


****************************
発行年:2019年
サイズ:H178mm × W153mm × D5mm
製 本:ソフトカバー 88ページ
備 考:限定3000部、ポスター付き
出版社:FCR
¥ 1,818(税別)




by higashikawa_blog | 2020-03-19 15:27 | 受賞作家関連

井上太志さん 展覧会「蛸と銛」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

H-Galleryにて、井上太志さんの展覧会が開催されます!


蛸と銛
井上太志さん 展覧会「蛸と銛」_b0187229_13273475.jpg

井上太志さん 展覧会「蛸と銛」_b0187229_13280783.jpg

以下リンクより

私は、大学生活を通して様々な場所を巡る中で、対峙した者たちの姿をフィルムに納めてきました。卒業制作はそれらの写真たちの集まりです。
出会った時間や場所を超えて、繋がりあっているのが今の世の中であると思います。奇妙ではあるけれども、その連なりはとても美しいように思います。生きている現在の、この世界の美しさを、写真は直接私たちに伝えてくれると信じています。
今回の作品は約1年間をかけ、全て手焼きをしています。卒展で飾る予定だった作品なので、ぜひ見に来てください!


井上 太志 卒業制作展
「蛸と銛」
2020年3月18日(水)〜3月24日(木)
9:00〜18:00
※19日(木),20日(金) 22:00まで※最終日 16:00まで

会場:H-Gallery
埼玉県所沢市東町13-29 H-CUBE東町1F
所沢駅西口から歩いて約5分
https://hcube.jp/shop/408/


現在、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されており、この展示を決行することに関しても、お越しいただく皆様には、ご心配をおかけしているかと思います。それに伴い、今回の展示ではコロナウイルスの感染防止策として、定期的な換気を行うほか、ギャラリー入り口にアルコール除菌スプレーなどを配置する予定です。具合の悪いお客様のために、マスクもいくつかご用意しております。
また、ギャラリー内では感染防止のため、在廊者がマスクを着用させていただいておりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。







by higashikawa_blog | 2020-03-17 13:29 | フォトフレンド

展覧会&映像上映会「timelake-シングルスクリーン/とりまく息を吐く瞬間-」


フォトふれ 展覧会のお知らせ

大阪にて開催される展覧会&映像上映会「timelake-シングルスクリーン/とりまく息を吐く瞬間-」に、辻田美穂子さんと横山大介さんが参加いたします。


timelake-シングルスクリーン/とりまく息を吐く瞬間-

展覧会&映像上映会「timelake-シングルスクリーン/とりまく息を吐く瞬間-」_b0187229_13193311.jpg




1年かけて巡回してきた展覧会&映像上映会「timelake-シングルスクリーン/とりまく息を吐く瞬間-」もいよいよ最終章です。今週金曜日から始まります。

初日3/20(金・祝)には、美術批評の平田剛志さんを迎えてトークイベントを開催します。
当日参加もOKですが、予約いただけると幸いです。
よろしくお願いします。

【トークイベント】
「シングルスクリーン −映画・映像・動画の記憶−」
シングルスクリーン=それぞれのスクリーンと捉え、
これまでに出会った映像メディアの記憶を切り口に、
参加作家の作品や制作について映像的に迫ります。
ゲスト:平田剛志 氏(美術批評)
3月20日(金・祝) 18時−19時 
会場:遊糸洞
参加無料・要予約:timelake2019@gmail.com



ー
札幌・高松・東京・大阪を巡るtimelake展。大阪会場は2会場での開催。
遊糸洞では、天井が高い空間をみずうみの底に見立て、滞留する流れの中で平面作品を中心に展示。The Third Gallery Ayaでは、映像作品を上映。一つのスクリーンを水面に見立て、それぞれが湖岸で水面を眺めるような上映会。
ー
@遊糸洞
(〒530-0003 大阪市北区堂島 3‐2‐19 松岡ビル1F)
2020年3月20日(金・祝)ー23日(月)、27日(金)、28日(土)
13時ー19時

平面作品を中心とした展覧会。映像作品は札幌上映ver.をモニターでループ上映。

ー
@The Third Gallery Aya 
(〒550-0002 大阪市西区江戸堀 1‐8‐24 若狭ビル2F )

2020年3月27日(金) 12時ー19時
28(土)12時ー17時

映像作品の上映会。2プログラム交互に上映会。
*詳細はフライヤーまたはtimelakeHP参照 
https://perhapsthismirai.wixsite.com/timelake2019

ー
出品作家:
今井祝雄 Imai Norio (映像) 
岩谷雪子 Iwatani Yukiko (映像・平面)
葛西由香 KasaiYuka (絵画)
菊池和晃+にしなつみ Kikuchi Kazuaki +Nishi Natsumi (映像)
児玉靖枝 Kodama Yasue (絵画)
澤田華 Sawada Hana (映像)
鈴木美絵Suzuki Mie (絵画・映像)
武田浩志 Takeda Hiroshi (絵画・映像)
辻田美穂子Tsujita Mihoko(映像)
寺江圭一朗 Terae keiichiro (映像)
西山修平 Nishiyama Shuhei (映像)
福田真知FukutaMasakazu (映像)
真砂雅喜 Masago Masayoshi (映像)
松本さやかMatsuoto Sayaka (映像)
松元悠 Matsumoto Haruka (映像・平面)
宮北裕美 Miyakita Hiromi (映像)
横山大介Yokoyama Daisuke (映像)






by higashikawa_blog | 2020-03-17 13:22 | フォトフレンド

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展

東川町文化ギャラリーでは、下記3つの写真展を開催中です。


第36北海道報道写真展

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展_b0187229_13103546.jpg



写真甲子園2019本戦作品パネル展

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展_b0187229_13105858.jpg



旭川南高校ジャズ部×ひがしかわ写真少年団 写真展

東川町文化ギャラリーで開催中の写真展_b0187229_13105065.jpg



会期:2020年3月14日(土)〜30日(月)

時間:10:00 ~ 17:00  会期中無休

会場:北海道上川郡東川町東町1-19-8 東川町文化ギャラリー

  https://photo-town.jp/gallery

料金:町内100円・町外200円・中学生以下無料


by higashikawa_blog | 2020-03-14 13:11 | 東川町

石川直樹氏「石川直樹×WEARSSETS×Goldwin Collaboration “K2 IWG”」


石川直樹氏の写真が全面にプリントされたダウンジャケット、石川氏が自身の経験をもとに実用性を考えながらデザインに参加したパンツ、Tシャツ3種類、カメラバッグの計7品番が発売されました。


石川直樹×WEARSSETS×Goldwin Collaboration “K2 IWG”

石川直樹氏「石川直樹×WEARSSETS×Goldwin Collaboration “K2 IWG”」_b0187229_16021659.png


以下リンクより

WEARSSETSの ”アートピースを着る” というコンセプトに、写真家・石川直樹氏とGoldwinが賛同し、今回のコラボレーションが実現。写真家でありながら世界をフィールドに旅を続ける石川氏が、カラコルム山脈の難峰「K2」遠征の中で撮影した写真が、Goldwinの企画するプロダクトに落とし込まれています。 今コラボレーションのタイトル「K2 IWG」は、写真の撮影地と三者の頭文字から。

極地の写真が全面にプリントされたダウンジャケット、石川氏が自身の経験をもとに実用性を考えながらデザインに参加したパンツ、Tシャツ3種類、カメラバッグの計7品番を展開。
全てのアイテムは100点限定の完全受注生産となり、1〜100までのエディショナルナンバー入りです。



ご購入は下記リンクより。





by higashikawa_blog | 2020-03-11 16:04 | 受賞作家関連

植田正治氏 展覧会「空想の羽-植田正治の静物」


東川賞受賞作家 展覧会のお知らせ

植田正治写真美術館にて、植田正治氏の展覧会が開催中です。


空想の羽-植田正治の静物

植田正治氏 展覧会「空想の羽-植田正治の静物」_b0187229_15550368.jpg


以下リンクより

 どんな家庭にも、ちょっとした小物があるはずです。
 外の世界で撮ったなにげない光景に二重にはめこむ作業も面白いし、
 空想の羽を一杯にひろげていろいろと実験することです。

 1989年、植田正治がいわゆる「静物写真」を熱心に創作していた時期の言葉です。「静物」は、西洋絵画のひとつのジャンルですが、写真においても「静物」といえる作品を多くの写真家が手がけています。絵画においては、もともと対象を緻密に描くところから始まっていますが、写真においては、写真家の個性や力がより試されるジャンルといえます。植田も写真を始めた戦前から、さまざまな静物写真を試みています。その中でも、晩年、1980年代後半から1990年代に撮影されたシリーズ〈幻視遊間〉(1987—92年)をはじめとする作品群は、植田の「静物写真」の集大成といえます。被写体を自由な発想でとらえつつ、多重露光をはじめ多彩なアレンジを加え構成したこれらの作品は、まさに植田が「空想の羽」を一杯にひろげ、試行錯誤を重ねた成果といえるでしょう。なにげない身のまわりのモノが、植田にまるで魔法をかけられたかのように、非日常的で非現実的なオブジェへと変化し、不思議な魅力と輝きを放つのです。
 今回の展示では、晩年のカラーの「静物写真」を中心に、戦前の作品、1950年代のシリーズ〈かたち〉、その他多彩なモノクロームの「静物写真」も紹介します。植田の自由な空想の羽ばたき、そして実験精神を感じていただけることでしょう。


***************************
2020年3月1日(日)― 5月24日(日)
[3月30日まで]午前9時から午後5時(入館は閉館30分前まで)
[4月1日から]午前10時から午後5時(入館は閉館30分前まで)
休館:火曜日(祝日の場合は翌日) ただし、5月6日は開館します
観覧料:一般900円(800円) 高校・大学生500円(400円) 小・中学生300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金です
※障害のある方とその付き添いの方(1名まで)は半額となります
※いずれも証明できるものをご持参ください
植田正治写真美術館 〒689-4107 鳥取県西伯郡伯耆町須村353-3




by higashikawa_blog | 2020-03-11 15:57 | 受賞作家関連

長倉洋海氏 写真集「女、美しく わが旅の途上で」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

エー・ティー・オフィスより、長倉洋海氏の写真集が出版されます。


女、美しく わが旅の途上で

長倉洋海氏 写真集「女、美しく わが旅の途上で」_b0187229_15545768.jpg


下記リンクより

長倉洋海作品集では初の女性特集であり、写真家自身による文を添えた。
修羅場を踏み越え人間の非力さをわきまえた上での無手勝流ナガクラのカメラ・アイによって写し撮られた内面の美しさは商業主義とは一線を画し、独特で力強い。よってタイトル「女、美しく」を「ヒト、ウツクシク」と読む。
尊厳と勇気、今を明日へとつなぎ、日々を生きる力を見る者に与えてくれる女性たちへのオマージュである。
豊かな色彩と意匠、飾りなど、女性が身にまとう衣服はアースカラーのなかでひときわ映え、見る者の目を楽しませてくれる。


****************************
発行:エー・ティー・オフィス
A5判 縦214mm 横152mm 厚さ11mm 128ページ 上製
価格 1,800円+税
ISBN 978-4-908665-06-6






by higashikawa_blog | 2020-03-08 15:57 | 受賞作家関連

尾仲浩二氏 写真集「Long time no see」


東川賞受賞作家 出版のお知らせ

KAIDO BOOKSより、尾仲浩二氏の写真集が出版されました。


Long time no see

尾仲浩二氏 写真集「Long time no see」_b0187229_15355715.png


以下リンクより

私のアルバムにあった白黒写真にフォトショプで色を着けました。

2011年にフランスの出版社から限定120部で出た同名の写真集に新作を加えた60歳還暦記念出版のミニ写真集です。


KAIDO BOOKS

カラー24ページ ハードカバー 

130x150mm 500部 

2200円

送料180円(スマートレター)

写真集「Neko wa Neko」2800円と合わせてお買い上げの方

送料無料でお送りします。

お申し込みは bookshop.onaka@gmail.com





by higashikawa_blog | 2020-03-08 15:37 | 受賞作家関連
line

Higashikawa photo Award


by higashikawa_blog
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31